レジェンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > ホンダの車種 > レジェンドの意味・解説 

レジェンド

英語:legend

伝説あるいは伝説的人物という意味用いられる表現昨今の日本語表現としては、各界において「この人を抜きにして語れない」「生きた伝説と言い得るような、偉大な功績をあげた人物を指す意味合い用いられることが多い。

レジェンド(legend)は英語の名詞であり、もともとは古フランス語の「legende」に、さらに根源ラテン語の「legenda」に由来するとされる。英語のlegend日本語の「レジェンド」と同様の「生きた伝説」というような意味合い用いられる場合がある

日本語では、スポーツ選手に対して栄誉称える意味を込めて「レジェンド」の呼称用いられることが多い。スキージャンプ選手である葛西紀明は、20年以上という超長期にわたってトップレベル現役選手として活躍してきたこともあり、「”レジェンド” こと葛西紀明」というような、二つ名のような用いられ方でレジェンドと呼ばれることが多い。

日本サッカー界では「キングカズ」こと三浦知良が、レジェンドと呼ばれることが多い。角界大相撲)では、齢40を超えてなお現役の幕内力士であり続けた旭天鵬に「角界のレジェンド」という異名がある。球界では王貞治長嶋茂雄沢村栄治をはじめ多くの選手がレジェンドと呼ばれる柔道世界では山下泰裕いずれも各分野栄光の時代築いた立役者か、もしくは常識を覆すような偉業同業者からも認められているような人物である。

他に図表などに付される凡例説明文意味する語。「伝説という意味「legend」同じくラテン語の「legenda読まれるべきもの)」に由来する

レジェンド【legend】


レジェンド

【英】legend

イラスト、図、写真など下に、それを説明する役割付けられているもの。題や説明文証明文などが書かれる

レジェンド

レジェンド

  レジェンド
V6 3.5L VTECPGM-FI
車名型式   ホンダ・DBA-KB1
駆動方式   4WD(SH-AWD
トランスミッション   電子制御5速オートマチックSマチック
寸法重量
乗車定員
全長(m) 4.930
全幅(m) 1.845
全高(m) 1.455
ホイールベース(m) 2.800
トレッド(m) 前/後 1.575/1.585
最低地上高(m) 0.145
車両重量kg   1,760
最大車両重量kg※1 1,800
乗車定員(名) 5
客室内寸法(m) 長さ/幅/高さ 2.025/1.515/1.185(サンルーフ装着車1.160)
エンジン エンジン型式 J35A
エンジン種類シリンダー数および配置 水冷V型6気筒横置
機構 SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 3,471
内径×行程mm 89.0×93.0
圧縮比 11.0
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(L) 73
性能 最高出力kWPS]/rpm)* 221300]/6,200
最大トルクN・mkg・m]/rpm)* 353[36.0]/5,000
燃料消費率km/L10・15モード走行国土交通省審査値) 8.6 ※2
主要燃費向上対策 可変バルブタイミング/ロックアップ機構トルコン/電動パワーステアリング ※3
最小回転半径(m) 5.8
動力伝達
走行装置
変速比 1速2.697/2速1.572/3速1.071/4速0.729/5速0.530/後退1.888
減速比(前/後) 4.375/3.375
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 235/50R17 96V
ブレーキの種類形式前・後 油圧式ベンチレーテッドディスク
サスペンション方式 ダブルウイッシュボーン
マルチリンク式
スタビライザー形式前・後 トーション・バー

※1 メーカーオプション組み合わせて装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください
※2 アドバンス HIパッケージ装着車は8.5km/L 。アドバンス HIパッケージを除くメーカーオプション装着車は8.2km/L (レザーインテリア単独装着車、アドバンスパッケージ単独装着車、レザーインテリア&アドバンスパッケージ装着車は8.6km/L )。
■※3 電動パワーステアリングは、アドバンス HIパッケージ装着車のみ。
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した態とほぼ同条件で測定したものです
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります
主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
LEGEND、G-CON、HIDSIHCCINTER NAVI SYSTEMLKASPGM-FIVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。
製造事業者本田技研工業株式会社


レジェンド

英語 Legend

レジェンドは英語で伝説意味するホンダ最高級セダンで、1985年11月生まれたフルドア(プレスドア)をもつ4ドアセダンで、前後フェンダー流行のブリスタータイプ。駆動方式FFで、エンジン新開発V6SOHC・2L(145ps)と2.5L(165ps)を搭載。2Lは5ナンバーサイズだった。

86年10月マイナーチェンジ一部グレード本革シート採用すると同時に、2Lの廉価版Mi追加11月には2.5LのXiも本仕様設定した

87年2月、2ドアハードトップ車を追加したホイールベースセダンの2760mmより短い2705で、全長セダン3ナンバー型の4810mmより短い4775mm、全高も20mm低い1370mmだったが、全幅は10mm広い1745mmあった。アウターパネルはすべてクーペ専用で、インテリアには天然素材多用したエンジンV6SOHC24バルブの2.7Lで180psを発生電子制御デュアルモード・ロックアップ付き4速ATだけの設定だった。リヤサスペンションはダブルウイッシュボーン/コイルで、ABS(当時ホンダ呼称ALB)も標準装備9月セダンエンジンを2.5Lから、ハードトップ・クーペに導入ずみの2.7Lに換装したほか、ATも2ウェイ4速変更最上級車のエクスクルーシブをセダンクーペ設定した

88年10月セダン中心マイナーチェンジエクステリア豪華になった。V6の2Lエンジン水冷インタークーラー付きターボチャージャー新設定。2L自然吸気残った。リヤサスペンションは、セダンクーペと同じタイプになった

89年7月トラクションコントロールを2.7Lエクスクルーシブに装備FF車としては初の実用化だった。

90年10月セダンフルモデルチェンジし、2代目進んだホイールベース2910mm、全長4940mm、全幅1810mm、全高1405mmとなり、大型化はかった。横置きだったエンジンは縦置き搭載となった。新採用の3.2L・V6エンジンは215psを発揮した。ATは新し電子制御型。運転席SRSエアバッグALB標準となったナビゲーション・システム装着目新しかった

91年1月クーペフルモデルチェンジホイールベースセダンより80mm短い2830mmで、全長60mm短い4880mmとなり、独自の顔をアピールしたエンジンは2.7Lで性能的にセダンと同じ。注目点は、ドア閉じ直前モーターにより強制的に閉じる、アクティブドアロックを採用したことだった。11月セダン助手席SRSエアバッグ装備新規にタイプαとβ追加クーペβにも本シートオプション設定

92年9月マイナーチェンジエクステリアインテリアをリデザインし、ATはプロスマテック進化したセダンクーペともにαツーリングというタイプ設定V6・3.2Lを高回転タイプにし、235psにパワーアップしたエンジン載せた10月発売93年9月セダンに235psエンジン積んだスポーティグレードのツーリング追加した

96年2月セダンフルモデルチェンジ3代目となった安全面充実主眼改良は、全世界安全基準満たすといわれた。両席SRSエアバッグABSのほか、救急ボックス備えたエンジンは3.5LにアップV6SOHC24バルブ・215psとなった。縦置き。ユーロというグレードは、ややスポーティ味付けだった。クーペその時点で生産中止となった

97年10月マイナーチェンジで、トラクションコントロール、オートライトコントロール、後席中央の3点式シートベルトなどを全車標準装備した。スポーツ指向のユーロ・エクスクルーシブを追加

98年9月一部変更フロントグリル5角形デザインし直しヘッドランプロービームディスチャージ方式改めた

99年9月エンジンが全タイプLEV仕様となったABSTCS、そして旋回時の横滑り制御などをトータルコントロールするVSA(車両挙動安定化システム)を導入した

2003年6月、全グレードイモビライザーとセキュリティアラームを標準装備した。

レジェンド

レジェンド_2

レジェンド_3

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

レジェンド

名前 Legend

レジェンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 02:24 UTC 版)

レジェンド英語: legend)は、フランス語のレジャンド (légende) からの借用語である英語の単語。




「レジェンド」の続きの解説一覧

レジェンド(男)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:14 UTC 版)

ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事における「レジェンド(男)」の解説

ジュノン出身過去に戦場死神呼ばれ恐れられていた超一流工作員通称「レジェンド・タークス」。公私ともに謎めいたメンバーとして一目置かれる存在かつては反神組織所属しソルジャーですら苦戦させていたが、神羅に対して反感を持っているというわけでもない。9章ヴェルド協力要請を受けジュノンタークスたちをサポートし事件の解決後に正式な形でタークスとなる。ヴェルドのことは「おっさん」と呼んでいる。攻撃方法は、手製爆弾による強烈な爆撃置いてしばらくする爆発する「2連鎖爆弾」と、リモコンによる操作可能なリモコン爆弾」の二種類から選べる24章クリア後、操作キャラクターとして選択できるうになる操作キャラクターの中でHPMP攻撃力が一番高く全体的なステータス高めになっている。

※この「レジェンド(男)」の解説は、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の解説の一部です。
「レジェンド(男)」を含む「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事については、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の概要を参照ください。


レジェンド(2007年 - 2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:22 UTC 版)

蝶野正洋」の記事における「レジェンド(2007年 - 2010年)」の解説

2007年1月4日蝶野東京ドーム大会で武藤タッグ結成して勝利G1 CLIMAXにおいて真壁刀義敗れた後、リング上に長州越中詩郎マシンライガー呼び出し新軍団結成を呼びかけた2007年9月1日 - 2日幕張メッセ国際展示場11ホールにおいて「蝶野王国2007 in 幕張」を開催長州率いる『LOCK UP』、藤波率いる『無我ワールド・プロレスリング』、新日本プロレスの3団体合同興行となった。これと同時に三田証券組んでイベント証券化することも発表された資金調達の手法としてファンド活用を行うことは、プロレス界にとって初めてのことであった2008年から蝶野が自らGMゼネラルマネージャー)を務める「PREMIUM興行開催2009年1月4日東京ドーム大会でケビン・ナッシュカート・アングル長州力日米レジェンドタッグを結成真壁率いるヒールユニットG・B・H勝利を収めた10月3日ノア大阪府立体育会館行われた三沢光晴追悼興行参戦した。かつて蝶野戦った小橋と、GHC王者潮崎豪タッグ結成した10月12日蝶野正洋25周年特別興行ARISTRIST IN 両国国技館」を開催蝶野小橋武藤タッグ組みメインイベント登場して勝利した2010年1月4日東京ドーム大会最後に蝶野は首や両膝治療本人曰く体のリビルド」のために長期休養入った1月21日自身の25周年記念パーティー行い、これに先立って行った会見の中で蝶野2010年1月をもって新日本プロレス退団しアリストトリスト所属フリーランスとなった

※この「レジェンド(2007年 - 2010年)」の解説は、「蝶野正洋」の解説の一部です。
「レジェンド(2007年 - 2010年)」を含む「蝶野正洋」の記事については、「蝶野正洋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レジェンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「レジェンド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レジェンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



レジェンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレジェンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII (改訂履歴)、蝶野正洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS