報道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 報道 > 報道の意味・解説 

ほう‐どう〔‐ダウ〕【報道】

読み方:ほうどう

[名](スル)

告げ知らせること。また、その内容報知

松村から手紙来て容易ならぬ事件を—した」〈蘆花思出の記

新聞ラジオ・テレビなどを通して社会出来事などを広く一般に知らせること。また、その知らせニュース。「—の自由」


報道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/24 13:53 UTC 版)

報道(ほうどう、: reporting)とは、ニュース・出来事・事件事故などを取材し、記事番組を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論活動のひとつである。特に報道やそれに伴う世論の形成の研究[1]を「新聞学」と呼称する。


  1. ^ 『記号学小辞典』同学社、1992年11月1日、114頁。 
  2. ^ a b c d 前川徹・中野潔 2013, p. 2.
  3. ^ ニューズ・オプエド ニューズ・オプエド®とは Op-ed(オプエド)
  4. ^ QREATORS 日本のジャーナリズムは終わってる?上杉隆が語るメディアの未来 2016.07.04
  5. ^ 「メディアとジャーナリズムの理論 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ」p94 仲川秀樹・塚越孝著 同友館 2011年8月22日
  6. ^ 「メディアとジャーナリズムの理論 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ」p14 仲川秀樹・塚越孝著 同友館 2011年8月22日
  7. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p242 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  8. ^ https://www.tokyo-np.co.jp/article/251474 『宣伝広告なのか、記事なのか「オウンドメディア」が活況の理由 信用のカギは「ぶっちゃけて伝える」』東京新聞 2023年5月22日 2024年2月24日閲覧
  9. ^ 「メディアとジャーナリズムの理論 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ」p95-96 仲川秀樹・塚越孝著 同友館 2011年8月22日
  10. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p242 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  11. ^ 「現代ジャーナリズムを学ぶ人のために 第2版」p44-46 大井眞二・田村紀雄・鈴木雄雅編 世界思想社 2018年4月30日発行
  12. ^ 「新訂 新聞学」 p166-168 桂敬一・田島泰彦・浜田純一編著 日本評論社 2009年5月20日新訂第1刷
  13. ^ 「新訂 新聞学」 p169 桂敬一・田島泰彦・浜田純一編著 日本評論社 2009年5月20日新訂第1刷
  14. ^ 「新訂 新聞学」 p164-165 桂敬一・田島泰彦・浜田純一編著 日本評論社 2009年5月20日新訂第1刷
  15. ^ 前川徹・中野潔 2013, p. 3.
  16. ^ a b c 前川徹・中野潔 2013, p. 4.
  17. ^ 「歴史の中の新聞 世界と日本」門奈直樹 p14(「新聞学」所収)日本評論社 2009年5月20日新訂第4版第1刷
  18. ^ a b https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=321CONSTITUTION&openerCode=1 電子政府の総合窓口 E-gov 2018年7月4日閲覧
  19. ^ 「新版 マス・コミュニケーション概論」p187 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行
  20. ^ 「新版 マス・コミュニケーション概論」p183-184 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行
  21. ^ 「新版 マス・コミュニケーション概論」p184 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行
  22. ^ 「新版 マス・コミュニケーション概論」p189-190 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行
  23. ^ 「新版 マス・コミュニケーション概論」p187-188 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行
  24. ^ 「現代ジャーナリズムを学ぶ人のために 第2版」p80-85 大井眞二・田村紀雄・鈴木雄雅編 世界思想社 2018年4月30日発行
  25. ^ 「メディア学の現在 新版」p270-271 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷
  26. ^ 「テキスト現代ジャーナリズム論」p34-36 石澤靖治 ミネルヴァ書房 2008年1月30日初版第1刷発行
  27. ^ 「現代政治学 第3版」p106 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  28. ^ 前川徹・中野潔 2013, p. 10.
  29. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p168-169 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  30. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p172-173 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  31. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p78 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  32. ^ 前川徹・中野潔 2013, p. 8.
  33. ^ a b 前川徹・中野潔 2013, p. 11.
  34. ^ 前川徹・中野潔 2013, p. 9.
  35. ^ 武田徹「(ほぼ)全員有罪」の社会システムが稼働した」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月3日付配信
  36. ^ a b c 武田徹「不安モードで暴走するのはマスメディア・システムの宿命か」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月17日付配信
  37. ^ 中正樹『「客観報道」とは何か 戦後ジャーナリズム研究と客観報道論争 』新泉社、2006年4月、ISBN 4787706012、のほか類書もある。
  38. ^ 「メディア学の現在 新版」p177-178 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷
  39. ^ 『新訂 新聞学』 p185-186 桂敬一・田島泰彦・浜田純一編著 日本評論社 2009年5月20日新訂第1刷
  40. ^ 「メディア学の現在 新版」p198 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷
  41. ^ テキサス銃乱射事件、警察はテレビ中継で容疑者の名前を公表せず「彼の行為に、悪名を与えない」”. huffingtonpost (2019年9月2日). 2019年9月3日閲覧。
  42. ^ 「よくわかるメディア法 第2版」p80-85 鈴木秀美・山田健太編著 ミネルヴァ書房 2019年5月30日第2版第1刷発行
  43. ^ 「メディア学の現在 新版」p297 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷
  44. ^ 「メディア学の現在 新版」p54-55 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷
  45. ^ 「新現代マスコミ論のポイント」p18-19 天野勝文・松岡新兒・植田康夫編著 学文社 2004年4月10日第1版第1刷発行
  46. ^ 「LGBTQ報道ガイドライン」第2版が公開。「注意すべきフレーズ」が新設(松岡宗嗣) - 個人”. Yahoo!ニュース. 2022年12月8日閲覧。
  47. ^ 薬物報道の曲がり角──「叩くより治療を」配慮求める声”. Yahoo!ニュース. 2022年12月8日閲覧。
  48. ^ 「ひきこもり」渦中の人を無断撮影するメディアも…市民グループが「報道ガイドライン」発表 - 弁護士ドットコムニュース”. 弁護士ドットコム. 2022年12月8日閲覧。
  49. ^ 「歴史の中の新聞 世界と日本」門奈直樹 p13-15(「新聞学」所収)日本評論社 2009年5月20日新訂第4版第1刷
  50. ^ 「現代ニュース論」p11-13 大石裕・岩田温・藤田真文著 有斐閣 2000年11月20日初版第1刷発行
  51. ^ 「現代ジャーナリズムを学ぶ人のために 第2版」p118-120 大井眞二・田村紀雄・鈴木雄雅編 世界思想社 2018年4月30日発行
  52. ^ 「現代ニュース論」p10 大石裕・岩田温・藤田真文著 有斐閣 2000年11月20日初版第1刷発行
  53. ^ 「テキスト現代ジャーナリズム論」p148-149 石澤靖治 ミネルヴァ書房 2008年1月30日初版第1刷発行
  54. ^ 「新現代マスコミ論のポイント」p66-68 天野勝文・松岡新兒・植田康夫編著 学文社 2004年4月10日第1版第1刷発行
  55. ^ 「新現代マスコミ論のポイント」p72-73 天野勝文・松岡新兒・植田康夫編著 学文社 2004年4月10日第1版第1刷発行



報道(過去)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 21:02 UTC 版)

BSフジ」の記事における「報道(過去)」の解説

フジテレビスーパーニュース特集 PRIME NEWS Weekend BSフジ×ウェザーニュース〜ソライブ・モーニング〜(ウェザーニューズ制作同社SOLiVE24の『SOLiVE モーニング』(6:00-6:30)のサイマル放送プライムニュース SUPER BSフジNEWS

※この「報道(過去)」の解説は、「BSフジ」の解説の一部です。
「報道(過去)」を含む「BSフジ」の記事については、「BSフジ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「報道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

報道

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:48 UTC 版)

名詞

ほうどう

  1. 告げ知らせること。
  2. 新聞テレビラジオなどを広く一般知らせること。

発音(?)

ほ↗ーどー

派生語

動詞

活用

サ行変格活用
報道-する

「報道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



報道と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「報道」に関係したコラム

  • 株式分析を出来高で行うには

    相場の格言に、「最初の大商いには黙ってつけ」、「人気の出始めは人気に従え」といったものがあります。株価が急に上がったり、急に下がったりしたら必ず何らかの理由があるから、何はともあれ相場に乗っておくとよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報道」の関連用語

報道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



報道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBSフジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの報道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS