滑走路とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 滑走路の意味・解説 

かっそう‐ろ〔クワツソウ‐〕【滑走路】


【滑走路】(かっそうろ)

Runway.
飛行機離陸着陸を行うための道路

飛行機その原理上、着陸する瞬間まで失速しないだけの揚力維持しなければならない
従って、着陸した時点では非常に高速であり、減速・停止するために長い滑走路を必要とする

また、同様の理由から、揚力自重上回るまでは離陸する事ができない
揚力を得るための加速地上行われるため、離陸時に加速のための滑走路が必要になる

軽量な小型飛行機の場合、土地平らに均しただけの簡素な道路でも滑走路として使用できる
しかし、旅客機などの大型航空機発着想定した場合接地衝撃耐えられるような堅固な舗装必要になる

大抵は飛行場空港設置箇所風が吹く頻度の高い方向向かって設けられるが、大規模な空港になると横風用のものを併設することが多い。

現代飛行場では、磁北を0(360)度として、滑走路の伸びる方角により0136番号時計回りに付けられている
また、同じ方角伸びる滑走路が2つ以上存在する場合は、左側から「36L」「36C」「36R」のように分けられる
もしくは番号1つ増やす減らし、同じ方角でも「01」「35」のようにされる。

例として新千歳空港千歳基地合計で4本の平行な滑走路を有しているので、空港側と基地側のそれぞれ2本を 「L」 「R」分けその上で番号空港側が「01/19」、基地側が「36/18」というように振り分け行っている

関連オーバーランエリア 誘導路


滑走路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 21:07 UTC 版)

滑走路(かっそうろ、: runway)は、飛行機滑走し、離陸着陸を行うための直線状ののこと。空港飛行場空母などに設置された施設で、空港における最重要設備である。


注釈

  1. ^ 真北からの角度から156度の場合、「15」となる[2]
  2. ^ 磁方位の表記では、磁北をと表記せず360°と表す[2]
  3. ^ テレビドラマ「Gメン'75」のオープニングには「75」と表記された滑走路を出演者が歩くシーンが登場するが、番号は36が最大であり、「75」と表記される滑走路は存在しない。750°、つまり円周2周+30°になってしまう
  4. ^ 滑走路の表記では通例小さい数字が前に来るため、「36/18」ではなく「18/36」と表す。
  5. ^ 例外として、フランクフルト空港の滑走路18が挙げられる。この滑走路18の反対側には、もし表記されるとすれば「36」と記されるはずである。しかし、この滑走路を北向きに使用することはなく、滑走路番号「36」は存在しない。
  6. ^ このような4本並んだ滑走路の例は新千歳空港千歳飛行場シャルルドゴール空港ロサンゼルス空港でみられる。
  7. ^ ただし、上記の通り平行滑走路が4本ある場合同様、並行滑走路が5本ある場合は、L、R、Cの後に4本目から10度ずらして表記される(例:並行滑走路が5本存在するシカゴ・オヘア国際空港ダラス・フォートワース国際空港)のが一般的である為、LC、RCを使う空港は現状存在しない。
  8. ^ 例:ホノルル国際空港フッド湖水上飛行場など
  9. ^ 例として、東京国際空港では、16R/34LがA滑走路、04/22がB滑走路、16L/34RがC滑走路、05/23がD滑走路である。
  10. ^ 空港を出発する便であっても、離陸後にトラブルなどで引き返して着陸する場合がある。そのため、必要離陸滑走路長が必要着陸滑走路長より短い場合でも、必要着陸滑走路長を確保しなくてはならない。
  11. ^ 滑走路を建設する上で、航空法により滑走路末端から障害物までの距離が定められているため。具体例として、2012年まで成田空港では空港反対派が構築した障害物によりA滑走路への南側進入時に3250メートル分しか使えなかった[7]

出典

  1. ^ 空港のおしごと紹介 第4回 着陸帯除草・空港公園除草 島根県、2022年9月1日閲覧
  2. ^ a b c d e ロム・インターナショナル(編) 『道路地図 びっくり!博学知識』河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日、35-36頁。ISBN 4-309-49566-4 
  3. ^ 谷川一巳(監修) 『THE(知)検定 航空検定』河出書房新社、2008年。ISBN 978-4-309-61603-2 [要ページ番号]
  4. ^ ICAO Aerodrome Reference Code - Skybrary
  5. ^ 空港舗装設計要領 (PDF)”. 国土交通省交通局 (2017年4月). 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ a b 羽田・成田空港の機能強化について(施設面の検討) (PDF)”. 国土交通省航空局 (2014年1月). 2019年9月23日閲覧。
  7. ^ 成田空港の4000メートル滑走路、初の全面運用”. 日本経済新聞 電子版 (2012年12月13日). 2019年9月16日閲覧。


「滑走路」の続きの解説一覧

滑走路(ランウェイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 17:02 UTC 版)

「LOST」記事における「滑走路(ランウェイ)」の解説

シーズン3で「他の者たち」がケイトソーヤーたちに造らせていたもの目的不明だった考えられる物としてウェブ上で以下の物有力である。

※この「滑走路(ランウェイ)」の解説は、「LOST」の解説の一部です。
「滑走路(ランウェイ)」を含む「LOST」の記事については、「LOST」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「滑走路」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「滑走路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「滑走路」の関連用語

滑走路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



滑走路のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの滑走路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのLOST (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS