贈りものとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 贈りものの意味・解説 

贈りもの

作者渡辺淳一

収載図書自殺のすすめ
出版社文芸春秋
刊行年月1986.7
シリーズ名文春文庫

収載図書渡辺淳一自選短篇コレクション 第2巻 医学小説2
出版社朝日新聞社
刊行年月2006.3


贈りもの

作者藤堂志津子

収載図書現代小説 1992
出版社徳間書店
刊行年月1992.5

収載図書せつない時間
出版社講談社
刊行年月1994.10

収載図書せつない時間
出版社講談社
刊行年月1997.10
シリーズ名講談社文庫

収載図書せつない時間
出版社幻冬舎
刊行年月2006.12
シリーズ名幻冬舎文庫


贈りもの

作者群ようこ

収載図書へその緒スープ
出版社新潮社
刊行年月2000.3

収載図書へその緒スープ
出版社新潮社
刊行年月2002.9
シリーズ名新潮文庫


贈りもの

作者レイ・ブラッドベリ

収載図書メランコリイの妙薬
出版社早川書房
刊行年月2006.10
シリーズ名異色作家短篇集


贈りもの

作者与謝野晶子

収載図書童話集 少年少女
出版社春陽堂書店
刊行年月2007.7
シリーズ名与謝野晶子児童文学全集


贈り物

(贈りもの から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 06:41 UTC 版)

贈り物(おくりもの)とは、何か出来事があった際に贈る特別なものを指す。同義語プレゼントギフト・ご進物(ごしんもつ)がある。


  1. ^ 中沢新一『愛と経済のロゴス』講談社〈カイエ・ソバージュ III〉、2003年、38頁(日本語)。
  2. ^ 桜井英治『贈与の歴史学:儀礼と経済のあいだ』中央公論新社<中公新書>、2011年、ISBN 9784121021397 pp.3-13.
  3. ^ a b c 室伏哲郎『贈る論理、贈られる論理』筑摩書房、1989年、29-36頁(日本語)。
  4. ^ a b c d e 関口英里『現代日本の消費空間―文化の仕掛けを読み解く』世界思想社、2004年、16-30頁(日本語)。ISBN 978-4790710844
  5. ^ Malinowski, Bronisław Kasper西太平洋の遠洋航海者』寺田和夫、増田義郎他、中央公論社〈世界の名著〉(原著1967年)、55-342頁(日本語)。
  6. ^ Mauss, Marcel贈与論』1、有地亨、伊藤昌司、山口俊夫、弘文堂〈社会学と人類学〉、1973年(原著1924年)、219-400頁(日本語)。
  7. ^ 柳田國男『食物と心臓』41、筑摩書房〈定本柳田國男集〉、1962年、219-375頁(日本語)。
  8. ^ 和歌森太郎『日本人の交際』12、弘文堂〈和歌森太郎〉、1982年、1-50頁(日本語)。


「贈り物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「贈りもの」の関連用語

贈りもののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



贈りもののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの贈り物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS