誓願とは?

せい‐がん〔‐グワン〕【誓願】

[名](スル)

神や仏に誓い立て物事成就するように願うこと。

仏・菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)を救おうと願って立て誓い


せい‐がん ‥グヮン 【誓願】

〔名〕

誓い立てて神仏祈願すること。願(がん)を立てること。がんかけ祈願立願(りゅうがん)。

西大寺資財流記帳宝亀一一年(780)「夫西大寺平城宮御宇宝字称徳孝謙皇帝、去天平宝字八年九月十一日誓願将敬造七尺金銅四天王像、兼建彼寺矣」

今昔1120頃か)二「大臣、此を見て誓願して云く」〔王勃武都山浄恵寺碑〕

仏語仏菩薩が、一切衆生苦しみを救おうと願って、必ずこれを成しとげようと誓うこと。四弘誓願(しぐぜいがん)はその共通した願で総願といい、彌陀(みだ)の四十八願薬師十二願釈迦五百大願などは別願という。弘誓(ぐぜい)。本誓(ほんぜい)。→本願

観智院三宝絵(984)下「又彼仏は此土衆生に大誓願あり」

正法眼蔵123153出家功徳如来すでに誓願して、出家せしめまします」〔勝鬘経三願章〕

キリスト教神の恵み感謝し、災難をのがれて、幸福を受けようとし、何かよいことをしようと、神に約束すること。

[補注]②について、「誓願」と「本願」は厳密に同義語ではなく、「本願」は過去世(かこせ)において仏菩薩起こした誓願に限定される。ただし、浄土教では、特に阿彌陀仏の本願をさして単に「誓願」という場合もある。


せいがん 【誓願】

仏教で、仏・菩薩衆生を救おうとして立て誓い願い基本的なもの四つ挙げて四弘誓願という。②キリスト教で、要求されていない善行実行を、自発的に厳粛に神に誓うこと。また修道院で、志願期・修練期を終えてから立て本格的入院のための誓い。初誓願のあと終生誓願を立てる。③人が神・仏祈願すること。願掛け。→ 四弘誓願 願掛け 誓い

誓願

作者小山栄

収載図書坂道
出版社皆美社
刊行年月1995.6


誓願

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 05:11 UTC 版)

誓願(せいがん)には、次の3つの意味がある。




  1. ^ a b c d e f 誓願(せいがん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2018年9月19日閲覧。
  2. ^ a b 『広辞苑』新村出、岩波書店、1987年10月、第三版、1316頁。


「誓願」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誓願」の関連用語

誓願のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誓願のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誓願 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS