その飛行とは? わかりやすく解説

その飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 08:38 UTC 版)

マルムズベリーのエイルマー」の記事における「その飛行」の解説

ウィリアム次のように書き記している。エイルマー青年期ギリシア神話ダイダロスの話を読み信じ込んだ。そして「神話事実思い込みダイダロスのように飛ぼうとし」て、両手両足に翼を取り付け、マルムズベリー修道院の塔から飛び立った、と。 He was a man learned for those times, of ripe old age, and in his early youth had hazarded a deed of remarkable boldness. He had by some means, I scarcely know what, fastened wings to his hands and feet so that, mistaking fable for truth, he might fly like Daedalus, and, collecting the breeze upon the summit of a tower, flew for more than a furlong [201 m]. But agitated by the violence of the wind and the swirling of air, as well as by the awareness of his rash attempt, he fell, broke both his legs and was lame ever after. —  生涯にわたり不具となったが、屈せずに、エイルマー飛行術改善目指した彼は自分のグライダー尻尾付ければ操縦性の高い着陸ができると信じ彼の生命心配した修道院長それ以上の実験禁じた時には第二飛行準備中であったマルムズベリーのウィリアムは、エイルマーが「1ファーロング以上」を飛んだ述べている。修道院付近地形着陸地点目撃証言からするに、彼の滞空時間は約15秒と推測されている。厳密な飛行経路飛行距離不明であるなぜならば現在の修道院11世紀のものとは別だからである。おそらく当時修道院小さかったが、塔の高さは現在のもの近かった現在のハイ・ストリートHigh Street10世紀初頭から存在する)から外れて、「オリヴァー路地」("Oliver's Lane")と名づけられた場所があるのだが、この路地修道院から約200mの距離にある。地元言い伝えこの場所エイルマー着陸地点だとしている。そうだとすれば彼は多くの建物飛び越したことになる。マクスウェル・ウースナムの研究は、以下のような結論出している。エイルマーは、町の中心部(南)方向ではなく寧ろ修道院南西に向けて険しい丘を下降したであろう、と。

※この「その飛行」の解説は、「マルムズベリーのエイルマー」の解説の一部です。
「その飛行」を含む「マルムズベリーのエイルマー」の記事については、「マルムズベリーのエイルマー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「その飛行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「その飛行」の関連用語

その飛行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



その飛行のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマルムズベリーのエイルマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS