団扇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 団扇 > 団扇の意味・解説 

うちわ うちは [2] 【〈団扇〉】

〔「打ち羽」の意という〕
あおいで風を起こす道具。普通は、細く削った竹の骨に、紙・絹などを張る。形は円形角形などさまざま。もとは貴人自分の顔を隠すために用いたものという。 「 -であおぐ」 [季] 夏。 《 月に柄をさしたらばよき-かな /宗鑑
軍配団扇ぐんばいうちわ)」の略。
家紋の一。団扇を図案したもののほか軍配団扇羽団扇がある。
[句項目] 団扇を上げる

だん せん [0] 【団扇】

うちわ。
軍配うちわ。 「千葉の介は鞭の役、土肥の遠平-持ち浄瑠璃五人兄弟


団扇

読み方:ダンセン(dansen)

あおいで風を起こす道具


団扇

読み方:ウチワ(uchiwa)

打ち羽の意。


団扇

読み方:さんみせん

  1. 背部を云ふ。

分類 朝鮮人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

団扇

読み方:ウチワ(uchiwa)

風をおこして涼をとるもの

季節

分類 人事


うちわ

(団扇 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 06:11 UTC 版)

うちわ団扇)とは、手で扇いでを起こす道具の一種。


  1. ^ 横山源之助「大阪工場めぐり」、岩波書店(岩波文庫)『内地雑居後の日本 他一篇』、1954年、142-144頁。初出は『毎日新聞』1897年(明治30年)8月31日連載記事。米国向けに大阪団扇会社1社が輸出する広告団扇が年800万本あるのに対し、東京向け広告団扇は全体で年100万本。
  2. ^ 横山源之助「大阪工場めぐり」144頁。
  3. ^ 原宿に「アイドル応援うちわ」向け文字シール店-心斎橋に続き2店舗目” (2013年9月25日). 2014年10月8日閲覧。
  4. ^ 当たり付き!「ヴィッセル神戸応援うちわ」街頭配布キャンペーンのお知らせ”. ヴィッセル神戸 (2014年7月9日). 2014年10月8日閲覧。
  5. ^ 藤井寺市のご紹介/特産品の紹介その1「小山うちわ」”. 華やいで大阪・南河内観光キャンペーン協議会ホームページ. 2017年4月10日閲覧。
  6. ^ “伝統の小山団扇、藤井寺に「里帰り」/講談師・旭堂南陵さんが寄贈”. 産経新聞. (2017年3月25日). http://www.sankei.com/region/news/170325/rgn1703250069-n1.html 
  7. ^ 穀調製用機具 あおり農機具データベース、農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター
  8. ^ 国立民族学博物館 『旅 いろいろ地球人』淡交社 2009年(Page12.うちわで汗をかく)


「うちわ」の続きの解説一覧



団扇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「団扇」の関連用語

団扇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



団扇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうちわ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS