秋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > の意味・解説 

あき【秋】

四季第三夏と冬の間で、日本では9・1011月をいう。暦の上では立秋から立冬前日まで(陰暦7月から9月まで)をいい、天文学では、秋分から冬至まで。昼が短く、夜が長くなる。この季節涼しくさわやかで五穀果物収穫期でもある。しかし、一方で台風前線影響降りやすく、「秋の空」など変わりやすいことのたとえにされる。やがて木々紅葉し、草花枯れて、冬へ向かう。《 秋》「—深き隣は何をする人ぞ芭蕉

盛りを過ぎること。終わりに近づいていること。「天下の秋」「人生の秋

和歌などで、男女の仲冷める意味で「飽き」に掛けて用いる。

かりそめにおく露とこそ思ひしか—にあひぬる我が袂(たもと)かな」〈山家集・下〉

[補説] 暑さ厳しい夏を過ごして、さわやかな秋になると人々活力回復種々な面での活動盛んになる。それを表現して「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」「実(稔)りの秋」「スポーツの秋」などといわれるまた、特別重要な時期の意で用いられる「危急存亡の秋」などの場合は「秋」を「とき」と読む。
作品別項。→秋


しゅう【秋】

[音]シュウシウ)(漢) [訓]あき とき

学習漢字2年

[一]シュウ

あき。「秋季秋風秋分秋冷昨秋初秋仲秋麦秋晩秋立秋涼秋

年。年月。「春秋(しゅんじゅう)・千秋

[二]〈あき〉「秋風秋雨(あきさめ)/出来秋

[補説] 「龝」は異体字

名のり]あきら・おさむ・とし・みのる

難読秋刀魚(さんま)


あき【秋】

[一]芥川竜之介短編小説大正9年19204月雑誌中央公論」に発表。ある姉妹幼馴染従兄三角関係を描いた心理小説

[二]永井竜男短編小説昭和49年1974)、「新潮」誌に発表。翌昭和50年(1975)、第2回川端康成文学賞受賞

[三]中村真一郎による連作長編小説四季」の第3作。昭和56年(1981)刊。

[四]原題、(イタリア)L'Autunnoアルチンボルド絵画カンバス油彩。縦91センチ、横70センチ原画は失われ、他の画家による複製考えられている。「四季」と総称される寄せ絵連作の一。秋に実るさまざまな果物やきのこで構成される。デンバー美術館所蔵


とき【時】

過去から現在、現在から未来へと、一方的また連続的流れていくと考えられているもの。物事変化運動によって認識される。時間。「時が流れる」「時がたつ」「時を刻む

時法によって示される、1日のうちの特定の時点時間帯また、その時法に基づく単位時間時刻刻限日本では明治6年(1873)以来平均太陽時によって一昼夜24等分し、太陽子午線通過す時刻12時間前を零時とする時法が行われている。また一般に、24時午前・午後12時ずつに分けて零時午前零時12時午後零時とよぶ慣習もある。昔の時法には、1日等分する定時法と、昼夜別個等分する不定時法とがあり、単位時間長さは、不定時法では季節や場所によって異なった。定時法古代律令時代には既にあり、漏刻水時計)を用いて1日12等分し、各時刻十二支を配して、鼓や鐘を鳴らして時を告げた。真夜中の子(ね)の刻に9回、丑(うし)の刻に8回というぐあいに一時(いっとき)ごとに一打減らすもので、そのため、昼夜の各時刻九つ四つとも表した。近世になると、昼夜それぞれ6等分する不定時法広く行われた。時刻の表し方は古代と同様であるが、各時刻はさらに2等分されて半とよばれたり、3等分されて上・中・下とよばれたりした。

時間流れ一点時刻また、時刻知らせること。「時の鐘」「時をつくる

ある時期

関心がおかれている時代年代。ころ。「時は幕末、所は江戸」「時の首相

季節時候。「紅葉の時」「時の物でもてなす」「時なし大根

時勢世の成り行き。「時に身をまかせる」「時に従う

何らかの状況を伴った、時間ひとくぎり

さまざまな状況念頭に置いた、不特定の時期場合。「時に応じた方策」「あいさつのしかたも時と場所による」

状況明示できない漠然とした時期。「時には失敗もある」「時として、そんなことも起こる」

ちょうどよい機会好機。「しかるべき時を待つ」「逆転の時をうかがう」

㋑(「秋」とも書く)重要な時期。「危急存亡の時」

わずかな間。一時また、当座臨時。「時借り」「時貸し

定められた期日期限。「時を切って金を貸す」「返済の時が迫る」

10行為や状態を表す連体修飾を受けて)

㋐ある状態になっている時点時期。「家に着いた時、母はいなかった」「幼稚園の時は、やんちゃ坊主だった」

㋑ある状況仮定的に表す。おり。場合。「地震の時はどうしよう

11 (「どき」の形で接尾語的に用いて)まさにその時期。また、それにふさわし時期。「食事時で店が混む」「今時若者

12時制(じせい)」に同じ。

13 陰陽道(おんようどう)で、事を行うのに適した日時。暦の吉日

暦の博士召して、—問はせなどし給ふほどに」〈源・

14 天台真言などの密教で行う、定時勤行(ごんぎょう)。時の修法

その夜行幸にて侍りしかば、暁の御—ひきあげて」〈弁内侍日記

[補説]  
2018年5月実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2018キャンペーンでの「時」への投稿から選ばれた優秀作品。

生きているうちは誰も降りることができない一方通行ベルトコンベア
ほしほしさん

集中している時や夢中になっている時は、一瞬で過ぎるもの。
M&Gさん

気付いたらいつの間にかなくなっているもの。うまく使いこなせるかどうか人生大きく左右される
とまとさん

◆常に流動しており、途中で大事な物を見つけても取り返しが付かない流れに従うよりも流れを遡ろうとする人の方が多い。
ぼくちんさん

◆「今」を過去にするもの。
siotsukaさん

世界滅びても、なくならないもの。
うめさん

◆決して失敗することのない殺し屋
かずばんびさん

時の画像
時の画像

あき【秋】

〔名〕

四季一つ。現在では九月から一一月、旧暦では七月から九月までをいう。天文学的には秋分から冬至前日まで、二十四節気では立秋から立冬前日までをいう。《季・秋

万葉(8C後)一七・三四五安吉(アキ)の夜は暁寒し白栲(しろたへ)の妹が衣手着む縁(よし)もがも」

秋にみのる穀物秋作(あきさく)。

浄瑠璃烏帽子折(1690頃)道行諸国のあきをつみのせて」

穀物の収穫時期。転じて、忙し時期

浮世草子好色一代男(1682)二「折しも、麦も秋のなかば

④ 特に重要なことのある時期。ただし、「秋」と書いて「とき」と読むのが普通。

安井夫人(1914)〈森鴎外〉「浦賀へ米艦が来て天下多事の秋(アキ)となったのは」

(5) 和歌などの修辞法で、「秋」に「飽き」をかけていう。古今和歌集以後多くみられる。→秋風②。

古今(905‐914)恋五・七六三「わが袖にまだき時雨(しぐれ)のふりぬるは君がこころに秋やきぬらむ〈よみ人しらず〉」

[補注]万葉集」には、五行説影響から「金」字を秋にあてているものがみられる。「金野(あきのの)のみ草刈り葺き宿れりし宇治のみやこの仮廬思ほゆ」〔七〕、「金風(あきかぜ)に山吹の瀬の鳴るなへに天雲翔る雁にあへるかも」〔一七〇〇〕など。


分野
季節表わす用語
意味:
9月から11月までの期間。

ミヨー:秋

英語表記/番号出版情報
ミヨー:秋L'automne Op.115作曲年: 1932年  出版年: 1932年  初版出版地/出版社Deiss 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 9月 op.115-1 "Septembre"4分00 No Image
2 アルファマ op.115-2 "Alfama"3分00 No Image
3 別れ op.115-3 "Adieu"2分30 No Image

英語表記/番号出版情報
スタマティ:秋Autumn
早坂 文雄:秋作曲年: 1947 年 

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1986.12
シリーズ名ちくま文庫

収載図書大導寺信輔の半生手巾湖南の扇十二
出版社岩波書店
刊行年月1990.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書地獄変
出版社集英社
刊行年月1991.3
シリーズ名集英社文庫

収載図書芥川龍之介全集 第6巻 南京の基督 杜子春
出版社岩波書店
刊行年月1996.4

収載図書羅生門 蜘蛛の糸 杜子春十八
出版社文芸春秋
刊行年月1997.2
シリーズ名文春文庫

収載図書奇妙な恋の物語
出版社光文社
刊行年月1998.3
シリーズ名光文社文庫

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 上
出版社作品社
刊行年月2005.8

収載図書大正結婚小説
出版社おうふう
刊行年月2005.9

収載図書蜘蛛の糸
出版社ポプラ社
刊行年月2005.10
シリーズ名ポプラポケット文庫

収載図書大活字版 ザ・龍之介―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介全集 第6巻 南京の基督杜子春
出版社岩波書店
刊行年月2007.6


作者李孝石

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集―1939−1945 創作篇 3
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


作者兪鎮午

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集―1939−1945 創作篇 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


作者東山

収載図書曲がり角東山短篇集
出版社手鞠文庫
刊行年月2002.4


作者岡田三郎

収載図書岡田三郎三篇
出版社イー・ディー・アイ
刊行年月2002.11
シリーズ名EDI叢書


作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


作者森博嗣

収載図書四季
出版社講談社
刊行年月2004.2


作者丹羽文雄

収載図書母の日・妻―丹羽文雄短篇集
出版社講談社
刊行年月2006.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者北村薫

収載図書1950年のバックトス
出版社新潮社
刊行年月2007.8


作者吉田修一

収載図書ひなた
出版社光文社
刊行年月2008.6
シリーズ名光文社文庫


作者小川瞳

収載図書幻想の箱
出版社文芸社
刊行年月2008.12


作者永井龍男

収載図書昭和文学全集 10
出版社小学館
刊行年月1987.4

収載図書一個・秋その他
出版社講談社
刊行年月1991.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書川端康成文学賞作品 1
出版社新潮社
刊行年月1999.6


秋―犬とネズミとブローチと

作者小路幸也

収載図書東京バンドワゴン
出版社集英社
刊行年月2006.4

収載図書東京バンドワゴン
出版社集英社
刊行年月2008.4
シリーズ名集英社文庫


秋―男と女の川

作者早乙女平成

収載図書四季それぞれの愛の形
出版社新風舎
刊行年月2002.5
シリーズ名新風舎文庫


秋―SHE LOVES YOU

作者小路幸也

収載図書シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン
出版社集英社
刊行年月2007.5


秋―すてきな宝物

作者雑破業

収載図書ちょこッとSisterFour Seasons
出版社メディアファクトリー
刊行年月2006.6
シリーズ名MF文庫J


秋―ナジカとアイスボックスクッキー

作者小林深雪

収載図書小説 キッチンのお姫さま天使ケーキを探せ!
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名KCノベルス


秋―風車の丘の贈り物

作者浦畑達彦

収載図書ARIA四季風の贈り物
出版社マッグガーデン
刊行年月2008.1
シリーズ名マッグガーデンノベルス


作者森瑤子

収載図書カサノバのためいき世にも短い物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1988.3

収載図書森瑤子自選集 5
出版社集英社
刊行年月1993.10


作者ブルーノ・シュルツ

収載図書ポーランド文学贈りもの
出版社恒文社
刊行年月1990.1

収載図書シュルツ小説
出版社平凡社
刊行年月2005.11
シリーズ名平凡社ライブラリー


作者水上洋子

収載図書彼女が恋した理由
出版社祥伝社
刊行年月1990.9
シリーズ名ノン・ポシェット


作者江坂遊

収載図書仕掛け花火
出版社講談社
刊行年月1992.12
シリーズ名講談社ノベルス

収載図書仕掛け花火―綾辻・有栖川復刊セレクション
出版社講談社
刊行年月2007.11
シリーズ名講談社ノベルス


作者平野温美

収載図書白い月
出版社近代文芸社
刊行年月1996.2


秋(風の悪戯)

作者愛田

収載図書My Destiny 我が丈夫の伴よ
出版社文芸社
刊行年月2001.8


作者関川夏央

収載図書やむにやまれず
出版社講談社
刊行年月2001.9

収載図書やむにやまれず
出版社講談社
刊行年月2004.8
シリーズ名講談社文庫


読み方:アキaki

立秋から立冬前日まで

季節

分類 時候

月日 八・九十月


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あき
あきさき
しゅう
ちゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 06:08 UTC 版)

(あき)は、四季の1つでありの後、の前に位置する。


  1. ^ 温暖化で日本の四季に変化 「梅雨」が季節になる可能性も”. NEWSポストセブン (2020年12月7日). 2021年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 小越建典 (2021年9月20日). “「十五夜」っていつ? 実は毎月あった? なかでも“中秋の名月”が重視される理由とは”. 交通新聞社. 2021年11月20日閲覧。
  3. ^ ““秋”の臨時列車のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2018年8月24日), オリジナルの2018年8月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180826032132/http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000038042.pdf 2018年8月26日閲覧。 
  4. ^ a b c d 【お天気雑学】秋の空はなぜ高い? ウェザーニュース、2018年9月17日
  5. ^ a b c d e f g h i 呉善花『なぜ世界の人々は「日本の心」に惹かれるのか』、2012年、176-179頁。
  6. ^ 巨人悪夢のサヨナラ負け…虎にM点灯でしみる“秋風” - ウェイバックマシン(2003年8月14日アーカイブ分) - サンケイスポーツ(2003年7月9日)


「秋」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/12 02:02 UTC 版)

発音

名詞

  1. (あき)季節一つの次、の前。
  2. (とき)何か重要なことのある時期

関連語

類義語

訳語

造語成分

  1. の意味

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



秋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「秋」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS