民間伝承とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 民間伝承の意味・解説 

みんかん‐でんしょう【民間伝承】

読み方:みんかんでんしょう

ほとんど文献記されないで、古くから民間伝承されてきた風習口碑伝説俗信芸能などの総称


伝承

(民間伝承 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 02:19 UTC 版)

伝承(でんしょう、: folklore: tradition populaire)とは、ある集団のなかで古くからある慣習風俗信仰伝説技術知識などを受け継いで後世に伝えていくこと、もしくは、そのように伝えられた事柄や物を指す。歴史学民俗学にとって重要な資料となる。


  1. ^ 『民俗学辞典』(1951)


「伝承」の続きの解説一覧

民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 04:17 UTC 版)

佐渡おけさ」の記事における「民間伝承」の解説

佐渡以外にも、おけさ発祥の地名乗る土地新潟県下に点在するが、その一つ出雲崎町では、原型鎌倉時代発生し後世伝来したハイヤ節融合して出雲崎おけさが成立後佐渡など各地広まった伝えられる源義経仕え福島県医王寺伝わ奇談知られる佐藤継信忠信兄弟の母、乙和御前音羽御前とも)は兄弟戦死聞きつけ二人倒れた合戦地京都屋島旅立つも、現・新潟県出雲崎町断念し仏門下り二人弔うことにした。やがて、二人各々義経身代わりとなったという武勲伝わるや、嬉しさのあまり同門尼僧たちと袈裟の姿で踊りだしたのがおけさの始まりだという。ただし、医王寺にある御前の墓や遺品伝えられる品々兄弟の嫁である若桜甲冑姿御前慰め逸話はいずれ御前飯坂の地を出なかったことを示唆する

※この「民間伝承」の解説は、「佐渡おけさ」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「佐渡おけさ」の記事については、「佐渡おけさ」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 21:39 UTC 版)

李遺」の記事における「民間伝承」の解説

以下、民間伝承による。 荊州関羽敗れると、関銀屏関三小姐)は復讐誓い関索関樾関平の妻(趙雲の娘)らとともに成都まで落ち延びたその後諸葛亮南征際に建寧郡兪元県(現在の雲南省玉渓市澄江市出身である李恢起用し諸葛亮自ら仲人となって関銀屏蔚に嫁がせた。 正史『三国志』小説『三国志演義』には、民間伝承にあるよう記述一切ない

※この「民間伝承」の解説は、「李遺」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「李遺」の記事については、「李遺」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 06:44 UTC 版)

雷神」の記事における「民間伝承」の解説

菅原道真死して天神の神)になった伝えられる。民間伝承では惧れ親しみをこめて雷神を「さま」と呼ぶことが多い。さまは落ちては人のヘソをとると言い伝えられている日本の子供は夏に腹を出していると「かみなりさまがへそを取りにくるよ」と周り大人から脅かされるさまから逃れるための方法は、蚊帳逃げ込む桑原くわばら菅原道真亡霊さまとなり、都に被害もたらしたが、道真領地桑原には落ちなかったと言う伝承から由来)と唱える、などが伝えられる対になる存在としては風神挙げられる『日本書紀』推古天皇26年条には、天皇の命で船を造るため、安芸国において船材探しに、山に入ったところ良い材があっため、切ろうとしたが、ある人が「雷神宿る木ゆえ、切ってならないといって止められるも、天皇の命ゆえといって強行し切ったところ、大雨となり、落雷起きその後天皇の民を犯すのは恥だぞといって雷神鎮めると、小さな魚となった雷神木の股挟まれていたため、焼魚にして食べたという話が記述されている。

※この「民間伝承」の解説は、「雷神」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「雷神」の記事については、「雷神」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 01:56 UTC 版)

雀の松原」の記事における「民間伝承」の解説

その昔松原沢山の雀がいた頃、三年一度位、この地雀が丹波の雀と大合戦していたという。年によってはこちらから丹波の方攻めていった。この雀合戦を見に遠方から人がやってきて見物客相手戦死した雀を焼いて商売する村人があり、江戸時代には名物だった。

※この「民間伝承」の解説は、「雀の松原」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「雀の松原」の記事については、「雀の松原」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 06:39 UTC 版)

化け猫」の記事における「民間伝承」の解説

化け猫同様にネコ怪異として知られる猫又が、尻尾二つに分かれるほど年を経たネコといわれることと同様に、老いたネコ化け猫になるという俗信が日全国見られる茨城県長野県では12年沖縄県国頭郡では13年飼われネコ化け猫になるといい、広島県山県郡では7年以上飼われネコ飼い主を殺すといわれるネコ飼い始めに、あらかじめ飼う年数を定めておいたという地方も多い。また地方によっては、人間残忍な殺され方をしたネコ怨みを晴らすため、化け猫になってその人間を呪うなど、老いたネコ限らない化け猫の話もある。 化け猫のなす怪異様々だが、主なものとしては人間変化する手拭を頭にかぶって猫おどりする、人間言葉を喋る人間祟る死人を操る、人間憑く、山に潜み、オオカミ引き連れて旅人を襲う、などといったことがあげられる珍しい例では、宮城県牡鹿郡網地島島根県隠岐諸島で、人間化けたネコ相撲取りたがったという話もある。 ただしネコが喋るということについては、人間ネコ見ながら自分の心の中思った言葉を、あたかもネコ喋ったかのように誤解したものであり、妖怪の類ではないとの指摘もある。1992年平成4年)の読売新聞には、ネコ人間言葉喋ったように聞こえたが、よく聞き直すと、単にネコ口ごもった鳴き声が、人間言葉によく似て聞こえたに過ぎなかったとの記事掲載されている。 江戸時代には尾がヘビのように長いネコ化けるという俗信があり、尾の長いネコ嫌われ、尾を切る風習もあった。現在の日本のネコに尾の短いものが多いのは、尾の短い好まれことによる自然淘汰とする説もある。 茨城県那珂郡額田地区では、が黒い雲に乗って遺体いたずらしにくるという伝承があり、鱗勝院住職葬儀にいった際、西から黒い発生し読経をすると、の上を黒い物が飛び跳ねたため、払子で打つと、悲鳴を上げとともに去りその後帰ると、養っていたクロという名の黒猫片目になっていた。住職は、魔物で、いたずらするものと知っていたため、檀家に、枕許刃物を置くよう、伝えたとされる。 なお、老いたネコ怪異を為すという俗信日本限ったことではない。たとえば中国浙江省金華地方では、人間3年飼われネコ人間化かすといわれていた。特に白いネコ化けすいといって白いネコを飼うことを忌む風習もあり、人間化かす能力を得る際には月から精力取り込むといわれたことから、月を見上げネコ見かけた者は、どんなに可愛ネコでもその場で殺したこともあったという。

※この「民間伝承」の解説は、「化け猫」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「化け猫」の記事については、「化け猫」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 08:28 UTC 版)

見越し入道」の記事における「民間伝承」の解説

夜道坂道突き当たり歩いていると、僧の姿で突然現れ見上げれば見上げるほど大きくなる見上げるほど大きことから見上げ入道の名がついた。そのまま見ていると、死ぬこともあるが、「見こした」と言えば消えるらしい。主に夜道1人で歩いていると現れることが多いといわれるが、四つ辻石橋木の上などにも現れるという。 見越し入道飛び越されると死ぬ、喉を締め上げられるともいい、入道見上げたために後ろに倒れると、喉笛声を出すために必要な器官)をかみ殺されるともいう。九州壱岐島では見越し入道現れる前には「わらわら」と笹を揺らすのような音がするので、すかさず見越し入道見抜いた」と唱える入道消えるが、何も言わずに通り過ぎようとすると竹が倒れてきて死んでしまうという。岡山県小田郡では、見越し入道に出遭った際に頭から足元にかけて見下ろなければならず、逆に足から頭へと見上げると食い殺されてしまうという。その他の対処法としては「見越した」「見抜いた」と唱えるほか、度胸据えて煙草吸っていたら消えたとか(神奈川県)、差金見越し入道の高さを計ろうとしたら消えた静岡県)などの例もある。 岡山県のある地域では、厠で女性しゃがんでいると、キツネ化けた見越し入道現れて尻拭こうか、尻拭こうか」と言って脅かすという。また、大晦日の夜に厠で「見越し入道ほととぎす」と唱えると必ず見越し入道現れるともいう。これらのに関する伝承は、厠に現れるといわれる妖怪加牟波理入道混同したものとの説もある。

※この「民間伝承」の解説は、「見越し入道」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「見越し入道」の記事については、「見越し入道」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/14 05:10 UTC 版)

女天狗」の記事における「民間伝承」の解説

川に住む天狗であるとされる川天狗中に、女の天狗存在してるとうかがえる内容を含む伝承報告いくつか存在しているが、くわしくわかっていない。 東京都小河内村大畑淵という淵にいた川天狗夫婦存在しており、嫁は美しい娘の姿をしていたという。 山梨県南巨摩郡南部町では川天狗女天狗とも呼ぶ。ふつうの天狗くらべてやさしい顔かたちをしてるともいう。 山姥やまんば)のことを「てんぐさまの女房と呼ぶ地方もあった。

※この「民間伝承」の解説は、「女天狗」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「女天狗」の記事については、「女天狗」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:32 UTC 版)

地下鉄道 (秘密結社)」の記事における「民間伝承」の解説

1980年代以後キルトデザイン暗号の役割果たし逃亡中奴隷たち道のり隠れ蓑の方向を合図していたという説が提示されている。民間語り継がれこうした史話をもとに書かれた『公然と隠されて:キルト地下鉄道秘話』は1999年出版され話題呼んだが、現在、このような伝承歴史的な裏づけ乏しいとされており、キルト込められメッセージ実際に地下鉄道活動寄与したかは、キルティング歴史家含め多くの歴史家の間では極めて疑わしいとされている。 ただ、それとは別に伝統的な黒人霊歌には暗号的な役割果たしえた歌詞含まれていたという見解は、現在はアメリカの「黒人学Black Studies)」の定説になっている。「そおっと行けSteal Away)」や「水の中歩けWade in the Water)」などがその典型である。こうした霊歌確かに旧約聖書エピソードイエス・キリスト題材にした信仰の歌に違いなく一見他界望みみる彼岸的な心情表れであった。だが同時に、同じ歌詞仲間内では自由の願望ないし逃亡決行合図していた場合もあり、霊歌優れた二重性有したコミュニケーション手段であった

※この「民間伝承」の解説は、「地下鉄道 (秘密結社)」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「地下鉄道 (秘密結社)」の記事については、「地下鉄道 (秘密結社)」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 21:09 UTC 版)

ポドハレ」の記事における「民間伝承」の解説

ポドハレ地方特徴は、ポーランドへの愛国的想像力から生まれたロマン主義的な民話伝統にある。その多くが小ポーランド地方(波: Małopolska マウォポルスカ; 英: Lesser Poland) (Lesser Poland) への北からポーランド人入植者から、また一部トランシルヴァニア人入植者によって14世紀から17世紀間に持ち込まれた。ポドハレという名称を直訳すると「山と谷に覆われた地」となる。 また、ポーランド王国王都である現マウォポルスカ県クラクフのある小ポーランド地方歴史深い地域一部である

※この「民間伝承」の解説は、「ポドハレ」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「ポドハレ」の記事については、「ポドハレ」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 03:04 UTC 版)

天狐」の記事における「民間伝承」の解説

長崎県小値賀島では霊怪のひとつに「テンコー」というものがあり、この呼称天狐地狐由来している。これに憑かれた者には占いで何でも言い当てるなどの神通力備わるという。

※この「民間伝承」の解説は、「天狐」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「天狐」の記事については、「天狐」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 19:43 UTC 版)

グアダラマ山脈」の記事における「民間伝承」の解説

山脈その周辺地方では、数世紀に渡って独自の伝説語られてきた。 羊飼いの裂け目 これはサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル近辺信じられてきた、秘宝埋められているという伝説である。多くの人々秘宝求めて調査行ってきた。 この伝説では、エル・エスコリアル修道院豊富な資産管理したラファエル・コラリサが、極悪非道な誘惑駆られてダブロン金貨納める宝物庫荒らしポルトガル教会施設逃亡した伝えている。コラリサは夜間宝物盗んでからポルトガル逃亡する途中最寄りロブレドンドに通じた山道通った。しかし、山地横断するため通った羊飼いの裂け目』として知られるい山氷河割れ目で、修道院守護聖人見張っていたのだろう、コラリサは盗んだ金貨もろとも裂け目転落した時間の経過とともに木の枝や石が裂け目覆い隠し他のウシかわいそうな悪魔がコラリサと同じ運命とならぬようにした。 死者の巨石 この伝説の名は、ラ・ペドリサ峰独特で同名の岩の塊にちなむ。話では、3人山賊が、マドリード大富豪一族若い女性誘拐した集団首領不在の間、残った2人女性へ性的暴行加えよう企んだ首領不意に戻ってくると、彼は素早く公正な裁きとしてラ・ペドリサの巨石の上2人放り投げた1人死んだが、もう1人瀬戸際首領首領の脚をつかみ、2人とも岩の上落ち叩きつけられて死んだ地元住民によれば、岩の裂け目から3人山賊死骸覗ける時があるという。

※この「民間伝承」の解説は、「グアダラマ山脈」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「グアダラマ山脈」の記事については、「グアダラマ山脈」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 15:03 UTC 版)

青毛 (久喜市)」の記事における「民間伝承」の解説

子供歌 人当て遊びの唄 - 「かーごめ かごめ かごん中の いついつ 出やる(いしゃる夜明けの晩に 鶴と亀すべった うしろの正面 だあれ寒さの唄 - 「大寒[おおさむ] 小寒[こさむ] 山から小僧泣いてきた 何といって 泣いてきた 寒いといって 泣いてきた」 悪態唄 - 「青毛[おーげ]の学校 いい学校 あがってみたら ボロ学校」、「さくらだ学校ボロ学校 つっけん棒が九十九本」 まじない耳だれには青毛大日堂筒竹に酒を入れて一度お供えし、それをさげてから耳につける治る正月3か日食事 事例では「正月3か日朝食雑煮昼食御飯夕飯御飯うどん・そば食べる。大神宮には雑煮として大根供えるだけである。」というものである

※この「民間伝承」の解説は、「青毛 (久喜市)」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「青毛 (久喜市)」の記事については、「青毛 (久喜市)」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:22 UTC 版)

嫦娥」の記事における「民間伝承」の解説

海南島などでは、8月15日中秋節)の晩に少女たちがをはった器の中に針を入れて嫦娥(月娘)に自分の運命吉凶示してもらう、という習俗があった。針がすっかり沈んでしまって少しも浮かばない運命は凶であるという。

※この「民間伝承」の解説は、「嫦娥」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「嫦娥」の記事については、「嫦娥」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 13:58 UTC 版)

サニーベール (カリフォルニア州)」の記事における「民間伝承」の解説

サニーベール長く伝わっている伝承には市内にあるトイザらス店舗出てくる幽霊に関するものがある霊能者とされるシルビア・ブラウンが1978年テレビ番組That's Incredible』で幽霊接触した主張し、その幽霊をジョニ・ジョンソンと名付けた。この話は1991年番組Haunted Lives: True Ghost Stories』でも取り上げられた。さらにブラウンは、ジョンソンがこのおもちゃ屋が現在建っている所にあった果樹園働いていた農業労働者であり、事故自分の足を斧で傷つけて出血多量死んだとも述べた

※この「民間伝承」の解説は、「サニーベール (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「サニーベール (カリフォルニア州)」の記事については、「サニーベール (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 03:01 UTC 版)

叉骨」の記事における「民間伝承」の解説

ガチョウ暢思骨用いた占いにまつわる迷信少なくとも中世後期にまでさかのぼる。ヨハネス・ハートリープ (Johannes Hartlieb) は1455年ガチョウ暢思骨による天気占いについての記録残している。そこには「聖マルティヌスの日日中もしくは夜間ガチョウ食されたならば、最も高齢賢明な者が胸の骨をとっておいて次の朝までそのまま乾かしておき、胸の骨の全体前部後部中間部検査する。それによりその冬が厳しいか穏やかか・少ないか多いかを占うのだが、人々はその予想信じきっているので、家財道具一切合切をその精度賭ける」とある。また、ある軍人に関して「この勇猛な人物であるところのキリスト教徒隊長は、この迷信じみた異端道具ガチョウの骨)を上着から取り出し、私に対して聖燭祭後に非常に厳し霜が降りるそのこと疑いはない。』と示した。」と記録されている。その隊長はさらに「プロシアチュートン騎士団は彼らの戦い全てにおいてこのガチョウの骨による占い行っており、ガチョウの骨が予言するからこそ夏に一回・冬に一回二回作戦を行うのだ」とも言った二人人物がこの骨を引っ張り合い長い方を手にした者の願いが叶う、という風習17世紀初めにまでさかのぼる。その当時この骨は "merrythought" という名だった。この風習関わる "wishbone" という名称は1860年から記録される

※この「民間伝承」の解説は、「叉骨」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「叉骨」の記事については、「叉骨」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 21:22 UTC 版)

銀の弾丸」の記事における「民間伝承」の解説

一部歴史家は、この伝承はジェヴォーダンの獣倒したジャン・シャストル物語に起因すると言う誤りで、彼らの主張の根拠人類学者 Henri Pourrat創作である『Histoire fidèle de late en vaudan (1946)』に由来している。 グリム童話二人兄弟』 - 兄は当初鉛の通常弾魔女を木から撃ち落とそうとする果たせず、服の銀ボタン3つちぎり取って装填し今度魔女転落させることに成功するブルガリアハイドゥク ヴォイヴォダ(対トルコ・レジスタンスの指導者)であるDelyo(英語版)は、あらゆる武器受け付けず銀の弾使用された。

※この「民間伝承」の解説は、「銀の弾丸」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「銀の弾丸」の記事については、「銀の弾丸」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 21:38 UTC 版)

サキュバス」の記事における「民間伝承」の解説

ゾーハルベン・シラのアルファベットによればリリスアダム最初の妻であり、後にサキュバスとなった彼女はアダムのもとを去り大天使サマエル一緒になるエデンの園戻ること拒否したカバラによると、大天使サマエルとつがったサキュバスは4人いた。リリスエイシェト・ゼヌニムアグラット・バット・マハラトナアマ元は悪魔の女王だった4人である。 サキュバス美しく若い少女の形を取るかもしれないが、より綿密な検証では、彼女の体に鳥のような爪やの尾のような異形発見するかもしれない。 民間伝承はまた、サキュバス性的挿入する行為氷の洞窟に入るのと同じようだと記述しており、またサキュバスは、外陰部から尿やその他の体液垂れ下がる不快感軽減するために、男性クンニリングスを行うように強要するとの報告がある。後の民話ではサキュバスセイレーンの形を取ったパラケルススは、メリュジーヌサキュバスであるという見解を持っていた。 サキュバス襲われ男性は、いわゆる夢精をした状態となり、夢精サキュバス仕業信じられていた。 また、一部地方では「枕元牛乳があると、サキュバスはそれを精液間違えて持ってゆく」と言われ悪魔よけに小皿一杯の牛乳枕元置いて眠るという風習があった。

※この「民間伝承」の解説は、「サキュバス」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「サキュバス」の記事については、「サキュバス」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 03:07 UTC 版)

アイルランド神話」の記事における「民間伝承」の解説

詳細アイルランド民話英語版を参照20世紀初頭、ヘルミニー・テンプルトン・カバナフ(英語版)が多くのアイルランド民話書きとめ雑誌2冊の本を出版して残した。彼女の死から26年後、『ダービー・オジルと善良な人々』『古き望みの灰』は『ダービーおじさんと不思議な小人たち 』という映画仕上げられた。注目アイルランド劇作家グレゴリー夫人も、アイルランドの歴史保存するため民俗物語集めた

※この「民間伝承」の解説は、「アイルランド神話」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「アイルランド神話」の記事については、「アイルランド神話」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:15 UTC 版)

宮本武蔵」の記事における「民間伝承」の解説

武蔵にゆかりのある土地武道の場などで語られる事があるが、明確な根拠史実記したとされる史料基づくものではない。 人並み外れた剛力持ち主片手刀剣使いこなすことができた。これが後に二刀流技術生み出す至った祭り太鼓二本の撥(ばち)を用いて叩かれているのを見て、これを剣術用いるという天啓を得、二刀流発案した自身の剣術極致達していた頃、修練のために真剣の代わりに竹刀振ってみると、一度振っただけで竹刀壊れてしまった。そのため木剣使い始めたという。 立会い繰り返すうちに次第木剣使用するようになり、他の武芸者勝負しなくなる29歳直前の頃には、もっぱら巖流島闘い用いた木刀自分で復元し剣術用いていた。 二本差し木刀用いようになったのは、日本刀刀身構造上壊れやすくなっているので、勝負最中に刀が折れるのを嫌ったため。 吉岡家断絶は、武蔵当時における、武者修行礼儀無視した形で勝負挑んだため、さながら小規模な合戦にまで勝負規模拡大し吉岡がそれに敗れてしまったためである

※この「民間伝承」の解説は、「宮本武蔵」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「宮本武蔵」の記事については、「宮本武蔵」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/13 02:18 UTC 版)

天火」の記事における「民間伝承」の解説

愛知県渥美郡では夜道行く先昼間のように明るくなるものを天火(てんび)といい、岐阜県揖斐郡では夏の夕空を大きな音を立てて飛ぶ怪火天火(てんぴ)という。 佐賀県東松浦郡では、天火現れる天気良くなるが、天火入った家で病人が出るので、鉦を叩いて追い出したという。 熊本県玉名郡では天上から落ち提灯ほどの大きさ怪火で、これが家の屋根落ちると火事になるという。佐賀県一帯でも火災前兆考えて忌まれた。 かつては天火怨霊一種考えられていたともいい、熊本県天草諸島民俗資料天草島民俗誌』には以下のような伝説がある。ある男鬼池村(現・天草市)へ漁に出かけたが、村人たちよそ者扱いされて虐待され、それがもとで病死した。以来、鬼池には毎晩のように火の玉飛来するようになり、ある夜に火が燃え移り、村人たち消火作業甲斐もなく火が燃え広がり村の家々は全焼した村人たちはこれを、あの男怨霊仕業といって恐れ、彼を虐待した所に地蔵尊を建て、毎年冬に霊を弔ったという。 天火は飛ぶとき、奈良県じゃんじゃん火のように「シャンシャン」と音を出すという説もあり、そのことから「シャンシャン火」ともいう。「シャンシャン火」の名は土佐国現・高知県)に伝っている。

※この「民間伝承」の解説は、「天火」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「天火」の記事については、「天火」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 08:19 UTC 版)

拝ケ石巨石群」の記事における「民間伝承」の解説

弘法大師空海)や菊池武重関わっていたとの説があるが、景行天皇時代の由来の祭り今でも残る当地において、民間伝承等の記録希薄であるまた、彼らが「拝んだ」という言伝えあるものの、「造った」という言伝えはない。

※この「民間伝承」の解説は、「拝ケ石巨石群」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「拝ケ石巨石群」の記事については、「拝ケ石巨石群」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 07:23 UTC 版)

旧鼠」の記事における「民間伝承」の解説

香川県の民間伝承によれば吉野川のほとりで漁師殺そうとしていたネコを寺の住職助けたところ、ネコは寺に住みつい3年後猫又となり、寺の本堂に7貫もの旧鼠棲みついていて寺の人々食い殺そう狙っていることを住職教え、ほかのネコ協力して死に物狂い戦い末に旧鼠退治したという。

※この「民間伝承」の解説は、「旧鼠」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「旧鼠」の記事については、「旧鼠」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 01:48 UTC 版)

ショットガンハウス」の記事における「民間伝承」の解説

ショットガンハウスは、アメリカ合衆国南部民俗伝承文化にも影響及ぼしている。言い伝えでは、幽霊精霊ショットガンハウス引き寄せられるという。なぜなら、ショットガンハウスは、その中まっすぐに通り抜けられるからであり、中にはこのような霊を通さないように、わざとドア位置ずらしたものもある。また、ショットガンハウス南部の生活の象徴として重用されてきた。エルヴィス・プレスリーショットガンハウス生まれネヴィル・ブラザーズショットガンハウス育ちロバート・ジョンソンショットガンハウス死んだという。ジェフ・バックリィは、1997年5月のその死の少し前に、メンフィスショットガンハウス借り心奪われた彼はハウスオーナー譲ってほしいと問い合わせていた。ジェフ・バックリィ父親ティム・バックリィ生涯描いたデビッド・ブラウン著の伝記「ドリームブラザー」では、このショットガンハウスに対するジェフ愛着描写から物語始まる。 もっとよく知られたものでは、トーキング・ヘッズ1980年作品、「ワンス・イン・ア・ライフタイム(Once in a Lifetime)」の歌詞登場する。この歌の歌いだしは、『And you may find yourself living in a shotgun shack』である。

※この「民間伝承」の解説は、「ショットガンハウス」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「ショットガンハウス」の記事については、「ショットガンハウス」の概要を参照ください。


民間伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/10 02:05 UTC 版)

地狐」の記事における「民間伝承」の解説

長崎県小値賀島では霊怪のひとつに「ジコー」という人間に取憑くものが語られていた。この呼称天狐地狐由来している。

※この「民間伝承」の解説は、「地狐」の解説の一部です。
「民間伝承」を含む「地狐」の記事については、「地狐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「民間伝承」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「民間伝承」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「民間伝承」の関連用語

民間伝承のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



民間伝承のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝承 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの佐渡おけさ (改訂履歴)、李遺 (改訂履歴)、雷神 (改訂履歴)、雀の松原 (改訂履歴)、化け猫 (改訂履歴)、見越し入道 (改訂履歴)、女天狗 (改訂履歴)、地下鉄道 (秘密結社) (改訂履歴)、ポドハレ (改訂履歴)、天狐 (改訂履歴)、グアダラマ山脈 (改訂履歴)、青毛 (久喜市) (改訂履歴)、嫦娥 (改訂履歴)、サニーベール (カリフォルニア州) (改訂履歴)、叉骨 (改訂履歴)、銀の弾丸 (改訂履歴)、サキュバス (改訂履歴)、アイルランド神話 (改訂履歴)、宮本武蔵 (改訂履歴)、天火 (改訂履歴)、拝ケ石巨石群 (改訂履歴)、旧鼠 (改訂履歴)、ショットガンハウス (改訂履歴)、地狐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS