機内誌とは? わかりやすく解説

機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/08 08:41 UTC 版)

機内誌(きないし)は、旅客機の乗客のために航空会社が機内に搭載し、無料(追加料金なしという意味で、運賃に含まれる)で配布する雑誌フリーペーパーの一種)のこと。


  1. ^ 中村浩美『読んで愉しい旅客機の旅』光文社
  2. ^ 『スカイワード』2010年7月号、5月号
  3. ^ 『ウィンズ』1979年8月号、1983年10月号
  4. ^ 「JALSHOP」2010年1-2月号
  5. ^ 「経済広報」2008年10月号
  6. ^ JALブランドコミュニケーション


「機内誌」の続きの解説一覧

機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 20:19 UTC 版)

スカイマーク」の記事における「機内誌」の解説

機内誌『SKYMARK』は2007年4月1日企画宣伝協同組合協力により復刊毎月発行され乗客自由に持ち帰ることが可能。 2018年5月1日より『SKY FRaU on MARK!』としてリニューアル講談社FRaU編集担当していたが、2020年6月号より新型コロナウイルス感染リスク抑えるため休刊した。 2021年1月1日より『空の足跡』としてリニューアル名前の由来は「空=スカイ足跡マーク」。スカイマーク広報中心となって編集を行う。持ち帰り率の向上を意識しA4サイズからB5サイズ変更した

※この「機内誌」の解説は、「スカイマーク」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「スカイマーク」の記事については、「スカイマーク」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 17:02 UTC 版)

エールフランス」の記事における「機内誌」の解説

機内誌は "AIR FRANCE MAGAZINE" という名で毎月発行され英語とフランス語世界の国々の町を紹介したり、エールフランスニュースなど書いてある。なお、機内配布されている "AIR FRANCE MAGAZINE" は機内でのエンターテインメント詳細機内販売案内についても書かれているまた、シャルル・ド・ゴール空港機内ビジネスクラス上のクラスでは "AIR FRANCE Madame" も配布されている。成田関空便にKLMオランダ航空との共通機内誌 "Bon Voyage" という日本語の機内誌も配布されていたが、2016年休刊となり、復刊見通し立っておらず、事実上廃刊となる見通し

※この「機内誌」の解説は、「エールフランス」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「エールフランス」の記事については、「エールフランス」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:05 UTC 版)

大韓航空」の記事における「機内誌」の解説

Morning Calm』(モーニング・カーム)は、韓国の航空会社大韓航空の機内誌である。毎月30部が発行され大韓航空韓国国内線と国際線の全路線、全便の機内搭載される。朝鮮語加え、英語と中国語ページ掲載されている。 その日本語版は毎月5万部が発行され大韓航空日本路線全便の機内搭載される。

※この「機内誌」の解説は、「大韓航空」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「大韓航空」の記事については、「大韓航空」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 16:56 UTC 版)

キャセイパシフィック航空」の記事における「機内誌」の解説

機内誌「ディスカバリー」(Discovery)がある。英語と中国語書かれているエコノミークラスを含むすべてのクラス搭載されている。また、電子書籍としてiPadにも無料配信している。

※この「機内誌」の解説は、「キャセイパシフィック航空」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「キャセイパシフィック航空」の記事については、「キャセイパシフィック航空」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 17:35 UTC 版)

アエロフロート・ロシア航空」の記事における「機内誌」の解説

機内誌は"Aeroflot Style(アエロフロート・スタイル)"という名前で毎月発行されロシア語と英語で世界中都市世界各国料理紹介したり、アエロフロートニュース掲載している。約300ページ構成となっており、内容はかなり充実している。英語のページ後半30ページ程度となっておりメインロシア語成田便には"オーロラ"という名前の日本語版機内誌が用意されており、ロシア世界各国情報紹介している。こちらは約50ページ構成されている。

※この「機内誌」の解説は、「アエロフロート・ロシア航空」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「アエロフロート・ロシア航空」の記事については、「アエロフロート・ロシア航空」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:52 UTC 版)

フィンエアー」の記事における「機内誌」の解説

機内誌は『Blue Wings』 である。インターネット上でデジタル形式でも閲覧が可能となっている。

※この「機内誌」の解説は、「フィンエアー」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「フィンエアー」の記事については、「フィンエアー」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:27 UTC 版)

日本エアシステム」の記事における「機内誌」の解説

日本エアシステムは、1988年7月1日同社初の国際定期便東京/成田 - ソウル/金浦線就航合わせ、機内誌「ARCASアルカス)」を創刊し当初は2カ月1回その後毎月発行していたが、2002年10月日本航空との経営統合に伴い、翌2003年4月日本航空の「Windsウィンズ)」に一本化される形で廃刊となり、誌名も「SKYWARDスカイワード)」に変わった。他に機内販売カタログなどを搭載していた。

※この「機内誌」の解説は、「日本エアシステム」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「日本エアシステム」の記事については、「日本エアシステム」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:25 UTC 版)

日本航空」の記事における「機内誌」の解説

詳細は「SKYWARD」を参照 機内誌として『SKYWARDスカイワード)』があり、日本語記事のみの国内線版と、日本語・英語記事併記一部案内については韓国語北京語広東語表記もある)の国際線版が用意されている。同誌は一部書店でも販売されているほか、定期購読も可能である。 国際線場合あわせてファーストクラスJALグローバルクラブ会員向け配布用の『AGORAアゴラ)』も搭載されるほか、ファーストクラスビジネスクラス乗客無料配布される地図とレストランリスト、観光やエンターテインメイント情報掲載され主な就航都市ガイドブックJAL GUIDE』、一部路線ではJALホテルズ情報誌である『ファウンテンズ』も搭載されている。これらの機内誌は無料持ち帰りが可能である。

※この「機内誌」の解説は、「日本航空」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「日本航空」の記事については、「日本航空」の概要を参照ください。


機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:37 UTC 版)

デルタ航空」の記事における「機内誌」の解説

機内誌は「Sky」スカイ)を月刊発行する。 『Sky』(スカイマガジン)は、デルタ航空の機内誌である。毎月60部以上が発行されデルタ航空の全路線、全便の機内搭載される。デルタ航空2010年買収完了したノースウエスト航空の機内誌「World Traveler」も「Sky」統合された。 日本語版は毎年6回奇数月に発行されデルタ航空日本路線全便の機内搭載される。報社が出版2010年より販売取扱行われている。

※この「機内誌」の解説は、「デルタ航空」の解説の一部です。
「機内誌」を含む「デルタ航空」の記事については、「デルタ航空」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機内誌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



機内誌と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機内誌」の関連用語

機内誌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機内誌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機内誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスカイマーク (改訂履歴)、エールフランス (改訂履歴)、大韓航空 (改訂履歴)、キャセイパシフィック航空 (改訂履歴)、アエロフロート・ロシア航空 (改訂履歴)、フィンエアー (改訂履歴)、日本エアシステム (改訂履歴)、日本航空 (改訂履歴)、デルタ航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS