パパラッチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > パパラッチの意味・解説 

パパラッチ

作者安西水丸

収載図書夜の草を踏む
出版社光文社
刊行年月1998.7

収載図書夜の草を踏む
出版社光文社
刊行年月2004.2
シリーズ名光文社文庫


パパラッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 08:12 UTC 版)

パパラッチイタリア語: 複数:paparazzi、単数:paparazzo[1][2]は、セレブリティ等をつけまわし、彼らのプライベート写真などを撮影するカメラマン一般をさす俗称である。パパラッチは独立契約者である傾向にあり、主流メディア組織との関わりを持たない[3]


  1. ^ Merriam-Webster Online. “paparazzo”. 2008年8月3日閲覧。
  2. ^ Definitions from Dictionary.com. “paparazzo”. 2008年8月3日閲覧。
  3. ^ Is Everyone a Journalist?, Tony Sonenshine, American Journalism Review, October 1997.
  4. ^ 2008年8月2日放送「ブロードキャスター」(TBS)のパパラッチ特集より
  5. ^ All About. “パパラッチは1枚の写真でいくら稼ぐのか?!「写真1枚のお値段は……?」”. 2008年9月6日閲覧。
  6. ^ http://www.scottbaker_inquests.gov.uk/evidence/docs/inquisition_diana.pdf Jury Verdict-Inquisition Forms Diana Princess of Wales and Emad El-Din Mohamed Abdel Moneim Al Fayed Coroner's Inquests into the Death of Diana, Princess of Wales and Mr. Dodi Al Fayed H. M. Coroner
  7. ^ a b All About. “パパラッチは1枚の写真でいくら稼ぐのか?!「「偶然に」撮れちゃった写真なら問題ナシ?!」”. 2008年9月6日閲覧。
  8. ^ 上記の『盗写 1/250秒』のリメイク版


「パパラッチ」の続きの解説一覧

パパラッチ

出典:『Wiktionary』 (2010/07/12 08:16 UTC 版)

名詞

パパラッチ

  1. 有名人しつこく追い回し醜聞追い求めるカメラマンのこと。

語源




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パパラッチ」の関連用語

パパラッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パパラッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパパラッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパパラッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS