言い伝えとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > 伝説 > 言い伝えの意味・解説 

いい‐つたえ〔いひつたへ〕【言(い)伝え】

読み方:いいつたえ

昔から口づて伝えられてきた事柄口碑(こうひ)。伝説ことわざなど。「古い―を守る」

ことづて伝言


言い伝え

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝説

(言い伝え から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 05:16 UTC 版)

伝説(でんせつ; 英語: legend; ドイツ語: Legende)は、人物、自然現象[1]等にまつわる、ありきたり日常茶飯事のものではない異常体験を[1]、形式上「事実」[1]として伝えた説話の一種。


  1. ^ a b c d e f g 平凡社 1964『世界百科事典』第15巻、804–6頁。 関敬吾「伝説(でんせつ)」の項。
  2. ^ a b 溝井裕一 大野寿子(編)「メルヒェンと伝説、その驚きの世界観」『グリムへの扉』勉誠出版 2015 ISBN 9784585290933 pp.181-188.
  3. ^ a b c d e 平凡社 1964『世界百科事典』第21巻、492頁。益田勝実「民話(みんわ)」の項。「柳田国男の提唱により、便宜上.. 伝説でない方は.. 昔話」;「大戦後、.. 民間説話(民話)ということばが、.. 広く伝説、昔話、世間話、歴史説話などの総称として民謡と相対する概念となった
  4. ^ 柳田國男 1983, p. 175『日本の昔話』「昭和三十五年版の序」・柳田國男 1960[要ページ番号]それで西洋..で民話または民間説話と訳してもよい名を使い出しても、おつきあいにその迹(あと)を追う気にはならない。..ミンワとは何ですかと問うような人たちが(民話の知識が豊富であるのである)


「伝説」の続きの解説一覧

言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 22:24 UTC 版)

獅子舞」の記事における「言い伝え」の解説

風流獅子舞甘楽町秋畑伝承では、「獅子インドで人を食べて生きていたが、インド人間少なくなってきたので大和の国行こうとしたところ、それを察知した日本の神天竺権田河原遣わし獅子に『大和では人を食べ代わりに悪魔退治すれば食べ物与えられ悪魔祓いの神としてあがめられるだろう』と諭し先導役になって日本やってきたとされる演じられる際に役が獅子舞先導することから、この系統獅子舞稲荷流と呼ばれるようになった

※この「言い伝え」の解説は、「獅子舞」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「獅子舞」の記事については、「獅子舞」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/04 09:25 UTC 版)

君帰」の記事における「言い伝え」の解説

また、悟りを開いた僧が厳しい修行終え村人自身生き埋めにするよう依頼したという古い言い伝えがこのにはある。現在、その墓は君帰墓地中心付近にある。

※この「言い伝え」の解説は、「君帰」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「君帰」の記事については、「君帰」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 07:54 UTC 版)

トレヴィの泉」の記事における「言い伝え」の解説

後ろ向きにコインを泉へ投げ入れる願いが叶うという言い伝えがあり、投げコイン枚数によって願い異なとされるコイン1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人夫・妻別れることができると言われる3枚願いキリスト教離婚禁止していたという歴史名残りである。このコイン半分カトリック系チャリティ団体寄付される

※この「言い伝え」の解説は、「トレヴィの泉」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「トレヴィの泉」の記事については、「トレヴィの泉」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 22:42 UTC 版)

よきすすめの聖母」の記事における「言い伝え」の解説

言い伝えによると、1467年、ジェナッツアーノの街では「聖マルコ祝日祝い最中だったが、その最中に、街のある住民が"雅やかな音楽"を突然に聞きミステリアスな降りて来て、まだ未完成だった教会の壁を包み込んだ人々の前でその拡散し、そこに美しフレスコ画現れた。それは名刺より薄く18インチ正方形より小さい大きさ聖母子像であった。そのフレスコ画このように超自然的な方法アルバニアにあるシュコドラ教会から運ばれてきたものと信じられている。 このフレスコ画当初、「天国聖母(天の元后)」と呼ばれていたが、現在は「よきすすめの聖母」としてより良く知られている。 この聖母子画に聖なるイメージがついたため、ローマ教皇ウルバヌス8世1630年に、"華々しい"巡礼行って天の元后聖母マリア加護求めて呼び掛け1864年にはローマ教皇ピウス9世巡礼行った1682年11月17日にはローマ教皇イノセント11世聖母子に対し厳粛に戴冠した。なお、この聖母子画に縁の深い聖人としてアロイシウス・ゴンザーガアルフォンソ・デ・リゴリヨハネ・ボスコ福者として ステファノ・ベッレシーニがいる。

※この「言い伝え」の解説は、「よきすすめの聖母」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「よきすすめの聖母」の記事については、「よきすすめの聖母」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 09:12 UTC 版)

畑上の大トチノキ」の記事における「言い伝え」の解説

古くから海で働く漁師目標物で、海が荒れた夜に天狗樹上燈火照らし漁船目印になっていたという。

※この「言い伝え」の解説は、「畑上の大トチノキ」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「畑上の大トチノキ」の記事については、「畑上の大トチノキ」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 07:16 UTC 版)

クッシー」の記事における「言い伝え」の解説

アイヌ伝説にも湖に住む巨大なヘビの話(「鹿がこのヘビ丸呑みされた」など)や湖に住む巨大なアメマスイトウ(オビラメ)の伝承があり、これらに関連があるではないかとも指摘されている。また、明治本土からこの地へとやってきた開拓民も、現地アイヌから湖の主のことを聞かされ、「湖を見て誰にも話してならない。話すと災い起こる」と言われたという。そのため、開拓民屈斜路湖で「主」を目撃しても、見て見ぬふりをしてきたとされ、地震起こ度に湖の主のたたりと恐れたという話がある。このため湖の怪物存在はあまり外部広まらなかったとされる。もちろん、これがクッシーのことを指しているとは限らないまた、湖が凍ると湖面割れ現象があり、クッシー仕業ではないか地元で言われている。これは、「御神渡り現象と言われる同様の現象諏訪湖でも観察されており、神が通った跡説明されている。湖面にできた氷が収縮膨張繰り返すと、湖面氷の山できあがり一見するとヘビのようなになって湖面縦断する屈斜路湖でも、砂湯から10キロメートルに及ぶ長い御神渡り」が観測されたこともある。アイヌの湖のヘビ伝説これから連想されたのではという見方もある。

※この「言い伝え」の解説は、「クッシー」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「クッシー」の記事については、「クッシー」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:56 UTC 版)

聖パトリック大聖堂 (ダブリン)」の記事における「言い伝え」の解説

言い伝えによれば聖パトリック大聖堂は「chancing your arm (危険を冒す)」という表現語源であるという。1492年大聖堂においてキルデアジェラルドドア切って穴を開けさらに腕をその穴に差し入れ敵対しており部屋中に逃げ込んだオーモンド伯ジェームズとの和睦呼びかける努力をしたという。

※この「言い伝え」の解説は、「聖パトリック大聖堂 (ダブリン)」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「聖パトリック大聖堂 (ダブリン)」の記事については、「聖パトリック大聖堂 (ダブリン)」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 07:03 UTC 版)

ナハの石」の記事における「言い伝え」の解説

ナハの石はもともと、カウアイ島のワイアレア山(Mount Waialeale)にあった3.5トンもある大きな石で、その後ハワイ島カヌー運ばれた。ナハ族(Naha、この家系はすでにない)の子供が生まれた時にその血統確かめるために使われ赤ん坊石の上寝かせてナハの子ない場合泣き出し泣かないでおとなしくしている子供ナハ族の血筋である言伝えられていた。またこの石を動かした者は、ハワイ全体王様になるなどといわれてきた。 青年カメハメハは、1789年ハワイ島ヒロでこの石を動かしてその後まずハワイ島統一し次にマウイ島オアフ島戦いで勝ちとり、カウアイ島隷属させて、ハワイ諸島統一してハワイ王国打ち立てたそれまで個人の持ち物であったが、1952年ハワイ州寄贈されて、現在の所に移された。

※この「言い伝え」の解説は、「ナハの石」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「ナハの石」の記事については、「ナハの石」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 23:55 UTC 版)

旧相模川橋脚」の記事における「言い伝え」の解説

建久9年1198年12月5日頼朝がこの竣工式出席した帰りに、平家亡霊驚いた馬が暴れて川へ落ち寒さ触れて病を得翌年1月死亡したという説がある。この時警護武士10人が責任をとって自害し、その墓が龍前院境内10基の五輪塔であるとも言われている。この事件によって相模川下流部分を馬入川ばにゅうがわ)と称するようになったという伝説がある。 相模川馬入川)を渡る東海道初め架けた稲毛三郎重成は、頼朝忠臣だった畠山重忠親族である。また妻は北条時政の娘で、頼朝正室北条政子の妹であった鎌倉幕府成立後に妻を亡くした重成は、出家して相模川付近に寺を建て念仏を唱える日々送っていたが、相模川渡し船命を落とす人々多さ見て、妻への追福のために橋を架けることを決意すると、建久9年1198年)に頼朝許可を得て独力で架けた伝えられている鎌倉時代かけられたこの一度修復はされたものの、その後明治時代に入るまで、相模川架けられることはなく、江戸時代では渡し船による交通が行われた。

※この「言い伝え」の解説は、「旧相模川橋脚」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「旧相模川橋脚」の記事については、「旧相模川橋脚」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 01:34 UTC 版)

蛙石」の記事における「言い伝え」の解説

小田原危機際には、必ず鳴くといわれており、小田原城落城江戸時代の2回の震災明治小田原大海嘯大正関東大震災昭和小田原空襲前夜にも盛んに鳴いたとされる都路往来にでてくる「鳴くなる小田原の里」は蛙石指している。

※この「言い伝え」の解説は、「蛙石」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「蛙石」の記事については、「蛙石」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 23:21 UTC 版)

真玉橋」の記事における「言い伝え」の解説

昔、日照り続き真玉橋埋め生け贄決める為、矢を飛ばして刺さった家の娘を生け贄にしようという事になる。だが、矢が刺さったのは言い出した人の家だったため、その人の娘が生け贄にされ、埋められた。という言い伝えがある。 また、別の言い伝えでは、一人神女一説ユタとも)が「子年生まれで七色元結を身につけた女を人柱立てよ」との神託告げたところ、その神女ユタ)が正しくその女であり、神託告げた自分人柱立てられることとなり、最期の時、自分の娘に「人より先に口をきいてはいけない」という言葉遺した、というものもある。 なお、後者の言い伝えについては、岡本綺堂戯曲長良川』をそれに基づいてアレンジした伝説劇、『真玉橋由来記』が作られている。また、芥川賞作家大城立裕も、それに基づいた新作組踊真珠道(まだまみち)』を作った

※この「言い伝え」の解説は、「真玉橋」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「真玉橋」の記事については、「真玉橋」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 23:47 UTC 版)

歴史学研究法」の記事における「言い伝え」の解説

ギルバート・ギャラハンは、言い伝えが2つの「広義条件」か6つの「狭義条件」を満たすならば認めてもよいだろうとしている。(歴史学研究ガイド、261-262) 広義条件言い伝えが途切れることなく伝えられており、その事実を採取する現存間接的証言者あるいは初め書き留めようとする人に直接伝えられていること。 問題事実検証する一連の併行独立する目撃者がいるべきである。 狭義条件言い伝えが重要な公的事象伝えていること。例え大多数の人に必ず直接知れ渡る事象である。 その言い伝えが少なくともある一定期間一般に信じられていること。 その期間にその事実を否定した方が益になる人によっても抗議されなかったこと。 その言い伝えがある一定の間に流布され一つであること。(他の場所でギャラハン は最大150年間、口伝に勝る文化中にあったこととしている) 言い伝えが続いた期間批判的な精神が十分あり、批判的調査の手段があったこと。 言い伝えに挑戦するだけの批判的精神の人が「嘘ではないのか」というような挑戦行っていないこと。 言い伝えを実証する他の方法例え考古学遺跡証拠との比較あるかもしれない。 言い伝えの潜在的な信頼性あるいは不信頼性に関して西アフリカ東ヨーロッパでの現地調査から新し証拠がでている。(J. Vansina,「言い伝えから。歴史学研究法随想翻訳歴史としての言い伝え」、A. B. Lordの「寓話歌い手におけるスラブ吟遊詩人研究アイスランドサーガではSnorri Sturlasonによる13世紀のもの、K. E. Bailey,「言い伝えの意図的な制御およびゴスペル概要Asia Journal of Theology [1991], 34-54.Walter J. Ong,「口伝文献」も参照

※この「言い伝え」の解説は、「歴史学研究法」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「歴史学研究法」の記事については、「歴史学研究法」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:52 UTC 版)

瑞應寺 (福井市)」の記事における「言い伝え」の解説

これらはあくまでも言い伝えである。 瑞應寺にある庭園作者朝倉氏遺跡庭園作者同一人物である。 報恩講の日は、柴田勝家により当時越前において神仏関わる行事何もない日を与えられた明治焼失する前の本堂は現在よりも大きく今の本堂にある欄間火事際に持ち出したものである。 現在は新しい塀垣となっているが、昔のものには鉄砲狭間残っていた。

※この「言い伝え」の解説は、「瑞應寺 (福井市)」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「瑞應寺 (福井市)」の記事については、「瑞應寺 (福井市)」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 03:14 UTC 版)

西の河原」の記事における「言い伝え」の解説

地蔵に関する言い伝えでは、難船妻子亡くした男が、浜辺漂着した流木鰊粕茹でたニシンから油を搾り出し搾りかす醗酵乾燥させたもの。高級な肥料として珍重されていた)を作るためのにしたがうまく燃えず海に流しても再び浜辺打ち上げられるのを見て、その木に妻子刻み祀ったことに始まる。

※この「言い伝え」の解説は、「西の河原」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「西の河原」の記事については、「西の河原」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 03:09 UTC 版)

ラックス (ビューティケア)」の記事における「言い伝え」の解説

ラックステレビ広告出演した女優有名になるという言い伝えがあり、これまでに起用した女優中にはジェニファー・コネリーキャサリン・ゼタ=ジョーンズペネロペ・クルスナタリー・ポートマンなど、後にアカデミー賞獲得している女優もいる。 2015年8月下旬より、スカーレット・ヨハンソン起用している。

※この「言い伝え」の解説は、「ラックス (ビューティケア)」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「ラックス (ビューティケア)」の記事については、「ラックス (ビューティケア)」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 03:17 UTC 版)

金割鉱泉」の記事における「言い伝え」の解説

昔、高松には湯治場があったが、ならず者賭博場となっており、住民困ったため、生きた馬を埋めて馬の毛の数ほど年代が過ぎるまでお湯出ないようにと祈祷をしてもらったところ、お湯が出なくなった:56乞食春先よく来たので、集落の人は乞食が来ると集落の境まで追い払ったという:56

※この「言い伝え」の解説は、「金割鉱泉」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「金割鉱泉」の記事については、「金割鉱泉」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 05:43 UTC 版)

皆瀬川 (秋田県)」の記事における「言い伝え」の解説

恵姫物語 - 岩崎城主・岩崎道高の娘、能恵姫婚礼の日、突然竜巻起こり皆瀬川渡し船から姫が姿を消した。のちに、姫が幼いころに因縁のあった龍神)の仕業分かった。能恵姫水難から人々を守るために龍神とともに水底暮らしていると言われている。

※この「言い伝え」の解説は、「皆瀬川 (秋田県)」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「皆瀬川 (秋田県)」の記事については、「皆瀬川 (秋田県)」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/11 01:46 UTC 版)

桂水」の記事における「言い伝え」の解説

文和5年1356年)、善導寺開山智通菩薩臼井庄二郎兼牧の草庵宿泊した際、唐朝浄土教高祖善導大師夢に現れ、「我がこの山中在ること久し明日其の地を穿ち見るべし…」と告げられた。そのお告げにより翌朝その地に行くと善導大師石像現れ、その跡から清泉湧き出た伝えられている。現在は生活水故事による霊水として、近隣住民利用されている。

※この「言い伝え」の解説は、「桂水」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「桂水」の記事については、「桂水」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/23 04:27 UTC 版)

海福寺 (尾道市)」の記事における「言い伝え」の解説

江戸時代末期1828年文政十一年)、尾道地方荒らした義賊、想兵衛亀蔵・利助が捕らえられ処刑された。その夜当時住職・堪応の夢に三人現れ、堪応はお告げに基づいて三人の首を貰い受け供養した。この三ツ首様は、首から上の病を治すご利益があると伝えられる

※この「言い伝え」の解説は、「海福寺 (尾道市)」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「海福寺 (尾道市)」の記事については、「海福寺 (尾道市)」の概要を参照ください。


言い伝え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/27 19:04 UTC 版)

銭太鼓」の記事における「言い伝え」の解説

1本竹筒中には両端合わせて五円玉が6竹筒2本を合わせる五円玉12入っている。この12というの数は12ヶ月つまり1年意味しており「1年間幸せもたらす」という言い伝えがある。

※この「言い伝え」の解説は、「銭太鼓」の解説の一部です。
「言い伝え」を含む「銭太鼓」の記事については、「銭太鼓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「言い伝え」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「言い伝え」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



言い伝えと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「言い伝え」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言い伝えのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの獅子舞 (改訂履歴)、君帰 (改訂履歴)、トレヴィの泉 (改訂履歴)、よきすすめの聖母 (改訂履歴)、畑上の大トチノキ (改訂履歴)、クッシー (改訂履歴)、聖パトリック大聖堂 (ダブリン) (改訂履歴)、ナハの石 (改訂履歴)、旧相模川橋脚 (改訂履歴)、蛙石 (改訂履歴)、真玉橋 (改訂履歴)、歴史学研究法 (改訂履歴)、瑞應寺 (福井市) (改訂履歴)、西の河原 (改訂履歴)、ラックス (ビューティケア) (改訂履歴)、金割鉱泉 (改訂履歴)、皆瀬川 (秋田県) (改訂履歴)、桂水 (改訂履歴)、海福寺 (尾道市) (改訂履歴)、銭太鼓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS