トルコ人とは? わかりやすく解説

トルコ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 03:39 UTC 版)

トルコ人(トルコじん、Türk HalkıあるいはTürkler)は、アナトリア半島バルカン半島アラブ諸国の一部に居住し、イスタンブール方言を公用語・共通語とするトルコ語を話すテュルク系の民族である。アゼルバイジャン人トルクメン人とは民族的に親近関係にある。歴史的な意味でのトルコ系民族の総称については「テュルク」を参照。


  1. ^ http://twistedsifter.com/2015/06/proportional-pie-chart-of-the-most-spoken-languages/
  2. ^ Milliyet. “55 milyon kişi 'etnik olarak' Türk”. http://www.milliyet.com.tr/2007/03/22/guncel/agun.html 2011年7月21日閲覧。 
  3. ^ CIA. “The World Factbook”. 2011年7月27日閲覧。
  4. ^ CIA. “The World Factbook”. 2015年6月13日閲覧。
  5. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月14日閲覧。
  6. ^ [1] German Statistical Office-Bevölkerung mit Migrationshintergrund
  7. ^ Zensusdatenbank - Ergebnisse des Zensus 2011”. 2015年4月25日閲覧。
  8. ^ Kötter et al. 2003, 55.
  9. ^ Haviland et al. 2010, 675.
  10. ^ Leveau & Hunter 2002, 6.
  11. ^ Fransa Diyanet İşleri Türk İslam Birliği. “2011 YILI DİTİB KADIN KOLLARI GENEL TOPLANTISI PARİS DİTİB’DE YAPILDI”. 2012年2月15日閲覧。
  12. ^ Home Affairs Committee 2011, 38
  13. ^ “UK immigration analysis needed on Turkish legal migration, say MPs”. The Guardian. (2011年8月1日). オリジナルの2011年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110802151021/http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/01/turkish-immigration-possibilities-assessed 2011年8月1日閲覧。 
  14. ^ Federation of Turkish Associations UK (2008年6月19日). “Short history of the Federation of Turkish Associations in UK”. 2011年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月13日閲覧。
  15. ^ "Foreigners in thee Netherlands".
  16. ^ Netherlands Info Services. “Dutch Queen Tells Turkey 'First Steps Taken' On EU Membership Road”. 2009年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  17. ^ Dutch News. “Dutch Turks swindled, AFM to investigate”. 2008年12月16日閲覧。
  18. ^ Türkiye Büyük Millet Meclisi 2008, 11.
  19. ^ “Turkey's ambassador to Austria prompts immigration spat”. BBC News. (2010年11月10日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-11725311 2010年11月10日閲覧。 
  20. ^ CBN. “Turkey's Islamic Ambitions Grip Austria”. 2011年10月16日閲覧。
  21. ^ http://statbel.fgov.be/fr/modules/publications/statistiques/population/population_natio_sexe_groupe_classe_d_ges_au_1er_janvier_2010.jsp
  22. ^ King Baudouin Foundation 2008, 5.
  23. ^ De Morgen. “Koning Boudewijnstichting doorprikt clichés rond Belgische Turken”. 2010年11月15日閲覧。
  24. ^ U.S. Census Bureau. “TOTAL ANCESTRY REPORTED Universe: Total ancestry categories tallied for people with one or more ancestry categories reported 2013 American Community Survey 1-Year Estimates”. 2012年10月3日閲覧。
  25. ^ Encyclopedia of Cleveland History. “Immigration and Ethnicity: Turks”. 2010年2月7日閲覧。
  26. ^ The Washington Diplomat. “Census Takes Aim to Tally'Hard to Count' Populations”. 2011年5月5日閲覧。
  27. ^ Farkas 2003, 40.
  28. ^ Swedish International Development Cooperation Agency. “Turkiet är en viktig bro mellan Öst och Väst”. 2012年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月14日閲覧。
  29. ^ Swedish Ministry for Foreign Affairs. “Ankara Historia”. 2011年4月14日閲覧。
  30. ^ Ständige ausländische Wohnbevölkerung nach Staatsangehörigkeit, am Ende des Jahres Swiss Federal Statistical Office, accessed 6 October 2014
  31. ^ 2011 census
  32. ^ “Old foes, new friends”. The Sydney Morning Herald. (2005年4月23日). http://www.smh.com.au/news/World/Old-foes-new-friends/2005/04/22/1114152326767.html 2008年12月26日閲覧。 
  33. ^ Presidency of the Republic of Turkey (2010年). “Turkey-Australia: "From Çanakkale to a Great Friendship”. 2011年7月14日閲覧。
  34. ^ Statistikbanken. “Danmarks Statistik”. 2015年6月13日閲覧。
  35. ^ Population by selected ethnic origins, by province and territory (2006 Census)”. statcan.gc.ca (2009年7月28日). 2011年1月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月10日閲覧。
  36. ^ http://www.istat.it/it/archivio/129854
  37. ^ Council of Europe 2007, 131.
  38. ^ Turkish Embassy in Algeria 2008, 4.
  39. ^ Oxford Business Group 2008, 10.
  40. ^ Zaman. “Türk’ün Cezayir’deki lakabı: Hıyarunnas!”. 2013年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月18日閲覧。
  41. ^ Park 2005, 37.
  42. ^ Phillips 2006, 112.
  43. ^ Taylor 2004, 28.
  44. ^ a b c d Akar 1993, 95.
  45. ^ Zaman. “Türk işadamları Tunus’ta yatırım imkanı aradı”. 2013年3月27日閲覧。
  46. ^ Ertan, Fikret (1998), Tunus ve tarih, Zaman, http://arsiv.zaman.com.tr//1998/05/06/yazarlar/11.html .
  47. ^ Phillips, David J. (1 January 2001). Peoples on the Move: Introducing the Nomads of the World. William Carey Library. p. 301. ISBN 978-0-87808-352-7. https://books.google.co.jp/books?id=54gyRnhIugkC&pg=PA301&redir_esc=y&hl=ja 2012年11月12日閲覧。 
  48. ^ Özkaya 2007, 112.
  49. ^ International Strategic Research Organization, An Aspect that Gets Overlooked: The Turks of Syria and Turkey, http://www.usak.org.tr/EN/myazdir.asp?id=2784 2013年2月2日閲覧。 .
  50. ^ “A unified Syria without Assad is what Turkmen are after”, Today's Zaman, http://www.todayszaman.com/news-289267-a-unified-syria-without-assad-is-what-turkmen--are-after.html 2013年2月2日閲覧。 .
  51. ^ ORSAM Report No: 83, The Turkmens of Syria, Quoted from page 16 (in Turkish): "Değişik kaynaklar ve saha çalışmasında elde edilen verilerden yola çıkarak Suriye Türkmenlerinin toplam nüfusu 3,5 milyon civarındadır."
  52. ^ Karpat 2004, 12.
  53. ^ Baedeker 2000, lviii.
  54. ^ Akar 1993, 94.
  55. ^ Al-Akhbar. “Lebanese Turks Seek Political and Social Recognition”. 2012年3月2日閲覧。
  56. ^ Tension adds to existing wounds in Lebanon”. Today's Zaman. 2012年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月6日閲覧。
  57. ^ National Statistical Institute of Bulgaria (2011年). “2011 Population Census in the Republic of Bulgaria (Final data)”. National Statistical Institute of Bulgaria. 2015年3月8日閲覧。
  58. ^ Sosyal 2011, 369.
  59. ^ Bokova 2010, 170.
  60. ^ Demographics of Greece”. European Union National Languages. 2010年12月19日閲覧。
  61. ^ Whitman 1990, i.
  62. ^ http://www.stat.gov.mk/pdf/kniga_13.pdf
  63. ^ Republic of Macedonia State Statistical Office 2005, 34.
  64. ^ Knowlton 2005, 66.
  65. ^ Abrahams 1996, 53.
  66. ^ (ルーマニア語) "Comunicat de presă privind rezultatele definitive ale Recensământului Populaţiei şi Locuinţelor – 2011", at the 2011 Romanian census site; accessed July 11, 2013
  67. ^ Phinnemore 2006, 157.
  68. ^ Constantin, Goschin & Dragusin 2008, 59.
  69. ^ 2011 census in the Republic of Kosovo
  70. ^ 2010 Russia census
  71. ^ Ryazantsev 2009, 172.
  72. ^ Агентство Республики Казахстан по статистике. Этнодемографический сборник Республики Казахстан 2014.
  73. ^ a b c Aydıngün et al. 2006, 13.
  74. ^ Kyrgyz 2009 census
  75. ^ IRIN Asia. “KYRGYZSTAN: Focus on Mesketian Turks”. 2010年3月17日閲覧。
  76. ^ Переписи населения Азербайджана 1979, 1989, 1999, 2009 годов
  77. ^ UNHCR 1999, 14.
  78. ^ NATO Parliamentary Assembly. “Minorities in the South Caucasus: Factor of Instability?”. 2012年1月16日閲覧。
  79. ^ a b Religion, Secularism and the Veil in Daily Life Survey”. Konda Arastirma (2007年9月). 2009年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  80. ^ IHGD - Soru Cevap - Azınlıklar”. 2015年3月18日閲覧。
  81. ^ THE ALEVI OF ANATOLIA: TURKEY'S LARGEST MINORITY”. 2012年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月18日閲覧。
  82. ^ Shi'a”. 2015年3月18日閲覧。
  83. ^ ReportDGResearchSocialValuesEN2.PDF
  84. ^ 35,000 Moslems convert into Christianity each year in Turkey.
  85. ^ TURKEY - Christians in eastern Turkey worried despite church opening”. 2015年3月18日閲覧。
  86. ^ BBC News - When Muslims become Christians”. 2015年3月18日閲覧。
  87. ^ Cinnioglu, C.; King, R.; Kivisild, T.; Kalfoğlu, E.; Atasoy, S.; Cavalleri, G. L.; Lillie, A. S.; Roseman, C. C.; Lin, A. A.; Prince, K.; Oefner, P. J.; Shen, P.; Semino, O.; Cavalli-Sforza, L. L.; Underhill, P. A. (2004). "Excavating Y-chromosome haplotype strata in Anatolia". Human Genetics 114 (2): 127–148. doi:10.1007/s00439-003-1031-4. PMID 14586639. edit[3]


「トルコ人」の続きの解説一覧

「トルコ人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トルコ人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トルコ人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトルコ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS