民間信仰とは?

みんかん‐しんこう〔‐シンカウ〕【民間信仰】

民間行われている信仰特定の教団組織教理体系をもたず、生活・習俗密着した信仰内容となっているのが特徴


みんかんしんこう 【民間信仰】

教祖教義とか教団組織を持つ成立宗教ではなしに、地域共同体機能する庶民信仰をいう。民間伝承されている信仰庶民信仰民俗宗教民族宗教とは別)・民間宗教伝承信仰などともいわれ、世界的見られる堀一郎は「民間信仰はいわば自然宗教としての無限に溯り得るところの過去背負い、その歴史的過程中に形成せられて来た人間欲求の上に、その生命維持している」と説く(『民間信仰』)。

民間信仰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 08:39 UTC 版)

民間信仰(みんかんしんこう)とは、教義や教団組織をもたずに地域共同体に機能する庶民信仰のことで、個人の自覚的入信にもとづく創唱宗教とは異なる[1]民間宗教民俗宗教、民衆宗教、伝承的信仰ともいう[1]フォークロアの訳語としての「民間信仰」は1897年に姉崎正治が初例とされる[2]


  1. ^ a b 世界大百科事典 第2版
  2. ^ 「中奥の民間信仰」(「哲学雑誌」1897)
  3. ^ (マルク・ブロック『封建社会』p.49)
  4. ^ J・ル・ゴフ 2005, p. 212.
  5. ^ J・ル・ゴフ 2005, p. 264.
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


「民間信仰」の続きの解説一覧



民間信仰と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「民間信仰」の関連用語

民間信仰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



民間信仰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの民間信仰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS