差別用語とは? わかりやすく解説

差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/25 21:59 UTC 版)

(さべつようご)とは、「他者の人格を個人的にも集団的にも傷つけ、蔑み、社会的に排除し、侮蔑・抹殺する暴力性のある言葉。使用したことにより、名誉毀損罪など、法的に損害賠償責任が発生する可能性が高い言葉[1]」であり、公の場で使うべきでない言葉の総称である。差別語(さべつご)とも[1]


注釈

  1. ^ 最近では「基地の外」という言葉が、逆に「きちがい」の隠語として差別的に使用された事例もある(例:ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動

出典

  1. ^ a b c 小林健治 『差別語・不快語』〈ウェブ連動式 管理職検定02〉にんげん出版、2011年、18頁。ISBN 978-4-931344-31-0 
  2. ^ 原作者の差別発言で主演声優全員一挙降板、「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止で小説版は出荷停止に”. 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 加藤, 夏希 (2010-1). “差別語規制とメディア ちびくろサンボ問題を中心に”. リテラシー史研究 (早稲田大学) (3): 41 - 54. https://hdl.handle.net/2065/33066 2018年9月29日閲覧。. 
  4. ^ 【裏昭和史探検】「トルコ」→「ソープランド」 改名時のドタバタとは?”. アエラドット. 朝日新聞デジタル (2016年3月25日). 2022年9月10日閲覧。
  5. ^ 文学界』1989年2月号
  6. ^ 絵の具・クレヨン・色鉛筆から「はだいろ」が消えた!現代の「はだいろ」とは”. 森本毅郎・スタンバイ!. TBSラジオ (2019年2月6日). 2022年4月3日閲覧。
  7. ^ はだいろがなくなった”. よくあるご質問. 三菱鉛筆. 2022年4月3日閲覧。
  8. ^ 「記者ハンドブック」6年ぶり大改訂 「ジェンダー平等への配慮」新規収録、「肌色」はNG表現に”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2022年3月14日). 2022年4月3日閲覧。
  9. ^ “日テレ系「スッキリ」のアイヌ差別発言 BPO審議入り”. 朝日新聞デジタル. (2021年4月9日). https://www.asahi.com/articles/ASP4974NTP49UCLV00S.html 2021年9月16日閲覧。 
  10. ^ “日テレ「スッキリ」に放送倫理違反 アイヌ発言でBPO”. 朝日新聞デジタル. (2021年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASP7P6H4MP7PUCVL00C.html 2021年9月16日閲覧。 
  11. ^ 日本テレビ『スッキリ』 アイヌ民族差別発言に関する意見 (PDF)”. 放送倫理・番組向上機構 (2021年7月21日). 2021年9月16日閲覧。
  12. ^ “日テレ、出演者の差別発言で謝罪 アフリカ一部民族への蔑称使用、深夜の生放送番組で”. J-CASTニュース. (2022年3月24日). https://www.j-cast.com/2022/03/24433759.html?p=all 2022年4月12日閲覧。 
  13. ^ チョッパリの意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2022年10月17日閲覧。
  14. ^ デジタル大辞泉. “日本鬼子とは” (日本語). コトバンク. 2022年10月17日閲覧。


「差別用語」の続きの解説一覧

差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 07:02 UTC 版)

巨人の星 (アニメ)」の記事における「差別用語」の解説

巨人の星』の再放送第10話日本一の日やとい人夫」は、DVDでは「日本一の父 一徹」に改題されている。これは、「日雇い人夫」が工事現場の人に対して業界差別用語に当たるめであるまた、同話および第11話青雲のせまき門」の回で、高校面接中、伴PTA会長声が消えているシーン、およびその他の回の一徹回想シーンや『新・巨人の星』と『新・巨人の星 II』などにも、台詞で「日雇い人夫と言ったシーン取り除いたため、時々声が消されているシーンがある。 当時社会問題となり、読売テレビ(ytv)東京ムービー(現・トムス・エンタテインメントキョクイチ(現・トムス・エンタテインメント)の3社が相談し発言を消す方針取った。現在「日雇い人夫」という発言は差別用語と解釈されないが、再燃させないために現在も消されている。ビデオ・LDシリーズでも「日雇い人夫と言っている部分声が無音となり消されていたが、作品として成り立たなくなった不自然な表現)などのこともありDVDでは「差別用語を使ってはいるが、原作者差別助長している意図がない」旨の断りが全DVD最初に表示され上で復活しているが、TOKYO MXでの再放送では、上記以外の差別用語・放送禁止用語全て無音処理されている。 2010年10月からtvk行われている再放送では、上述の「日雇い人夫」の表現含まれる第10話放送冒頭に作中差別的表現があるが、作者には差別意図したわけではないこと」や「作品としてのオリジナリティ尊重する旨の断り書き表示したその上で「僕の父は日本一の日やとい人夫です」という飛雄馬セリフカットされずに放送された。しかし、他のエピソードでは特に断り書き表示せずに、一部セリフ無音処理されている。一例として、飛雄馬セリフで「父ちゃん野球キチガイだ」という部分伏せ字部分カットされて(無音にされて)放送された。

※この「差別用語」の解説は、「巨人の星 (アニメ)」の解説の一部です。
「差別用語」を含む「巨人の星 (アニメ)」の記事については、「巨人の星 (アニメ)」の概要を参照ください。


差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 05:02 UTC 版)

性的少数者」の記事における「差別用語」の解説

性的少数者差別する用語がいくつもある。同性愛者を示すうえで「homosexualホモセクシュアル)」という言葉避けるべきとされ、「gayゲイ)」や「lesbianレズビアン)」という表現推奨されている。また、性的指向を「性的嗜好sexual preference)」と表現するのも望ましくない他にも無数の誹謗中傷みなされる言葉があり、注意が必要となる。日本語おいてもホモ」「オカマ」「レズ」などは差別的呼称とされているこうした差別的な言動は常に悪意基づくとは限らず日常的に意図せず起きこともありマイクロアグレッション呼ばれたりもする。 性的少数者以前は精神障害として扱われ歴史もあったが、今ではそれは過去のものとなり、性的少数者病気倒錯とみなすのは偏見差別となる。小児性愛ペドフィリア)や性暴力加害者関連付けることも不適切である。 性的少数者に対して恐怖憎悪不快感不信感を抱く人々を、同性愛の場合はホモフォビア」、バイセクシュアルの場合はバイフォビア」、トランスジェンダーの場合はトランスフォビアと呼ぶアセクシュアルの場合は「エースフォビア(acephobia)」もしくは「aphobia」と呼ばれる

※この「差別用語」の解説は、「性的少数者」の解説の一部です。
「差別用語」を含む「性的少数者」の記事については、「性的少数者」の概要を参照ください。


差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 07:21 UTC 版)

クーン」の記事における「差別用語」の解説

オーストラリアにおいて非白人を示す差別用語。

※この「差別用語」の解説は、「クーン」の解説の一部です。
「差別用語」を含む「クーン」の記事については、「クーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「差別用語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差別用語」の関連用語

差別用語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差別用語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの巨人の星 (アニメ) (改訂履歴)、性的少数者 (改訂履歴)、クーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS