疑念とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 疑念の意味・解説 

疑念

読み方:ぎねん

疑い疑いの念、「はたして本当にそうだろうか」という思い、という意味で用いられる語。「疑い」の同義語であり、単に「疑い」とも言い換えられる。

「疑念」の語の使用例としては「疑念を抱く」「疑念が生じる」「疑念が残る」「疑念が拭えない」といった言い回しが挙げられる。

「疑念」の語は「疑わしい《という思い考え)》」を指し示す名詞である。「疑念」に似た語としては「疑義」「疑惑」あるいは「懐疑」のような語が挙げられるが、疑義は「疑わしいということ》」、「疑わしさ(《という概念》)」、懐疑は「疑わしさ《を抱く》という動作」を指す語であり、意味・用法が微妙に異なる。ただし文脈によっては相互に言い換え可能な場合少なくはない。

ぎ‐ねん【疑念】

うたがわしく思う気持ちうたがい。「疑念を抱く」「疑念が晴れる」


疑念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/21 01:02 UTC 版)

疑念(ぎねん、: Doubt)とは信念と不信(disbelief)の間の状態のことであり、事実とされていること、行為動機、あるいは意思決定の、不確かさ、ないしは疑惑(distrust)、ないしは確実さの欠如を含んでいる。疑念は、認識された「実在」というような何らかの概念に疑問を投げかけ、誤り、過失、ないしは適切さへの懸念から、関連のある行為を遅らせることあるいは退けることを含む。






「疑念」の続きの解説一覧



疑念と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疑念」の関連用語

疑念のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



疑念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疑念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS