ネットワーク_(放送)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ネットワーク_(放送)の意味・解説 

ネットワーク (放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 01:26 UTC 版)

放送におけるネットワークとは、放送事業者が開設する放送局同士のつながりである。「放送系列」とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ NHKについては放送法第9条第5項に「あまねく全国において受信できるように措置をしなければならない」とされ、単一の地上基幹放送事業者として全国をカバーすることが義務付けられている。
  2. ^ a b 福井放送(FBC)はANNにも加盟しているので、この表ではFBCをクロスネット局として扱っている(ANNの部分も同様)。ただし、NNNのキー局であるNTVは、NTVが指定する全番組が洩れなくFBCにネットされていることからNTVのウェブサイト(外部リンクを参照)において、FBCをクロスネット局としていない。
  3. ^ a b NNNに加盟しているテレビ宮崎(UMK)は、NNSには加盟していない。
  4. ^ ただし、過去には一般番組供給のみ例外的にJNN系列と他系列(FNS・NETラインネットワーク→テレビ朝日ネットワーク)との正規クロスネット局があったほか、正式な系列加盟局不在地域の日本テレビ・NET系列局に相当数の一般番組(一部の局では『JNNニュースコープ』などのJNNニュースも)をスポンサードネットして系列局並みのネット保障を行った例があった。
  5. ^ 日本でも1970年代にネットワーク体制が確立するまでは新聞社がニュース番組を制作していた。
  6. ^ アメリカ国内において、VHF帯の放送局は2から13チャンネル。UHF帯の放送局は14から69チャンネルである。
  7. ^ 視聴可能人口の上位10都市圏の中でも、シカゴ(WFLD/32チャンネル)、フィラデルフィア(WTXF/29チャンネル)、ボストン(WFXT/25チャンネル)、ヒューストン(KRIV/26チャンネル)がUHF帯の放送局である。なお、親会社のニューズコーポレーションは2008年7月にクリーブランドなど中規模都市にある10の直営局を売却している。
  8. ^ アメリカ国内の放送法規の基準が緩く、大都市圏と呼べる地域では地上波だけで10以上の放送局が存在し、日本のようにネットチェンジにより特定のネットワークの番組が視聴できなくなる弊害は少ない。
  9. ^ このルールを生かし、三大ネット直営・加盟のローカル局が制作するローカルニュースを、同じオーナーの新興ネット局や独立局へ提供する例が見られる。三大ネットワークが番組を制作する時間帯の裏の時間の、朝7・8時や夜22時台で主に放映されている。
  10. ^ 連邦通信委員会(FCC)の認可が必要。ただし、大都市圏で一ネットワークが複数局を持つ状態になることは、まず認められない。FOXとMNTV、CBSとCW、NBCとテレムンドといった同じ資本系列の場合はこの限りではない。
  11. ^ 3大ネットワーク系の局であれば、朝の5・6時、正午前後、夕方の17・18時、夜の23時が一般的。

出典



「ネットワーク (放送)」の続きの解説一覧

「ネットワーク (放送)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネットワーク_(放送)」の関連用語

ネットワーク_(放送)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネットワーク_(放送)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネットワーク (放送) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS