アスリートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 選手 > アスリートの意味・解説 

athlete

別表記:アスリート

「athlete」とは・「athlete」の意味

「athlete」は、スポーツ運動競技において、高い技能身体能力持ち競技参加する人物を指す英単語である。複数形は「athletes」となる。また、athletic」という形容詞があり、これは運動能力スポーツ関連するものを表す。

「athlete」の発音・読み方

「athlete」の発音は /ˈæθliːt/で、日本語では「アスリート」と読むことが一般的である。

「athlete」の語源・由来

「athlete」は、古代ギリシャ語の「athlētēs(競技者)」が語源であり、これは、「athlos(競技)」という言葉由来している。

「athlete」の類語

「athlete」の類語には、「sportsman」や「sportswoman」、「player」、「competitor」などがある。これらの言葉は、競技者スポーツ選手を指すもので、文脈によって使い分けることができる。

「athlete」を含む用語・関連する用語

「athlete」を含む用語や関連する用語には、「student athlete(学生アスリート)」、「professional athlete(プロアスリート)」、「Olympic athlete(オリンピック選手)」などがある。これらは、特定の状況立場にあるアスリートを表す言葉である。

「athlete」の使い方・例文

1. He is a professional athlete.(彼はプロのアスリートである。)
2. She is an Olympic athlete representing Japan.(彼女は日本代表オリンピック選手である。)
3. The athletes are training hard for the upcoming competition.(選手たちは、今後競技会向けて熱心にトレーニング行っている。)
4. The athletic performance of the team has improved significantly.(そのチーム運動能力大幅に向上した。)
5. The school encourages students to become student athletes.(その学校は、生徒学生アスリートになることを奨励している。)
6. The athletes competed in various sports events.(アスリートたちは様々なスポーツイベント競い合った。)
7. The athletic abilities of the players were outstanding.(選手たち運動能力抜群であった。)
8. The athletes are preparing for the national championships.(アスリートたちは全国選手権向けて準備をしている。)
9. The athlete broke the world record in the 100-meter race.(そのアスリートは100メートル競走世界記録破った。)
10. The athletic event attracted many spectators.(その運動競技会は多く観客引きつけた。)

アスリート【athlete】

読み方:あすりーと

運動選手スポーツマン。特に、陸上水泳球技などの競技選手をいう。「トップ—が集まった国際大会

「アスリート」に似た言葉

NPO法人アスリート

行政入力情報

団体名 NPO法人アスリート
所轄 千葉県
主たる事務所所在地 鴨川市貝渚2674番地1
従たる事務所所在地 なし
代表者氏名 見目 吉紀
法人設立認証年月日 2016/05/09 
定款記載され目的
この法人は、千葉県外地域住民生涯スポーツ振興及び健康増進を図る業務行い、もって外房地域コミュニティー促進および、健康で明るく豊かな外房地域づくり寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/09 01:51 UTC 版)

アスリート英語: Athlete)とは、スポーツや、他の身体運動に習熟している人である[1]。スポーツや、身体的強さや俊敏性やスタミナを要求されるゲームについて、トレーニングを積んだり、技に優れている人のこと[2]


注釈

  1. ^ 例えば、「トライアスロン」「バイアスロン」なども同系統の派生語である。

出典

  1. ^ a b Oxford Dictionaries, Lexico 「A person who is proficient in sports and other forms of physical exercise.」
  2. ^ a b Merriam-Webster "athlete" 「a person who is trained or skilled in exercises, sports, or games requiring physical strength, agility, or stamina」
  3. ^ Oxford Dictionaries Lexico "Athlete"の2番目の用法。「british」以下に書かれている。
  4. ^ 『大辞泉』[要ページ番号]
  5. ^ a b 石井克 (2016), 「アスリート」という用語に表出される 新たなスポーツ観の特徴, スポーツ史学会, doi:10.19010/jjshjb.29.0_67, https://doi.org/10.19010/jjshjb.29.0_67 2020年6月7日閲覧。 
  6. ^ The World's Highest-Paid Athletes 2021” (英語). Forbes. 2021年6月4日閲覧。
  7. ^ 久保賢志「アマチュアスポーツイベント活性化の提案」『スポーツ産業学研究』第27巻第1号、2017年、1_57–1_60、doi:10.5997/sposun.27.1_57ISSN 1343-0688 
  8. ^ 「バレーやバスケは先がない」発言 上田桃子ブログが炎上”. ライブドアニュース. 2020年6月10日閲覧。
  9. ^ 「バレーやバスケは先がない」発言 上田桃子ブログが炎上”. J-CAST ニュース (2007年10月9日). 2020年6月10日閲覧。
  10. ^ 武井壮が語った、スポーツの未来 「全てのアスリートがプロになるべき時代」”. real-sports.jp. 2020年6月10日閲覧。
  11. ^ 日本プロ野球選手会 公式ページ
  12. ^ JリーグCSC調査
  13. ^ 1999年Jリーグ選手協会 調査
  14. ^ 武井壮「プロの収入や待遇を知らずに中高大の10年間をスポーツに費やす無計画はダメ」と持論”. ハフポスト (2015年11月4日). 2020年4月25日閲覧。
  15. ^ a b c 井上雅雄『職業としてのアスリートとプロスポーツの諸問題』日本スポーツ社会学会、2009年。doi:10.5987/jjsss.17.2_33https://doi.org/10.5987/jjsss.17.2_332020年4月25日閲覧 
  16. ^ 元アスリートたちが語る「引退後の実情」 ~第3回スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム~ | The BORDERLESS [ボーダレス]”. The BORDERLESS [ザ・ボーダレス]. 2020年4月25日閲覧。
  17. ^ アスリートが備えるビジネススキルとは(写真=共同)”. 日本経済新聞 電子版. 2020年4月25日閲覧。
  18. ^ 元メジャーリーガーが語るセカンドキャリア論とは”. マイナビニュース (2013年12月16日). 2020年4月25日閲覧。
  19. ^ 特別読み物 サラリーマンにもなれない!? はじめての「就活」元プロスポーツ選手 現実は厳しい(週刊現代) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年4月25日閲覧。
  20. ^ オリンピアンのキャリアに関する実態調査”. 笹川スポーツ財団. 2021年7月6日閲覧。
  21. ^ プロ野球選手から公認会計士に。経験者だからわかるセカンドキャリアの難しさ”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年9月20日). 2020年4月25日閲覧。
  22. ^ アスリートの「第二の人生」、その厳しい現実 | 「走り」を制する者は仕事を制す”. 東洋経済オンライン (2016年6月22日). 2020年4月25日閲覧。
  23. ^ 貴乃花問題で誰も触れない横綱のリアル寿命”. 東洋経済オンライン (2018年10月4日). 2023年1月24日閲覧。
  24. ^ 杉浦大介. “大金を稼いだのに破産…米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚 〈dot.〉”. AERA dot. (アエラドット). 2020年4月25日閲覧。
  25. ^ 引退した元プロ野球選手が人生に苦しむ理由”. ダイヤモンド・オンライン. 2020年4月25日閲覧。
  26. ^ 吉田章,佐伯年詩雄,河野一郎「<研究資料>トップアスリートのセカンドキャリア構築に関する検討(第1報)」『体育科学系紀要』第29巻、筑波大学体育科学系、2006年3月、87-95頁。 
  27. ^ http://npb.jp/npb/careersupport2018enq.pdf
  28. ^ NHKニュースweb「プロ野球選手会が再就職支援システム」
  29. ^ [1]


「アスリート」の続きの解説一覧

アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 06:43 UTC 版)

アルメニア系アメリカ人」の記事における「アスリート」の解説

スポーツ分野著名な者には、テニス選手ではアンドレ・アガシチェス・プレーヤーではタテヴ・アブラハミャン(英語版) やヴァルジャン・アコビアン(英語版)、そして1920年アントワープ五輪銅メダル獲得した飛び込み選手のハル・ハイグ・プリースト(英語版) がいる。その他、サッカー選手アレコ・エスカンダリアンMLB選手スティーブ・ベドローシアンアメリカンフットボール選手のガロ・エプレミアン(英語版) などもアルメニア系であり、アイス・スポーツではザック・ボゴシアン(英語版)がアルメニア系として初めナショナルホッケーリーグ入り果たしている。 スポーツ指導者中にも、バスケットボール・コーチのジェリー・ターカニアンやアメリカンフットボール・コーチのアラ・パーセギアン(英語版)とスティーヴ・サーキシアン(英語版)、そして2012年ロンドン五輪水球女子アメリカ代表英語版)を指導したアダム・クリコリアン(英語版) など、各界影響残した多くアルメニア系人がいる。

※この「アスリート」の解説は、「アルメニア系アメリカ人」の解説の一部です。
「アスリート」を含む「アルメニア系アメリカ人」の記事については、「アルメニア系アメリカ人」の概要を参照ください。


アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 06:23 UTC 版)

遅咲き」の記事における「アスリート」の解説

一般的なスポーツのアスリートはそのピーク時期に限りがあるため、遅咲きのアスリートは活躍期間が短くなる傾向がある。その分太く短いが鮮烈な印象を残すことが多い。 競技にもよるが、スポーツ選手概ね20代半ばから30代前半のあたりで選手としての能力ピーク迎えることが多いが、その競技平均的な範囲よりも高い年齢で競技成績ピーク到達したり、その年齢になって初め全国大会国際大会など最上位クラス大会への出場果たせ様になった選手は「遅咲き」と評されやすい傾向にある。また、たとえ選手としての旬が多少早くとも、才能発掘遅れたりそもそも競技始めた年齢比較的遅い人物指しても「遅咲き」という表現使われる場合もある。 ただ、「遅咲き」という表現使われる対象競技によって異なりフィギュアスケート新体操のように選手として大成してピーク年齢総じて早い種目大相撲プロ野球サッカーのようにプロカテゴリでの淘汰激しいが大成した者の多くある程度年齢までトップカテゴリ選手活動継続できる種目モータースポーツのように少なからぬ選手限界年齢まで競技への継続参戦可能な種目で、それぞれ早熟」「遅咲き」と呼ばれる年齢層異なる。また、アメリカンフットボール様に社会人チーム・プロチームに入る選手大半大学卒(ないし大学中退)という特性を持つ種目や、ゴルフ射撃のように多く中年選手第一線活躍している種目日本におけるゲートボールのように「高齢者スポーツ」というイメージ定着している種目においてはそもそも遅咲き」の語彙自体異なってくる。 一方競技ジャンルによっては「遅咲き」が示す年齢年代とともに変遷する場合もある。その典型例モータースポーツ(特に4輪)である。かつて庶民にとって自動車高嶺の花であった時代には、富裕層の子弟という出自人物別にすれば、まず社会出て働き、運転に必要な資格免許ライセンス)を取得しその後モータースポーツ世界足を踏み入れる者が一般的であった対して、現在では幼少期から親の物心両面支援の下でカート参戦しフォーミュラ1などのトップカテゴリ目指すのが主流となっている。2000年代以降トップカテゴリレーサーにあっては自国運転免許取得能年齢に到達する前に既に下位カテゴリ事実上プロレーサーとして活動していた者も少なくなく、今日においては運転免許取得後、さらにいえば社会人になって独力で運転免許取得してから初めモータースポーツ世界足を踏み入れてその後プロレーサーとしてトップカテゴリ上り詰める様な選手は、むしろ「遅咲き」の範疇となる。 また、元々活躍していた人物指導者としても活動する様なベテランとなった年齢になって改めて高い結果出した場合も、「遅咲き」という表現使われることがある。例として山本博41歳にしてオリンピック銀メダル獲得し中年の星」と賞賛されたが、そもそも山本21歳のときにオリンピックで銅メダル獲得した経歴持ち主であり、以降20年後にメダルを再獲得するまで常に日本国内一線級の選手として活躍していた。 国籍によっては、自国徴兵制度があるため、選手としての養成少年期から受けていても、所定期間の兵役義務終えてからでなければ本格的な競技活動入りにくい、あるいは兵役に付くため競技活動中断しなければならないという場合見られ結果として全体的に遅咲き傾向になる場合もある。

※この「アスリート」の解説は、「遅咲き」の解説の一部です。
「アスリート」を含む「遅咲き」の記事については、「遅咲き」の概要を参照ください。


アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 00:51 UTC 版)

ハービー・マッド大学」の記事における「アスリート」の解説

詳細は「Claremont-Mudd-Scripps Stags and Athenas(英語版)」を参照 ハーベイ・マッド大学選手は、クレアモント・マッケナ大学と Scripps College英語版)の選手とともに、Claremont-Mudd-Scripps Stags and Athenas (CMS)として競い合っている。 これらのチームは、NCAA Division III英語版)in the Southern California Intercollegiate Athletic Conference英語版)(SCIAC)に参加している。なお、男子チームマスコットStanley the Stag女子チームマスコットはAthenas。チームカラーは、カーディナルレッドと金

※この「アスリート」の解説は、「ハービー・マッド大学」の解説の一部です。
「アスリート」を含む「ハービー・マッド大学」の記事については、「ハービー・マッド大学」の概要を参照ください。


アスリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 02:17 UTC 版)

チリ人の一覧」の記事における「アスリート」の解説

マルレーネ・アーレンス陸上競技選手オリンピック銀メダリスト オマル・アギラール – 長距離選手 ダビド・アレジャーノ – サッカー選手、コロコロ・スタジアムの名前の由来となっている ルイス・アヤラ - テニス選手、フレンチオープンのファイナリスト カルロス・カスセリー – サッカー選手 パトリシオ・コルネーホ – テニス選手 カルロス・デ・ガバルド - エリアス・フィゲロアサッカー選手 マヌエル・プラサ長距離選手 ハイメ・フィジョル – テニス選手 アルトゥーロ・ゴドイ – ボクサー フェルナンド・ゴンサーレステニス選手 アルベルト・ララギベル - ジョッキー セルヒオ・リビングストン – サッカー選手 アナ・リサーナ – テニス選手 ニコラス・マスー - テニス選手オリンピック金メダル二度受賞。 カルロス・モレーノ (アスリート) - イバン・モロビク - エリカ・オリベーラ - アレハンドラ・ラモス – 中距離選手 モニカ・レゴネシ – 長距離選手 マルセロ・リオスラテンアメリカ初の世界最高選手となったテニス選手 マルセロ・サラスサッカー選手 エリセオ・サラザールF1ドライバー レオネル・サンチェス - サッカー選手1962FIFAワールドカップでの最高スコア選手 ホセ・サントスジョッキー アレハンドロ・シルバ (アスリート) – 長距離選手 パブロ・スケージャ – 中距離選手 エミリオ・ウジョア – 長距離選手 マルティン・バルガス – ボクサー ヘル・ウェイル - イバン・サモラーノサッカー選手 ワンチューロプロレスラー

※この「アスリート」の解説は、「チリ人の一覧」の解説の一部です。
「アスリート」を含む「チリ人の一覧」の記事については、「チリ人の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アスリート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アスリート

出典:『Wiktionary』 (2021/08/30 13:44 UTC 版)

語源

発音

名詞

アスリート

  1. (運動選手) 競技
  2. 強健な人。

「アスリート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アスリートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスリート」の関連用語

アスリートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アスリートのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2024 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルメニア系アメリカ人 (改訂履歴)、遅咲き (改訂履歴)、ハービー・マッド大学 (改訂履歴)、チリ人の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアスリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS