安史の乱とは?

あんし の らん 【安史の乱】

中国、唐の中期安禄山あんろくざん)・史思明起こし反乱755~763)。玄宗退位させたが、ウイグル援助を得た唐により鎮圧された。こののち節度使による地方分権化が進んだ。

安史の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 10:26 UTC 版)

安史の乱(あんしのらん)、ないし安禄山の乱(あんろくざんのらん)は、755年から763年にかけて、節度使安禄山とその部下の史思明およびその子供達によって引き起こされた大規模な反乱。


  1. ^ 森安孝夫『興亡の世界史5 シルクロードと唐帝国』講談社,2007年
  2. ^ a b Johan Norberg (1 September 2016). Progress: Ten Reasons to Look Forward to the Future. Oneworld Publications. p. 95. ISBN 978-1-78074-951-8. https://books.google.com/books?id=rk34DAAAQBAJ&pg=PA95 
  3. ^ a b Pinker, Steven (2011). The Better Angels of Our Nature. Penguin Books. p. 194. ISBN 978-1-846-14093-8. https://books.google.com/?id=c3cWa-GnsfMC&pg=PA328&lpg=PA328#v=onepage&q&f=false 
  4. ^ 森安2007:287頁
  5. ^ 森安2007:287頁
  6. ^ 森安2007:287頁
  7. ^ 森安2007:287頁
  8. ^ 森安2007:288頁
  9. ^ 森安2007:290頁
  10. ^ 森安2007:290頁
  11. ^ Acharya, A.; Gunaratna, R.; Pengxin, W. (21 June 2010). Ethnic Identity and National Conflict in China. Springer. ISBN 9780230107878. https://books.google.com/?id=FVDIAAAAQBAJ&pg=PA21&dq=abu+ja'far+al-mansur+suzong 2018年5月9日閲覧。 
  12. ^ Joseph Mitsuo Kitagawa (2002). Joseph Mitsuo Kitagawa. ed. The religious traditions of Asia: religion, history, and culture (2, illustrated ed.). Psychology Press. p. 283. ISBN 978-0-7007-1762-0. https://books.google.com/?id=5LSvkQvvmAMC&pg=PA283&dq=arab+mercenaries+china&q=arab%20mercenaries%20china 
  13. ^ Charles Patrick Fitzgerald (1961). China: a short cultural history (3 ed.). Praeger. p. 332. https://books.google.com/?id=CqkeAAAAIAAJ&q=arab+mercenaries+china&dq=arab+mercenaries+china 
  14. ^ Everett Jenkins (1999). The Muslim Diaspora: A Comprehensive Reference to the Spread of Islam in Asia, Africa, Europe, and the Americas. 1 (illustrated ed.). McFarland. p. 61. ISBN 978-0-7864-0431-5. https://books.google.com/?id=oLnXAAAAMAAJ&dq=abu+giafar+chinese&q=China+%E2%80%A2+Arab+troops+were+dispatched+by+Abu+Gia-+far+to+China. 
  15. ^ Stanley Ghosh (1961). Embers in Cathay. Doubleday. p. 60. https://books.google.com/?id=QvtwAAAAMAAJ&dq=abu+giafar+chinese&q=abu+giafar 
  16. ^ 森安2007:290頁
  17. ^ 森安2007:290頁
  18. ^ 森安2007:290頁
  19. ^ 森安2007:290頁
  20. ^ 森安2007:290頁
  21. ^ 森安2007:292頁
  22. ^ 森安2007:292頁
  23. ^ 森安2007:292頁
  24. ^ 森安2007:293頁
  25. ^ 森安2007:293頁
  26. ^ a b c d 森安2007:349頁
  27. ^ 森安2007:350頁
  28. ^ 山口瑞鳳やハンガリーのJ・セルブらは1980年代にこの長慶会盟締結のときに、ウイグル帝国とチベット帝国との間にも講和が結ばれたとする仮説を提唱した。山口瑞鳳「沙州漢人による吐蕃二軍団の成立とmKhar tsan軍団の位置」『東京大学文学部文化交流研究施設研究所紀要』4,13-47頁,1981年。森安2007:350頁
  29. ^ 森安2007:351頁
  30. ^ 森安2007:351頁
  31. ^ 森安2007:353頁
  32. ^ 続日本紀』同年12月10日
  33. ^ Pinker, 707


「安史の乱」の続きの解説一覧



安史の乱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安史の乱」の関連用語

安史の乱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安史の乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安史の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS