贈答とは? わかりやすく解説

ぞう‐とう〔‐タフ〕【贈答】

読み方:ぞうとう

[名](スル)品物詩歌などをおくったり、おくり返したりすること。「書状を―する」「―品」


贈答

読み方:ゾウトウ(zoutou)

詩歌手紙または品物などを贈ったり、贈返したりすること。


贈り物

(贈答 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 23:19 UTC 版)

贈り物(おくりもの)とは、何か出来事があった際に贈る特別なものを指す。同義語プレゼントギフト・ご進物(ごしんもつ)がある。


  1. ^ 中沢新一『愛と経済のロゴス』講談社〈カイエ・ソバージュ III〉、2003年、38頁(日本語)。
  2. ^ 桜井英治『贈与の歴史学:儀礼と経済のあいだ』中央公論新社<中公新書>、2011年、ISBN 9784121021397 pp.3-13.
  3. ^ a b c 室伏哲郎『贈る論理、贈られる論理』筑摩書房、1989年、29-36頁(日本語)。
  4. ^ a b c d e 関口英里『現代日本の消費空間―文化の仕掛けを読み解く』世界思想社、2004年、16-30頁(日本語)。ISBN 978-4790710844
  5. ^ Malinowski, Bronisław Kasper西太平洋の遠洋航海者』寺田和夫、増田義郎他、中央公論社〈世界の名著〉(原著1967年)、55-342頁(日本語)。
  6. ^ Mauss, Marcel贈与論』1、有地亨、伊藤昌司、山口俊夫、弘文堂〈社会学と人類学〉、1973年(原著1924年)、219-400頁(日本語)。
  7. ^ 柳田國男『食物と心臓』41、筑摩書房〈定本柳田國男集〉、1962年、219-375頁(日本語)。
  8. ^ 和歌森太郎『日本人の交際』12、弘文堂〈和歌森太郎〉、1982年、1-50頁(日本語)。
  9. ^ デパートが消費抑制のため発売停止(『朝日新聞』昭和16年12月21日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p270 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年


「贈り物」の続きの解説一覧

贈答

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:58 UTC 版)

「うちわ」の記事における「贈答」の解説

古代朝廷渤海使に「檳榔扇」を贈ったように、暑中贈答品として主要な地位占めてきた。現代における企業商店が配る団扇もその流れである。

※この「贈答」の解説は、「うちわ」の解説の一部です。
「贈答」を含む「うちわ」の記事については、「うちわ」の概要を参照ください。


贈答(お歳暮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 06:04 UTC 版)

歳暮」の記事における「贈答(お歳暮)」の解説

お歳暮おせいぼ)は、本来は直接訪問して贈り物をするものであるが、近年では老舗百貨店などから直送実際には宅配便システム利用)で相手方贈られることが多い。 多くの商品が贈答にされる為、この時期の賑わい歳暮商戦せいぼしょうせん)、御歳暮商戦おせいぼしょうせん)などと言う場合もある。 お歳暮1回限りではなく、"継続的に(毎年)"贈るのがマナーであるとされるまた、贈る物の金額毎年同じ程度良いとされている。すなわち、最初に1万円を超えるような品物を贈ると、今後同程度物を送る必要が出てくるので、注意が必要である。 この時贈答品は主に、新しい年迎え為に必要な物送ることが多い。具体的にある程度保存の利くアルコール飲料ビールウィスキーなど)、コーヒー、ハム・ソーセージといった食品が多いが、クール便冷蔵輸送)の拡充によって魚介類牛肉などの産直生鮮食品利用されるまた、洗剤石鹸など、生活必需品を贈ることも一般的である。また、相手先が商品選択を可能とする目的で商品券引換券を贈る場合もある。 この時期に贈る品物には紅白水引と、熨斗アワビ飾りまたは代わりマーク付けて贈る(ただし、品物生ものの場合は熨斗アワビ付けず水引のみ)。注意しなければいけないのは、この時に付け水引形で蝶結びしなければならない結婚後、娘の実家から婚家歳暮を贈る風習もある。富山県から関西地方では、年末年始食べ文化がある(年取り魚)。富山県西部(呉西)、特に新湊氷見中心に娘が嫁いだ初めての年末婚家寒ブリ一本歳暮として贈る風習がある。金沢では男の子生まれた場合軍配型の「餅」を、女の子生まれた場合は「繭玉」や「巾着餅」を贈ることがある富山の呉西では男の子生まれると「天神様」(菅原道真)の掛け軸彫像が贈ることがある結婚後ずっと歳暮中元実家から婚家に贈ることがある

※この「贈答(お歳暮)」の解説は、「歳暮」の解説の一部です。
「贈答(お歳暮)」を含む「歳暮」の記事については、「歳暮」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「贈答」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「贈答」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「贈答」の関連用語

贈答のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



贈答のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの贈り物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのうちわ (改訂履歴)、歳暮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS