ダイビングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > ダイビング > ダイビングの意味・解説 

ダイビング【diving】

読み方:だいびんぐ

[名](スル)

水中頭から飛び込むこと。また、水泳飛び込み競技

飛びむように宙に身を躍らせること。「—して受け止める」「スカイ—」

水中に潜ること。潜水。「スキン—」

飛行機急降下


ダイヴィング


ダイビング

作者W.サン=ティレール

収載図書わたしは壊れた玩具
出版社扶桑社
刊行年月2006.4
シリーズ名扶桑社セレクト


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:23 UTC 版)

ダイビング (diving) /ダイブdive)は「飛び込み」のことで、広義には水泳競技での飛び込み種目からスカイダイビングまで含まれる。




「ダイビング」の続きの解説一覧

ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 00:22 UTC 版)

スポーツ漫画」の記事における「ダイビング」の解説

ダイビングを扱ったもの。 あまんちゅ!天野こずえぐらんぶる原作井上堅二作画吉岡公威

※この「ダイビング」の解説は、「スポーツ漫画」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「スポーツ漫画」の記事については、「スポーツ漫画」の概要を参照ください。


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 09:35 UTC 版)

アイスホッケー」の記事における「ダイビング」の解説

トリッピングフッキングに対するオーバーリアクション(わざと転ぶ)。

※この「ダイビング」の解説は、「アイスホッケー」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「アイスホッケー」の記事については、「アイスホッケー」の概要を参照ください。


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 03:49 UTC 版)

与那国島」の記事における「ダイビング」の解説

ダイビングの名所として非常に有名な島である。特に冬場西崎見られるハンマーヘッドシュモクザメ)は人気があり、多くのダイバー訪れる。また、人工物とする説もあり、「遺跡ポイント」と呼ばれる与那国島海底地形にも潜ることができる。このポイントは、非常に潮の流れ速いことがあるため、上級者向けポイントであるが、状況によって初級者見ることができるダイビングサービス島内に5軒ある。

※この「ダイビング」の解説は、「与那国島」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「与那国島」の記事については、「与那国島」の概要を参照ください。


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 03:12 UTC 版)

オルペ」の記事における「ダイビング」の解説

ビッゲゼーは堰止め湖であり、ダイビングに都合の良い条件備えている地元ダイバーはしばしゲストダイバーとも出会う。彼らは普通は近くからビッゲゼーに潜りに来るのだが、外国からのグループもいる。オルペにはダイビングスクールの他に潜水クラブ・ビッゲゼー=オルペ e.V. がある。

※この「ダイビング」の解説は、「オルペ」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「オルペ」の記事については、「オルペ」の概要を参照ください。


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 07:01 UTC 版)

ドゥマゲテ」の記事における「ダイビング」の解説

主なマリンスポーツとしてはダイビングが挙げられる。 特にフィリピン有数のダイビングスポットであるアポ島とその周辺海域を始め、海を挟んだセブ州南端部に浮かスミロン島人気が高い。 日本人ダイビング愛好家の間でも、ドゥマゲテ周辺以前から人気が高い。

※この「ダイビング」の解説は、「ドゥマゲテ」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「ドゥマゲテ」の記事については、「ドゥマゲテ」の概要を参照ください。


ダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 01:44 UTC 版)

ファーン諸島」の記事における「ダイビング」の解説

ファーン諸島は、バードウォッチング同じくらいスクーバダイビングポイントとして人気があるダイバー人気がある理由3つある。 長年にわたり何百という船がファーン諸島遭難してダイバー見ることのできる多くの難破船残っているコロニー集まハイイロアザラシ好奇心が旺盛で、水中ダイバー近づいてくることもある。水中で見るアザラシ印象的である。 ファーン諸島では風向きによらずダイビングができるとされている。いつでもどこかに避難場所がある。ダイビングとバードウォッチング両方楽しめるポイントもあり、ウミバト獲る様子を見ることができる。

※この「ダイビング」の解説は、「ファーン諸島」の解説の一部です。
「ダイビング」を含む「ファーン諸島」の記事については、「ファーン諸島」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダイビング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ダイビング

出典:『Wiktionary』 (2021/06/14 10:00 UTC 版)

語源

英語 diving借用

名詞

ダイビング

  1. 水中登ること、潜水

派生語


「ダイビング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ダイビングと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ダイビングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダイビングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイビング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスポーツ漫画 (改訂履歴)、アイスホッケー (改訂履歴)、与那国島 (改訂履歴)、オルペ (改訂履歴)、ドゥマゲテ (改訂履歴)、ファーン諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダイビング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS