絶滅とは? わかりやすく解説

ぜつ‐めつ【絶滅】

読み方:ぜつめつ

[名](スル)

生物の種などが滅びて絶えること。「乱獲により―する」

残ら絶やすこと。なくすること。「交通事故を―する」

レッドリストレッドデータブックで、生物種を絶滅の危険性の高さによって分類したカテゴリー目の一つ。すでに絶滅したと考えられる種。以前は絶滅種」として分類されていた。EXExtinct)。


絶滅

英訳・(英)同義/類義語:extinction

生物種としての連続性絶たれること。環境変動多種との競争などが原因
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  組換え  組織適合抗原  経割  絶滅  継承  網膜形成  緊張状態

絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/23 14:31 UTC 版)

絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物の全ての個体ぬことによって、その種が絶えること。種全体に対してではなく個体群に対して用いることもある。ただし野生のものも含めて全ての個体の死亡を確認するのは難しく、絶滅したとされた種の個体が後になって生存を確認されることもある。





絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 12:10 UTC 版)

恐竜」の記事における「絶滅」の解説

K-Pg境界」および「白亜紀と古第三紀の間の大量絶滅」も参照鳥類恐竜白亜紀末期絶滅した恐竜はよく関心持たれる動物群であり、ことさらその絶滅の原因に関する仮説は多い。しかし、ある系統の「絶滅」とは、生物の進化において普遍的なプロセスであり、中生代を通じていくつも恐竜系統絶滅してきたことにも留意する必要があるK-Pg境界以前はK-T境界呼ばれた)の大量絶滅は、恐竜のみならず数多く動植物巻きこんだという意味大規模な絶滅であり、事実K-Pg境界における恐竜の絶滅に関する科学的な研究長い間なされてこなかった。 絶滅の主要因に関する仮説には以下などのものがある短時間で滅んだとする激変説隕石衝突説・彗星遭遇説など) 長時間かかったとする漸減説(温度低下説・海退説・火山活動説など) 最も有力とされているのは巨大隕石衝突である。1980年地質学者ウォルター・アルバレスとその父で物理学者ルイス・アルバレスは、世界的に分布見られる中生界白亜系新生界古第三系境する粘土層通称K-T境界層)に含まれるイリジウム濃度他の地層数十倍であり、かつ、イリジウム地殻にはほとんど存在しないことから、これが隕石衝突によってもたらされものである考え大量絶滅原因隕石衝突求めたその後1991年メキシコ・ユカタン半島に、直径180キロメートル巨大クレーターチチュルブ・クレーター)が再発見され、このクレーター形成した隕石衝突恐竜絶滅の原因だとする説提唱された。この説では、地球規模大火災生態系破壊され衝突後に生じた塵埃大気中に舞い日光遮断することで起きた急速な寒冷化絶滅の原因であると主張された(ただし異論を唱える学者もいる)。2010年Peter Schulte40名の研究者も、チチュルブ・クレーター形成した衝突大量絶滅引き起こした結論づけた。 しかし一方で衝突大気中に浮遊した微小粉塵量を過大評価しているとし、寒冷化よりもむしろ衝突大気中に浮遊した粉塵衝突による巨大な森林火災煤煙などが地表の太陽光さえぎった結果地上海中生態系破壊され食物連鎖底辺光合成を行う生物の様相が大きく変わり隕石衝突直接の影響生き抜いた恐竜たちも餌の不足により絶滅したとする説明が提示されている。なお、東北大学前述の説を支持する研究結果出している。また、隕石南側数百キロずれて衝突していたら恐竜今も生き残っていたかもしれないとする研究結果もある。 隕石説反対にイリジウム起源地球内部に求め当時活動していたデカントラップなどの火山活動大量絶滅原因であるとする「火山説」も複数研究者により唱えられている。また、両者組み合わせ隕石衝突5万年に渡る連続的な火山活動引き起こし、それが絶滅につながったという「連動説」も存在する過去に伝染病説、裸子植物から被子植物への植物相変化草食恐竜食物無くなった)、原始的な哺乳類による恐竜の卵乱獲説など諸説もあったが、現在ではかえりみられない。これら諸説は、恐竜のみの絶滅の原因考察したものであり、白亜紀末期恐竜含めた数多く動植物絶滅の原因説明になっていないからである当初衝突による「衝突の冬」(寒冷化)が原因では、なぜ同時期存在した両生類爬虫類などが絶滅を免れたかという疑問残ったが、現在でも二酸化炭素による濃度上昇に伴う気温上昇塵による太陽光の遮断硫酸エアロゾルによる太陽光遮断酸性雨などについては確証がなくよくわからないとする意見も強い。それに、絶滅したのは恐竜もだがプテラノドンなどの翼竜なども息絶えた

※この「絶滅」の解説は、「恐竜」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「恐竜」の記事については、「恐竜」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 19:02 UTC 版)

ロッキートビバッタ」の記事における「絶滅」の解説

昆虫学委員会発足したちょうどその頃多雨見舞われことからロッキートビバッタ自然減したものの、当時昆虫学者たちは次の干ばつ契機に大発生再来すると予測しており、絶滅するとは考えられていなかった。しかし、大発生特定年間限りプレーリー繁殖が行われており、かつ世代交代するごとに繁殖数は減り大発生地域ロッキー山脈から次第離れていった。その絶滅要因諸説あるものの、21世紀に入ってからも断定できていない20世紀後半には氷河氷解しそこからロッキートビバッタ個体見つかっている。これらの代表的な氷河は、アブサロカ・ベアトゥース自然環境保護地域 (ロッキー山脈一部形成) にあるグラスホッパー氷河英語版)のほか、ワイオミング州フレモント郡にあるウィンドリバー氷河英語版)や同州のナイフポイント氷河英語版)などである。氷河から収集したロッキートビバッタ死骸用いてジェフリー・A・ロックウッド英語版)は1990年以降研究に取組んでいるものの、解明カギとなるオス生殖器標本から分析困難な態である。2005年時点でロックウッドは「まさに北米大陸における生態学ナゾだ」と述べている。最後に生きた個体標本確認されたのは1902年のことであり、国際自然保護連合 (IUCN) では2014年絶滅種として登録している。以下、絶滅の諸説紹介する。 まず、バイソン (アメリカ野牛) やビーバー乱獲による減少が、ロッキートビバッタ減少相関しているとの説がある。バイソングラスホッパーと同様草食動物であり、両種数千年の間、草原共生してきた。この間バイソン草原生態系影響及ぼしその結果ロッキートビバッタ繁殖生育優位に働いたとする説である。 「バイソン乱獲英語版)」も参照 マメ科植物であるムラサキウマゴヤシ (アルファルファ) を原因とする説もある。アルファルファロッキートビバッタ好物だが、幼虫生育有害だとの研究結果がある。 Melanopolus spretusという種のワタリバッタ群生したものをロッキートビバッタ呼んでいたことからこの種絶滅したではなく、もともとは孤独相のバッタが、環境変化適合してロッキートビバッタ大群変化したとする説存在していた。すなわち、絶滅したではなく姿を変えただけで現存しているとの主張である。しかしながら様々な種のバッタ高密度環境に置く実験行ったものの、ロッキートビバッタのような習性見られなかった。博物館標本類似の種から採取したミトコンドリアDNA解析した結果バッタ科フキバッタ一種であるブルーナートビバッタ(英語版) (学名: Melanoplus bruneri) に近似可能性はあるものの、ロッキートビバッタ独自の種であり現在では絶滅した推定される。 「蝗害#群生相」も参照 また、蝗害避けるために栽培品種冬小麦英語版)に切り替えている。冬小麦収穫初夏であることから、ロッキートビバッタ飛来前に収穫終えることができるためであるこのような農業現場で努力奏功し、蝗害への脅威低減するとともにロッキートビバッタ大幅な個体数減少にもつながった1880年代後半には蝗害から復興し洪水被害受けたオハイオ州 (北米大陸北東部) に向けてプレーリー地帯からトウモロコシ供給できるまでに農業生産性回復している。 その他の説としてプレーリー、特にミシシッピー川流域での農地開拓灌漑によって、ロッキートビバッタ生態系影響与えた考えられており、前述のロックウッドがこの説を支持している:1112開墾耕作洪水によって、1平方インチ (約6.45平方センチメートル) あたり150以上の卵嚢駆除した推定する当時報告書なども存在する

※この「絶滅」の解説は、「ロッキートビバッタ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ロッキートビバッタ」の記事については、「ロッキートビバッタ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 17:59 UTC 版)

ホラアナグマ」の記事における「絶滅」の解説

24千年前絶滅したと考えられるが、単一ではなくていくつかの絶滅理由作用したものとされる絶滅したのが最終氷期最盛期他の大型動物層よりも著しく早かったが、これに対して限定された食生活分布原因だとする説発表された。しかしこの説への異論もあり、本種が絶滅以前に幾度か気候変動耐えてきていること、遺伝的多様性減少が絶滅の遥か以前から始まっていたことから気候変動による分布喪失は絶滅とは無関係だとされているまた、ルーマニア発見された骨から、これまでよりも幅広い食物摂取していた可能性浮上した人類による過剰狩猟説は、当時人類総人口点か支持少なかったが、洞窟への居住性から競争的関係にあったことが想定されるヒグマ比較して壁画の数が少なことから人間狩猟対象として重視していなかったと考える者もいる。しかしビヨルン・クルテンは氷河進出以前から個体群孤立化減少始まっていたと想定したまた、アルプス山脈よりも南に生息していた個体群他の個体群よりもかなり後まで生存したと考えられるホラアナグマ洞窟生活に特化していたため、冬季洞窟見つけられない個体発生するために死亡率高かったであろうこと、人類増加拡散によって食物生息環境を巡る競争激しさ増したであろうこと、およそ35千年前辺りから中央ヨーロッパにおいて本種の減少著しいことなどから、人類との軋轢が絶滅に関与した可能性示唆されている。

※この「絶滅」の解説は、「ホラアナグマ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ホラアナグマ」の記事については、「ホラアナグマ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:34 UTC 版)

トクソドン」の記事における「絶滅」の解説

トクソドンは特に南アメリカ大陸南方繁栄していた。しかし300万年前、パナマ地峡を介して南北アメリカつながり奇蹄類偶蹄類長鼻類などが南下トクソドンなど南米有蹄類はかれらと競合関係陥った多数の種が新参者との競合敗れて絶滅していったが、トクソドン最後まで生き残り一部中央アメリカにまで進出するものもいた。しかし乾燥化寒冷化など環境の変化にともない次第勢力衰え、約100万年前絶滅した

※この「絶滅」の解説は、「トクソドン」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「トクソドン」の記事については、「トクソドン」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 06:39 UTC 版)

ドロモルニス科」の記事における「絶滅」の解説

更新世終わりにオーストラリア大型動物の絶滅とともにドロモルニス科全て絶滅の道を辿った原因については、今なお議論続いている。約6万年前から約48000年前オーストラリア大陸ヒト到達して狩猟行ったこと、そして風景変えるほどの火を用いたことが、大型動物の絶滅に関わったとする仮説がある。しかし、1万8000年前最終氷期ピーク迎えており、これを絶滅の原因から除外する仮説やそれに対抗する仮説決着ついていない複合的な要因絶滅した可能性もあるが、それぞれの要因どれほど関与したかについては大きな意見隔たりがある

※この「絶滅」の解説は、「ドロモルニス科」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ドロモルニス科」の記事については、「ドロモルニス科」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 18:13 UTC 版)

ベガスヒョウガエル」の記事における「絶滅」の解説

1891年A・Kフィッシャーによって新種として発表されたその頃はまだラスベガスという街はなく、ただ砂漠中に湧いているだけであったから、それまで発見されずにいたのである。しかし、ラスベガス出来ると、街で必要とする調達するために周辺の湧水干上がっていった。わずかに残った川や池には、大型のウシガエルスポーツフィッシング用のニジマス放流されベガスヒョウガエルおびやかしていった。 1930年代1940年代初頭にはベガスヒョウガエルの姿は見られなくなり1960年至って絶滅したものとして認定された。

※この「絶滅」の解説は、「ベガスヒョウガエル」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ベガスヒョウガエル」の記事については、「ベガスヒョウガエル」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 09:53 UTC 版)

ヨーロッパライオン」の記事における「絶滅」の解説

絶滅は有史時代入ってからのことではあるが、このライオン亜種について後世伝えられていることは少ない。 まず、古代ギリシアアリストテレスヘロドトス著したところによれば、本種と思われるライオンバルカン半島紀元前1000年ごろ(cf.)に発見されたという。また、ペルシアクセルクセス1世マケドニア進軍しているさなかの紀元前480年cf.)に数頭のライオン遭遇したとしている。イタリアにおいては本種は紀元前20年より前絶滅したらしく、西ヨーロッパ南部および南ヨーロッパ西部でも紀元1世紀間に絶滅したと思われる。そうして紀元70年ごろにもなると、ヨーロッパライオン生息域は、ギリシア北部ハリアクモン川メスタ川挟まれ地域限られ最終的には100年ごろに絶滅したと考えられるその後ヨーロッパ大陸におけるライオンは、アジアライオンの系統10世紀までコーカサス地方生き残るのみとなったヨーロッパライオン過剰な狩猟ライオン狩りギリシア人ローマ人にとって一般的なものであった)、生息地開発、そして野犬との競合のせいで絶滅したとされるバーバリライオン、アジアライオンとともにヨーロッパライオン古代ローマ円形闘技場使われ、そこで闘士(en)やカスピトラクマオーロックスなどといった他の猛獣闘わされた。ローマ人にとって、北アフリカ中東ライオンに比べて本種は生息地近隣にあって都合良く、この入手容易さ早期の絶滅へとつながったヨーロッパライオン複数因子によって絶滅への道歩んでいたころ、ローマ人闘技場闘わせる目的で北アフリカ中東からライオン輸入を始めている。 なお、ヨーロッパライオンの絶滅に至る詳細な経緯不明である

※この「絶滅」の解説は、「ヨーロッパライオン」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ヨーロッパライオン」の記事については、「ヨーロッパライオン」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 08:20 UTC 版)

アカズキコンゴウインコ」の記事における「絶滅」の解説

アカズキコンゴウインコ絶滅した原因は、乱獲であると考えられている。鮮やかな外見目立ってヨーロッパ人乱獲された。 この種にまつわる情報これくらいしかないコンゴウインコ絶滅し 19世紀初頭に絶滅の危機に瀕していたと推測されている。そしてキューバ種とドミニコンのコンゴウインコなどの近種とされているが その存在今日では疑わしい考えられている。

※この「絶滅」の解説は、「アカズキコンゴウインコ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「アカズキコンゴウインコ」の記事については、「アカズキコンゴウインコ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 22:49 UTC 版)

リュウキュウジカ」の記事における「絶滅」の解説

リュウキュウジカ更新世末に絶滅した琉球列島初期の人類36,000年前到達した後も15,000年にわたって人類共存していたため、絶滅の原因氷河期終了に伴う海水面の上昇によって琉球の島々縮小したこととされる。

※この「絶滅」の解説は、「リュウキュウジカ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「リュウキュウジカ」の記事については、「リュウキュウジカ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 08:24 UTC 版)

アクロカントサウルス」の記事における「絶滅」の解説

かつてはアクロカントサウルスをもって北半球ローラシア大陸)のカルカロドントサウルス科全て絶滅しティラノサウルス科へその生態的ニッチ明け渡した、と考えられてきた。しかしシアッツ発見により、北半球カルカロドントサウルス科並び近縁種命脈従来想像以上に長寿で、ティラノサウルス科との交替がもっと遅かった事が判明したアジアでもシャオキロン生息していた)。ディスカバリーチャンネル作成放映したドキュメンタリー作品恐竜巨大生物(英題Monsters Resurrected」)では、「アクロカントサウルス台頭を始めデイノニクスとの競争敗れて絶滅した。」とする言説が取り上げられたが、前述のとおり本種とデイノニクス長らく共存関係にあったため、この仮説ありえない

※この「絶滅」の解説は、「アクロカントサウルス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「アクロカントサウルス」の記事については、「アクロカントサウルス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:49 UTC 版)

ハシボソクロムクドリモドキ」の記事における「絶滅」の解説

ハシボソクロムクドリモドキ儀式使用するためにアステカ人によって広範囲狩猟対象にされた。しかし、儀式で使うためアステカ人たちによって絶滅したことではないはずだ。20世紀初め頃絶滅した考えられている。原因は、ヨーロッパ人たちが植民地したために生息地である湿地帯農地開拓され生息地失ったことが要因だと思われている。

※この「絶滅」の解説は、「ハシボソクロムクドリモドキ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ハシボソクロムクドリモドキ」の記事については、「ハシボソクロムクドリモドキ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:27 UTC 版)

アンドリューサルクス」の記事における「絶滅」の解説

しかし、次の世である漸新世訪れようとするとき、当時の環境中心的役割果たしていたであろうテティス海が、完全な消滅に向けて縮小を始めていた。これは、急速に北上続けインド亜大陸ユーラシア大陸南岸衝突しヒマラヤ山脈を初めとする地殻の大隆起引き起こすという、白亜紀から続く大陸移動流れ本格化であったテティス海(そのアジア部分)が細って消えてゆくなか、地球規模での気候変動生態系多大な影響を受けたはずであり、また、ヒマラヤ本格的な造山運動とそれに先立つ活動多くの生物を絶滅させたであろうことは想像かたくないアンドリューサルクス生息した地域の場合、乾燥化見舞われであろうことが言われており、彼らはそのような時代絶滅していった動物であったまた、それとは別に以前から言われていることではあるが、彼らはその体の造りから動きがさほど敏捷でなかったとされており、また、容積大きとは言えなかった。そして、遅れて台頭してくる 肉歯目に比べての前時代的劣等は否めないアンドリューサルクスらが滅びた後にそのニッチ肉歯目埋めたのか、競合によってアンドリューサルクスらが淘汰され取って代わられるような状況もあったのかは分からないが、それは気候変動外で絶滅の一因なりそう事柄であろういずれにしても彼らは、漸新世迎えことなく絶滅した。しかし、後釜座ったもしくは取って代わった肉歯目また、気候変動かあるいはより洗練された食肉目進化・台頭によって、同じような運命をたどることとなる。そのようにして、今日肉食獣完新世生きているのであり、アンドリューサルクス肉歯類その姿見ることはない。画像解説()

※この「絶滅」の解説は、「アンドリューサルクス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「アンドリューサルクス」の記事については、「アンドリューサルクス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 06:38 UTC 版)

ケナガマンモス」の記事における「絶滅」の解説

ほとんどのケナガマンモス個体群は、他の氷河期の主要生物並んで更新後期から完新世初期にかけて消滅した。この絶滅は、4万年前に始まり14,00011,500年前にピーク迎えた第四紀の大量絶滅一部形成した科学者は、その生息地収縮引き起こした主要因狩猟気候変動であるのか、それとも2つ組み合わせよるものであったのかについて意見分かれている。 原因何であれ大型哺乳類は、生息数少なく再生率が低いことから一般的に小規模哺乳類よりも脆弱とされているケナガマンモス個体群は、一瞬でその全て消滅したわけでは無いが、徐々にその数を減らしていった。ほとんどのケナガマンモス1万4000年から1万年前に絶滅し、9,650年前にシベリアのキテク半島存在していた個体群最後にシベリアからは姿を消したアラスカセントポール島残存していた北米最後の個体群紀元前3600年頃に絶滅した。そしてウランゲリ島残っていた地球最後の個体群紀元前2000年頃絶滅し地球上から完全に姿を消した

※この「絶滅」の解説は、「ケナガマンモス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ケナガマンモス」の記事については、「ケナガマンモス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 01:29 UTC 版)

ロドリゲスダルマインコ」の記事における「絶滅」の解説

この種1726年にはまだたくさんいたが、1761年には、激減していた。その原因は、人間による過度の狩猟森林伐採組み合わせによって激減したことである。さらにはサイクロンによって、生息地壊滅したことも致命的だったという。開拓者一般的にロドリゲスダルマインコ食べてたようだロドリゲスダルマインコ1843年にはまだかなり一般的だった可能性がある1870年頃、一連のサイクロン襲い残り個体壊滅させた可能性がある完全に絶滅したのは、19世紀後半と言えるだろう。

※この「絶滅」の解説は、「ロドリゲスダルマインコ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ロドリゲスダルマインコ」の記事については、「ロドリゲスダルマインコ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:10 UTC 版)

ジャイアントモア」の記事における「絶滅」の解説

自然環境温暖化繁殖力低さ、(隕石説もある)が一番の原因移住したマオリ族による乱獲砂嚢小石溜める習性と嘴は熱さ感じない事を利用し焼け石呑ませて殺す)や棍棒で脚を殴り付ける弓矢攻撃するなどの捕殺さらには卵や雛までも根こそぎ捕獲するやり方により1500年代よりも前に他のモア種も含めて最短50年絶滅した推測されている。ただし後述足跡など痕跡も含む目撃情報配慮入れと絶滅したのは1800年代である可能性もある。 「モア」の呼称の由来については、ヨーロッパ人原住民(モア・ハンターと呼称されるマオリ人以前原住民)にモアの骨を集めさせた折に「もっと骨をよこせ」(More bones!)と言ったのを、原住民鳥の名前と勘違いしたのだと言うを始め幾つかの巷説存在するちなみにマオリ人はこの鳥の仲間を「タレポ」と呼んでいた。 キーウィダチョウ骨格、卵と比較 リチャード・オーウェンモア類の骨格 ロンドン自然史博物館展示骨格

※この「絶滅」の解説は、「ジャイアントモア」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ジャイアントモア」の記事については、「ジャイアントモア」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:17 UTC 版)

ヒアエノドン」の記事における「絶滅」の解説

北アメリカにおける最後のヒアエノドン属であるH. brevirostrisは漸新世後期から中新世初期にかけて絶滅したヨーロッパヒアエノドン属は漸新世初期において既に絶滅していた。

※この「絶滅」の解説は、「ヒアエノドン」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ヒアエノドン」の記事については、「ヒアエノドン」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:41 UTC 版)

ゴルゴノプス」の記事における「絶滅」の解説

P/T境界もしくは直前)の環境変化によりゴルゴノプス絶滅した本属生態的地位ニッチ)は、それ以降モスコリヌスのような肉食性テロケファルス類引き継がれるも、ペルム紀後期肉食性獣弓類占有していた頂点捕食者ニッチには、三畳紀以降は肉食性主竜類進出していくことになる。

※この「絶滅」の解説は、「ゴルゴノプス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ゴルゴノプス」の記事については、「ゴルゴノプス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 09:01 UTC 版)

スケリドテリウム」の記事における「絶滅」の解説

南米は、北米大陸陸続きになり、スミロドンなどが南米進出したころまでは、温暖な背丈の高い草原と森林広がっていたと考えられており、その後100万年ほどはそれが続いた。しかし、30万年前ころから急速に砂漠化進み氷期になると背丈の低い、乾燥した草原となってしまい、スケリドテリウム好んで食べた木の葉などは消滅し、数を減らしていった。また、マクラウケニアグリプトドンなども、主食植物だったため、乾燥化により、多く枯れてしまい、それによってそれらを主な獲物とするスミロドン勢力狭めた南米には、北米草原生息していたシカなどが進出し、それらが縄張広めて餌場を少なくしたことも絶滅の一因である。スミロドン等の捕食者も、大型で動きの遅いスケリドテリウムグリプトドンの絶滅により、獲物捕らえることが非常に難しくなった。草原背丈が低いこともあり獲物にすぐに気づかれてしまうという弱点もあった。砂漠化生き残ったのはグリプトドン一種の小型化したアルマジロや、シカ程度だった。また、氷期を過ぎると再び気候温暖になり、熱帯雨林広がる森林へと変化した。現在も発掘作業進んでおり、パラグアイなどで発見進んでいる

※この「絶滅」の解説は、「スケリドテリウム」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「スケリドテリウム」の記事については、「スケリドテリウム」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:53 UTC 版)

メガテリウム」の記事における「絶滅」の解説

鮮新世末に南北アメリカパナマ地峡つながりジャガー祖先剣歯虎スミロドンなどの仲間アメリカ大陸間大交差南アメリカ進出しメガテリウム幼獣捕食したが、なお繁栄を続け更新世末に絶滅した絶滅の原因この頃南北アメリカ広がった人類による部分大きいとされるが、はっきりしていない

※この「絶滅」の解説は、「メガテリウム」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「メガテリウム」の記事については、「メガテリウム」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 07:43 UTC 版)

シマワラビー」の記事における「絶滅」の解説

シマワラビー欧州人による支配後わずか85年しか生き延びなかった。1920年代にこの動物を絶滅の瀬戸際から引き戻すための保護活動が行われた。その計画は本種の知られている限り最後の生き残り捕獲し、飼育下で繁殖させると言うものだった。これは捕獲しようとした際に14個体10個体事故死なせてしまうという悲劇的な結果終わった残りの4個体は飼育下で生き延びた野生での最後の観察例1924年記録されており、飼育下での最後の生き残り1939年まで生き延びた。本種は絶滅した考えられているが、1970年代を通して疑わしい目撃例報告され地域広範囲な調査今でも続けられている。しかし、本種はそれ以降に至るまで目撃されていない

※この「絶滅」の解説は、「シマワラビー」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「シマワラビー」の記事については、「シマワラビー」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 23:05 UTC 版)

ディプロトドン」の記事における「絶滅」の解説

オーストラリアの大型動物相」も参照 オーストラリアにはかつてディプロトドンなど大型有袋類多数生息していた事知られているが、その絶滅にはアボリジニ人類関わってたとする説がある。 中新世以降およそ20回もの氷期より大有袋類減少傾向にあり、また当時アボリジニ石製槍先槍投げ器など大型動物狩るための技術を持っていなかったことなどから、この説を疑問視する声もあった。だが、オーストラリア大型動物層が、大陸における何度か気候変動をおよそ200万年もの間に経験している事に対して気候変動による絶滅説は説明できない事もあり、アボリジニ狩猟だけでなく火を持ち込んだことが大型動物層の大量絶滅引き起こしたとする説支持する声が大きくなっている。

※この「絶滅」の解説は、「ディプロトドン」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ディプロトドン」の記事については、「ディプロトドン」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 05:17 UTC 版)

ションブルクジカ」の記事における「絶滅」の解説

ションブルグジカ絶滅した要因二つある。一つは角を目的とした狩猟もう一つ開発による湿原消失である。ションブルグジカ見事な角は、トロフィーとして申し分なかったし、漢方薬材料にもなった。湿原消失減少拍車をかけた。人口増え技術進歩するにつれてそれまで利用されなかった湿原で水田として開発出来るようになれば、環境保護などという発想のなかった当時ことだからションブルグジカ生息地はたちまち減っていった。森林生きていこうとしても狩猟者そこまで追いかけてきたし、角がじゃまになって住める森林限られていた。1938年ベルリン動物園死んだのを最後に絶滅したとされるが、1931年1935年という説もある。

※この「絶滅」の解説は、「ションブルクジカ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ションブルクジカ」の記事については、「ションブルクジカ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 18:35 UTC 版)

ローラシア獣上目」の記事における「絶滅」の解説

下の絶滅目が含まれる髁節目 メソニクス目無肉歯目キモレステス目 : 紐歯目汎歯目、裂歯目、…など以前は系統不明であった数目集めた分類群肉歯目 午蹄中目? Meridiungulata : 南蹄目滑距目雷獣目火獣目など南米大陸特有の幾つかの目を束ねる顆節目との関係が指摘される不明確恐角目? : 午蹄中目などとの関係が指摘される不明確

※この「絶滅」の解説は、「ローラシア獣上目」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ローラシア獣上目」の記事については、「ローラシア獣上目」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 22:32 UTC 版)

カンムリムクドリ」の記事における「絶滅」の解説

カンムリムクドリ激減と絶滅についてはいくつかの原因提案されており、それらは全てレユニオンでの人間活動関連しており、この種2世紀にわたって生存していた。原因は、インドハッカ導入と、乱獲この種の絶滅の要因となった1759年イナゴ捕食するためにレユニオン導入されインドハッカ自体害鳥になったネズミ1670年代レユニオン到着し1735年急速に増殖し農業在来種脅かした1830年代に、レユニオン島プランテーションのために開発された。1848年奴隷制度廃止されカンムリムクドリ以前生息地の端に押しやられた後、奴隷達は白人一緒に自然の地域耕作した1821年穀物に害を与え害鳥根絶義務付ける法律施行されカンムリムクドリ作物に損害を与える害鳥ということで駆除された。1860年代に、カンムリムクドリがほとんど姿を消したことに気付いたが、おそらくこの時までにすでに絶滅した正確な絶滅は、1850年代とされる

※この「絶滅」の解説は、「カンムリムクドリ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「カンムリムクドリ」の記事については、「カンムリムクドリ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 01:36 UTC 版)

ダイアウルフ」の記事における「絶滅」の解説

ダイアウルフ最終氷期後に絶滅したとされるダイアウルフの最も年代新し化石は、ミズーリ州発見された約9440年前ものである。絶滅の要因として大型草食獣の絶滅、気候変動ヒトを含む他種との競合などが考えられているが、はっきりしていない

※この「絶滅」の解説は、「ダイアウルフ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ダイアウルフ」の記事については、「ダイアウルフ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 08:49 UTC 版)

ブルーバック (動物)」の記事における「絶滅」の解説

1799か1800年に絶滅が確認された。元々個体数少なかった事と美し毛皮目的殺され更には食料として殺された当時人間ブルーバック殺すことスポーツハンティング称して趣味範囲狩猟していたこともあったという。棲み処である草原は町や畑になり、生活の場所も失った。そして1799年1800年最後の1頭のブルーバックケープ州殺された今でもヨーロッパの各大学博物館は、この種剥製大量に保管されている。

※この「絶滅」の解説は、「ブルーバック (動物)」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ブルーバック (動物)」の記事については、「ブルーバック (動物)」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:24 UTC 版)

テラトルニスコンドル」の記事における「絶滅」の解説

最後の氷河期終わり気候変動広範囲にわたる生態学的変化餌食の不足をもたらし人間狩猟生息地への影響増加によって悪化したため、種はおそらく絶滅したとされる一般に大規模な陸上動物のほとんどが姿を消し降水パターンの変化水生脊椎動物個体群深刻な影響及ぼす。カリフォルニアコンドルよりも優れたハンターであるにもかかわらずタカワシ小さな餌食捕食者として劣っていた。T. merriamiが生存しなかったのに対しコンドルのより高い個体群密度とより柔軟な食餌はおそらく生き残ること保証し 最近の同位体研究は、カリフォルニアコンドル太平洋沿岸沖で死んだ海洋哺乳類一掃したため、巨大動物相の絶滅を生き延びたことを示唆退廃者は陸生哺乳類腐肉大きく依存していたため、絶滅から生き残ることができなかった。

※この「絶滅」の解説は、「テラトルニスコンドル」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「テラトルニスコンドル」の記事については、「テラトルニスコンドル」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 08:20 UTC 版)

アンテオサウルス」の記事における「絶滅」の解説

ペルム紀前期末にそれまで繁栄していた陸棲両生類盤竜類何らかの大規模な環境変化衰退絶滅していくと、それに乗じてディノケファルス類台頭した中でも肉食性アンテオサウルスペルム紀中期カザン期またはガダルピアン世)の頂点捕食者となった。だがやがてアンテオサウルスカザン期の終わり近づくにつれて起こった何らかの原因による環境急変気候変動による獲物生息地変化等)の影響を受け、衰退絶滅した。 また厳密な前後関係不明ながら、肉食性ディノケファルス類衰退・絶滅と同時により小型で機動力に富むゴルゴノプス類のような獣歯類台頭していく。こうした獣歯類勢力を伸ばす一方ディノケファルス類では植物食(もしくはカバのような植物食性の強い雑食)へと食性変化させていたもの発展繁栄していた。モスコプスなどのタピノケファルス類がこれにあたるペルム紀中期終わる2億6000万年頃にはP-T境界絶滅事変前哨ともいうべき環境激変による中小規模大量絶滅事変地球規模起きてたようであり、やがて食性を問わず全てのディノケファルス類姿を消していくことになった植物食性ディノケファルス類の絶滅後、そのニッチディキノドン類パレイアサウルス類などに引き継がれていった

※この「絶滅」の解説は、「アンテオサウルス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「アンテオサウルス」の記事については、「アンテオサウルス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 15:58 UTC 版)

ティラコレオ」の記事における「絶滅」の解説

オーストラリアの大型動物相」も参照 オーストラリア大型動物層の大量絶滅発生した時代は、北半球大半異なり現在と大差ない気候条件だった一方ティラコレオの絶滅に人間関与証明する発見はなかった。だが、人類アボリジニ)の大陸へ到来生産活動狩猟焼き畑など)によって捕食動物の共絶滅(英語版)を含む大型動物主とする生態系大崩壊発生した仮定されている。ティラコレオの絶滅以降大陸頂点捕食者英語版であったティラコレオ生態系地位ニッチ)を占め存在出現していない

※この「絶滅」の解説は、「ティラコレオ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ティラコレオ」の記事については、「ティラコレオ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 00:02 UTC 版)

ネアンデルタール人」の記事における「絶滅」の解説

ネアンデルタール人生存は約2数千年前最後に確認できないが、絶滅の原因は分かっていないクロマニョン人との暴力的衝突によって絶滅したとする説獲物競合したことによって段階的に絶滅へ追いやらたとする説、身体的生理的な能力で差をつけられ衰退していったという説、混血重ねたことで急速に吸収されてしまったとする説など、様々な学説唱えられている。 旧来、約3万年前に姿を消した考えられていたネアンデルタール人であるが、2005年イベリア半島南端ジブラルタル沿岸のサファイラ洞窟内部から、ネアンデルタール人使っていた特徴のある石器類や、火を利用していた痕跡見つかった。この遺跡は、放射性炭素による年代分析で約28000~約24000年前のもの推定された。このことから他の地域から姿を消した後も、少なくともイベリア半島においてはネアンデルタール人生き残っていたと考えられている。これにより、「ネアンデルタール人は約3万年前に絶滅した」という旧説わずかに修正されることになった。さらに、2014年8月20日、『ネイチャー』に「ネアンデルタール人の絶滅は約4万年であった」とする学説掲載された。しかも約45千年前から現在のヨーロッパで現生人類文化技術的に共存交流しており、混血もしていたという。この説は旧来の諸説より古い時期絶滅したとしているが、精度が高い分析行った著者強調している。 テキサス大学アーリントン校人類学者ナオミ・クレッグホーンは、コーカサス山脈現在のイタリアにあたる地域で約4万年前に起きた複数噴火が、絶滅の要因となった説明している環境的要因以前より指摘されていたが、クレッグホーンによれば複数火山の噴火続いたうえに、ヨーロッパで過去20万年間で最悪とされるフレグレイ平野現在のナポリ近く)での大噴火 (cf. Campanian volcanic arc) が起きたことから、その多くヨーロッパ大陸にいたネアンデルタール人食糧不足見舞われるなど、壊滅的打撃被ったという。一方現生人類多くは主にアフリカアジア住んでいたため、絶滅するほどの影響免れたのだという。

※この「絶滅」の解説は、「ネアンデルタール人」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ネアンデルタール人」の記事については、「ネアンデルタール人」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:02 UTC 版)

古鯨類」の記事における「絶滅」の解説

しかし、これら古鯨類始新世漸新世隔てる絶滅期を乗り越えることかなわずおそらくはバシロサウルス科中のドルドン亜科唯一の例外として他はことごとく姿を消している。バシロサウルス科次の世見ることはできず、絶滅を逃れ得なかったはずであるが、正鯨類という子孫残したのちに姿を消した古鯨類の絶滅は、高度に進化した正鯨類出現による淘汰圧もあるが、始新世末に起きた気候変動による海水温低下海退始新世終末事件)、それに伴う生物量減衰大きく影響したものと見られ、あるいは、その両方関係しているともいわれている。 古鯨類絶滅した漸新世生態系では、浅海中型海棲捕食動物ニッチ生態的地位)が“空席となったが、クマ科祖先に近い水陸両棲傾向の強い陸棲食肉類であるヘミキオン科(en)の一部がこれを埋めるべく進化を始め分岐し、続く中新世までには本格的適応遂げて鰭脚類アザラシアシカ仲間)という動物群地位確固たるものとしている。彼等は特に原始的な古鯨類得ていた水陸両棲中型捕食動物としての地位占めることになったまた、のちに外洋進化したイルカ小型のクジラ類)が分布広げるなかで浅海淡水域にまで進出したことにより、古鯨類の絶滅によってクジラ類の手からこぼれ落ちるかたちとなった浅海中型海棲捕食動物ニッチ」は、大幅に取り戻された。 古鯨類鼻孔噴気孔)はパキケトゥス科では頭部の前方位置していたものが、次第後方へ移動し最末期の種の一つであるドルドンでは吻部中間の位置来ている。しかし、水面での呼吸容易にする頭頂部への鼻孔完全な移動は、正鯨類登場以降起こっている。さらなる海棲への適応進化である。

※この「絶滅」の解説は、「古鯨類」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「古鯨類」の記事については、「古鯨類」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 23:02 UTC 版)

ドウソンシンリントナカイ」の記事における「絶滅」の解説

ドウソンシンリントナカイは、それまで知られていた他のトナカイに比べあまりにも小型であったため、新種認定と同時に学界で大騒ぎになったという。本当にそのような小さなトナカイがいるのかという点について、クイーンシャーロット諸島綿密な調査が行われた。そして1908年ドウソンシンリントナカイは再び人間前に姿を現し射殺された。それを最後に絶滅したとされている絶滅の理由についてはよくわかっていない。

※この「絶滅」の解説は、「ドウソンシンリントナカイ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ドウソンシンリントナカイ」の記事については、「ドウソンシンリントナカイ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:15 UTC 版)

スチーフンイワサザイ」の記事における「絶滅」の解説

この種の絶滅に関して一般的に事実みなされている事の多く間違い誤解であり、Rothschild (1905) の中で「たった一匹ネコ全ての殺した」と記されことから始まっている。Galbreath & Brown (2004) と Medway (2004) の研究によって、この鳥の真の(そして知られている限り短い)歴史大部分明らかになった。 1879年6月初め?:灯台建設予定地への小道整備され、この島での人間活動始まる。 1881年2月22日海軍技師ジョン R. ブラッキト (John R. Blackett) が建設予定地調査する1891年4月灯台建設準備始まり木製軌道船着き場作られる1892年4月灯台付随農園のための開墾始まる(その後3人灯台守その家族、計17人がこの島に移住してくることとなる)。この種最初の報告建設労働者F. W. イングラム (F. W. Ingram)によるこの島のについての覚え書きで、「2種ミソサザイと言及されている。(もう1種はおそらくミドリイワサザイ1894年1月29日灯台稼動し始める 2月17-20?:おそらくこの頃ネコが島に運び込まれた。確かなことは、この年初めいつ頃かに、島に持ち込まれ妊娠中ネコが1匹脱走している点である。 6月?:1匹のネコおそらくはペットとして持ち込まれた若い動物の1匹。"ティブルス"という名前はどうやら憶測の域を出ないらしい。また、ライアル飼い猫でもなかったとされている)が、灯台守住居小鳥死骸を持って来始める博物学興味を持っていたライアルは、その死骸一つをウォルター・ブラー (Walter Buller) に見てもらうように、政府蒸気船ヒネモアの2等機関士A. W. ビートゥン (A. W. Bethune) に託す7月25日以前?:標本ブラーの元に届く。ブラーはすぐにそれが新種だと判断し英国鳥類学雑誌 "Ibis" に発表するために科学的記載書き始めるビートゥンブラー標本貸し、それをロンドン高名な鳥類画家である John Gerrard Keulemans に送って記載添えリトグラフ描いてもらえるようにした。 冬から初春にかけて南半球):ライアルはさらにいくつかの標本発見した彼はブラーに2標本について伝え(ただし送付はしなかった)、9標本トラヴァース売却した10月9日:この鳥の経済的価値悟ったトラヴァースブラー横やり入れより金持ちであり、より高い値段で売却見込めるウォルター・ロスチャイルドに提供を申し出、さらに「遠からずミソサザイ”は全ていなくなるでしょうと書き添えることによってロスチャイルド嗜好心を煽ったロスチャイルドトラヴァースの9標本手に入れた10月11-12日:エドワード・ルーキンズ (Edward Lukins) がスティーヴンズ島鳥類リスト制作した彼は明らかにイワサザイ科種を混同していた。 12月19日ロスチャイルド学名を Traversia lyalli として急いでこの鳥の記載用意し、その記載英国鳥類学クラブ (British Ornithologists' Club) の会合ロスチャイルド博物館キュレーターでもあったエルンスト・ハータート (Ernst Hartert) によって読み上げられた。クラブ会長で "Ibis" の編集者でもあったフィリップ・スクレーターブラー論文準備中であることを知っていたため、ハータートにこの件問題であると詰問したが、ハータートはロスチャイルド同意が無い限り記載論文撤回することはできない主張した12月29日ロスチャイルド記載英国鳥類学クラブ会報 (Bulletin of the British Ornithologists' Club) に掲載された1895年1月24日トラヴァース完全な内臓備えたアルコール液浸標本を5ポンド2002年価値換算して415ポンド)で売却申し出たロスチャイルド同意したようだが、標本受け取れなかった。 2月4-9日トラヴァース3人助手が島を捜索したが、この見つからなかった。 2月11日以前?:ライアルブラーにこう書き送っている「…ネコたち野生化し、全ての鳥たち悲しむべき大破壊ひきおこしています」 3月7日トラヴァースロスチャイルドにこの鳥の習性についての情報いくつか提供した彼の知る限り、この鳥の生体は2回し観察されていなかった。トラヴァースは、死にかけところをネコ持ち込まれ既にアルコール保存されている標本入手することしかできなかった。 3月16日クライストチャーチ新聞 "The Press" が社説書いた。 「この鳥がもはや島で見られないという明確な証拠があり、他のどこにも存在しないということ知られているのならば、これは完全に絶滅してしまったに違いない。これはおそらく絶滅への道程としては記録的なものだ」 4月:この鳥の学名をXenicus insularis としたブラー記載論文が "Ibis" に掲載された。この名は直ち新参異名として降格された。同じ号にロスチャイルド記載論文が、この鳥の外見上の非飛翔性についての追加論評とともに再掲された。この鳥の記載に関する競争二人の人間間に敵愾心火花を散らしブラーロスチャイルドが彼を出し抜いたことを決し許さなかった。詳細引用Fuller (2000)を参照のこと。 8月ニュージーランド王立協会ウェリントン支部への論文において、ブラーは彼が最近調査したメス標本について言及している。彼は後にその標本購入した11月28日トラヴァースライアルが冬の間新たな標本みつけられなかった事、この鳥が絶滅した考えている事をハータートに伝えた彼は2標本それぞれ50ポンド2002年価値換算しておよそ4200ポンド参考1895年当時灯台守平均的給料が年140ポンド)で売却申し出た12月トラヴァース再度この鳥の探索試みた結果同じだった1896年5月13日トラヴァースそれまで言い値では高すぎて買い手がつかないために、標本値段1つ12ポンド2002年1000ポンド)にした。 6月ライアル別の灯台担当となり、スティーヴンズ島離れる12月31日1月7日またはそれ以上Hugo H. Schauinsland はスティーヴンズ島鳥類採集していたが、多く見つからず、“ミソサザイ”は一羽もいなかった。1月7日には、彼の滞在中得られ標本現地産のニュージーランドツグミ (Turnagra capensis) だけだった。これはこの種最後の標本となった1897年7月31日主席灯台守のパトリック・ヘネガン (Patrick Henaghan) が「島中走り回っている大量のネコ」を駆逐するためにショットガン弾薬当局要求1898年9月5日トラヴァースはジェイムズ・ヘクター (James Hector) にもう一つ標本用意できると書き送っている。この日までのいずれかの時に彼はブラーヘンリー・ベーカー・トリストラム (Henry Baker Tristram) 宛の1標本売却しており、2標本所持している主張していた。 12月27日トラヴァースヘクタースティーヴンズ島は「いまやネコあふれている」と書いている。 1899年8月1日新任主席灯台守のロバート・キャスカート (Robert Cathcart) は1898年11月24日到着以来100以上の野猫撃った1901年トラヴァースは「自分のスチーフンイワサザイ標本」を政府35ポンド2002年2700ポンド)で売却することを持ちかけた。これは購入され他の皮革標本とともにColonial Museum所蔵されたらしい。このコレクション1904年まで検査されず、そのときまでに全体五分の一虫害のために廃棄された購入申し出以降この標本記録残されていないが、最終的な販売価格はそれがColonial Museum所蔵標本中に存在したことを示唆している1905年トラヴァースは1標本オタゴ博物館 (Otago Museum) に売却 ブラー自分の補遺出版しその中で自分命名したXenicus insularis という学名用いていた。さらに彼は "The Press" の匿名投稿引用している。 「そして、固有鳥類興味深い標本知られているかまたはその存在推測できる離島灯台守を送る際、たとえ供給されるネズミ取り費用どれだけのものになろうとも彼らはネコ一匹たりとも連れて行くことは許されないのだと当局理解していたならば、事態もう少しマシなものになっていただろうと私たち確信している1907年ロスチャイルド自著 "Extinct Birds" を刊行した驚いたことに両者社会的地位考えればなおさら彼は死者悪く言わない」という不文律破りその本中には前年死んだブラーへの辛辣な攻撃多数含まれていた。 1895年8月ブラー注釈における結論考察では、この種1895年の冬に野猫によって絶滅させられと考えられるとしている。1894年2月というネコ移入日付正しい(その年の冬にはネコたちがいたのは確実である)とすると、1895年の冬にはその島で生まれた第二世代ネコスチーフンイワサザイ理想的な獲物とするまでに成長していただろう。生息地破壊や、ときおり付け加えられる鳥類消失原因は、一見重大なものには見えない1898年にはこの島は深い森覆われていたと記録されており、灯台関連施設離れたところでは生息地への干渉はほとんど存在し無かった生息地大規模な破壊1903年遅くになって始まりそれまでにスチーフンイワサザイ疑いなく絶滅していた。 1925年島の最後のネコ駆除された。

※この「絶滅」の解説は、「スチーフンイワサザイ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「スチーフンイワサザイ」の記事については、「スチーフンイワサザイ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:00 UTC 版)

オーロックス」の記事における「絶滅」の解説

かつてはユーラシア全体および北アフリカ見られたが、生息していた各地開発による生息地減少食用などとしての乱獲家畜化などによってオーロックス消滅していった。南アジアでは歴史時代比較早期に姿を消しまた、メソポタミアでもペルシア帝国成立する時代にはすでに絶滅していたと見られる北アフリカでも古代エジプト終焉同時期にやはり姿を消している。中世にはすでに現在のフランス・ドイツ・ポーランドなどの森林にしか見られなくなっていた。16世紀には各地にオーロックス禁猟区ができたが、それは諸侯が単に自らの趣味道楽として狩猟する分を確保するために設けたものでしかなかったため、獲物獲り尽くとともに閉鎖された最後に残ったのはポーランド首都ワルシャワ近郊のヤクトルフ(Jaktorów)にある保護区であったが、そこでも密猟によって数は減り続け1620年には最後の1頭となってしまった。その1頭も1627年死亡確認されオーロックス絶滅した

※この「絶滅」の解説は、「オーロックス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「オーロックス」の記事については、「オーロックス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:35 UTC 版)

キムネカカ」の記事における「絶滅」の解説

1788年最初の入植者の到着後、ペットや食用として捕獲された。本種が記載されたのは1836年だが、この時はすでに、数が激減していたと思われる1825年から1854年までの間、このノーフォーク島フィリップ島のどこかで野生絶滅した可能性がある種として最後の個体は、ロンドン動物園の中で1851年死亡し地球上から姿を消した。現在は16の標本あるだけとされる

※この「絶滅」の解説は、「キムネカカ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「キムネカカ」の記事については、「キムネカカ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:55 UTC 版)

キゴシクロハワイミツスイ」の記事における「絶滅」の解説

ヨーロッパからの入植者たちが、絶滅に追いやった原因の1つに、この種最大の欠点は、エサにしている花の蜜は単にミゾカクシ属の花しか吸わないため、その花が農地作るために森林開発されたら、生きていけなくなった。 牛が地上生えている草地踏みつけて、植物食いつくした。そして、人間持ち込んだネコ捕食されたことと、が、にうつるマラリアと、鳥ポックスなどの伝染病も、この種の絶滅をさらに早めた1898年最後の個体記録された

※この「絶滅」の解説は、「キゴシクロハワイミツスイ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「キゴシクロハワイミツスイ」の記事については、「キゴシクロハワイミツスイ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 15:31 UTC 版)

生息地」の記事における「絶滅」の解説

動物が持つ生息地植物の生育している自生地は、その動物・植物にとって最も生活・生育しやすい場所環境あるため生息地環境開発などにより変化すると、動物・植物絶滅することもある。

※この「絶滅」の解説は、「生息地」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「生息地」の記事については、「生息地」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 00:47 UTC 版)

三葉虫」の記事における「絶滅」の解説

衰退、絶滅の正確な理由わかっていないが、多様性生息数減少しはじめたシルル紀およびデボン紀サメを含む魚類登場台頭していることと何らかの関係があるという説がある。それでも一部系統命脈保ち続けていたが最終的にペルム紀末期の大量絶滅巻き込まれる形で絶滅した

※この「絶滅」の解説は、「三葉虫」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「三葉虫」の記事については、「三葉虫」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 05:08 UTC 版)

マリアナヒラハシ」の記事における「絶滅」の解説

マリアナヒラハシは、主に石灰岩渓谷生息していた。グアム島誤って持ち込まれミナミオオガシラという樹上性捕食されたことが絶滅の原因になったという。1983年サンタローザ地域発見され個体最後の記録である。鳥類には、木の実食べてその種を運ぶという重要な役割があるが、このヘビ1980年代半ばまでに、マリアナヒラハシを含む、グアム原産12種中10種を絶滅させた。グアムヒラハシは世界的に絶滅している。 2021年現在に至るまでどの地域でも目撃されていない

※この「絶滅」の解説は、「マリアナヒラハシ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「マリアナヒラハシ」の記事については、「マリアナヒラハシ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 14:25 UTC 版)

バーバリライオン」の記事における「絶滅」の解説

古くから人間活動盛んであった地中海周辺では、バーバリライオンの雄姿は見世物として重宝された。カエサル400頭、ポンペイウス600頭のバーバリライオン戦勝パレード用にローマに連れてきたという。競技場剣闘士戦わされたともいう。 ローマ帝国衰亡した後も、人間活動域の拡大に伴ってバーバリライオン生息地減っていった。そして近代にはいると、娯楽としての狩猟動物園用の捕獲がさらにバーバリライオン追いつめた。アルジェリアチュニジアからは1891年姿を消しモロッコでは最後の野生個体1922年射殺され絶滅したというのが通説となっていた。 しかし、後の調査によってアルジェリアモロッコ小規模個体群1960年代まで生存していた可能性示唆されている。

※この「絶滅」の解説は、「バーバリライオン」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「バーバリライオン」の記事については、「バーバリライオン」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 23:55 UTC 版)

アラビアダチョウ」の記事における「絶滅」の解説

銃器自動車普及道路開発ヨーロッパ人の到来によって、アラビアダチョウ生息地狭まっていった。弓、矢、使った以前狩猟方法では、ダチョウのほとんどが逃げることができたが、ライフルによって密猟過剰な狩猟可能になり、種を絶滅に追いやることができた。20世紀初頭までに、アラビアダチョウ珍しくなった。1928年、もうダチョウの姿は人の目からは見ることなくなっていた。最後の目撃例1941年バーレーンにある石油パイプラインのところでダチョウの1羽が弱っているのが発見された。そして、撃たれ食べられたという説や、1966年ペトラ北部にあるワディエルハサ川上流死んだという説もあるが、正確な絶滅はわかっていない。いずれにせよ勇猛果敢なは、この世から消えたいうのは確かである

※この「絶滅」の解説は、「アラビアダチョウ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「アラビアダチョウ」の記事については、「アラビアダチョウ」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 15:00 UTC 版)

ロングテイルホップマウス」の記事における「絶滅」の解説

1890年代にはロングテイルホップマウス絶滅危惧種見なされるようになった生きているロングテイルホップマウスに関する最後の報告1901年で、捕獲され個体アデレード科学研究所死亡した絶滅の原因は、生息地急速な開拓、またはキツネノネコフクロオオカミタカフクロウ獲物となったためと考えられている。ロングテイルホップマウス1901年絶滅した考えられているが、1944年カルグーリー近く白骨発見され1977年にはフクロウペリットからこの種骨格発見された。生きているという報告100年以上たった現在でも確認されていない

※この「絶滅」の解説は、「ロングテイルホップマウス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ロングテイルホップマウス」の記事については、「ロングテイルホップマウス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:43 UTC 版)

メコスクス」の記事における「絶滅」の解説

完新世入植してきた現生人類との競争敗れて絶滅したメコスクス亜科地球上最後まで残っていた陸生ワニ類である。セベクスプリスティカンプススといったそれ以外陸生ワニ類完新世前に絶滅していた。

※この「絶滅」の解説は、「メコスクス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「メコスクス」の記事については、「メコスクス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:18 UTC 版)

ガストルニス」の記事における「絶滅」の解説

かつては始新世大型化を始め肉歯目(例ヒエノドンのような初期の肉食哺乳類に雛や卵を襲われたり、獲物横取りされたりして絶滅した考えられてきた。この仮説傍証として次のような指摘なされてきた。 恐鳥類身体大きく動きが鈍い祖先飛翔性に進化する過程武装となる前肢の爪や歯を失っている。 ライバル哺乳類群れ作っていたため、単独性とされる恐鳥類では敵わない。 これらに基づいて記事冒頭シナリオメディアによって拡散された。 しかし、ガストルニス絶滅の原因今のところ明らかになっていないガストルニス哺乳類支配的であった動物相生息しており、汎歯目のような大型動物とも共存していた。また本属近縁ドロモルニスは、ガストルニス時代から遥か後の更新世オーストラリアで、メガラニアのような肉食爬虫類ティラコレオのような肉食哺乳類共存していた事知られているまた、動物食性巨大な地上生鳥類のグループであるフォルスラコス科中にも少なくともつい200万年前まで北アメリカ生息していたことが確実視されている種(ティタニス・ワレリ)がいる。 また、彼らが生息していた時代発生した暁新世-始新世温暖化極大のような極端な気候事象はほとんど影響与えていないとされる

※この「絶滅」の解説は、「ガストルニス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ガストルニス」の記事については、「ガストルニス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:29 UTC 版)

マンモス」の記事における「絶滅」の解説

更新世末期にあたる約4 - 数千年前多くの大型哺乳類と共にマンモス絶滅した最後のマンモス紀元前1700年頃に東シベリア沖合にある北極海チュクチ海上のウランゲリ島狩猟されたという説が提起されている。 原因未確定であるが、有力な仮説として氷期末期気候変動に伴う植生の変化原因とする説がある。約1万年前氷期終わり高緯度地域気温10度程度上昇した。この温暖化以前シベリア乾燥した大地イネ科の草生息する黒土地帯のような肥沃な草原広がっていた。シベリア発見されマンモス胃の内容物からイネ科植物マンモス主食であり、他にキンポウゲ科ヨモギ類などを食べていたと推測される。 ところが温暖化に伴って湿潤化し一年半分大量の雪が降り積もる現在のタイガへと変貌した針葉樹林もたらす生産力の低い酸性土壌イネ科の草木を激減させ、マンモスに限らずケブカサイオオツノジカなど多くの大型草食動物シベリアから消えていった、という推定である。 その他の有力な仮説としては、ヒト狩猟対象になったことを原因とするものがあるアメリカ大陸では紀元前1万年前後から人類が進出し人類がマンモスハンティングに使用したクロビス石器登場する1万1000年ごろと相前後してマンモス地上から姿を消し始める。シミュレーションによればアメリカ大陸人類進出して800年ほどでマンモス絶滅している。子供一度に1頭しか生まない大型動物であるマンモス狩猟圧に弱い動物である。 また、アメリカ大陸コロンビアマンモス化石検証から伝染病説が最近の有力な仮説として提唱されている。これはアメリカ大陸マンモス化石一緒に発見され矢じり人間による狩猟証拠)は全体で7件しかないにもかかわらず病変と見られる大腿骨変形が8割近く化石確認されていることによるこの伝染病の原因人間連れてきた家畜であり、そのため人類アメリカ大陸上陸した直後にマンモス絶滅したが、決し人類狩猟のみによって絶滅したのではないという説である。上記のほかに、約4万年前の超新星爆発によって絶滅したとする説存在する。 ただし、ウランゲリ島でのマンモスの絶滅については、最新の研究人類の到達する約100年前マンモス絶滅していたと考えられること、遺伝的多様性維持されていたという調査結果から環境緩やかな変化狩猟によってではなく巨大な嵐、細菌・ウイルスによる伝染病流行といった突発的な事件によってマンモス絶滅したではないかという説も出されている。 2012年5月9日、『英国王立協会紀要』に史上最小のマンモス(肩高120センチメートル体重310キログラム)がクレタ島350万年前まで生息していたという研究発表された

※この「絶滅」の解説は、「マンモス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「マンモス」の記事については、「マンモス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:26 UTC 版)

フォルスラコス科」の記事における「絶滅」の解説

新第三紀中新世から鮮新世間に南アメリカ大陸フォルスラコス科個体数増加しこの時期にサバンナ環境多様な種が捕食者として繁栄したことが示唆されている。 270万年前にパナマ地峡出現すると、イヌ・クマ・ネコなど食肉目哺乳類南アメリカ大陸渡来可能となり、競争激化した。なお、アライグマ科730万年前に先に南アメリカ大陸進出していた。この頃には既にティラコスミルスをはじめとする大型の肉食性有袋類絶滅しており、食肉目との唯一の競争相手になったフォルスラコス科が絶滅に追いやられたと説明されることが多い。 しかし、南アメリカ大陸における捕食動物系統競争排除については、複数研究者疑問呈している。絶滅の時期イヌ科動物剣歯虎といった大型捕食者到達関連せず(先に到達して南アメリカ巨大化したアライグマ科とは関連するが、彼らは雑食性である)、南アメリカ大陸土着の捕食者大半フォルスラコス科有袋類ワニ類)が絶滅したのは有胎盤類捕食動物進出する前である。フォルスラコス科似た生態近縁性も考えられているバトルニス科は、新生代一時期の間北アメリカ大陸全域分布し2000万年前に当た中新世前期絶滅するまでニムラブス科といった大型の食肉目動物共存していた。フォルスラコス科ティタニス交差最中北アメリカ大陸一部分布拡大し180万年前に絶滅を迎えるまでゼノスミルスといった大型のネコ科動物イヌ科動物数百万年にわたって共存していた。 更新世大型動物相を代表するフォルスラコス科は、狩猟といった人間活動生息環境の変化により絶滅したことが示唆されているが、最後のフォルスラコス科人類到達100万年以上前絶滅していることがティタニス標本からわかっているため、この考えは現在有効ではない。しかしながら後期更新世にあたる南アメリカ大陸発見され化石は、比較小型であるプシロプテルスが96000年±6300年前まで存在していたことを示唆しているまた、更新世の末である約1万8000年前の未同定種も報告されている。これらが認められた場合フォルスラコス科生存期間大きく拡大することとなる。 また2020年には中米メキシコで約32000年 - 25000年前人類による石器報告されており、最後のフォルスラコス科初期の現生人類共存していた可能性は高まってきていると言える

※この「絶滅」の解説は、「フォルスラコス科」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「フォルスラコス科」の記事については、「フォルスラコス科」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 04:44 UTC 版)

ポライモス」の記事における「絶滅」の解説

第三帝国政府が行ったロマ迫害は、町外れ自治体収容所建設され1936年には早くも始まっており、後に絶滅収容所国外追放された。対象となった収容所としては、ダッハウマルツァーン、ヴェンハウゼンなどが知られる。 なお、「ジプシー問題」の解決に関しては、元々反対意見存在した1939年末から翌年初にかけて、ポーランド総督ハンス・フランクが、国外追放されたドイツ及びオーストリアロマ3万人受け入れを拒否また、ハインリヒ・ヒムラー一握り純血ロマを救うべく政治的圧力掛け、「民族居留地」の立ち上げ画したが、ロマ全て国外追放すべきとするマルティン・ボルマン反対に遭っている。 ヒムラーアウシュヴィッツへの国外追放令に署名した1942年には論争収束ラインハルト作戦1941年 - 1943年中には不特定多数ロマトレブリンカ強制収容所などで殺害されたナチスによるロマ迫害は国や地域により様々であったフランスでは3000人から6000人のロマ強制収容所送られた他、バルカン諸国ソビエト連邦でも、特別行動部隊アインザッツグルッペン村々回りロマ殺害している。 こうして殺害されたロマの数については記録残されていないものの、大量虐殺証拠となる文書稀ではあるが作成されケースもある。ティモシー・シュナイダーは、ソビエト連邦のみでアインザッツグルッペンにより8000人のロマ殺害されたという。 エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー戦争犯罪の追及から逃れる見返りにアインザッツグルッペン裁判にて「アインザッツグルッペン主要任務ユダヤ人ジプシー政治将校の絶滅であった」と述べている。一方アインザッツグルッペン元司令官であるオットー・オーレンドルフソビエト連邦公判中、歴史的前例として三十年戦争中ロマ虐殺引き合いに出している。 1942年12月16日にはいわゆるアウシュヴィッツ令(ドイツ語版)が発出され、「ジプシーに対する最終的解決」として強収容所への移送断種措置としての不妊手術実施命令され、翌1943年1月にはその施行規則ライヒ刑事警察局(ドイツ語版)に命令された。これはヨーロッパロマにとって、ナチス官僚が「ユダヤ人問題の最終的解決」を決めたヴァンゼー会議成された、同年1月20日決定相当するものであった。 またヒムラー1943年11月15日ロマと「部分的ロマ」はユダヤ人同じく強制収容所に送る命令発布している。なお、シビル・ミルトンはヒムラー下した命令ヒトラー関わっていたと推測する大規模なゲットー強制収容所付近ではユダヤ人によるレジスタンス組織されているが、ロマ自身同様の運動を展開。1944年5月親衛隊アウシュヴィッツジプシー家族収容所整理しようとした際、思わぬ抵抗遭遇したという。しかし、収容所整理成った数ヶ月後、結局2万人ロマ収容所殺害された

※この「絶滅」の解説は、「ポライモス」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「ポライモス」の記事については、「ポライモス」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 00:27 UTC 版)

分椎目」の記事における「絶滅」の解説

三畳紀末の大絶滅以降ブラキオプス上科属する2科のみが見られるようになった。主に中国生息していたブラキオプス科とゴンドワナ大陸広く分布していたキグチサウルス科である。前者ジュラ紀中期には姿を消したが、後者属すクーラスクス白亜紀中期1億1000万年前まで南極圏生き延びたこの時期は全般的に大型化する傾向にあり、クーラスクス全長5メートルを超える分椎目最大の種一つである。

※この「絶滅」の解説は、「分椎目」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「分椎目」の記事については、「分椎目」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 04:20 UTC 版)

恐鳥類」の記事における「絶滅」の解説

フォルスラコス科」も参照40万年前に最後のフォルスラコス類姿を消し恐鳥類絶滅したされていたが、新たな化石の発見により更に後の時代まで生存していたという説が提唱されている。これによれば1万5千年前最終氷期環境変化により、スミロドンや、ドエディクルスメガテリウムマクラウケニアなどの、他の多くの大型動物と共に最後の恐鳥類ティタニス)は絶滅したとされる

※この「絶滅」の解説は、「恐鳥類」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「恐鳥類」の記事については、「恐鳥類」の概要を参照ください。


絶滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 14:10 UTC 版)

マスカリンインコ」の記事における「絶滅」の解説

最後の記録1834年。絶滅の正確な原因未だに不明である。恐らくレユニオン島生息地破壊されたことや、ペットとして乱獲されたことである。野生下では1800年頃までに殆ど姿を消してしまっていた。現在は2標本パリ博物館にあるだけである。

※この「絶滅」の解説は、「マスカリンインコ」の解説の一部です。
「絶滅」を含む「マスカリンインコ」の記事については、「マスカリンインコ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「絶滅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

絶滅

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 04:14 UTC 版)

名詞

ぜつめつ

  1. 自動詞死に絶えること。すっかり滅ぶこと。全ての当該種が消滅すること。
  2. 他動詞無くすこと。残ら消滅させること個数ゼロにすること。

類義語

対義語

翻訳

英語訳

発音(?)

ぜ↗つめつ

動詞

活用

翻訳

英語訳

「絶滅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絶滅」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶滅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶滅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの恐竜 (改訂履歴)、ロッキートビバッタ (改訂履歴)、ホラアナグマ (改訂履歴)、トクソドン (改訂履歴)、ドロモルニス科 (改訂履歴)、ベガスヒョウガエル (改訂履歴)、ヨーロッパライオン (改訂履歴)、アカズキコンゴウインコ (改訂履歴)、リュウキュウジカ (改訂履歴)、アクロカントサウルス (改訂履歴)、ハシボソクロムクドリモドキ (改訂履歴)、アンドリューサルクス (改訂履歴)、ケナガマンモス (改訂履歴)、ロドリゲスダルマインコ (改訂履歴)、ジャイアントモア (改訂履歴)、ヒアエノドン (改訂履歴)、ゴルゴノプス (改訂履歴)、スケリドテリウム (改訂履歴)、メガテリウム (改訂履歴)、シマワラビー (改訂履歴)、ディプロトドン (改訂履歴)、ションブルクジカ (改訂履歴)、ローラシア獣上目 (改訂履歴)、カンムリムクドリ (改訂履歴)、ダイアウルフ (改訂履歴)、ブルーバック (動物) (改訂履歴)、テラトルニスコンドル (改訂履歴)、アンテオサウルス (改訂履歴)、ティラコレオ (改訂履歴)、ネアンデルタール人 (改訂履歴)、古鯨類 (改訂履歴)、ドウソンシンリントナカイ (改訂履歴)、スチーフンイワサザイ (改訂履歴)、オーロックス (改訂履歴)、キムネカカ (改訂履歴)、キゴシクロハワイミツスイ (改訂履歴)、生息地 (改訂履歴)、三葉虫 (改訂履歴)、マリアナヒラハシ (改訂履歴)、バーバリライオン (改訂履歴)、アラビアダチョウ (改訂履歴)、ロングテイルホップマウス (改訂履歴)、メコスクス (改訂履歴)、ガストルニス (改訂履歴)、マンモス (改訂履歴)、フォルスラコス科 (改訂履歴)、ポライモス (改訂履歴)、分椎目 (改訂履歴)、恐鳥類 (改訂履歴)、マスカリンインコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの絶滅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS