飛び込みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 飛び込み > 飛び込みの意味・解説 

とび‐こみ【飛(び)込み】

読み方:とびこみ

然はいり込むこと。「—で宿をとる

然はいって来ること。「—の客」「—の仕事

飛び込み競技」の略。「—の選手

飛び込み自殺」の略。「近所で—があった」


飛び込み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

飛び込み

作者平山夢明

収載図書東京伝説ゆがんだ街の怖い話
出版社竹書房
刊行年月2005.5
シリーズ名竹書房文庫


飛び込み

読み方:トビコミ(tobikomi)

近代水上競技一つ飛び込み競技のこと

季節

分類 人事


飛び込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:37 UTC 版)

飛び込み(とびこみ)とは




「飛び込み」の続きの解説一覧

飛び込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 06:55 UTC 版)

八八」の記事における「飛び込み」の解説

三本立三本(場所によってはねけんも)の手役を公開し競技を始めた人は、3枚持っていた同じ月のに加え残り1枚集めた場合他の競技参加者から1貫もらう。

※この「飛び込み」の解説は、「八八」の解説の一部です。
「飛び込み」を含む「八八」の記事については、「八八」の概要を参照ください。


飛び込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 14:43 UTC 版)

ドゥラーク」の記事における「飛び込み」の解説

雪崩(до завала)ポドキドノイ(飛び込み)またはペレヴォドノイ(転送)で、6上限とせず、守り手の手枚数まで攻撃カード追加できるアメリカ式(американский)攻め手第三者攻撃カード追加できないとき、守り手は、自分で攻撃カード追加し、それに勝つ防御カード出せる。 ずるい(хитрый)守り手勝てなかった攻撃カード出した人は、自分の手札でそのカード勝って手札減らし守り手が取るカード増やせる。この防御カードに対しては、飛び込みはできない厚かましい(наглый)「ずるい」のルールに加えてターン内で初め飛び込むときは、自分で追加した攻撃カードに勝つ防御カード自分で出す。この防御カードには、飛び込みはできないランクでもスートでも (парномастный)ランクが同じカードだけでなく、スートが同じカードでも飛び込める

※この「飛び込み」の解説は、「ドゥラーク」の解説の一部です。
「飛び込み」を含む「ドゥラーク」の記事については、「ドゥラーク」の概要を参照ください。


飛び込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:21 UTC 版)

プール」の記事における「飛び込み」の解説

飛込競技用のプールでは、水深は5メートル上が必要であり高飛び込み用の10メートル、7.5メートル、5メートルの高さの台と、板飛び込み用の3メートルと1メートルの高さの台が設置される。各飛び込み台の端は、プールの上空に張り出した形状になっている

※この「飛び込み」の解説は、「プール」の解説の一部です。
「飛び込み」を含む「プール」の記事については、「プール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飛び込み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「飛び込み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



飛び込みと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

飛び込みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飛び込みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛び込み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの八八 (改訂履歴)、ドゥラーク (改訂履歴)、プール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS