涅槃寂静とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 涅槃寂静の意味・解説 

ねはんじゃくじょう -じやう [4] 【涅寂静】

〘仏〙 仏教基本的教義である三法印の一。悟り絶対静けさであること。

涅槃寂静

作者井脇博之

収載図書おとなの話―三十三物
出版社文芸社
刊行年月2008.8


涅槃寂静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 05:24 UTC 版)

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。涅槃寂静は三法印四法印の一つとして、仏教が他の教えと根本的に異なることを示す。






「涅槃寂静」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「涅槃寂静」の関連用語


2
36% |||||

3
32% |||||

4
30% |||||

5
30% |||||

6
30% |||||

7
30% |||||

8
30% |||||

9
30% |||||

10
30% |||||

涅槃寂静のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



涅槃寂静のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの涅槃寂静 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS