利用料とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 利用料の意味・解説 

利用料


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 08:12 UTC 版)

iコンシェル」の記事における「利用料」の解説

フィーチャーフォン月額200円(税別)、スマートフォン月額100円税別ケータイデータお預かりサービスの利用料の月額税別100円を含む(スマートフォン無料)。お試しサービス期間を含めた申し込み後の30日間無料iモードspモード重畳して契約している場合は、iモード側でのみ利用可能

※この「利用料」の解説は、「iコンシェル」の解説の一部です。
「利用料」を含む「iコンシェル」の記事については、「iコンシェル」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/20 02:49 UTC 版)

M-ZONE」の記事における「利用料」の解説

NTTドコモの携帯電話サービスを契約中の場合 ドコモ携帯電話を持っていれば、mopera U公衆無線LANコース利用できるmopera Uスタンダードコース500円公衆無線LANオプション300円の合計800円/月で利用可能となるその場ドコモショップだけでなく、My docomoサイトドコモインフォメーションセンターなどからも申込ができ、携帯電話請求書あわせて請求されるBlackBerryサービス利用者月額315円で利用ができる。mopera U公衆無線LANコースのユーザーBlackBerry公衆無線LANコース2009年11月1日2010年4月末まで無料で利用することができると発表されている。 NTTドコモの携帯電話サービスを未契約の場合 Mzone月額コース1500円/月。日額コース1日の利用料が500円となり、利用しない月は料金発生しない

※この「利用料」の解説は、「M-ZONE」の解説の一部です。
「利用料」を含む「M-ZONE」の記事については、「M-ZONE」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/28 02:37 UTC 版)

Mzone」の記事における「利用料」の解説

下記料金全て税込表記NTTドコモの携帯電話サービスを契約中の場合 ドコモ携帯電話を持っていれば、mopera Uの「U「公衆無線LANコース」を利用できる料金mopera Uスタンダードコース525円に公衆無線LANオプション315円の合計840円/月である。iモード利用していればISPセット割対象となり各料金より157.5円ずつ計315円が割り引かれiモード料金315円)にmopera Uとして525円/月の追加利用可能となるまた、BlackBerryなど専用インターネット接続サービス利用する端末では公衆無線LANオプション315円)の追加利用ができる。 2011年2月1日からはmopera Uとは別にspモードおいても公衆無線LANサービス」が開始されこの場合でも315円の追加利用出来る。 申込ドコモショップだけでなく、My docomoサイトドコモインフォメーションセンターなどから行え、契約回線料金あわせて請求されるNTTドコモの携帯電話サービスを未契約の場合 Mzone単体契約を結ぶことが可能で月額コース(1575円/月)または日額コース525円/日)を選択する日額コース利用しない月には料金発生しない申込ドコモショップでのみ受付可能。コースの変更解約My docomoIDパスワード発行別途必要となり、それがない場合ドコモショップの手続きとなる。 いずれの場合もアクセスポイントへの接続にあたっては、WEPキー入力が必要となる。(mopera Uでは接続情報画面内の公衆無線LANコース ページ内、Mzone単体契約の場合は契約申込書控え印字などで表記されている。)

※この「利用料」の解説は、「Mzone」の解説の一部です。
「利用料」を含む「Mzone」の記事については、「Mzone」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 16:56 UTC 版)

ネットストックトレーダー」の記事における「利用料」の解説

ネットストックトレーダーには、通常版の「ネットストックトレーダー」と、機能強化版の「ネットストックトレーダー・プレミアム」の二種があるが、実際にはモノと言ってよいほど、機能強化図られている。 通常版メリットは「垂直インジケーター」のみであり、2006年1月現在の利用料は、前者が月1,890円(最低1,697円)、後者が月3,150円(一律)である。

※この「利用料」の解説は、「ネットストックトレーダー」の解説の一部です。
「利用料」を含む「ネットストックトレーダー」の記事については、「ネットストックトレーダー」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 23:56 UTC 版)

d Wi-Fi」の記事における「利用料」の解説

dポイントクラブ会員向けに無料で提供される

※この「利用料」の解説は、「d Wi-Fi」の解説の一部です。
「利用料」を含む「d Wi-Fi」の記事については、「d Wi-Fi」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:35 UTC 版)

iウィジェット」の記事における「利用料」の解説

無料(ただし、コンテンツにより有料のものもある。)

※この「利用料」の解説は、「iウィジェット」の解説の一部です。
「利用料」を含む「iウィジェット」の記事については、「iウィジェット」の概要を参照ください。


利用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 01:05 UTC 版)

docomo Wi-Fi」の記事における「利用料」の解説

下記料金注釈がない限り全て税別表記

※この「利用料」の解説は、「docomo Wi-Fi」の解説の一部です。
「利用料」を含む「docomo Wi-Fi」の記事については、「docomo Wi-Fi」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「利用料」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「利用料」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「利用料」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「利用料」の関連用語

利用料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



利用料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのiコンシェル (改訂履歴)、M-ZONE (改訂履歴)、Mzone (改訂履歴)、ネットストックトレーダー (改訂履歴)、d Wi-Fi (改訂履歴)、iウィジェット (改訂履歴)、docomo Wi-Fi (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS