鎮圧とは? わかりやすく解説

ちん‐あつ【鎮圧】

読み方:ちんあつ

[名](スル)

戦乱暴動武力使ってしずめること。「デモ隊を―する」

消防で、火災勢い弱まり延焼のおそれがなくなった状態。「火勢―」→鎮火

耕地すき起こし、土を砕いて平らにならし、押さえること。また、その作業


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 03:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「鎮圧」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「鎮圧」を含むページの一覧/「鎮圧」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「鎮圧」が役に立つかも知れません。

関連項目



鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 09:08 UTC 版)

ミュンヘン一揆」の記事における「鎮圧」の解説

その頃工兵隊一揆勢の間で小競り合い起きヒトラーヴェーバー仲裁のため席を外すことになったこの間にロッソウが国軍司令部戻って指揮執りたいと言いカールとザイサーも同様に持ち場帰ると言い出した。ショイブナー=リヒター止めたが、ルーデンドルフ三人外出許可した30分後に戻ってきたヒトラールーデンドルフ問い詰めたが、「ドイツ軍将校決し誓い破らない」と答えた一方軍はすでに一揆反対の姿勢固めており、バイエルン国防軍副司令官ヤーコプ・フォン・ダナー(ドイツ語版将軍独断で、バイエルン国防軍に対して国防軍司令部のみの命令に従うよう通達発布したカール午後10時40分にバイエルン政庁到着しループレヒトから「いかなる犠牲払って反乱を鎮圧せよ。必要とあらば軍隊使え」という通信受け取った。そしてナチ党員集結するのを防ぐ事、さらにカール命令のみに従うように通達した。ロッソウは午後10時45分に第19歩兵連隊本部到着しそこから国軍総司令官ゼークト上級大将に連絡し、叛徒鎮圧の命令受領した午後11時士官学校の生徒1千名がビアホール到着しカール政庁占領するために出発したヒトラールーデンドルフらは国防軍司令部移動したそこにいるはずのロッソウはおらず指導者たち不安になったが、ルーデンドルフ相変わら三人信頼していた。この時司令部やってきた司令官参謀マックス・シュヴァントナー少佐は、第19歩兵連隊本部から電話室にかけられたロッソウの電話反撃命令受け取った。シュヴァントナーはミュンヘン市外国防軍列車移動市内送り込むように命令したカール政庁包囲した士官候補生たちは、カール決定的に対立する事を恐れた指導者の命で撤退したその後政庁脱出したカールとザイサーもやがて19歩兵連隊本部のロッソウのもとに合流した翌日深夜2時55分、三人の名で「反乱認めず。銃を突き付けられ支持強要されにすぎない。これは無効である。もしこれを認めれば、バイエルンはおろかドイツ破滅する。」との声明ラジオ放送布告された。同時に州政府レーゲンスブルクへの移転と、ナチス解党命令発令した。 軍と警察はっきりと反乱鎮圧転じ州警察本部制圧しようとしたドイツ闘争連盟幹部ハインツ・ペルネ(ドイツ語版)は捕らえられた。市内には反乱支持群衆あふれていたが、午前10時国防軍市内要所機銃設置しレームらが立てこもる軍司令部はすでに包囲されていた。

※この「鎮圧」の解説は、「ミュンヘン一揆」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「ミュンヘン一揆」の記事については、「ミュンヘン一揆」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 03:41 UTC 版)

ワルシャワ・ゲットー蜂起」の記事における「鎮圧」の解説

捕虜ユダヤ人レジスタンスたち ユダヤ人軍事同盟ユダヤ人戦闘組織より装備良かったこともありゲットー中心であるムラノウスキー広場 (Muranowski Square) 付近拠点長い期間持ちこたえて戦った。しかし4月27日戦闘ユダヤ人軍事同盟指導者ダヴィド・アプフェルバウム(pl)が負傷した同日、ヘンリク・イヴァンスキ(pl)少佐率い国内軍部隊ゲットー外から地下道を通ってユダヤ人軍事同盟負傷者運び出し駆け付けたが、アプフェルバウムはゲットーから離れることを拒否し、翌28日死亡している。 5月8日にはミワ18番にあったユダヤ人戦闘組織地下壕ドイツ軍包囲されたガス弾手りゅう弾爆薬投げ込まれユダヤ人レジスタンス次々と戦死した生き残った者たちももはやこれまで判断しその日のうちにお互いに銃を向けあって集団自決した。モルデハイ・アニエレヴィッツもここで死亡した2日後数十名のユダヤ人レジスタンスたちがポーランド人共産主義者協力下水道通ってゲットー脱出したその後数個戦闘部隊ゲットー残り戦闘継続していたが、5月15日までには戦闘散発的となった5月16日シュトロープは「もはやワルシャワゲットー存在せず」と報告書書いている。同日午後8時15分シュトロープは鎮圧記念にワルシャワ・シナゴーグ (Warsaw Synagogue) を爆破解体させた。

※この「鎮圧」の解説は、「ワルシャワ・ゲットー蜂起」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「ワルシャワ・ゲットー蜂起」の記事については、「ワルシャワ・ゲットー蜂起」の概要を参照ください。


鎮圧 (Suppression)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:54 UTC 版)

Alliance of Valiant Arms」の記事における「鎮圧 (Suppression)」の解説

規定された人数の、ランダムリスポーンするAI制限時間内全滅させることでラウンド勝利となる。プレイヤーリスポーン数が規定されており、残数が尽きると敗北となる。敵を倒すと、弾薬回復もしくは体力回復アイテム落とすことがあり、それらを拾うことで弾薬体力回復可能となる2009年5月20日アップデートから最大4人で協力できるCo-opモード実装された。 掃討戦マップAI-CASTLE ROCK AI-CHROMITE AI-WINDMILL

※この「鎮圧 (Suppression)」の解説は、「Alliance of Valiant Arms」の解説の一部です。
「鎮圧 (Suppression)」を含む「Alliance of Valiant Arms」の記事については、「Alliance of Valiant Arms」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 14:18 UTC 版)

宮城事件」の記事における「鎮圧」の解説

日が昇ってすぐの午前5時頃、東部軍田中軍司令官数名のみ引き連れ、自ら近衛第一師団司令部へと向かい偽造命令に従い部隊を展開させようとしていた近衛歩兵第一連隊渡辺多粮連隊長止めた連隊長のそばに居た近衛第一師団参謀石原貞吉少佐東部憲兵隊より身柄を保護された(逮捕されたのではなく石原当日夕方に師団司令部復帰している)。 午前6時過ぎにクーデターの発生伝えられ昭和天皇は「自らが兵の前に出向いて諭そう」と述べている。その頃陸相官邸では阿南陸相自刃した(「阿南陸相は、5時半、自刃7時10分絶命」との記録もあり)。 竹下中佐陸相印を用いて大臣命令偽造しようと井田中佐示唆したが、井田は既にクーデター失敗悟っていた。 田中東軍司令官乾門付近芳賀連隊長出会い兵士撤収命じると、そのまま御文庫さらに宮内省向かい反乱の鎮圧伝えた。これを境にクーデター急速に沈静化へと向かった。このとき既に畑中少佐らは断念しており田中大将が鎮圧したという俗説誤りとする説もある。 放送会館では東部軍からの電話連絡受けた畑中少佐放送断念し守衛隊司令部では拘束されていた下村情報局総裁が解放された。 午前8時前に近衛歩兵第二連隊兵士宮城から撤収し宮内省内の地下室隠れていた石渡宮相木戸幸一内府はここを出て御文庫へと向かった2枚録音盤1回目録音され録音盤を「副盤」、2回目録音され録音盤を「正盤」として皇后宮職事務室から運び出され、正盤は放送会館へ副盤は第一生命館設けられていた予備スタジオへと無事に運搬された。運搬に際しても副盤をいかにも正式な勅使らしい偽物仕立てつつ、正盤は粗末な袋に入れて木炭自動車運搬するという念の入れようであった最後まで抗戦諦めきれなかった椎崎中佐畑中少佐宮城周辺ビラ撒き決起呼び掛けた佐藤大尉と藤原憲兵大尉撒布したとの証言もある)が、午前11時過ぎに二重橋坂下門間の芝生上で自決した。 また古賀参謀玉音放送放送中近衛第一師団司令部二階貴賓室安置され師団長遺骸の前で拳銃軍刀用い自決した午前11時30分過ぎ、放送会館スタジオ前で突如1人憲兵将校軍刀抜き放送阻止のためにスタジオ乱入しようとしたが、すぐに取押さえられ憲兵に連行された。 そして正午過ぎラジオから下総裁による予告君が代流れた後に玉音放送が無事行われた。 上記のようにクーデター首謀者中の生存者である井田中佐および稲葉中佐等の証言では、自分達より階級の低い自決した畑中少佐師団長殺害以降のクーデター主導した示唆されている。

※この「鎮圧」の解説は、「宮城事件」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「宮城事件」の記事については、「宮城事件」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 03:34 UTC 版)

元山ゼネスト」の記事における「鎮圧」の解説

日本の警察元山労働連合会の幹部拘束し在郷軍人会青年団消防隊員動員して鎮圧を試みたまた、咸興歩兵部隊から300人程度兵士選出し市街行進させ、恐怖心醸成させた。この争議元山市民、労働者農民をはじめ学生知識人や一部の朝鮮人ブルジョワジーにも支援され1万人以上を動員する地域ぐるみの闘争となり、朝鮮日本の各地労働組合などが支援金檄文寄せたソ連中国フランスなどの団体もこれを支持した。しかし争議長期戦となりスト資金は3万円にも及び、闘争資金枯渇と生活にひっ迫により4月6日元山労連無条件復業宣言しゼネスト終了した元山労連この後解体された。このゼネスト植民地時代朝鮮における最大の争議であり、また1920年代末労働運動高まりを示す出来事であった。この闘争こののち数年間朝鮮労働者の闘争発展にとって重大な役割を果たすものであったとされる

※この「鎮圧」の解説は、「元山ゼネスト」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「元山ゼネスト」の記事については、「元山ゼネスト」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 15:03 UTC 版)

アル=ハラム・モスク占拠事件」の記事における「鎮圧」の解説

脱出した巡礼者通報から事件知った国王ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズは、鎮圧を決意したものの、まずはイスラーム法学者たちの会議許可求めなければならなかった。神聖なモスクの中で流血事態もたらすことは禁忌だったからである結局、鎮圧は止む無しとするファトワー出されるまで半日要した国王は鎮圧に際してモスクへの被害最小限にし、人質生命守り犯人生け捕りにするべく努めるよう訓令した。陸軍サウジアラビア国家警備隊治安警察あわせて5万人が動員され装甲車攻撃ヘリコプターさらには戦車用意された。 翌21日早朝から作戦始まり治安部隊48ある門のうち2つから突入した分厚い鉄製の扉を対戦車ロケット弾破壊し装甲車前面立てて突入要所要所バリケード築いて待ち構えていた武装集団間に激し銃撃戦展開された。あわせてヘリコプターによる降下試みられたが多大な犠牲出して失敗終わっている24日武装集団モスク地下構造逃げ込み治安部隊地上部制圧することに成功した。しかし鎮圧側の死傷者の数は膨大であった。モスク地下には200を越す部屋がある巨大な空間があり、ここを制圧することはさらなる困難と犠牲を強いるだろうと思われた。 そこで、パキスタン応援要請しパキスタン陸軍特殊部隊・SGS1個大隊派遣された。さらに、フランスからフランス国家憲兵隊治安介入部隊隊員呼び寄せ作戦計画指導受けたキリスト教徒である彼らはモスクでの活動制約生じるので、臨時にイスラム教徒改宗するという非常手段取られた。このことは当時極秘とされた。 放水催涙ガス武装集団抵抗弱めながら、防毒マスク装備特殊部隊突入して一部一部徐々に制圧していった難しい状況にある閉鎖空間であったので、彼らは主にナイフ使って作戦行ったガスの力で三々五々投降する者が出始めたが、なお頑強に抵抗する集団もいたため、完全制圧発表されたのは12月4日になってからだった。

※この「鎮圧」の解説は、「アル=ハラム・モスク占拠事件」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「アル=ハラム・モスク占拠事件」の記事については、「アル=ハラム・モスク占拠事件」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 08:43 UTC 版)

小倉黒人米兵集団脱走事件」の記事における「鎮圧」の解説

この間脱走兵事実隠され朝日新聞西部本社のニュースカーが「三萩野から南の交通遮断されるので、塚、城野方面帰宅者は派出所情報尋ねること」と呼びかけるけだった三萩野派出所市民からの通報があり、小倉市警察初め事件の発生知った小倉玉屋前にあった米軍憲兵司令部が鎮圧にあたることになり、米軍による非常線張られたのは、脱走発生して2時間ど経過してからのことだった。三萩野から北方の「電車通り」を中心に自動小銃機関銃20mm機関砲武装した憲兵隊ジープ展開した応援要請され小倉市警察も、拳銃武器に全署員を非常招集清水旦過香春口非常線敷いて交通遮断し警戒あたった憲兵司令部当直担当だったマグリアノ憲兵曹長は、ともに鎮圧にあたる小倉署の巡査次のように注意した。 やつらが少しでも手を降ろそうとしたら撃ち殺してしまえ。遠慮したやられるぞ。 マグリアノ曹長巡査と共に20mm機関砲装備したジープ走り回りながら、兵士拳銃弾倉抜き取りワイン窃盗判明した兵士は殴るなど、事態の鎮圧に動いた基地戻され兵士中には白人中隊長から認識票むしり取られる処罰を受ける者もいた。小倉市警察非常線脱走兵基地押し戻そうとし、市民基地近づけないようにした。10名の署員十四年式拳銃警棒だけで基地北東側にある黒原営団住宅(現・城野団地)に向かったが、脱走兵の数が多すぎついには3040人脱走兵囲まれた。23時半には「警官隊集中射撃を受け全滅」の報が小倉署に届き署員憲兵隊ジープ救出向かったが、警官隊脱走兵白人憲兵銃撃戦の中、匍匐脱出したため無事だった結局少人数憲兵隊小倉市警察では対応できず、米陸軍二個中隊が鎮圧のために出動した装甲車分乗し中隊脱走兵市街戦になったほか、基地西側でも弾道飛び交う銃撃戦起きた。 夜23時になって、第24歩兵連隊スミス代将脱走兵説得し回って鎮圧に入ったが、2、3人で徒党組みカービン銃武装した脱走兵は朝6時頃まで市中うろつき市民は夏なのに雨戸閉じて一夜過ごした翌朝小倉管内派出所には、押収され手榴弾銃弾銃剣山積みされた。 最後まで脱走した黒人兵は、12日夕方に首から銃を下げ右手に靴、左手ウイスキー空瓶持ったまま小文字通り逮捕された。しかし、7月14日小倉地区憲兵司令官数名黒人兵と白人兵が帰隊していない発表し見つけた場合小倉憲兵隊最寄り警察署報告するよう市民要望した。

※この「鎮圧」の解説は、「小倉黒人米兵集団脱走事件」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「小倉黒人米兵集団脱走事件」の記事については、「小倉黒人米兵集団脱走事件」の概要を参照ください。


鎮圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 07:19 UTC 版)

ペタル・デリャンの蜂起」の記事における「鎮圧」の解説

しかし、反乱長く続かなかった。皇帝ミカエル4世南イタリアヴァリャーグハスカール)を率いていたハーラル3世呼び寄せ大規模な鎮圧軍を編成した。そしてオストロボの戦いでブルガリア反乱軍徹底的に打ち破った。この戦いでハーラル活躍目覚ましく後にスカンディナヴィアサガで「ブルガリア滅ぼした者」と称賛された。反乱首謀者ペタル・デリャンは処刑されと言われる

※この「鎮圧」の解説は、「ペタル・デリャンの蜂起」の解説の一部です。
「鎮圧」を含む「ペタル・デリャンの蜂起」の記事については、「ペタル・デリャンの蜂起」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鎮圧」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鎮圧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:34 UTC 版)

名詞

ちんあつ

  1. 反乱騒ぎなどを押さえ付けて静めること。
  2. 耕地を鋤き起こし地面押さえ付け平らにすること。

発音(?)

ち↗んあつ

動詞

活用

サ行変格活用
鎮圧-する

「鎮圧」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎮圧」の関連用語

鎮圧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎮圧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎮圧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミュンヘン一揆 (改訂履歴)、ワルシャワ・ゲットー蜂起 (改訂履歴)、Alliance of Valiant Arms (改訂履歴)、宮城事件 (改訂履歴)、元山ゼネスト (改訂履歴)、アル=ハラム・モスク占拠事件 (改訂履歴)、小倉黒人米兵集団脱走事件 (改訂履歴)、ペタル・デリャンの蜂起 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鎮圧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS