アッシジのフランチェスコとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > アッシジのフランチェスコの意味・解説 

アッシジのフランチェスコ


アッシジのフランチェスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/02 07:29 UTC 版)

アッシジのフランチェスコFrancesco d'Assisiラテン語Franciscus Assisiensis、本名 ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ・ディ・ベルナルドーネ Giovanni di Pietro di Bernardone1182年 7月5日 - 1226年10月3日)は、フランシスコ会(フランチェスコ会)の創設者として知られるカトリック修道士。「裸のキリストに裸でしたがう」ことを求め、悔悛と「神の国」を説いた[1]中世イタリアにおける最も著名な聖人のひとりであり、カトリック教会聖公会で崇敬される。また、「シエナのカタリナ」とともにイタリアの守護聖人となっている[2]


注釈

  1. ^ 6世紀ケルト人コルンバネス湖怪物祖先に説教したことをふまえ、フランチェスコは、ウンバルスのグッビアの住人を恐怖に陥れていたオオカミに厳しく説教し、回心させたといわれる
  2. ^ 魚に説教したのは、フランチェスコの後を受けて説教者となったパドヴァのアントニオであるともいわれている。
  3. ^ 托鉢修道士(フライアー)の語源は「兄(弟)」を意味するラテン語の「フラーテル」frater である。ミルワード(1993)p.88
  4. ^ アッシジに近い聖母マリアの礼拝堂を修復したフランチェスコが、毎年、礼拝堂の献堂記念日に礼拝に訪れた人びとに完全な免償を与えるよう教皇に頼む場面を描いたものである。マックスウェル・スチュアート(1999)p.140

参照

  1. ^ 佐藤&池上(1997)pp.289-290
  2. ^ cf. Noel Muscat, “St. Francis of Assisi” in Franciscan info & tidbits.
  3. ^ フランシスコ会日本管区
  4. ^ ルゴフ p.40, フルゴーニ p.24
  5. ^ フルゴーニ p.24, p.235
  6. ^ フルゴーニ p.21
  7. ^ 『第二伝記』p.36
  8. ^ ルゴフ p.40, フルゴーニ p.22
  9. ^ フルゴーニp.23
  10. ^ ルゴフ pp.41-42, フルゴーニ p.29-30,『第一伝記』p.19, 『第二伝記』p.36,
  11. ^ ルゴフp.42, フルゴーニ p.22
  12. ^ フルゴーニpp.29,32
  13. ^ フルゴーニ p.42, 『第二伝記』p.40
  14. ^ ルゴフpp.2-6
  15. ^ ルゴフ、pp.42-43、フルゴーニ、pp.24-28
  16. ^ ルゴフ、p.43、フルゴーニ、pp.28,34, 『第二伝記』pp.37-38
  17. ^ ルゴフ pp.43-44、フルゴーニ pp.36-41、『第一伝記』pp.23-24
  18. ^ ルゴブ p.45
  19. ^ フルゴーニ、pp.34-35、『第一伝記』pp.21-22
  20. ^ フルゴーニ、p.43、『第二伝記』p.41
  21. ^ フルゴーニ、pp.45-46、『第一伝記』pp.25-27
  22. ^ ルゴフ pp.51-52 , フルゴーニ p.47、『聖フランシスコ小品集』p.287, 『第二伝記』pp.43-44
  23. ^ フルゴーニp.31
  24. ^ フルゴーニ p.46, 『第二伝記』p.42
  25. ^ ルゴフ pp.48-49
  26. ^ ルゴフ pp.52-53, フルゴーニ p.51,59, 『第二伝記』pp.44-46
  27. ^ ルゴフpp.49-50, フルゴーニ p.46,『第一伝記』p.29-39, 『第二伝記』p.44-47
  28. ^ ルゴフp.52, フルゴーニ pp.58-59,『第一伝記』p.41
  29. ^ ルゴフ pp.50-51, フルゴーニ p.57,『第一伝記』p.40
  30. ^ フルゴーニ p.59,62
  31. ^ 『第一伝記』p.47
  32. ^ ルゴフ p.53, 『第二伝記』pp.54-55,『大伝記』pp.43-44
  33. ^ フルゴーニ p.59,『第一伝記』p.47
  34. ^ ルゴフ pp.-, フルゴーニ p.60,63『第一伝記』p.43
  35. ^ ルゴフ pp.40-41, フルゴーニp.46,57,67,109,『第二伝記』pp.48,168
  36. ^ ルゴフ pp.194-197, フルゴーニ p.62,88,93-94,『第二伝記』pp.49,111-116
  37. ^ ルゴフ pp.192-194, フルゴーニ p.95-96,『第二伝記』pp.104-108
  38. ^ ルゴフ 序文v, フルゴーニ p.94
  39. ^ ルゴフ pp.53-54, フルゴーニ pp.72-77,『第一伝記』pp.47-49
  40. ^ ルゴフ p.18,フルゴーニ pp.49-51
  41. ^ ルゴフp.53
  42. ^ ルゴフ p.54, フルゴーニ pp.64-66,『第一伝記』pp.50-51
  43. ^ フルゴーニ p.64, 『第二伝記』p.147
  44. ^ ルゴフ p.71, フルゴーニ p.64
  45. ^ ルゴフ pp.49,56, フルゴーニ pp.60-61,108-109,『第一伝記』pp.33
  46. ^ ルゴフ p.54, フルゴーニpp.106-107,『第一伝記』pp.52-52, 『第一伝記』p.50
  47. ^ 『第二伝記』 p.118
  48. ^ ルゴフ p.55,『第一伝記』p.52
  49. ^ ルゴフ pp.54-55
  50. ^ フルゴーニ pp.107-108
  51. ^ ルゴフ pp.55-56, フルゴーニp.112,『第一伝記』p.58
  52. ^ フルゴーニ p.109
  53. ^ ルゴフ p.207, ヨルゲンセン pp.111-112, 『第一伝記』 pp.72-73
  54. ^ ルゴフ pp.57-62, フルゴーニ p.118,『第一伝記』pp.62-65, 『第二伝記』pp.51-53
  55. ^ ルゴフ p.60, フルゴーニ p.118,『第一伝記』pp.62-63
  56. ^ ルゴフ p.225, フルゴーニ p.79
  57. ^ ルゴフ p.15, フルゴーニ p.131, 小田内 pp.171-180
  58. ^ フルゴーニ p.99
  59. ^ ルゴフ pp.7-8
  60. ^ ルゴフ pp.14-16,59, フルゴーニ pp.-
  61. ^ ルゴフ p.59, フルゴーニ pp.120-121
  62. ^ ルゴフ pp.61-62, フルゴーニ pp.121-122,『第一伝記』p.64, 『第二伝記』p.53
  63. ^ ルゴフ p.61, フルゴーニ p.123,『第二伝記』p.53
  64. ^ ルゴフ pp.25,57-58, フルゴーニ pp.94,118,『第一伝記』p.62, 『第二伝記』p.51
  65. ^ ルゴフ pp.57-58, フルゴーニ p.118
  66. ^ ルゴフ p.60, フルゴーニ p.119, 『大伝記』p.52
  67. ^ ルゴフ p.62, フルゴーニ p.122
  68. ^ ルゴフ pp.65-66, フルゴーニ p.140,『第一伝記』pp.78-81
  69. ^ ヨルゲンセンpp.117-118, フルゴーニ p.140
  70. ^ ルゴフ p.66,70, フルゴーニ p.142,『第二伝記』p.54
  71. ^ ルゴフ p.74, フルゴーニ p.144
  72. ^ ルゴフ p.74, フルゴーニ pp.144-147
  73. ^ フルゴーニ p.147
  74. ^ ルゴフ p.75, フルゴーニ p.159,『第一伝記』pp.124-127,167-171 『第二伝記』p.61
  75. ^ ルゴフ pp.70-71, フルゴーニ p.142,『第一伝記』pp.108-120,217-238, 『第二伝記』pp.-
  76. ^ ルゴフ pp.63-66, フルゴーニ pp.124-131,『第一伝記』pp.102-105
  77. ^ ルゴフ p.71, フルゴーニ pp.170-172
  78. ^ 『第一伝記』pp.105-106
  79. ^ 『第一伝記』p.106
  80. ^ 『第二伝記』p.208
  81. ^ 『第二伝記』pp.211-212
  82. ^ 『大伝記』p.110
  83. ^ ルゴフ p.68, フルゴーニ p.137
  84. ^ フルゴーニ p.71
  85. ^ ルゴフ p.68
  86. ^ ルゴフ p.68, フルゴーニ pp.138-139
  87. ^ ルゴフ pp.65,72-73, フルゴーニ p.142
  88. ^ ルゴフ p.69, フルゴーニ pp.140-141,『第一伝記』p.97
  89. ^ ルゴフ pp.69-70, フルゴーニ pp.141-142,『第一伝記』p.99
  90. ^ ルゴフ p.75, フルゴーニ p.147,『第一伝記』p.100
  91. ^ フルゴーニ p148.,『第二伝記』pp.66-67
  92. ^ フルゴーニ pp.149-150,『第一伝記』p.101
  93. ^ フルゴーニ pp.150-155,『大伝記』pp.121-122
  94. ^ フルゴーニ p.152
  95. ^ ルゴフ p.75, フルゴーニ pp.155-156
  96. ^ ルゴフ p.76、フルゴーニ p.157
  97. ^ ルゴフ p.76、フルゴーニ p.158、第二伝記 p.97
  98. ^ ルゴフ p.156、フルゴーニ pp.89,91-92、『第二伝記』 pp.101,234
  99. ^ フルゴーニ p.188、『第二伝記』 p.96
  100. ^ フルゴーニ p.161、『第二伝記』 pp.96-97
  101. ^ ルゴフ p.76、フルゴーニ p.158
  102. ^ ルゴフ p.76
  103. ^ ルゴフ p.77
  104. ^ フルゴーニ pp.159-160、第二伝記 p.59
  105. ^ ルゴフ p.76、フルゴーニ p.161
  106. ^ ルゴフ p.76, フルゴーニ p.162
  107. ^ ルゴフ p.77、フルゴーニ pp.163-164
  108. ^ ルゴフ p.78、フルゴーニ pp.164-165
  109. ^ ルゴフ pp.81-82、フルゴーニ pp.165-169、『第一伝記』pp.140-144
  110. ^ ルゴフ pp.82-83、フルゴーニ pp.175-214、『第一伝記』 pp.159-160、『大伝記』pp.160-161
  111. ^ ルゴフ p.83、フルゴーニ pp.215-217、『第一伝記』 p.164
  112. ^ ルゴフ pp.83-84、フルゴーニ pp.215-216
  113. ^ ルゴフ p.84、フルゴーニ pp.217-222
  114. ^ ルゴフ p.84、フルゴーニ pp.224-225
  115. ^ ルゴフ p.84、フルゴーニ pp.225-229、『第一伝記』pp.178-179
  116. ^ ルゴフ p.85、フルゴーニ p.229、『第二伝記』p.116
  117. ^ ルゴフ pp.85-86、『第二伝記』p.254、『大伝記』pp.173-174
  118. ^ ルゴフ p.86、『第一伝記』pp.197-199、『大伝記』p.180
  119. ^ ルゴフ p.86
  120. ^ フルゴーニ p.175
  121. ^ ルゴフ p.86、『第一伝記』pp.205-216、『第二伝記』p.261、『大伝記』pp.181-182
  122. ^ ルゴフ p.86
  123. ^ ルゴフ p.86
  124. ^ ミルワード(1993)pp.85-90
  125. ^ ミルワード
  126. ^ ミルワード(1993)pp.85-90
  127. ^ 今野
  128. ^ 今野
  129. ^ ミルワード(1993)pp.85-90
  130. ^ ミルワード、石井、今野
  131. ^ ロバーツ(2003)pp.154-156
  132. ^ ミルワード
  133. ^ ミルワード
  134. ^ ミルワード
  135. ^ ミルワード
  136. ^ 藤沢
  137. ^ 藤沢
  138. ^ ミルワード
  139. ^ ミルワード
  140. ^ 藤沢
  141. ^ 川下(2004)
  142. ^ cf. André Devaux, “Simone Weil et François d’Assise” in Cahiers Simone Weil X-2 et 3, juin et septembre 1987. Simone Weil, Lettre à Déodat Roché, 1941, in Pensées sans ordre concernant l’amour de Dieu, Gallimard, coll. Espoir, 1962, p. 66.
  143. ^ Attente de Dieu, Paris, Ed. du Vieux Colombier, 1950, p.43.
  144. ^ Christian Renoux (2001)
  145. ^ 『南山神学』31号「髙田三郎と典礼聖歌(2)」 (PDF) (西脇純)
  146. ^ 「平和の祈り」-その由来と翻訳- 2.内証-「平和の祈り」の内容(カトリック北浦和教会・堀田雄康神父)
  147. ^ フルゴーニ p.176
  148. ^ フルゴーニ p.177
  149. ^ フルゴーニ p.181
  150. ^ フルゴーニ p.182
  151. ^ フルゴーニ p.176
  152. ^ フルゴーニ p.183
  153. ^ 『小品集』第3章pp.55-59
  154. ^ フルゴーニ p.183, ルゴフ p.95
  155. ^ フルゴーニ p.184
  156. ^ フルゴーニ p.185
  157. ^ フルゴーニ pp.185-186
  158. ^ フルゴーニ p.198-203
  159. ^ フルゴーニ pp.175,188
  160. ^ フルゴーニ p.205
  161. ^ フルゴーニ p.198
  162. ^ フルゴーニ p.228
  163. ^ ルゴフ p.25
  164. ^ 『小品集』第22章 pp.224-275
  165. ^ ルゴフ p.79,88-93
  166. ^ 『小品集』第21章pp.209-223
  167. ^ フルゴーニ p.165
  168. ^ 『小品集』第1章 pp.28-48
  169. ^ ルゴフ p.93-95
  170. ^ 『小品集』第26章 pp.287-293
  171. ^ 『小品集』序p.17
  172. ^ ルゴフ p.96
  173. ^ フルゴーニ p.218
  174. ^ 『小品集』第2章pp.49-54
  175. ^ フルゴーニ p.218, ルゴフ p.97
  176. ^ ルゴフ p.22
  177. ^ ルゴフ pp.35-36
  178. ^ ルゴフ p.30
  179. ^ ルゴフ p.38
  180. ^ ルゴフ pp.32-33, フルゴーニ p.195-196
  181. ^ ルゴフ p.34, フルゴーニ p.196
  182. ^ ルゴフ p.39, フルゴーニ p.114-118
  183. ^ ルゴフ p.39-40
  184. ^ フルゴーニ pp.256-257
  185. ^ ルゴフ p.86
  186. ^ 『Assisi 日本語案内書』pp.20-21, Casa Editrice Francescana dei Trati Minori Conventuali, 西山達也訳
  187. ^ フルゴーニ p.79
  188. ^ ルゴフ p.106
  189. ^ ルゴフ pp.28-30, フルゴーニ p.228
  190. ^ ルゴフ p.77
  191. ^ 『Assisi 日本語案内書』pp.20-21, Casa Editrice Francescana dei Trati Minori Conventuali, 西山達也訳
  192. ^ ルゴフ p.34
  193. ^ ルゴフ p.34
  194. ^ cf. Noel Muscat, “St. Francis of Assisi” in Franciscan info & tidbits.
  195. ^ 『Assisi 日本語案内書』pp.20-21, Casa Editrice Francescana dei Trati Minori Conventuali, 西山達也訳
  196. ^ ロバーツ(2003)pp.154-156. Sean McDonagh, “St Francis, Patron of ecology” in Columbans.com
  197. ^ “Pope Francis explains decision to take St Francis of Assisi's name”. London: The Guardian. (2013年3月16日). オリジナル2013年3月16日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6FA8uyo1c 
  198. ^ ルゴフ pp.xv-xix, フルゴーニ pp.235-239




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アッシジのフランチェスコ」の関連用語

アッシジのフランチェスコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アッシジのフランチェスコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアッシジのフランチェスコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS