疑問とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 疑問 > 疑問の意味・解説 

ぎ‐もん【疑問】

読み方:ぎもん

うたがい問うこと。「―を発する

本当かどうか正しかどうか疑わしいことまた、その事柄。「学説に―をいだく」「本物であるかどうかは―だ」


疑問

作者星新一

収載図書星新一ちょっと長めショートショート 3 悪魔のささやき
出版社理論社
刊行年月2005.11

収載図書地球から来た男 改版
出版社角川書店
刊行年月2007.6
シリーズ名角川文庫


疑問

作者一哲

収載図書異常なお話
出版社文芸社
刊行年月2008.10


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 04:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「疑問」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「疑問」を含むページの一覧/「疑問」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「疑問」が役に立つかも知れません。

関連項目



疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 18:14 UTC 版)

1RXS J160929.1-210524」の記事における「疑問」の解説

惑星母星から非常に遠くにあるというのは現在の惑星系形成理論に反している。なぜならばへの降着過程でこの距離に惑星形成されるのにかかる時間は、推定される母星年齢よりも大幅に長くなってしまうからである。これを回避する一つ可能性としては、惑星母星にもっと近い位置形成された後、原始惑星系円盤他の惑星との相互作用によって、遠い軌道へと移動したということ考えられる惑星現在の位置で、重力不安定性によって形成されたという仮説もあるが、そのためには質量異常に大き原始惑星系円盤が必要となる。 1RXS 1609 bの発見後、上部さそり座グループ年齢高く修正されたことにより、1RXS 1609 bの質量より大きく、木星14程度とされた。1RXS 1609星系年齢上がることで、低質褐色矮星進化理論基づ推定質量大きくなった。このことで、1RXS 1609 bは褐色矮星で、連星系形成似たような経緯で形成され可能性がでてきた。その後の観測分析でも、1RXS 1609 bの質量木星12倍から16倍と、惑星褐色矮星境界付近の値が求められている上、1RXS 1609 bには母星よりもずっと大き減光がみられ、星周円盤存在予想されている。これは、惑星では考えられないことである。

※この「疑問」の解説は、「1RXS J160929.1-210524」の解説の一部です。
「疑問」を含む「1RXS J160929.1-210524」の記事については、「1RXS J160929.1-210524」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 03:14 UTC 版)

アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム」の記事における「疑問」の解説

「 「ヒトラー倫理的な意味でベジタリアンであったはずがない」とベリー断言しナチス領袖は肉を絶っていたと信じ学者達への反論として、見逃すことのできない事実があるという。「非ベジタリアンたちは菜食主義そのもの窄めるためにナチス問題持ち出す傾向にある」。 」 —Deborah Rudacille ベジタリアンであり動物の権利擁護している作家のリン・ベリー(英語版)は、ヒトラー食事の肉を減らしたことがあったかといってその後長い人生でまったく肉食べなかったわけではない主張している。ベリーがいうには、歴史家が「ベジタリアンというとはたいてい単に肉の消費量減らした人間のことであり、それは言葉の正しい使い方ではない。 1991年アイザック・バシェヴィス・シンガー亡くなると、シンガー死亡記事をめぐって議論起こる。まずこの作家ベジタリアンであったことが省かれているという批判があり、ついにそれはヒトラーベジタリアンだと断定するいたったニューヨーク・タイムズ一連の手紙投稿したキャロル・ヤノヴィッツはこう書いている。「『美食家のための料理読本』(1964年)の89ページでは、ドイツのハンブルクホテルシェフをしていたディオンヌ・ルーカスが第二次世界大戦前のつらい倹約回想してます。ひな鳥詰め物なんかみせて食欲なくした人がいたらごめんなさい。でもヒトラー氏がとても好きなメニューだったといえば興味ももつでしょう。よくホテル食事をしにきたんですよ。それで立派な料理こだわらなくてもいいって言ってくれたんです』。 作家のロバート・ペイン(英語版)はその伝記「アドルフ・ヒトラー生と死」(1973)のなかで、禁欲的なベジタリアンというヒトラーイメージは、宣伝大臣であったゲッベルスによって周到につくりあげられたものだという仮説述べている。 「禁欲主義ヒトラードイツ投影していたイメージ形成するために重要な役割果たした広く信じられている伝説のなかのヒトラーは、煙草も酒もやらない人間で、肉も口にせず女性とは関係をもたないことになっていた。最初のものだけが正しい。ヒトラービール飲んだし、薄めたワインもよく嗜んだ。バイエルン・ソーセージをことのほか喜んだし、愛人だって手放すことはなかった…。彼の禁欲主義ゲッベルス総合的な敬意を高めるためにつくりだしたまやかしである。自制心他者との距離などもそうだ…実際のところヒトラー禁欲こころなかけらも持ち合わせておらず、自分いたずらに甘やかしていた。その上やたらと太ったヴィリー・カンネンベルク(ドイツ語版)というコックは、すばらしい料理つくれば宮殿お抱え道化役こなせる男だった。ヒトラーはあまり肉は好まなかったが、ソーセージのかたちをしていれば話は別だった。も身は食べずキャビア楽しんだのである…(p. 346)」 またOSS精神分析家著したアドルフ・ヒトラー精神英語版)』には、「もし彼[ヒットラー]が肉やアルコールを口にせず、煙草吸わないというのならば、それは無意識にある種抑制はたらいていたせいではなく、それが健康増進につながると信じていたからだ。肉などを控えたのは、偉大なドイツ人であるリヒャルト・ワーグナー倣ってのことである。あるいは摂生することで新たなドイツ帝国つくりあげることができるだけ気力体力取り戻すことできること気づいていたからだ、といえる」とある。 1996年4月14日ニューヨーク・タイムズ日曜版では、ヒトラー食事について書かれ記事初出1937年3月30日の「総統お家で」)が紹介された。「ヒトラーベジタリアンで、酒も煙草もやらないというはとても有名です。ですから昼食夕食も、ほとんどがスープ鶏卵野菜ミネラルウォーターといったものになりますたまにはハム一切れ口に運んだり味気ない食事キャビアのようなごちそう紛らわすこともありました…」 1942年ヒトラー秘書となったトラウデル・ユンゲは彼が「いつも肉を避けていた」と記しており、さらにオーストリア人コック、クリューメルはブイヨンわずかな肉や脂をくわえ、ヒトラー食事に出すことがあったという。「ほとんどの場合総統はそのごまかし気づいて、ひどくいやがりお腹気にしていましたけっきょくスープそのまま片付けさせ、マッシュポテトだけ食べたのです」。 1943年ヒトラー栄養士になっているマレーネ・フォン・エクスナー(ドイツ語版)はそれと知らずにスープに骨髄足したといわれている。マレーネ菜食を「見下していた」ためだという。 1936年から1945年ヒトラー自殺するその直前まで、そのかかりつけ医であったテオドール・モレル動物性成分をふくむ「いんちきなサプリメント」を処方していた。動物由来のグルコノムなどをふくむ市販強壮剤モレル毎日注射してもいる。注射可能物質にはビタミンB1ビタミンB2ビタミンC心臓副腎肝臓膵臓含まれていた。ほかにも胎盤ウシ由来テストステロン精嚢前立腺を含む調合抑鬱治療するために注射されている。当時は動物の腺から抽出されたものは「若さエリクシルになると一般に信じられていたのであるヒトラー政策ベジタリアニズムよりだったかどうかについてはいまも疑問が残る英国ベジタリアン協会は、ヒトラードイツにおけるベジタリアン団体弾圧し解散させたと主張している。たとえば「Vegetarier-Bund Deutschlands」(ドイツ・ベジタリアン同盟)はナチスによって1936年解散させられている。また、フランクフルト出てい主要なベジタリアン雑誌発売禁止となった。しかし集会の禁止全ての独立系組織に対して適用されており、ヒトラー個人的に支持していたベジタリアニズム敵意向けられたという証拠にはならない先の「Vegetarier-Bund Deutschlands」の活動がやっと合法となるのはナチス第二次世界大戦敗れ後の1945年になってからのことだった[要検証ノート]。

※この「疑問」の解説は、「アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム」の解説の一部です。
「疑問」を含む「アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム」の記事については、「アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:19 UTC 版)

古英語の文法」の記事における「疑問」の解説

古ノルド語との類似性から、古英語において疑問文形成するためには基本的に語順SVOからVSO変化させたのだと一般的に考えられている。一方で古英語語順はより自由であったという主張多く、節の主語目的語動詞位置に対する慣例存在する。 "I am..." が "Am I..."となり、 "Ic eom..." が "Eom ic..."となる。

※この「疑問」の解説は、「古英語の文法」の解説の一部です。
「疑問」を含む「古英語の文法」の記事については、「古英語の文法」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 14:25 UTC 版)

西暦10000年問題」の記事における「疑問」の解説

この問題に対して次のような疑問がある。 西暦10000年まで人類生き残ることできるのか。 西暦10000年まで西暦使用するのか。 西暦10000年まで現在のプログラム改善改良をせずにそのまま使用するのか。 西暦10000年までに起こ様々な年問題対処できるのか。

※この「疑問」の解説は、「西暦10000年問題」の解説の一部です。
「疑問」を含む「西暦10000年問題」の記事については、「西暦10000年問題」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 08:16 UTC 版)

日野町事件」の記事における「疑問」の解説

Aが行不明となった当日、阪原は知人宅で酒を飲みそのまま翌朝まで寝込んでしまったというアリバイ主張するも、取り調べ警察から「殺害認めないと(結婚予定の娘の)嫁ぎ先ガタガタにしてやる」という脅迫されたり反抗するなと刑事数人がかりで殴る蹴るや、束ねた鉛筆突かれ暴力受けたり、「殺害したことを認めた早く出られると言われたりしたこと(≒拷問憲法第36条禁止)で、嘘の自白をしたと阪原は主張している。これらの主張裏返物的証拠未だに発見されていない。 阪原の自白には、秘密の暴露一切ない。 阪原は警察手で被害者の首を締めた自供しているが、遺体舌骨大角部の骨折があり、右顔面にも損傷があり、鑑定では直接手で締めたではなく、紐などを使って締めた結果出ている。 次々と浮かぶ疑問に対して大津地裁は、逮捕に至るまで3年間が経過したことによる記憶違いであると主張するのみで、阪原が犯人だという決定的な証拠皆無であること

※この「疑問」の解説は、「日野町事件」の解説の一部です。
「疑問」を含む「日野町事件」の記事については、「日野町事件」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/19 03:20 UTC 版)

ジャスパー・マスケリン」の記事における「疑問」の解説

一般的なマスケリン評価軍事歴史家であり奇術師でもあるリチャード・ストークスによって批判的な分析を受けている。オーストラリア奇術雑誌「Geniis Magic Journal」に1993年から1995年にかけて掲載された21回に及ぶシリーズ記事において、ストークス多くの時系列的な間違い実証されていない出来事指摘し戦時中マスケリンの手柄は架空のもの多く、とくにゴーストライターによって書かれた『Magic: Top Secret』からの影響が大きい結論付けている。 またストークスマスケリン血統2種類存在することを指摘し奇術師として血統天文学者ネヴィル・マスケリンの子孫であるという説に疑問を投げかけている。

※この「疑問」の解説は、「ジャスパー・マスケリン」の解説の一部です。
「疑問」を含む「ジャスパー・マスケリン」の記事については、「ジャスパー・マスケリン」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 17:18 UTC 版)

ジェシカ・リンチ」の記事における「疑問」の解説

しかし救出部隊突入した病院イラク民兵組織「フェダーイーン・サッダーム(英語版)」はおらずイラク人病院職員証言ジェシカ不自然な記憶喪失などから、人質救出作戦疑問視する声があがったまた、救助され病院イラク軍が居なかったことからイラク兵からの取調べ際に殴打などの暴力受けたとの証言も疑問が投げかけられた。 2003年5月18日放送されBBCのドキュメンタリー番組"War Spin"ではこの出来事演出された戦時プロパガンダであると報じたが、国防総省はこれを否定している。 後の取材明らかになったところでは、イラク側は負傷したジェシカナシリヤ病院搬送していた。ただし、ジェシカ身体には強姦拷問痕跡もあった。脊髄手足複雑骨折負っていたが、これが拷問よるものか、戦闘負傷よるものかは不明イラク人医師中には踏みつけられるか、銃床殴打され時の傷と似ている指摘する者もいた。こうして病院運びこまれたジェシカは、救急救命措置を受けなければ確実に死亡していた状態だった。その後民間サダム・フセイン病院移送される看護婦のフラット・フセインがつきそい医師達も最大限努力をした。イラク側は、ジェシカ米軍向けプロパガンダとして役立てるか、人間の盾するつもりだった可能性がある救出され時のリンチは、脊髄の手術をしなければ歩行困難となる状態だった。そして彼女が手術を受けている間、美談求め政府マスコミ相乗効果により、神話創らていった。彼女の兄は米陸軍所属するが、一連の報道人々熱狂を「起こるべくして起こったことだ」と述べた当初報道では救出時の彼女は銃創ナイフによる切り傷負っていたとされたが、後にジェシカ父親であるグレゴリー・リンチはこれを否定している。彼は自分の娘がドイツのラントスツール米軍病院外科処置受けた際にとともに女に話しかけその時の様子記者会見語ったその中で、「複数銃創とかナイフ刺し傷があるとされていたが、皆無だった」「特に問題となるような負傷していない」と語られ米軍当局による「銃創受けながらもイラク相手発砲続けた。」という報道とは異な証言出された。また、医者娘の背中一ヵ所だけ外科処置施した神経圧迫されていたのでそれを解放し椎間板全体矯正行いギブスをあてた。」「娘は両足右前腕の骨折治す手術を受ける。」とも語った2007年4月24日開かれた公聴会において、ジェシカは、「報道真実ではない。なぜ軍当局がうそをついて私を英雄仕立て上げたのか、いまだに分からない」「戦争における真実単純ではない。常に真実語られるべきだ。米国民は、英雄あるべき姿判断する能力を持っており、念入りに作り上げられた嘘など必要ない」と述べ自身に関する誤った報道非難した

※この「疑問」の解説は、「ジェシカ・リンチ」の解説の一部です。
「疑問」を含む「ジェシカ・リンチ」の記事については、「ジェシカ・リンチ」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 15:20 UTC 版)

皇明祖訓」の記事における「疑問」の解説

皇明祖訓』は、歴史的な故事を踏まえて丞相職の禁止親王後宮干渉制限するものであったが、歴史的に夥しい弊害もたらしてきた宦官政治干渉禁止する項目が一つもない。これについては、原本には含まれいたものを、宦官密かにその条目削ったということ噂されていたという。

※この「疑問」の解説は、「皇明祖訓」の解説の一部です。
「疑問」を含む「皇明祖訓」の記事については、「皇明祖訓」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 04:09 UTC 版)

タマラ・プレス」の記事における「疑問」の解説

果たし彼女たち女性だったのか?という疑問がある。実際彼女たち性別に対してチェック行われなかったといわれている。両性具有者という者も、またある者は男性ホルモン注射していたためという。「プレス兄弟」と中傷したものもいた。すべての国際的なスポーツ大会性別検査義務化されるようになったのは1968年からである。(2000年シドニーオリンピックでは廃止彼女たちスポーツ舞台から姿を消した

※この「疑問」の解説は、「タマラ・プレス」の解説の一部です。
「疑問」を含む「タマラ・プレス」の記事については、「タマラ・プレス」の概要を参照ください。


疑問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 06:03 UTC 版)

朝鮮進駐軍」の記事における「疑問」の解説

安田浩一らは、「在特会をはじめとする保守界隈”の人間がしばしば使用する用語であるが、GHQ等の公的な組織による資料での「朝鮮進駐軍」という用語の出典示しておらず、写真キャプションデマである」と主張している。 安田説明によると、最低4,000人の日本人殺されたとする「GHQ資料」の出典明かにされておらず朝鮮進駐軍写した主張する2枚写真は、毎日新聞社1949年撮影した在日本朝鮮人総聯盟(朝連)の本部捜索する日本の警察官が写る写真に「武装集団在日朝鮮人集団」「短銃所持する在日朝鮮人警備隊」といったでっちあげキャプションをつけたものである。朝鮮進駐軍起こした凶悪事件として例に挙げられているものには、1946年首相官邸デモ事件1948年阪神教育事件のような確認できるものもあるが、どちらも在日朝鮮人中心とする大規模なデモ行進における騒擾事件である。首相官邸デモは「在日朝鮮人生活権擁護委員会」、阪神教育事件デモは「在日本朝鮮人総聯盟」が開催したもので、朝鮮進駐軍なる組織ではない。この2つ事件犠牲者に関しては、首相官邸デモ事件死者は出なかったが、阪神教育事件では朝鮮人少年1名が死亡した

※この「疑問」の解説は、「朝鮮進駐軍」の解説の一部です。
「疑問」を含む「朝鮮進駐軍」の記事については、「朝鮮進駐軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「疑問」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

疑問

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:24 UTC 版)

名詞

(ぎもん)

  1. 疑い問うこと。知らないことわからないことに気づき関心を持つこと。また、そのことがら
  2. 疑わしいこと。また、そのことがら。うたがい疑念

発音(?)

ぎ↗もん

関連語


「疑問」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



疑問と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「疑問」に関係したコラム

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疑問」の関連用語

疑問のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疑問のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疑問 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1RXS J160929.1-210524 (改訂履歴)、アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム (改訂履歴)、古英語の文法 (改訂履歴)、西暦10000年問題 (改訂履歴)、日野町事件 (改訂履歴)、ジャスパー・マスケリン (改訂履歴)、ジェシカ・リンチ (改訂履歴)、皇明祖訓 (改訂履歴)、タマラ・プレス (改訂履歴)、朝鮮進駐軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの疑問 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS