中国の歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中国の歴史の意味・解説 

中国の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 09:39 UTC 版)

中国の歴史(ちゅうごくのれきし)、あるいは中国史(ちゅうごくし)とは、中国または中国大陸における歴史のこと。




注釈

  1. ^ ただし殷を北西から侵入してきた遊牧民族による征服王朝だとする説もある。これは偃師二里頭遺跡では青銅器が現地生産されているのに対し、殷時代の青銅器は主に蜀方面で生産されていたことが確認されていることによる。
  2. ^ 当初は漢魏革命の際に漢の官僚を魏宮廷に回収する目的で制定されたものであったが、優れたものであったために一般的な官吏登用に使用されるようになった。これは中正官を通して地方の世論を反映した人事政策をおこなうもので、地方で名望のあったものをその程度に応じて品位に分け官僚として登用するものであった。 官僚は自身の品位と官職の官品に従って一定の官職を歴任した。地方の世論に基づくとはいえ、一般的に家柄が重視される傾向にあり、「上品に寒門なく、下品に勢族なし」といわれた。南北朝時代になると官職内で名誉的な清流官職と濁流官職が貴族意識によって明確に分けられ、また家柄によって官職が固定される傾向が顕著となった。このような傾向は専制支配を貫徹しようとする皇帝の意向と対立するものであったため、官品の整理をおこなって清濁の区別をなくす努力が続けられた。 しかし皇帝も貴族社会の解体その事を望んでおらず、貴族社会の上位に皇帝権力を位置づけることでヒエラルキーを維持しようとしていたから、官職制度の根幹的な改変には至らず、官職の家柄による独占傾向を抑えることは出来なかった。
  3. ^ 1916年8月に復活された。
  4. ^ これはロシア革命に対するシベリア出兵において日中両軍が協力するという秘密条約である。
  5. ^ 1928年1930年に各国と交渉して関税自主権を回復し、関税を引き上げ、塩税と統一消費税を規定して財源を確保した。アメリカイギリス銀行資本に「法幣」という紙幣を使用させ、秤量貨幣であった銀両を廃止した。更にアメリカ政府を売却してドル外為資金として貯蓄した。これにより国際的な銀価格の中国の国内経済に対する影響が大幅に緩和された。このような経済政策を積極的に推進したのは国民政府財政部長の宋子文で、彼は孫文の妻宋慶齢の弟で、妹は後に蒋介石と結婚した宋美齢であった。
  6. ^ 封建制度は殷代から実施されてはいるが、殷代封建制についてはあまり明確なことはいまだに分かってはいない。 殷では封建が実施されている地域と、方国と呼ばれる外様あるいは異民族の国家の存在が知られ、殷を方国の連盟の盟主であり、封建された国々は殷の同族国家であるとする説もあるが詳しいことは分かってはいない。 周では一定の城市を基準とした邑に基づいた封建制が広汎におこなわれたと考えられているが、この邑制国家の実態も不明である。邑をポリス的な都市国家とみる見方から、邑と周辺農地である鄙が一緒になって(これを邑土という)、貴族による大土地所有であるとする見方もある。 明らかであるのは邑を支配した貴族が長子相続を根幹とした血族共同体を構築していたということで、このような共同体に基づいた支配形態を宗法制度という。宗法制度については殷代にさかのぼる見方もあるが、広汎に行われたのは春秋あるいは戦国時代であったとす行われたる説もある。周の封建制を宗法制度の延長にあるものと捉え、封建儀礼を宗族への加盟儀礼の延長として捉える見方もある。
  7. ^ 中国古来より中国世界を9つの地方に分ける考え方が漠然と存在した。中国王朝の支配領域を「九州」といい、それがすなわち「天下」であった。ただし九州の概念は後漢時代にいたるまでははっきりしたものではなく一様でない。
  8. ^ 前漢成帝のときに州の監察権が御史中丞へ移行され、刺史が行政官となったという見方もあるが、後漢末期に刺史に軍事権が認められると、広域行政単位としての州はにわかに現実化したとみる見方もある。
  9. ^ このころの州を行政単位ではなく、軍管区のような概念上の管理単位であるとする見方も強い。
  10. ^ 北周の宇文護が創始した二十四軍制をもっていわゆる府兵制の成立と見做す見方があるがこれについては詳しいことはわからない。
  11. ^ 折衝府の置かれた州と非設置州では当然差異があったのであるが、唐代はほかに募兵に基づく行軍制度もおこなわれており、大規模な対外戦争の際にはおもに折衝府非設置州を中心として兵が集められた。唐後期にはこの募兵制が常態化することで節度使制度がおこなわれるようになった。
  12. ^ なお、史書からうかがえる外交記録と日本国内での銅鏡など出土品に記載された年号の問題などから、日本の古代王朝は特に南朝との外交関係を重視していたという見方が主流であるが、北朝との通交事実を明らかにしようという研究は続けられている。
  13. ^ これは都護府を通じて服属民族を部族別に自治権を与えて間接支配するもので、羈縻政策がおこなわれた地域では現地民の国家は否定された。このことは、羈縻州の住民が自発的に中国王朝の文化を受け入れることを阻害したと考えられており、羈縻政策のおこなわれた地域では冊封のおこなわれた地域とは異なり、漢字や律令などの文化の共有は行われず、唐の支配が後退すると、唐の文化もこの地域では衰退することになった。冊封された国々で唐の支配が後退したあとも漢字文化が存続したことと対照的である。

出典

  1. ^ この時代や後の時代も含め、史書に記された兵力は渡邉義浩によって誇張されているとファミ通で証言されている。例えば三国志国淵伝にも有る通り、後述する魏晋南北朝時代における曹魏の敵の兵力は10倍誇張されていた。
  2. ^ 2009年9月25日時事通信
  3. ^ “【日々是世界 国際情勢分析】中国「動乱の可能性」体制内部からの警告”. 産経新聞. (2010年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/100330/chn1003300813000-n1.htm 2010年3月30日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中国の歴史」の関連用語

中国の歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中国の歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS