wpとは?

ワシントン・ポスト

別名:ワシントン・ポスト紙、WP、WP紙
英語:The Washington Post

アメリカ合衆国ワシントンD.C.本拠を置くワシントン・ポスト社が発行している日刊新聞紙。1877年創刊

ワシントン・ポストは、ニューヨーク・タイムズロサンゼルス・タイムズなどと並ぶ地方紙1つである。

ワシントン・ポストは、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.所在することから、政界に関する記事が多いという特徴がある。ワシントン・ポストは、ウォーターゲート事件をすっぱ抜いたり、日本に関する報道では、皇太子徳仁親王婚約をすっぱ抜いたりするなどリベラル系の新聞として知られている。

関連サイト
The Washington Post - (英語)

ダブリュー‐ピー【WP】


ダブリュー‐ピー【WP】


ダブリュー‐ピー【WP】


ワットピーク

(wp から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 00:21 UTC 版)

ワットピーク(watt peak、Wp)とは、太陽光発電風力発電などの出力が変動する電源において、標準として定められた条件の元で得られる電力ワット数で表したものである[1]




「ワットピーク」の続きの解説一覧

ワルシャワ条約機構

(wp から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 04:13 UTC 版)

ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、: Организации Варшавского договора/Варшавский договор, : Układ o Przyjaźni, Współpracy i Pomocy Wzajemnej/Układ Warszawski, : Warsaw Treaty Organization/Warsaw Pact Organization)は、冷戦期の1955年ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。ポーランドワルシャワにて設立されたために「ワルシャワ」の名を冠するが、本部はソ連のモスクワであった[1]。「友好協力相互援助条約機構」(ロシア語: Договор о дружбе, сотрудничестве и взаимной помощи)が正式名。




  1. ^ “Warsaw Pact”. CRW Flags. https://www.crwflags.com/fotw/flags/int-wpct.html 2018年8月18日閲覧。 
  2. ^ 松葉真美「集団的自衛権の法的性質とその発達 ―国際法上の議論― (PDF) 」 、『レファレンス』第696巻、国立国会図書館、2009年1月 p. 93-95.
  3. ^ 5 most impressive and important drills of the Soviet Army”. ロシア・ビヨンド (2018年3月19日). 2019年4月27日閲覧。
  4. ^ Russia begins its largest ever military exercise with 300,000 soldiers”. ガーディアン (2018年9月11日). 2019年4月27日閲覧。


「ワルシャワ条約機構」の続きの解説一覧

WP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 06:39 UTC 版)

WP

WP

Wp




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「wp」の関連用語

wpのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



wpのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワットピーク (改訂履歴)、ワルシャワ条約機構 (改訂履歴)、WP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS