1620年代とは? わかりやすく解説

1620年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:08 UTC 版)

1620年代(せんろっぴゃくにじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1620年から1629年までの10年間を指す十年紀




「1620年代」の続きの解説一覧

1620年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:09 UTC 版)

17世紀」の記事における「1620年代」の解説

詳細は「1620年代」を参照 1620年ピルグリム・ファーザーズメイフラワー号イングランドから北米ニューイングランド地方永久移民白山の戦いビーラー・ホラの戦い)でベーメンフリードリヒ1世(冬王)が敗北し亡命。 明の泰昌帝第15代皇帝即位在位1か月死去のため毒殺疑いがもたれる紅丸の案)。天啓帝第16代皇帝即位し泰昌帝選侍(西)が新帝から引き離される(移宮の案)。 徳川秀忠の娘の和子後の東福門院)が後水尾天皇入内する。 1621年オランダ西インド会社設立されるエチオピア皇帝スセニョス1世カトリック改宗( - 1632年)。 1622年長崎キリシタン55名が処刑される元和の大殉教)。 宇都宮城釣天井事件サファヴィー朝アッバース1世ホルムズ島ポルトガルから奪回する。 オスマン皇帝オスマン2世ゲンチ)がイェニチェリ軍団殺害されるジェームズタウンの虐殺1623年越前国福井藩松平忠直改易される、徳川家光江戸幕府第3代将軍となる。 オスマン皇帝ムラト4世即位母后キョセム・スルタン摂政として国政担当 アンボイナ事件1624年リシュリューフランス宰相となるオランダ東インド会社台湾ゼーランディア城(安平古堡)を造営する1625年ブレダの開城パリポール・ロワイヤル修道院創設されるフーゴー・グローティウスの『戦争と平和の法』が刊行される東林書院閉鎖され東林党楊漣左光斗処刑されるイエズス会士アルヴァロ・セメド西安近郊にて「大秦景教流行中国碑」を実見し報告する天海により天台宗関東総本山東叡山寛永寺開山1626年蘇州で開読の変。王恭廠大爆発寧遠の戦いで明が後金勝利。紅夷大砲中国語版)で負傷したヌルハチ死去しホンタイジ第2代皇帝として即位教皇ウルバヌス8世サン・ピエトロ大聖堂献堂式を行う。 バンベルク魔女裁判( - 1631年)。 1627年丁卯胡乱。 明の天啓帝死去し宦官魏忠賢処刑されるフランスでラ・ロシェル包囲戦( - 1628年)。フランス宰相リシュリューヌーベルフランス会社設立マントヴァ継承戦争イタリア語版英語版)( - 1632年)。 神聖ローマ皇帝ルドルフ2世命により天文学者ヨハネス・ケプラーが「ルドルフ表」を作成春日局宮中参内に伴う金杯事件1628年イングランド議会権利の請願採択バッキンガム公暗殺される。 明の崇禎帝第17代皇帝即位華北陝西での大飢饉から各地農民反乱(李自成の乱・張献忠の乱に発展)。 1629年紫衣事件により沢庵宗彭らが流罪にされる。後水尾天皇譲位し、第109代明天皇即位イングランド王チャールズ1世議会解散し以後11年議会開催されず( - 1640年)。 アチェ国王イスカンダル・ムダのマラッカ遠征ポルトガル撃退される

※この「1620年代」の解説は、「17世紀」の解説の一部です。
「1620年代」を含む「17世紀」の記事については、「17世紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1620年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1620年代」の関連用語

1620年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1620年代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1620年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの17世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS