管制とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 管制 > 管制の意味・解説 

かん‐せい〔クワン‐〕【管制】

[名](スル)

国家または特定の機関が、必要に応じてある事柄強制的管理し、制限すること。「通信を管制する」「灯火管制」「報道管制を敷く」

空港で、航空機交信しながら離着陸などの指示をすること。「管制官


【管制】(かんせい)

control

ある特定の行為について、公的機関理・限を行う事。「規制」とも。
社会全体対す公益性を持つが、無秩序実行すると甚大な危険を伴う行為について行われる

国家組織基本機能一つであり、国民社会生活あらゆる場面で管制の影響を受ける。
代表的な管制の例を挙げれば、以下のようなものが挙げられる。


航空交通管制

(管制 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 02:30 UTC 版)

航空交通管制(こうくうこうつうかんせい Air traffic control, ATC)とは、航空機の安全かつ円滑な運航を行うために、主に地上から航空交通の指示や情報を航空機に与える業務のことである。航空管制とも。




  1. ^ Aviation Glossary C”. Transport Canada. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ 航空交通管制職員試験規則
  3. ^ 非商用飛行時に無線資格が不用で無線交信を必要としない空域が確保されている国(アメリカなど)もあり、エンルートチャートで指定されている。
  4. ^ 管制塔バーチャルツアー ガンセット & ライトガン - 国土交通省
  5. ^ ATC Light Signal FAR 91.125 指向信号灯
  6. ^ 近年では空港無線電話により車両とも直接交信が可能となっている。
  7. ^ 日本放送協会. “備えたことしか、役には立たなかった ~ある官僚たちの震災~”. NHKニュース. 2021年3月6日閲覧。
  8. ^ 群馬ヘリ墜落:機長はベテラン 大震災直後に被災地上空へ - 毎日新聞
  9. ^ a b A/G無線電話サービス - 日本空港無線サービス株式会社
  10. ^ 超短波通信装置 - 日本航空航空実用事典
  11. ^ 快適な空の旅を支えるJALのグランドスタッフに密着してみた - Car Watch
  12. ^ 日本では2006年10月まで"Taxi into position and hold"と言っていた
  13. ^ 航空法第97条第1項
  14. ^ 千葉県東葛飾郡関宿町(現・野田市)に置かれた航空標識「関宿VOR」。実在する
  15. ^ MTSATを利用することで一飛行経路あたりの管制縦間隔(前後間隔)や飛行経路間隔(左右間隔)の短縮が見込まれる。また、(RVSM: Reduced Vertical Separation Minimum) によって垂直管制間隔(上下間隔)を狭く、航法精度要件(RNP: Required Navigation Performance)を満たす航空機の場合であれば広域航法(RNAV: area-navigation route)により飛行経路の保護空域の縮小により並行経路間隔を狭くして運航本数を増やすことができる。現在、正確に言うとRNPはRNAVと異なる概念であるが、便宜的にこの用語を使っている。
  16. ^ a b 今後の我が国航空管制の課題と対応 (将来の航空交通需要増大への戦略) (PDF) -国土交通省 航空局航空管制部 (平成28年度航空管制セミナー 講演資料)
  17. ^ データリンク方式は、文字データ若しくはバイナリーデータの形式で航空機からのデータ基地局に対して送受信する通信手段で、方式としてACARS(短波帯・VHF帯),ASDAR(静止衛星で主に気象衛星が持つ場合がある),インマルサットなどを使った方式などがある。
  18. ^ 航空情報サーキュラー Nr004/09 2009年2月26日付参照





管制と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「管制」の関連用語

管制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



管制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空交通管制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS