誓いとは? わかりやすく解説

ちかい〔ちかひ〕【誓い】

読み方:ちかい

神仏に誓うこと。願(がん)。「禁酒禁煙の―を立てる」

将来、ある事を必ず成し遂げよう決心または約束すること。「―を交わす」

衆生(しゅじょう)を救おうとする仏・菩薩(ぼさつ)の願い誓願弘誓(ぐぜい)。

「誓い」に似た言葉

うけい〔うけひ〕【誓ひ/祈ひ】

読み方:うけい

神に誓うことによって吉凶成否を占うこと。誓約

「夫(それ)―の中に必ず当(まさ)に子を生むべし」〈神代紀・上〉


誓い

読み方:ちかい

ワ行五段活用動詞「誓う」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誓い

作者正本ノン

収載図書ビトゥイーン ザ シーツ
出版社ぶんか社
刊行年月1997.6


誓い

作者今井晶

収載図書再会の街角
出版社彩図社
刊行年月2000.2
シリーズ名ぶんりき文庫


誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 20:18 UTC 版)

誓い(ちかい)




「誓い」の続きの解説一覧

誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/27 19:07 UTC 版)

相翁松の碑」の記事における「誓い」解説

1884年明治17年)、当時東京帝国大学学生であった坪野平太郎阪谷芳郎添田壽一三人は、春期休暇利用して、共に東京から熱海へ旅行へと出かけた。その途上足柄下郡江ノ浦村街道沿いに老松があり、三人はそこで休憩することにした老松枝ぶり良く、またそこから相模湾眺め爽快なものであった三人はその老松の下で将来語り合った。そして、「我々は親の恩恵により学問修めている身であるが今、又、ここに爽快な景色を見、大い英気を養うことができた。将来立身したならば此の地に碑を建てよう」と誓い合った。

※この「誓い」の解説は、「相翁松の碑」の解説の一部です。
「誓い」を含む「相翁松の碑」の記事については、「相翁松の碑」の概要を参照ください。


誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 15:15 UTC 版)

初恋 (宇多田ヒカルのアルバム)」の記事における「誓い」解説

8分の6拍子としても4分の4拍子としても聴くことができるという「ポリリズム」がリズム面で取り入れられている楽曲で、宇多田曰くドラムクリスでなければ成立しなかった曲だという。4分の4拍子ドラムにはスウィングついているのも特徴である。2番めのサビのあとに現れる〈たまに堪えられなくなる涙に…選択肢なんてもうとっくにない〉のパートでは、ワルツ的なリズムの上にストレートな16ビートをかぶせる変則的な割り見られる

※この「誓い」の解説は、「初恋 (宇多田ヒカルのアルバム)」の解説の一部です。
「誓い」を含む「初恋 (宇多田ヒカルのアルバム)」の記事については、「初恋 (宇多田ヒカルのアルバム)」の概要を参照ください。


誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 20:23 UTC 版)

青年の誓い」の記事における「誓い」解説

青年の誓い」のインドネシア語原文以下のとおり。 PertamaKami poetera dan poeteri Indonesia, mengakoe bertoempah darah jang satoe, tanah air Indonesia.KedoeaKami poetera dan poeteri Indonesia, mengakoe berbangsa jang satoe, bangsa Indonesia.KetigaKami poetera dan poeteri Indonesia, mendjoendjoeng bahasa persatoean, bahasa Indonesia. 日本語訳: 一、我々インドネシア青年男女は、インドネシアという一つ祖国をもつことを確認する。二、我々インドネシア青年男女は、インドネシア民族という一つ民族であることを確認する。三、我々インドネシア青年男女は、インドネシア語という統一言語使用する

※この「誓い」の解説は、「青年の誓い」の解説の一部です。
「誓い」を含む「青年の誓い」の記事については、「青年の誓い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誓い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誓い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:42 UTC 版)

和語の漢字表記

(ちかい)

  1. ちかい 参照

「誓い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



誓いと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誓い」の関連用語

誓いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誓いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誓い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの相翁松の碑 (改訂履歴)、初恋 (宇多田ヒカルのアルバム) (改訂履歴)、青年の誓い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誓い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS