ニュース番組とは? わかりやすく解説

報道番組

(ニュース番組 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 12:45 UTC 版)

報道番組(ほうどうばんぐみ)あるいはニュース番組(ニュースばんぐみ)は、放送局報道ニュースに特化したテレビ番組ラジオ番組を指す。放送局が報道機関として取材活動を行っている。


歴史

  1. ^ この番組で著名になった記者にエドワード・R・マローウィリアム・L・シャイラーが居る
  2. ^ [2]
  3. ^
  4. ^
  5. ^ テレビ朝日は報道局の部に情報番組制作部署を置いている
  6. ^
  7. ^
  8. ^
  9. ^ 安藤はこの発言後、2015年3月30日から同局で放送開始した平日午後のワイドショー『直撃LIVE グッディ!』のMCとして出演している
  10. ^
  11. ^ 電通総研 メディアイノベーションラボ統括責任者兼メディアイノベーション研究部部長
  12. ^ 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所所長

様式

  1. ^ Allan, Stuart, News Culture. (2nd ed. McGraw Hill Open University Press, 2004. ISBN 0-335-21074-0) pp.26-27
  2. ^ 日本放送協会(編)『放送の五十年 昭和とともに』(日本放送出版協会、1977年) 18-19頁
  3. ^ 『放送の五十年 昭和とともに』p.16「東京放送局仮放送第一日の番組表」
  4. ^ a b c 『放送の五十年 昭和とともに』pp.44-45
  5. ^ 『放送の五十年 昭和とともに』p.24
  6. ^ 『放送の五十年 昭和とともに』pp.83-84
  7. ^ 『放送の五十年 昭和とともに』pp.93-108「太平洋戦争と放送」
  8. ^ 伊豫田康弘、上滝徹也、田村穣生、野田慶人、八木信忠、煤孫勇夫『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』(自由国民社、1998年)p.14
  9. ^ 『放送の五十年 昭和とともに』pp.193-194「“見るニュース”への努力」
  10. ^ a b 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』p.40
  11. ^ 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』p.82
  12. ^ a b 山田恵介「なぜ夕方のニュースにはグルメ番組が多いの?「午後6時15分」地方局の戦い」、THE PAGE、2015年8月10日。
  13. ^ 関東の場合、日本テレビテレビ朝日テレビ東京フジテレビが対象(2018年4月現在)。
  14. ^ 東海大学文学部広報メディア学科 教員・ゼミ紹介 末延吉正
  15. ^ 安倍政権の権力を監視できなかったメディア 問われる「権力と報道の距離」 - 徳山喜雄|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
  16. ^ ラジオアナウンサーが「現場取材」に出向く理由 これからのマスメディアのあり方とは?”. 東洋経済オンライン (2020年2月22日). 2020年2月22日閲覧。
  17. ^ 「反権力は正義ですか」ラジオニュースの現場から 飯田浩司 新潮新書 184頁
  18. ^ MHLWitterのツイート(1235335031305928706)
  19. ^ jimin_kohoのツイート(1235490794758238208)
  20. ^ 厚労省・自民党が「テレビ報道」相次ぎ名指し モーニングショー、Nスタへ...「投稿の意図」はどこに”. J-CAST (2020年3月6日). 2030年3月8日閲覧。
  21. ^ 「反権力は正義ですか」ラジオニュースの現場から 飯田浩司 新潮新書
  22. ^ 災害報道の在り方見直せ”. 安倍宏行ハフポスト) (2016年5月4日). 2020年2月1日閲覧。
  23. ^ 新型コロナ:3.11に学ばないテレビ 【鈴木寛の「2020年への篤行録」第78回】”. 鈴木寛TOKYO HEADLINE) (2020年3月9日). 2020年3月11日閲覧。
  24. ^ 民放4社の都知事選報道は偏向!候補者らが放送法違反と一斉蜂起”. 東京スポーツ (2016年7月28日). 2017年3月10日閲覧。
  25. ^ 民放の都知事選報道が急に変わった 候補者「全員」取り上げ始めた不思議”. J-CAST (2016年7月30日). 2017年3月10日閲覧。
  26. ^ BPO、参院選と都知事選 選挙報道全般について審議入り”. 毎日新聞 (2016年10月15日). 2017年3月10日閲覧。
  27. ^ “「2016年の選挙をめぐるテレビ放送についての意見」(委員会決定 第25号)” (プレスリリース), 放送倫理・番組向上機構, (2017年2月7日), http://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2016/25/dec/0.pdf 2017年3月10日閲覧。 
  28. ^ BPO、テレビの選挙報道「放送倫理違反とまでは言えない」 昨年の参院選と東京都知事選”. 産経ニュース (2017年2月7日). 2017年3月10日閲覧。
  29. ^ a b 民放テレビの選挙特番は「池上模倣」ばかりだ 模倣が進み、一周回ってNHKに落ち着いた!?”. 東洋経済オンライン (2018年1月6日). 2018年1月6日閲覧。
  30. ^ 古森 義久 (2008年6月17日). “第77回 オバマ支援に大きく傾く米大手マスコミ”. 日経BP. 2016年2月23日閲覧。
  31. ^ 田中宇 マスコミを無力化するトランプ
  32. ^ 杉崎慎弥、平山亜理 (2016年11月10日). “「お前の居場所はない」反トランプ氏デモ、全米各地で”. 朝日新聞社. 2016年11月15日閲覧。
  33. ^ トランプ勝利予想の木村太郎氏、優勢報道に「当然」”. デイリースポーツ (2016年11月9日). 2016年11月10日閲覧。
  34. ^ 【発言】終始優位だったトランプ氏 国際政治学者・藤井厳喜氏”. 共同通信社 (2016年11月11日). 2016年11月15日閲覧。
  35. ^ “陰の大統領” スティーブン・バノン氏 単独インタビュー”. NHKニュース (2017年11月19日). 2018年1月6日閲覧。
  36. ^ “フェイクニュース「NHKも」名指し バノン米元首席戦略官、会見で批判「日本のCNNに違いない」”. 産経ニュース (2017年12月17日). 2018年1月6日閲覧。
  37. ^ 山本明 ソフトニュースが伝える外国像(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所 紀要 No.56(2006年3月))
  38. ^ 『テレビは変わる』 岩波ジュニア新書 1979年9月20日
  39. ^ 「別冊宝島」 1988年11月号
  40. ^ 変容するメディアとニュース報道 ― テレビニュースの社会心理学
  41. ^ 山本明 慶應義塾大学 メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.56(2006.3発行)
  42. ^ 「GALAC」1999年11月号 特集「国民的番組!? ワイドショー」
  43. ^ それでもテレビは死なない -映像制作の現場で生きる! P62、63
  44. ^ 絶望のテレビ報道 安倍宏行
  45. ^ 情報番組(ワイドショー)まで含めると、お笑い芸人の起用も入る
  46. ^ 島田紳助「タレントキャスター」の功罪 アサ芸plus 2012年10月25日11:00
  47. ^ 日本テレビの夕方ニュース枠拡大 制作会社競争激化の側面も ニュースポストセブン 2014年2月25日 16:00
  48. ^ 「テレビはなぜつまらなくなったのか」 週刊文春 2011年11月17日号
  49. ^ 放送倫理検証委員会 (2008年4月15日). “光市母子殺害事件の差戻控訴審に関する放送についての意見”. 放送倫理・番組向上機構. pp. 2・4-6. 2008年9月20日閲覧。
  50. ^ a b SAPIO 2015年5月号
  51. ^ テレビ番組の「ワイプ」演出 8割以上が「いらない」と感じる ZAKZAK 2013年6月5日
  52. ^ MBS、2次元キャラ&人気声優を起用した選挙特番が話題に”. 日本経済新聞 (2017年10月23日). 2017年12月1日閲覧。
  53. ^ 日本のテレビ局の学園アニメ風選挙特番、中国でも話題に”. Record China (2017年10月23日). 2017年12月1日閲覧。
  54. ^ [安倍宏行]<ワイドショーなのか?ニュースなのか?>乱立する「情報番組」とテレビ凋落の背景 2014年4月21日
  55. ^ PHP新書 絶望のテレビ報道 (安倍宏行)P.36
  56. ^ 私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている~テレビは何時間不倫を報じたか~”. Yahoo!ニュース (2017年8月30日). 2018年8月8日閲覧。
  57. ^ テレビ局が不倫報道をやめれば、この国は変わると思う”. Yahoo!ニュース (2018年1月26日). 2018年8月8日閲覧。
  58. ^ ベストライフ・オンライン 私のベストライフインタビュー 第1回
  59. ^ a b c d 【エンタがビタミン♪】安藤優子、ニュース番組のワイドショー化に言及。「ニュースにジャンルはない」 2013年12月3日
  60. ^ “小池氏「風評」劇場のツケ、50億円超は誰が被るのか ジャーナリスト・有本香氏が緊急寄稿”. 夕刊フジ. (2017年3月14日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170314/plt1703141700004-n1.htm 2018年3月1日閲覧。 
  61. ^ 【DHC】3/16(木) 有本香・小川榮太郎・居島一平【虎ノ門ニュース】 - YouTube
  62. ^ 池上彰氏「ニュースは、芸能人ではなくニュースのプロが伝えるべきだと思っています」(池上さんに聞いてみた。)”. 文春オンライン (2018年6月6日). 2018年8月8日閲覧。
  63. ^ 乙武氏、キャスター櫻井「起用を支持」(日刊スポーツ) 2014年8月22日1 7時52分
  64. ^ 「いよいよ世界に本当の歴史を発信する日本人」(PHP文庫)
  65. ^ ログミー 小谷真生子氏「ニュース番組の娯楽化傾向が気に入らない」 女子アナの重鎮がメディアの責任を問う
  66. ^ ニュース番組へのタレントの起用 外国人の目には異様に映る 週刊ポスト 2014年12月5日
  67. ^ 平成29年度 北海道・東北・関東・甲信越地区研究協議会 東京大会”. 民間放送教育協会 (2015年3月12日). 2017年9月1日閲覧。
  68. ^ 情報過多時代、テレビの本質は誠実なニュースにある~民教協 東京大会レポート3~”. Screens(プレゼントキャスト) (2017年10月24日). 2017年12月1日閲覧。
  69. ^ 第462回 番組審議会議事録(2005年5月13日)
  70. ^ 滝沢忠孝の「CHEER UP!」2009年11月7日更新「気になるニュースの伝え方…」より
  71. ^ たかじんのそこまで言って委員会 2013年9月1日放送回 ,goo
  72. ^ 選挙特番がバラエティ化 池上無双に続きフジ・日テレも笑える議員情報に参戦 安倍首相はブラックサンダーと西田ひかるが好き”. BuzzFeed Japan (2017年10月22日). 2017年12月1日閲覧。
  73. ^ “東海由紀子、アイドル起用の選挙特番批判して櫻井翔ファンが激怒”. RBB TODAY. (2014年12月16日). http://www.rbbtoday.com/article/2014/12/16/126559.html 2018年2月1日閲覧。 
  74. ^ dave_spectorのツイート(922079783885848583)
  75. ^ デーブ・スペクター氏が選挙特番を採点!「ポスト池上」は誰だ?”. 東京スポーツ (2017年10月24日). 2017年12月1日閲覧。
  76. ^ “フィフィ「NEWS ZERO」での嵐・櫻井翔の解説を「デタラメ」と痛烈に批判”. Livedoor ニュース. (2014年8月19日). http://news.livedoor.com/article/detail/9160669/ 2018年2月1日閲覧。 
  77. ^ フィフィ オフィシャルブログ 「私がツイッターで伝えたかったこと?報道はどうあるべきか」2014-08-21 01:35:54
  78. ^ モーリー・ロバートソンさん、政治のワイドショー化に懸念 「日本の民主主義のちょっとした危機」”. ハフポスト (2017年7月31日). 2018年3月10日閲覧。
  79. ^ 「ニュースを伝える怖さ」に気づいた柴田理恵は立派だった”. iRONNA(産経新聞) (2018年8月13日). 2018年8月18日閲覧。
  80. ^ “米朝首脳会談、評価割れる…読売世論調査”. 読売新聞. 読売新聞東京本社. (2018年6月18日). オリジナルの2018年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/dCDIX 2018年6月18日閲覧。 
  81. ^ “日朝首脳会談「早い時期に」67%、朝日世論調査”. 朝日新聞. (2018年6月17日). https://www.asahi.com/articles/ASL6K4360L6KUZPS001.html 2018年6月18日閲覧。 
  82. ^ “朝鮮半島の非核化実現困難77%”. 共同通信社. 共同通信. (2018年6月17日). オリジナルの2018年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618101957/https://this.kiji.is/380972332124357729?c=39550187727945729 2018年6月18日閲覧。 
  83. ^ “FNN世論調査 米朝首脳会談評価わかれる”. FNN.jpプライムオンラインフジテレビ). (2018年6月18日). オリジナルの2018年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618152242/https://www.fnn.jp/posts/00394535CX 2018年6月18日閲覧。 
  84. ^ 視聴率が取れるのは米朝問題よりも紀州のドン・ファン”. ニッポン放送 (2018年6月18日). 2018年6月18日閲覧。
  85. ^ [エンタメ]【震災後のメディア】「硬派」化する民放の夕方ニュース 産経MSNニュース 2012年11月13日 7:53
  86. ^ フジTV報道局トップ交代で胸をなで下ろしたのは安藤優子氏か 週刊ポスト 2014年9月5日号 2014年8月30日 7:00


「報道番組」の続きの解説一覧

ニュース番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 16:22 UTC 版)

NHKオンデマンド」の記事における「ニュース番組」の解説

2020年2月29日まで、以下の4番組を配信していた。 NHKニュースおはよう日本 放送配信チャネル総合テレビ他。原則毎日更新正午のニュース 放送配信チャネル総合テレビジョン他。毎日更新NHKニュース7 放送配信チャネル総合テレビジョン他。毎日更新ニュースウオッチ9 放送配信チャネル総合テレビジョン他。放送日のみ更新NHKオンライン提供されているニュース映像サービスニュース項目単位映像なのに対しNHKオンデマンドでは、番組単位閲覧できる。『ニュースウオッチ9』でのキャスターコメントも原則ノーカット提供されるほか、オープニング・エンディングも原則ノーカットであり、『ニュースウオッチ9』のエンディングにおける「お別れ映像」も見ることができるまた、主要な場面展開およびニュース項目ごとにキャプション付加されており、興味のある項目だけ視聴することも可能であるまた、2017年3月31日まではNHK BS1BS1)にて放送していた『BS列島ニュース』も配信していた。

※この「ニュース番組」の解説は、「NHKオンデマンド」の解説の一部です。
「ニュース番組」を含む「NHKオンデマンド」の記事については、「NHKオンデマンド」の概要を参照ください。


ニュース番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 00:50 UTC 版)

2か国語放送」の記事における「ニュース番組」の解説

現在、定時放送ではNHKは『NHKニュース72006年度まで年末年始を除く)』と『ニュースウオッチ9』、18時の『NHKニュース(平日は、関東関西地方では放送されず、放送センターからの裏送り放送)』、2022年4月からは『サタデーウオッチ9』などが実施している。ローカルニュースでは2017年4月9日から同年7月9日までと同年10月1日から大阪放送局近畿広域圏)で日曜20:55の『ニュース気象情報関西)』で不定期に実施している。なおテレビ長崎の『KTNスーパーニュース』では英語とは別に朝鮮語中国語同時通訳放送されていた。 日本以外放送局制作のニュース番組を日本語に通訳して放送するケースもある。ニュース専門チャンネルCNNjBBCワールドBS1放送中の『ナイトライン』など。 なお、報道番組ニュースドキュメンタリーの場合はドラマ映画など作品の場合と異なり一般的には原音尊重する観点から制作されベース言語音声音量低く絞った状態の上に通訳した音声被せた運用ボイスオーバーが行われる場合が多い。

※この「ニュース番組」の解説は、「2か国語放送」の解説の一部です。
「ニュース番組」を含む「2か国語放送」の記事については、「2か国語放送」の概要を参照ください。


ニュース番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 00:08 UTC 版)

スキャニメイト」の記事における「ニュース番組」の解説

朝日フラッシュニュース1970年代〜2005年3月 東海テレビ東海テレニュース』…1970年代〜80年代初頭 NHKニュースセンター9時』…1979年一時期OP 日本テレビ/NNN『NNNニュース各タイトルOP:1976.04 - 1982.03まで 中部日本放送CBCニュースワイド』…初代OP 名古屋テレビ名古屋テレビニュース』…1970年代後半 - 80年代前半まで 青森テレビATVニュースワイド』…初代OP IBC岩手放送IBCニュースエコー』…初代OP 福岡放送FBSニュースリポート』…1976年? - 80年代?まで 福島テレビFTVニュース』…1970年代後半? - 87年3月まで 北陸放送北国新聞MROニュースMROテレポート6』…1970年代後半? - 80年代?まで。MROテレポート6初代OP 関西テレビKTVニュース』…1980年代 - 93年まで 北海道文化放送道新ニュース』…1982年頃から91年頃までのOPテレビ道新6:30』・・・1979年から1980年3月(タイトル部分のみ) テレビ静岡FNNテレビ静岡ニュース』…初代OP1968年開局から1986年3月頃迄 南日本放送MBC6時こちら報道』…初代OP 山口放送KRYテレビ夕刊』(第3世代)…初代OP 札幌テレビ放送STVニュース』…1970年後半? - 80年代後半?まで 読売テレビよみうりニュース NNN…? - 1988年まで テレビ神奈川TVKニュース』・・・1980年代? テレビ朝日/ANN『ANNニュースセブンANNニュースライナーANNニュースレーダーANNニュースファイナル』・・・1982年 - 1984年(タイトル表示のみ) 新潟総合テレビNSTワイド630』・・・1981年 - 1984年 仙台放送仙台放送イブニングニュース』・・・1978年10月2日-1984年9月28日 静岡けんみんテレビけんみんテレビニュース』・・・1980年代 東京12チャンネルニューストレイン出発進行』…1980年 宮崎放送MRTニュースワイド静岡放送静岡新聞ニュース』... 1970年代後半 - 1980年代末期ごろ

※この「ニュース番組」の解説は、「スキャニメイト」の解説の一部です。
「ニュース番組」を含む「スキャニメイト」の記事については、「スキャニメイト」の概要を参照ください。


ニュース番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:20 UTC 版)

読売テレビ番組の分野別一覧」の記事における「ニュース番組」の解説

かんさい情報ネットten.月 - 金 16:50 - 19:002022年3月までは、水の15:50 - の拡大放送だった。) 現在、単独のスポットニュース存在しないニュース見出し字のデザインytv独自のもの使用している2013年4月から2017年3月までは各ニュース番組のイメージカラーに合わせた配色(『NNNストレイトニュース』と『Going!Sports&News』は赤、『NEWS ZERO』は緑、『news every.サタデー』はピンク、『真相報道 バンキシャ!』は黄色)、同年4月からは『かんさい情報ネットten.に合わせたデザインとなっている。

※この「ニュース番組」の解説は、「読売テレビ番組の分野別一覧」の解説の一部です。
「ニュース番組」を含む「読売テレビ番組の分野別一覧」の記事については、「読売テレビ番組の分野別一覧」の概要を参照ください。


ニュース番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:56 UTC 版)

静岡朝日テレビ」の記事における「ニュース番組」の解説

朝と夜についてはNNN昼前夕方についてはANN21時前については水金ANN、その他はNNN20時台番組に準じて放送する形であった。

※この「ニュース番組」の解説は、「静岡朝日テレビ」の解説の一部です。
「ニュース番組」を含む「静岡朝日テレビ」の記事については、「静岡朝日テレビ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニュース番組」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ニュース番組」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニュース番組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニュース番組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報道番組 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNHKオンデマンド (改訂履歴)、2か国語放送 (改訂履歴)、スキャニメイト (改訂履歴)、読売テレビ番組の分野別一覧 (改訂履歴)、静岡朝日テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS