押さえとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 押さえの意味・解説 

おさえ〔おさへ〕【押(さ)え/抑え】

物が動かないように押さえること。また、押さえるもの。「石で—をする」「飛ばされないように紙に—を置く」

勢い防ぎ止めること。「感情の—がつかない

敵の攻撃侵入防ぎ味方支えること。防備また、その役目。「東方の—は万全だ」「—のピッチャー

配下にかってな行動をとらせないこと。「関八州の—としての北条氏

軍隊または行列最後にあってその散乱整えること。また、その人しんがり

弁慶は—の役」〈浄・冷泉節

念を押すこと。だめ押し

「義朝の—のことば」〈浄・鎌田兵衛

酒を差されたとき、その杯を押し返し重ねて飲ませること。

「—の杯」〈浄・女腹切〉

押さえ物」の略。

「—の島台」〈浄・国性爺後日

囲碁で、相手の石に近接して打ち、その進出阻止すること。

10 和船で漕ぐとき、船首を右にむけること。⇔ひかえ。


おさえ おさへ 【押・抑】

〔名〕 (動詞「おさえる(押)」の連用形名詞化

① 物が動かないようにささえたり、力を加えたりするもの。おもしや脇息(きょうそく)などをいうこともある。

滑稽本・続膝栗毛(1810‐22一一コレきた八、そこにある石臼おいらが両はうの肩の所へ、おさへにおいてもらひてへ」

② 敵が侵入するのを防ぐために、国境などを守ることまた、その軍勢

万葉(8C後)二〇・四三三一しらぬひ 筑紫の国は 仇(あた)まもる 於佐倍(オサヘ)の城(き)そと」

③ 隊や行列のうしろにいて、備えや列の乱れ防ぎ整えるもの。しんがりあとおさえ。おさえ番。特に、江戸時代では、中間(ちゅうげん)、小者などを支配して行列整え役目足軽をいう。

伊達日記1600頃か)上「流石多勢にて打通候間、可出様も無候間、押をも不打通候」

土地などを実力差押えること。

六角氏式目(1567)二六条「御押之奉書遣之次第、或喧嘩闘諍、或刈取立、壊屋内、持雑物類、火急子細急度日限、御押可之」

(5) 念を押すこと。

浄瑠璃鎌田兵衛名所盃(1711頃)上「さすがの清盛悪源太のいかりを含む面魂、義朝のをさへの詞、後日いかがと思ひてや返す詞はなかりけり」

(6)おさえもの押物)①」の略。

浄瑠璃国性爺後日合戦(1717)嫁入式三献「爰(ここ)に納る三三九度、おさへの島台・大さかづき、それより乱酒・うたひ物」

(7) 要求不平などを制して自分思い通りに人を支配すること。全体統率すること。また、その力。→おさえがきく

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「自分亭主妾狂ひや、芸妓買の押へさへ出来ないんですものネ」

(8) 感情が表に現われようとするのを抑制すること。

(9) 相手のさそうとする杯を押し返しもう一度飲ませること。また、その杯の酒。

浄瑠璃傾城八花形(1703)好色八徳酒宴の間(ま)をも合せつつ、あひのおさへの又あひも、つぎめかはりにさはりなく」

(10) 和船(ろ)で漕ぐとき、を手で前におしだす動作また、その状態。強くすると舟は右に方向がかわる。⇔ひかえ。

(11) 囲碁で、相手ハネ、またはノビ打った時、それ以上の進出阻止するため、その石の隣の地点に打つこと。


押さえ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「押さえ」の関連用語

押さえのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



押さえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS