差別用語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 差別用語の意味・解説 

差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 02:11 UTC 版)

(さべつようご)とは、「他者の人格を個人的にも集団的にも傷つけ、蔑み、社会的に排除し、侮蔑・抹殺する暴力性のある言葉。使用したことにより、名誉毀損罪など、法的に損害賠償責任が発生する可能性が高い言葉[1]」であり、公の場で使うべきでない言葉の総称である。差別語さべつごとも[1]


注釈

  1. ^ ただし共通解はなく、人によって解釈や捉え方が異なる。
  2. ^ 差別用語を安易に用いることで、訴訟に発展し賠償責任を負うケースがある。
  3. ^ あるブランド名とかけたもの
  4. ^ 外国人男性に誘われたら、簡単に流されるという様

出典

  1. ^ a b c 小林健治『差別語・不快語』にんげん出版〈ウェブ連動式 管理職検定02〉、2011年、18頁。ISBN 978-4-931344-31-0
  2. ^ もっとも、最近では「基地の外」という言葉が、逆に「きちがい」の隠語として差別的に使用された事例もある(例 - ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動)
  3. ^ 原作者の差別発言で主演声優全員一挙降板、「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止で小説版は出荷停止に”. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ キズナアイやラノベ表紙を「女性差別」と言う人にモヤモヤします”. 2020年8月30日閲覧。
  5. ^ 女性政治家は、本当に"名誉男性"なのか”. 2020年8月30日閲覧。
  6. ^ 漢字表記は「生保」で本来の読みは「セイホ」。本来は生命保険の略称である「生保(セイホ)」との区別のための呼称だがその語感に差別的・侮蔑的なイメージが含まれるとされる。
  7. ^ a b c d e f g 『現代人のための 日本語の常識大百科』池田彌三郎講談社、東京都文京区、1982年2月15日、212頁。ISBN 4-06-123890-6
  8. ^ 精選版 日本国語大辞典「ちんちくりん」の解説” (日本語). コトバンク. 2021年9月24日閲覧。
  9. ^ フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか”. The HEADLINE (2020年7月21日). 2020年8月30日閲覧。
  10. ^ “タイ戦で「つり目」のしぐさ、セルビア人バレーボール選手に出場停止処分”. cnn.co.jp. (2021年6月10日). https://www.cnn.co.jp/amp/article/35172123.html 2021年9月14日閲覧。 
  11. ^ a b 「ピカドンの毒が移る」と言われ、浴場で泣いた。被爆70年の増野幸子さん”. 2020年8月8日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m 加藤, 夏希 (2010-1). “差別語規制とメディア ちびくろサンボ問題を中心に”. リテラシー史研究 (早稲田大学) (3): 41 - 54. https://hdl.handle.net/2065/33066 2018年9月29日閲覧。. 
  13. ^ 文学界』1989年2月号
  14. ^ “日テレ系「スッキリ」のアイヌ差別発言 BPO審議入り”. 朝日新聞デジタル. (2021年4月9日). https://www.asahi.com/articles/ASP4974NTP49UCLV00S.html 2021年9月16日閲覧。 
  15. ^ “日テレ「スッキリ」に放送倫理違反 アイヌ発言でBPO”. 朝日新聞デジタル. (2021年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASP7P6H4MP7PUCVL00C.html 2021年9月16日閲覧。 
  16. ^ 日本テレビ『スッキリ』 アイヌ民族差別発言に関する意見 (PDF)”. 放送倫理・番組向上機構 (2021年7月21日). 2021年9月16日閲覧。


「差別用語」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差別用語」の関連用語

差別用語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差別用語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS