wpとは? わかりやすく解説

wp

wp は、主にオンラインゲームにおいて「well played」の略として用いられる表記他のプレイヤーに「上手かったよ」「よくやった」と伝える意味で用いられる

wp と同じ意味合いで「gg」などもよく用いられるgggood game の略である。両方合わせてggwp(= good game, well played)」と表記することもある。

ダブリュー‐ピー【WP】

読み方:だぶりゅーぴー

wild pitch野球で、ワイルドピッチ


ダブリュー‐ピー【WP】

読み方:だぶりゅーぴー

word processor》⇒ワードプロセッサー


ダブリュー‐ピー【WP】

読み方:だぶりゅーぴー

working party作業部会各種委員会などで、実質討議研究を行う下部協議体。


ワットピーク

(wp から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 00:21 UTC 版)

ワットピーク(watt peak、Wp)とは、太陽光発電風力発電などの出力が変動する電源において、標準として定められた条件の元で得られる電力ワット数で表したものである[1]




「ワットピーク」の続きの解説一覧

ワルシャワ条約機構

(wp から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 00:48 UTC 版)

ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、: Организации Варшавского договора / Варшавский договор, : Układ o Przyjaźni, Współpracy i Pomocy Wzajemnej / Układ Warszawski, : Warsaw Treaty Organization / Warsaw Pact Organization)は、冷戦期の1955年ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。ポーランドワルシャワにて設立されたために「ワルシャワ」の名を冠するが、本部はソ連のモスクワであった[1]。正式名称は、「友好協力相互援助条約機構」(ロシア語: Договор о дружбе, сотрудничестве и взаимной помощи)。


  1. ^ “Warsaw Pact”. CRW Flags. https://www.crwflags.com/fotw/flags/int-wpct.html 2018年8月18日閲覧。 
  2. ^ 松葉真美「集団的自衛権の法的性質とその発達 ―国際法上の議論― (PDF) 」 、『レファレンス』第696巻、国立国会図書館、2009年1月 p. 93-95.
  3. ^ 5 most impressive and important drills of the Soviet Army”. ロシア・ビヨンド (2018年3月19日). 2019年4月27日閲覧。
  4. ^ Russia begins its largest ever military exercise with 300,000 soldiers”. ガーディアン (2018年9月11日). 2019年4月27日閲覧。


「ワルシャワ条約機構」の続きの解説一覧

WP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 06:39 UTC 版)

WP

WP

Wp



WP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 02:29 UTC 版)

サガ フロンティア2」の記事における「WP」の解説

キャラクター技力。技を使用することで消費し戦闘終了後にアイテム回復できるまた、戦闘中ターンごとに一定量回復する(ステータス括弧表記され数字だけ回復一定の年齢を境に減少)。これが高いほど与えダメージ上がり武器体術使った攻撃の場合は敵より先に行動しやすくなる。さらに、体術最大WPと残りWPの差が大きいほど与えダメージ上がっていく。これは極限効果呼ばれている。戦闘中武器体術を使うと最大値成長する可能性がある

※この「WP」の解説は、「サガ フロンティア2」の解説の一部です。
「WP」を含む「サガ フロンティア2」の記事については、「サガ フロンティア2」の概要を参照ください。


WP(ウォークポイント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:14 UTC 版)

ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事における「WP(ウォークポイント)」の解説

冒険GVG敵陣調査進めるときに消費する

※この「WP(ウォークポイント)」の解説は、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の解説の一部です。
「WP(ウォークポイント)」を含む「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事については、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の概要を参照ください。


WP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:22 UTC 版)

ロマンシア」の記事における「WP」の解説

ウエポンポイント。剣を投げて遠距離攻撃可能な回数。これが尽きて近距離攻撃は可能。回復は城に帰って行なう

※この「WP」の解説は、「ロマンシア」の解説の一部です。
「WP」を含む「ロマンシア」の記事については、「ロマンシア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「wp」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「wp」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

wpのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



wpのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワットピーク (改訂履歴)、ワルシャワ条約機構 (改訂履歴)、WP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサガ フロンティア2 (改訂履歴)、ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い (改訂履歴)、ロマンシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS