疑念とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 疑念の意味・解説 

疑念

読み方:ぎねん

疑い疑いの念、「はたして本当にそうだろうか」という思いという意味用いられる語。「疑い」の同義語であり、単に「疑い」とも言い換えられる。

「疑念」の語の使用例としては「疑念を抱く」「疑念が生じる」「疑念が残る」「疑念が拭えない」といった言い回し挙げられる

「疑念」の語は「疑わしい《という思い考え)》」を指し示す名詞である。「疑念」に似た語としては「疑義」「疑惑」あるいは「懐疑のような語が挙げられるが、疑義は「疑わしいということ》」、「疑わしさ(《という概念》)」、懐疑は「疑わしさ《を抱く》という動作」を指す語であり、意味・用法微妙に異なる。ただし文脈によっては相互に言い換え可能な場合少なくはない

ぎ‐ねん【疑念】

読み方:ぎねん

うたがわしく思う気持ちうたがい。「―を抱く」「―が晴れる」


疑念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/21 01:02 UTC 版)

疑念(ぎねん、: Doubt)とは信念と不信(disbelief)の間の状態のことであり、事実とされていること、行為動機、あるいは意思決定の、不確かさ、ないしは疑惑(distrust)、ないしは確実さの欠如を含んでいる。疑念は、認識された「実在」というような何らかの概念に疑問を投げかけ、誤り、過失、ないしは適切さへの懸念から、関連のある行為を遅らせることあるいは退けることを含む。






「疑念」の続きの解説一覧

疑念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 02:27 UTC 版)

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の記事における「疑念」の解説

ゴンドール執政デネソール息子ファラミアは、オスギリアスの砦でオークの軍に破れ、都ミナス・ティリス撤退する。が、父デネソール彼に戻って砦を奪回するように命じファラミアが「ボロミアではなく、弟の自分死んだほうがよかった思っているのでは」と問うと、「そうだ」と返答するファラミアは父への愛を示すため、死を覚悟して戦場戻っていく。 滅びの山目指すフロドサム間に事件起きていた。ゴラムサム陥れようと二人寝ている間に唯一の食料であるエルフ焼き菓子レンバスを、サムひとりで食べたように偽装したのだ。フロドゴラム策略のせられサムを疑う。疑惑苛まれるフロドサム指輪を運ぶことを申し出ると、彼が指輪狙っていると誤解して帰れ」と命じ悲嘆にくれるサム置き去りにしてしまう。 ローハンハロウ砦(ダンハロウ)ではアラゴルンが焦る心を抑えていた。セオデンこの地各地兵士たち召集していたが、今ある戦力ではサウロン軍に勝てないのは明白だった。そこに裂け谷エルフエルロンドやって来る彼はアラゴルン鍛え直した王の剣「アンドゥリル」を与えて助言する。「死者の道」と呼ばれる所に、かつて人間の王イシルドゥア忠誠誓いながらも誓約果たさなかったため、その罰として永遠に成仏できずにいる、死者の王とその軍勢封印されており、アラゴルンイシルドゥア末裔として王の証となる剣「アンドゥリルを持って勇気示し死者の王に認めさせることができるならば彼らは戦い加わるかもしれぬと。そこでアラゴルンは「死者の道に向かうことを決意する。するとレゴラスギムリも「友はつねに行動を共にするものだ」と、アラゴルン止めるのも聞かず同行する。 彼らを見送ったローハン軍は、いよいよゴンドール王国を襲うサウロン軍との戦いに向かうローハン騎士となったメリー戦闘参加したい申し出るが、セオデン王も勇敢な騎士である彼のエオメルも、メリー誠心信じている身体の大きさ足りないからと城に残るよう勧める。が、メリーの不満は、女性だからといつも留守居役命じられているエオメルの妹エオウィン姫の不満でもあった。彼女は「友のために戦うことは、誰にも止められない」と密かに男装しメリー連れて兵士として出陣していく。

※この「疑念」の解説は、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の解説の一部です。
「疑念」を含む「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の記事については、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の概要を参照ください。


疑念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/12 07:15 UTC 版)

エノコロフサカツギ」の記事における「疑念」の解説

本種は上記のように棲管持たず単独生活をしているものと推定されている。しかし、これは本群ではきわめて特異なものである。本群の現生種は全て無性生殖行い互いに連結した群体か、寄り集まった集団をなし、膜質寒天質棲管をもっており、上記のような裸の単独生活は本種1種しか知られていない。 本種は最初の発見以降、全く採集されていない。ただし、タイプ標本存在しており、本種の存在自体間違いないしかしながら、本種が実は棲管に住む普通の翼鰓類であり、何らかの理由で且つ単独の形で発見されたのではないかとの疑念は示されている。本群については20世紀中にはその後に日本各地2種発見されてきた。さらに2003年相模灘の別地域でエラフサカツギ属の新種となるべき種が発見された。それはもちろん棲管住み、柄部で連結した群体形成するものであった。だが、柄部で繋がっていること以外では、その個虫形態は本種にきわめて類似していた。このことから、本種がこの種何らかの理由でバラバラになり、棲管から抜け落ちた形で発見されたのではないか、との可能性示唆されている。現在、この点についての検討調査が行われているという。

※この「疑念」の解説は、「エノコロフサカツギ」の解説の一部です。
「疑念」を含む「エノコロフサカツギ」の記事については、「エノコロフサカツギ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「疑念」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「疑念」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



疑念と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疑念」の関連用語

疑念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疑念のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疑念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (改訂履歴)、エノコロフサカツギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS