コメンテーターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コメンテーターの意味・解説 

コメンテーター【commentator】

読み方:こめんてーたー

注釈者

ラジオ・テレビなどの、ニュース解説者


コメンテーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 10:25 UTC 版)

日本のマスコミにおけるコメンテーターとは、テレビラジオなどのニュース番組ワイドショー(情報番組)などで自らの考えや意見を述べる者のこと。学術的な集会や大学院等の高等教育でのコメンテーターが別途存在し、その意味は別途である。


注釈

  1. ^ コメンテーター枠で言う「コンプライアンス(法令遵守)枠」となる[1]
  2. ^ 概要の中川の説明のギャラ枠で芸能プロダクションに所属すると「タレント枠」にカテゴライズされ、ギャラの金額が跳ね上がる

出典

  1. ^ a b ネット時代 弁護士らTVコメンテーターで重宝される法令遵守枠 SAPIO 2015年5月号
  2. ^ 現代ビジネス 視聴率重視で起用されるテレビコメンテーターたちの危うさ 2014年11月19日
  3. ^ 特集ワイド:番組改編「政治家との力関係が変化している」【テレビから消えた、辛口コメンテーター】毎日新聞 2014年4月2日 東京本社版夕刊
  4. ^ NEWSポストセブン 森永卓郎氏 沖縄に米軍基地なぜあるかの解説収録ボツの理由 2015年4月5日 16:00
  5. ^ 青山繁晴 『ぼくらの真実』扶桑社、2014年、193-194頁。ISBN 9784594069827 
  6. ^ 青山繁晴 『ぼくらの真実』扶桑社、2014年、94-95頁。ISBN 9784594069827 
  7. ^ 「コメンテーター室」新設へ 産経ニュース 2015年4月28日 15:13
  8. ^ テレビ朝日の報道が「マイルドブレンド化」? メディアが政府に牙を抜かれる異常事態(水島 宏明) 東洋経済Online 2015年5月6日
  9. ^
  10. ^ NEWSポストセブン 勝谷誠彦氏、数々の降板の理由を語る 番組への批判が背景か 2015年10月21日 18:00
  11. ^ 「勉強せずに『分からない』というコメンテーターは会見に来い」橋下氏、テレビ報道に怒り爆発産経WEST 2015年1月15日
  12. ^ 絶滅寸前の“辛口コメンテーター” コメンテーター自体の役割に変化 2015年11月14日 8:40
  13. ^ 『真相深入り!虎ノ門ニュース』総集編(楽屋入り) 3/26放送分 - YouTube
  14. ^ 『真相深入り!虎ノ門ニュース』楽屋入り 5/19配信分 - YouTube
  15. ^ 泉谷しげる、休業宣言の春香クリスティーンに「テレビに必要なのは即戦力」”. ザ・テレビジョン (2017年11月26日). 2017年12月1日閲覧。


「コメンテーター」の続きの解説一覧

コメンテーター(パネリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 07:26 UTC 版)

TOKYOモーニングサプリ」の記事における「コメンテーター(パネリスト)」の解説

月曜日 サヘルイラン)、クララフランス)、ジギャン・クマル・タパ(ネパール火曜日 キンテーロメキシコ)、ガウフィリピンイギリス)、パリワル(インド水曜日 パスカルベルギー日本)、マイケルアメリカ)、イ(韓国木曜日 ミレラルーマニア)、スチュアートオーストラリア)、王(中国金曜日 デイビットガーナ日本)、オクサナロシア)、ロバートカナダ) コメンテーターの出演流動的定期出演者のほか、不定期出演のコメンテーターも存在した。コメンテーターの仕事の都合などで出演見合わせる回は、別コメンテーターが起用された。

※この「コメンテーター(パネリスト)」の解説は、「TOKYOモーニングサプリ」の解説の一部です。
「コメンテーター(パネリスト)」を含む「TOKYOモーニングサプリ」の記事については、「TOKYOモーニングサプリ」の概要を参照ください。


コメンテーター(2020年4月から)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 19:17 UTC 版)

スポッち!」の記事における「コメンテーター(2020年4月から)」の解説

毎週出演 名久井麻利東北放送アナウンサー、『サタデーウォッチン!』司会担当) 籠崎孝(『サタデーウォッチン!』レギュラー不定期出演 山村宏樹(元阪神近鉄楽天投手プロ野球解説者)2016年9月までは、キャスター担当していた。 鉄平 (野球) (元中日、楽天オリックス外野手、現東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアコーチ、プロ野球解説者) 永井怜 (元東北楽天ゴールデンイーグルス投手、現東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアコーチ、プロ野球解説者) 葛和伸元(元全日本女子バレーボールチーム監督、現仙台ベルフィーユ監督手倉森浩(元ベガルタ仙台ヘッドコーチ平瀬智行ベガルタ仙台アンバサダー杉山賢人 (元東北楽天ゴールデンイーグルス2軍投手コーチ)(2016年10月29日-) 中村真人 (野球)東北楽天ゴールデンイーグルス外野手

※この「コメンテーター(2020年4月から)」の解説は、「スポッち!」の解説の一部です。
「コメンテーター(2020年4月から)」を含む「スポッち!」の記事については、「スポッち!」の概要を参照ください。


コメンテーター(平日のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:42 UTC 版)

nNNニュースプラス1」の記事における「コメンテーター(平日のみ)」の解説

不明 - 2006年3月 田宮榮一不定期出演) 元・警視庁捜査一課長元・新宿警察署署長でもあり、主に重大な犯罪発生した時や大物人物逮捕等時に出演していた。『NNN Newsリアルタイム』→『news every.』(『every.』は不定期)にも出演

※この「コメンテーター(平日のみ)」の解説は、「nNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「コメンテーター(平日のみ)」を含む「nNNニュースプラス1」の記事については、「nNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


コメンテーター(週替わり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 15:38 UTC 版)

ZIP!FRIDAY」の記事における「コメンテーター(週替わり)」の解説

十日市秀悦 (2015年4月 - 2018年3月30日までレギュラー出演2018年4月以降不定期出演角田周(津軽地吹雪会代表) 岩本美和学校支援コーディネーターRABラジオ今日も!あさぷり金曜コメンテーター) なお、2020年以降新型コロナウイルス感染防止観点から、コメンテーターの出演取り止めていた。

※この「コメンテーター(週替わり)」の解説は、「ZIP!FRIDAY」の解説の一部です。
「コメンテーター(週替わり)」を含む「ZIP!FRIDAY」の記事については、「ZIP!FRIDAY」の概要を参照ください。


コメンテーター(平日のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:46 UTC 版)

NNNニュースプラス1」の記事における「コメンテーター(平日のみ)」の解説

不明 - 2006年3月 田宮榮一不定期出演) 元・警視庁捜査一課長元・新宿警察署署長でもあり、主に重大な犯罪発生した時や大物人物逮捕等時に出演していた。『NNN Newsリアルタイム』→『news every.』(『every.』は不定期)にも出演

※この「コメンテーター(平日のみ)」の解説は、「NNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「コメンテーター(平日のみ)」を含む「NNNニュースプラス1」の記事については、「NNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


コメンテーター(歴代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 16:49 UTC 版)

高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」の記事における「コメンテーター(歴代)」の解説

番組として正式にコメンテーターを置くようになったのは、1997年10月リニューアル以降である。それ以前金曜日のみ野末陳平ゲストコメンテーターという形で務めるぐらいであった弘兼憲史 大宅映子 住田良能(元産経新聞社長、出演当時は論説委員須田慎一郎1997年4月 - 2004年3月2010年現在朝番組でも担当中) 野末陳平 隅井孝雄 (元日テレビ記者京都学園大学教授都知事選出馬のため降板した野末陳平後任) 森永卓郎2002年1月 - 9月) 他

※この「コメンテーター(歴代)」の解説は、「高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」の解説の一部です。
「コメンテーター(歴代)」を含む「高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」の記事については、「高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コメンテーター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コメンテーター

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 18:22 UTC 版)

語源

英語 commentator

名詞

コメンテーター

  1. 解説評論ニュース解説者

「コメンテーター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コメンテーターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コメンテーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコメンテーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTOKYOモーニングサプリ (改訂履歴)、スポッち! (改訂履歴)、nNNニュースプラス1 (改訂履歴)、ZIP!FRIDAY (改訂履歴)、NNNニュースプラス1 (改訂履歴)、高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコメンテーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS