アスリートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 選手 > アスリートの意味・解説 

アスリート【athlete】

運動選手スポーツマン。特に、陸上水泳球技などの競技選手をいう。「トップアスリートが集まった国際大会


アスリート

〔名〕 (英 athlete)((アスリーツ・アスレート)) 競技者。スポーツマン。〔新らしい言葉の字引(1918)〕


NPO法人アスリート

行政入力情報

団体名称 NPO法人アスリート
所轄 千葉県
主たる事務所所在地 夷隅郡御宿町須賀537番地1
従たる事務所所在地 なし
代表者氏名  恒雄
法人設立認証年月日 2016/05/09 
定款記載された目的
この法人は、千葉県外房地域住民生涯スポーツ振興及び健康増進を図る業務行い、もって外房地域コミュニティー促進および、健康で明る豊かな外房地域づくり寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 16:11 UTC 版)

アスリート英語: Athlete)とは、スポーツや、他の身体運動に習熟している人である[1]。スポーツや、身体的強さや俊敏性やスタミナを要求されるゲームについて、トレーニングを積んだり、技に優れている人のこと[2]


注釈

  1. ^ 例えば、「トライアスロン」「バイアスロン」なども同系統の派生語である。

出典

  1. ^ a b Oxford Dictionaries, Lexico 「A person who is proficient in sports and other forms of physical exercise.」
  2. ^ a b Merriam-Webster "athlete" 「a person who is trained or skilled in exercises, sports, or games requiring physical strength, agility, or stamina」
  3. ^ Oxford Dictionaries Lexico "Athlete"の2番目の用法。「british」以下に書かれている。
  4. ^ 大辞泉
  5. ^ a b 石井克 (2016), 「アスリート」という用語に表出される 新たなスポーツ観の特徴, スポーツ史学会, doi:10.19010/jjshjb.29.0_67, https://doi.org/10.19010/jjshjb.29.0_67 2020年6月7日閲覧。 
  6. ^ The World's Highest-Paid Athletes 2021” (英語). Forbes. 2021年6月4日閲覧。
  7. ^ a b 「バレーやバスケは先がない」発言 上田桃子ブログが炎上” (日本語). ライブドアニュース. 2020年6月10日閲覧。
  8. ^ 「バレーやバスケは先がない」発言 上田桃子ブログが炎上” (日本語). J-CAST ニュース (2007年10月9日). 2020年6月10日閲覧。
  9. ^ 武井壮が語った、スポーツの未来 「全てのアスリートがプロになるべき時代」”. real-sports.jp. 2020年6月10日閲覧。
  10. ^ 日本プロ野球選手会 公式ページ
  11. ^ JリーグCSC調査
  12. ^ 1999年Jリーグ選手協会 調査
  13. ^ 武井壮「プロの収入や待遇を知らずに中高大の10年間をスポーツに費やす無計画はダメ」と持論” (日本語). ハフポスト (2015年11月4日). 2020年4月25日閲覧。
  14. ^ a b c 井上雅雄 (2009) (日本語), 職業としてのアスリートとプロスポーツの諸問題, 日本スポーツ社会学会, doi:10.5987/jjsss.17.2_33, https://doi.org/10.5987/jjsss.17.2_33 2020年4月25日閲覧。 
  15. ^ 元アスリートたちが語る「引退後の実情」 ~第3回スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム~ | The BORDERLESS [ボーダレス]” (日本語). The BORDERLESS [ザ・ボーダレス]. 2020年4月25日閲覧。
  16. ^ アスリートが備えるビジネススキルとは(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年4月25日閲覧。
  17. ^ 元メジャーリーガーが語るセカンドキャリア論とは” (日本語). マイナビニュース (2013年12月16日). 2020年4月25日閲覧。
  18. ^ 特別読み物 サラリーマンにもなれない!? はじめての「就活」元プロスポーツ選手 現実は厳しい(週刊現代) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年4月25日閲覧。
  19. ^ オリンピアンのキャリアに関する実態調査”. 笹川スポーツ財団. 2021年7月6日閲覧。
  20. ^ プロ野球選手から公認会計士に。経験者だからわかるセカンドキャリアの難しさ” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年9月20日). 2020年4月25日閲覧。
  21. ^ アスリートの「第二の人生」、その厳しい現実 | 「走り」を制する者は仕事を制す” (日本語). 東洋経済オンライン (2016年6月22日). 2020年4月25日閲覧。
  22. ^ 杉浦大介. “大金を稼いだのに破産…米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚 〈dot.〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年4月25日閲覧。
  23. ^ 引退した元プロ野球選手が人生に苦しむ理由”. ダイヤモンド・オンライン. 2020年4月25日閲覧。
  24. ^ 吉田章,佐伯年詩雄,河野一郎「<研究資料>トップアスリートのセカンドキャリア構築に関する検討(第1報)」『体育科学系紀要』第29巻、筑波大学体育科学系、2006年3月、 87-95頁。
  25. ^ http://npb.jp/npb/careersupport2018enq.pdf
  26. ^ NHKニュースweb「プロ野球選手会が再就職支援システム」
  27. ^ [1]


「アスリート」の続きの解説一覧

アスリート

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:15 UTC 版)

語源

発音

あ↗すり↘ーと

名詞

  1. 競技
  2. 強健な人



アスリートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスリート」の関連用語

アスリートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アスリートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2021 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアスリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS