涅槃寂静とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 涅槃寂静の意味・解説 

涅槃寂静

作者井脇博之

収載図書おとなの話―三十三物
出版社文芸社
刊行年月2008.8


涅槃寂静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 05:24 UTC 版)

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。涅槃寂静は三法印四法印の一つとして、仏教が他の教えと根本的に異なることを示す。






「涅槃寂静」の続きの解説一覧

涅槃寂静

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 21:08 UTC 版)

成句

涅槃 寂静ねはんじゃくじょう

  1. 仏教基本的哲学的な主張表わす成句一つで、「煩悩の炎の吹き消されたさとり境地ニルヴァーナ涅槃)は心が安らか落ちついた至福の)状態である」という意味。仏教目標とする救済ありようを、個人精神)についての観点からやや文学的に述べたもの。→涅槃
  2. 単位で、
0.000000000000000000000001 のこと(一分の一の一兆分の一。異説あり)。漢字定義されている最小の数。

発音

ネ↗ハンジャ↘クジョー
ネ↗ハン ジャクジョー

関連語

[語義1]



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「涅槃寂静」の関連用語

涅槃寂静のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



涅槃寂静のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの涅槃寂静 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの涅槃寂静 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS