競技会とは? わかりやすく解説

競技

(競技会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/06 13:53 UTC 版)

競技(きょうぎ、: competitionコンペティション)は、一定のルールに従って、優劣を競うこと[1]。日本語では英語のカタカナ表現の「コンペティション」も使われ、日常的にはむしろその短縮形の「コンペ」が使用されることも多い。

概説

競技とは一定の規則に従った状態で、何らかの技の優劣を競うことである。

競う内容は様々で、限定は無い。たとえば、何らかの技術であったり、身体的な能力 等々である。大辞泉は「陸上競技」「珠算競技」などの表現を挙げている。競技で競う人を競技者と言う。

競技には様々な分類法がある。たとえば個人の優劣を競う「個人競技」とグループの優劣を競う「団体競技」に分類する方法がある。また 室内/屋外で区分し「室内競技」「屋外競技」に分類する方法もある。競技者の年齢で分類し「ユース競技」「シニア競技」などに分類する方法もある。

なお、遊びやレクリエーションの分野の文献では、「技の優劣を競う遊戯ゲーム)」とも説明されている[2]が、プロ化が進んだ分野においては参加者がプロフェッショナルの職業生命やそれによる収入をかけて競技を行っている場合もあるので、そのような場合の競技会というのは「遊戯(遊び)」とはほど遠い雰囲気となっていることも多々ある。

競技会

競技を行うための会あるいは集い(つどい)を競技会と言う。外来語を好む人は「コンペ」と言う。

何らかの主催者によって競技会が計画されることもあり、その場合、あらかじめ日程を決め、あらかじめ参加者(競技者、審判員、運営員など)に告知し、予定日に人々が集合し行われる。

規模が大きい場合や競技種目が多数におよぶ場合は「競技大会」「大会」「選手権大会」とも称される。その分野の協会や競技管理運営団体によって認証されるものも多い。 ルール違反(=反則行為)を行った場合、「失格」「退場」などと判断され、それ以降の競技出場停止となる場合もある。

「本選」と、「予選(予選会)」(本選への参加者を選ぶための競技会)に分類されることがある。

競技会(大会)は、エリアの広さで下記のように分類することも可能である。

競技会が何らかの理由により中止された場合、出場が決まっていた選手・チーム及び開催地に選ばれていた地域の救済、より上位の競技会への出場選手・チームの決定、予定されていた競技会のために新設・増改築した施設の活用などの目的から、予定されていた競技会よりも規模を縮小した「代替大会」が実施される場合もある。

競技会によっては、人口や過去大会の成績などにより地域ごとに競技会に出場できる選手・チームの数を割り振りしており、これは「出場枠」とも呼ばれる。この場合、人口減少や成績不振が顕著な地域の枠を減らし、他の地域にその分を割り当てるなどの調整がされることもある。

競技や競技会の例

運動

各運動競技について国際的に統轄する団体として国際競技連盟(International Sports Federations, ISFs)がある。日本では専ら「スポーツ」の呼称で親しまれている。

※ 上に挙げたのはあくまで運動系の競技のほんの一部である。運動や道具、ルールの種類の数だけ競技があると言ってもさしつかえない。

オリンピックおよびパラリンピック

オリンピックやパラリンピックでは複数の種類(種目)の競技が行われる。

その他、世界選手権大会障害者スポーツで各種スポーツの世界的な競技会について説明。

ボードゲーム、カードゲーム

ボードゲームの数だけ競技や競技会がある。

ビデオゲーム

ビデオゲームの大規模な競技会の最初期のものとしては、1980年にAtariが主催したスペースインベーダーの競技大会「Space Invaders Championship」があり、全米から1万人超が参加した[3]

近年、世界で大規模な競技大会が行われているゲームとしてはen:DotaLeague of LegendsCounter-StrikeCall of Dutyなどがある。

等々等々。

技能・職能

数学、プログラミング
計算
実務系

建築物設計者を選ぶための競技会

  • 設計競技 (多数の設計者にルールや同一の条件などを与え設計の技を競わせて、優れた者の設計を実際の建築・建設に採用する制度):建築・設計以外にも様々な産業分野で行われているビジネス上の慣習

関連項目

脚注

  1. ^ 大辞泉
  2. ^ 遊びの大事典 日本レクリエーション協会監修 東京書籍 1989年 p.56
  3. ^ Phoneia, Space Invaders championship organized by Atari in 1980

競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 01:20 UTC 版)

デービス」の記事における「競技会」の解説

デビスカップ - 男子テニス国別対抗戦原音は「デイヴィス・カップ」に近い発音)。ドワイトにちなむ。 .mw-parser-output .dmbox{display:flex;align-items:center;clear:both;margin:0.9em 1em;border-top:1px solid #ccc;border-bottom:1px solid #ccc;padding:0.25em 0.35em;font-size:95%}.mw-parser-output .dmbox>*{flex-shrink:0;margin:0 0.25em;display:inline}.mw-parser-output .dmbox-body{flex-grow:1;flex-shrink:1;padding:0.1em 0}このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「競技会」の解説は、「デービス」の解説の一部です。
「競技会」を含む「デービス」の記事については、「デービス」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 09:33 UTC 版)

基礎スキー」の記事における「競技会」の解説

全日本スキー連盟(以下SAJ)における技術選、日本プロスキー教師協会(以下SIA)におけるデモンストレーター選考会頂点として、これら大会各地域における予選会やその他大会など、様々な競技会が行われている。下記のような競技種目複数行い合計得点順位を競う

※この「競技会」の解説は、「基礎スキー」の解説の一部です。
「競技会」を含む「基礎スキー」の記事については、「基礎スキー」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 07:10 UTC 版)

パラ馬術競技」の記事における「競技会」の解説

パラ馬術競技の競技会は、国際馬術連盟一般規定に基づき大まかに分けて国内競技会」「国際競技会低いレベル)」「国際競技会(高いレベル)」に分類される。高いレベル国際競技会としては、パラリンピック選手権大会大陸ごと、地方ごとなどを含む)などがある。 パラリンピック1996年バルセロナ大会からパラ馬場馬術競技パラ馬術競技ドレサージュ)を種目採用している。パラ-であるか否かとらわれず馬術競技大会」という視点から見た場合世界でもっとも大規模な馬術競技大会オリンピックであり、2番目がパラリンピックである。パラリンピック実施される競技の中で動物とともに競技するものはパラ馬場馬術競技しかない日本のパラ馬術競技競技者団体ある日障がい者乗馬協会は、最低6箇国上が代表選手参加させ、さらに団体競技開催される「CPEDI3*」以上に分類される競技会で所定以上の成績獲得することを、パラリンピック向けた指定教化選手制度における選手の条件にしている。

※この「競技会」の解説は、「パラ馬術競技」の解説の一部です。
「競技会」を含む「パラ馬術競技」の記事については、「パラ馬術競技」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 16:19 UTC 版)

津山スポーツセンター」の記事における「競技会」の解説

毎年高校全国高等学校総合体育大会美作地区予選会が行われる。

※この「競技会」の解説は、「津山スポーツセンター」の解説の一部です。
「競技会」を含む「津山スポーツセンター」の記事については、「津山スポーツセンター」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 17:30 UTC 版)

サイクルフィギュア」の記事における「競技会」の解説

世界選手権は、国際自転車競技連合により世界室内自転車競技選手権として、毎年各地サイクルサッカーとともに開催されており、日本1984年から出場している。国内では1985年から全日本室内自転車競技選手権開催されている。

※この「競技会」の解説は、「サイクルフィギュア」の解説の一部です。
「競技会」を含む「サイクルフィギュア」の記事については、「サイクルフィギュア」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 11:44 UTC 版)

オリンピック (曖昧さ回避)」の記事における「競技会」の解説

古代オリンピック - 紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて古代ギリシア4年1度行われた競技会。 近代オリンピック - 西暦偶数の隔々年に国際オリンピック委員会開催する世界的なスポーツ大会夏季オリンピック 冬季オリンピック ユースオリンピック - ユース世代(14歳から18歳)を対象としたオリンピック4年1回一般世代五輪とは反対の季節夏季五輪の年は冬季大会冬季五輪の年は夏季大会)で行う。 ジュニアオリンピック - 日本オリンピック委員会 (JOC) 後援の、学童中学生メインにして行われるスポーツ大会古代オリンピック近代オリンピック模して行われる競技会。国際科学オリンピック -国際数学オリンピック 国際物理オリンピック 国際化学オリンピック 国際情報オリンピック 国際生物学オリンピック 国際天文学オリンピック ユニバーシアード学生オリンピックFISMマジックオリンピック医療オリンピックC-1柔道整復師はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師オリンピック

※この「競技会」の解説は、「オリンピック (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「競技会」を含む「オリンピック (曖昧さ回避)」の記事については、「オリンピック (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 02:56 UTC 版)

チェス・プロブレム」の記事における「競技会」の解説

プロブレム創作および解答を競う競技会(tourney)が存在する

※この「競技会」の解説は、「チェス・プロブレム」の解説の一部です。
「競技会」を含む「チェス・プロブレム」の記事については、「チェス・プロブレム」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 15:04 UTC 版)

スカイランニング」の記事における「競技会」の解説

世界選手権2年1度開催される世界王者決定戦2016年スペイン大会で日本チーム国別対抗3位)。 大陸別選世界5大陸ごとに毎年、あるいは2年1度開催されるワールドシリーズポイント戦兼ね場合もある。 スカイランナー・ワールド・シリーズ(SWS):各カテゴリ3~6戦で開催される国際シリーズ戦日本選手権毎年開催される日本チャンピオン決定戦翌年開催される世界選手権大陸別選日本代表選考会兼ねる。 スカイランナー・ジャパン・シリーズ(SJS):各国協会主管し開催されるナショナルシリーズの日本版2015年開始SKYVERTICAL2シリーズおよびジュニアシリーズ開催されている。 ジャパンカップ2015年開始され日本独自の競技会。日本代表選考会兼ねる。毎年山梨県開催される富士登山競走位置付けられている。 バーティカルワールドサーキット(VWC):2009年開始され階段垂直マラソン国際シリーズ戦日本ではハルカススカイラン含まれる

※この「競技会」の解説は、「スカイランニング」の解説の一部です。
「競技会」を含む「スカイランニング」の記事については、「スカイランニング」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 09:15 UTC 版)

バリスタ (コーヒー)」の記事における「競技会」の解説

各国ではバリスタとしての能力技術を競う全国選手権大会開かれており、それらの優勝者らが参加する世界選手権大会として、米国スペシャルティーコーヒー協会欧州スペシャルティーコーヒー協会2000年より開催するワールド・バリスタ・チャンピオンシップWBC)がある。2007年大会は、東京開催された。 日本においては日本スペシャルティーコーヒー協会日本バリスタ協会共催で、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップが2002年より行なわれており、エスプレッソ部門サイフォン部門設けている。

※この「競技会」の解説は、「バリスタ (コーヒー)」の解説の一部です。
「競技会」を含む「バリスタ (コーヒー)」の記事については、「バリスタ (コーヒー)」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 03:04 UTC 版)

わんこそば」の記事における「競技会」の解説

1957年12月に、花巻市の嘉司屋(かじや)で「わんこ相撲冬場所」が開催され多くの参加者集まって何杯食べられるかの競争が行われた。わんこそば多く食べた人を「横綱」「大関」等というのは当時大会開催にあたって趣向凝らし、「わんこそば」を「相撲」になぞらえて開催したことの名残である。その後何度か大会の名称競技方法等を変えながらも今日まで毎年開催され、その歴史60年を超える1976年昭和51年第18回大会から「わんこそば全日本大会」という名称となった。この大会きっかけとなり全国に「わんこそば」が知れ渡り、現在は主として観光客向けの「いわて花巻名物」としてわんこそば食べ方定着し岩手県外でも「食したわんこそばの杯数」が大食い度合いを示す指標一つとしてしばしば用いられるようになっている2015年には、わんこそば全日本大会の歴史実績認められ花巻毎年大会開催されている2月11日が、日本記念日協会に「わんこそば記念日」として登録・認定された。 1986年からは盛岡市でも「全日本わんこそば選手権」という名でわんこそば競技とした大会開催されている。これは、「ニッポンめんサミット」というイベント一部として行われたものが、独立して継続したものである花巻市大会とは、大会時間制限花巻では5分なのに対し盛岡では15分とされているなど、競技方法いくつか異なる。観客動員数花巻市2000人 - 2500人と比べ盛岡市では400人 - 700人と少ない。 主なわんこ蕎麦記録 選手蕎麦重量(g)の数(杯)時間(分)速さ(g/分)速さ(杯/分)競技会小林尊 9,675 387(25g/) 12 806 32 2001年TVチャンピオン開催のネイサンズホットドッグ早食い大会日本予選 鈴木隆将 9,480 632 15 632 42 第33回全日本わんこ蕎麦選手権 中嶋広文 8,355 557(無制限) 60(上限) 139 9 第10回全日本わんこ蕎麦選手権 新井義人 8,145 543 15 543 36 第33回全日本わんこ蕎麦選手権 風間博正 7,950 530 40 199 13 第7回全日本わんこ蕎麦選手権義行 6,765 451 15 451 30 第14回全日本わんこ蕎麦選手権 菅原初代 8,550 570 60 143 10 ローカル番組企画 赤阪尊子 7,050 470 60 118 8 1999年TVチャンピオン なお、花巻市は、2007年10月24日姉妹都市米国アーカンソー州ホットスプリングス市で海外初の本格的なわんこそば大会実施その後10月27日にはニューヨーク岩手県会主催のわんこそば大会技術協力行った花巻市では他に中国など海外でのわんこそば大会なども開催している。

※この「競技会」の解説は、「わんこそば」の解説の一部です。
「競技会」を含む「わんこそば」の記事については、「わんこそば」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 01:59 UTC 版)

卵の戦い」の記事における「競技会」の解説

イングランドでは、卵の戦いは、対戦相手どうし2名1組行われ、2名は卵の尖った側をどちらかの卵が割れるまで繰り返しぶつけ続ける。競技会の優勝者は、最も多くの対戦相手の卵を割った者となる。イングランドのダラムカウンティに所在するPeterlee Cricket And Social Clubにおいて、1983年以降毎年イースター日曜日に、卵の戦い世界大会開催されている。世界大会得られ収益は、Macmillan Cancer Support寄付されている。 ルイジアナ州多くの地域では、卵の戦い真剣な競技イベントである。ルイジアナ州マークスヴィルは、1956年卵の戦い公式行事しており当地がこの公式行事化を行った最初の地であると主張している。かつてはより小さく殻が固いホロホロチョウの卵を用いたイカサマが行われていたが、現在はホロホロチョウの卵による卵の戦い別種目とされている。この競技のための準備真剣な科学となったこんにちでは、どの血統ニワトリいつ頃卵を産ませれば固い殻の卵ができるのかが判明している。ニワトリにはカルシウム分を多く含む餌を与え、たくさん運動させる必要がある競技用いる卵を適切な方法茹でることも重要であり気室が丸い側に来るよう尖った側を下にして茹でなければならないなどといった法則良く知られているまた、優勝者は、卵がイカサマでないことを証明するため、最後に卵を割って食べなければならないというルールがある。

※この「競技会」の解説は、「卵の戦い」の解説の一部です。
「競技会」を含む「卵の戦い」の記事については、「卵の戦い」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:37 UTC 版)

オーガスタ (ジョージア州)」の記事における「競技会」の解説

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブでは、毎年メジャー選手権一つであるマスターズ・トーナメント開催されている。毎年春に行われる大会期間中は、スポーツの中でも最も権威のある大会一つであるマスターズ・トーナメント観戦するために、世界中から集まったゴルフファンでオーガスタ周辺賑わう。オーガスタではディスク・ゴルフ盛んである。オーガスタ・トップ・ガン・シリーズは、プロフェッショナル・ディスク・ゴルフ協会主催する競技会である。これはペンデルトン・キング公園オルムステッド湖など様々な所で開催されている。

※この「競技会」の解説は、「オーガスタ (ジョージア州)」の解説の一部です。
「競技会」を含む「オーガスタ (ジョージア州)」の記事については、「オーガスタ (ジョージア州)」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 04:33 UTC 版)

ヤンヤ・ガンブレット」の記事における「競技会」の解説

2013年、スロベニアユース代表入りクライマーとしてキャリアスタートさせる同年のヨーロッパユース選手権ボルダリング部門出場し初めての大きな大会で優勝飾った2014年世界ユースB選手権リード種目初の国際タイトル獲得2015年7月当時まだ16歳になったばかりのガンブレットは、IFSCクライミングワールドカップ出場資格を初め得た大会ではシニアカテゴリーに初出場リードクライミング総合順位で7位となった同年スウェーデン開催され注目のボルダリングイベント「La Sportiva Legends Onlyでも、ショーナ・コクシー(英語版)、メリッサ・ル・ネヴェ、ユリアーネ・ヴルム(英語版)、アンナ・ストーア(英語版)、を抑えて1位獲得したまた、2015年開催されボルダリングの「Melloblocco」でも優勝した2016年IFSCクライミングワールドカップリードコンバインドのシーズンタイトル、世界選手権リードクライミング世界ユースA選手権リードクライミングボルダリング両方優勝また、ボルダリング世界最高の選手対象とした招待制のコンテストAdidas Rockstars 2016」では、スーパーファイナルでジェシカ・ピルツ(英語版)を破り優勝した2016年2018年にはロックマスターで優勝した2017年ワールドカップリード複合種目優勝ヨーロッパ選手権では複合タイトル獲得しボルダリングではワールドカップヨーロッパ選手権2位となった2018年は、ワールドカップリード複合種目タイトル防衛したが、学校都合もありボルダリングでは7大会中3大会しか参加できなかった。にもかかわらず金メダル2個、銀メダル1個を獲得している。さらに、世界選手権ではボルダリング複合両方優勝リードクライミング世界選手権では、優勝したジェシカ・ピルツよりも11秒遅い4分38秒で最終ルート登りきり、銀メダル終わった2019年、ボルダリング・ワールドカップで、予選6回、準決勝4回、決勝6回で1位獲得し総合ではボルダー課題コース78問中74問を解き全種目通じて男女初となる6戦全勝での完全制覇達成した競技用クライミング歴史上これまでに誰も達成したことがない偉業だった。同年2019年IFSCクライミング世界選手権4種目中3種目を制しリードボルダリングコンバインド金メダルを獲得した。 コンバインドでの優勝により、2020年東京オリンピック出場権獲得した2021年IFSCクライミングワールドカップでは、4月マイリンゲン英語版)でのボルダリング優勝した後、ソルトレイクシティ2位となり、ボルダリングワールドカップでの連勝記録を9回に伸ばした

※この「競技会」の解説は、「ヤンヤ・ガンブレット」の解説の一部です。
「競技会」を含む「ヤンヤ・ガンブレット」の記事については、「ヤンヤ・ガンブレット」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 06:37 UTC 版)

プロスノーボーダーズ アソシエイション アジア」の記事における「競技会」の解説

PSA ASIA Snowboard Pro Tour毎年開催している。

※この「競技会」の解説は、「プロスノーボーダーズ アソシエイション アジア」の解説の一部です。
「競技会」を含む「プロスノーボーダーズ アソシエイション アジア」の記事については、「プロスノーボーダーズ アソシエイション アジア」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 16:48 UTC 版)

競技」の記事における「競技会」の解説

競技を行うための会あるいは集い(つどい)を競技会と言う外来語を好む人は「コンペと言う何らかの主催者によって競技会が計画されることもありその場合、あらかじめ日程決め、あらかじめ参加者競技者審判員運営員など)に告知し予定日人々集合し行われる規模大き場合競技種目多数におよぶ場合は「競技大会」「大会」「選手権大会」とも称されるその分野協会競技管理運営団体によって認証されるものも多い。ルール違反(=反則行為)を行った場合、「失格」「退場」などと判断されそれ以降競技出場停止となる場合もある。 「本選」と、「予選予選会)」(本選への参加者を選ぶための競技会)に分類されることがある。 競技会(大会)は、エリア広さ下記のように分類することも可能である全世界的な規模行われる世界大会世界選手権大会特定の地域文化圏行われる大会地域大会、~圏大会地域選手権大会ヨーロッパ選手権アジア選手権アジア競技大会東アジア大会ポルトガル語圏競技大会など) 一国の中だけで行われる大会米国大会ドイツ大会ロシア大会日本大会など。また日本選手権大会、「国内選手権大会」「全国大会」などの名称も) 一国内の特定地域行われ その国で「地方大会」などと呼ばれているもの 競技会が何らかの理由により中止され場合出場決まっていた選手チーム及び開催地選ばれていた地域救済より上位の競技会への出場選手チーム決定予定されていた競技会のために新設増改築した施設活用など目的から、予定されていた競技会よりも規模縮小した代替大会」が実施される場合もある。 競技会によっては、人口過去大会成績などにより地域ごとに競技会に出場できる選手チームの数を割り振りしており、これは「出場枠」とも呼ばれるこの場合人口減少成績不振顕著な地域減らし他の地域その分割り当てるなどの調整がされることもある。

※この「競技会」の解説は、「競技」の解説の一部です。
「競技会」を含む「競技」の記事については、「競技」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 00:10 UTC 版)

アイリッシュ・ダンス」の記事における「競技会」の解説

組織化されたステップダンス競技会は「フェシュアイルランド語feis発音:ˈfɛʃ、複数形: feiseanna、「フェスティバルの意味)」と呼ばれる。しかし厳密にはこれは音楽技術の競技会である。より正しダンス競技会の呼び方は「フェイラ(Féile発音:/ˈfeɪlə/)」になるが、どちらの語でも交換可能である。ダンス競技会は年齢技術レベル分かれている。それぞれのレベル呼び方は国や地方スコットランドアメリカ合衆国カナダメキシコなどを含む)によって異なるアイリッシュダンス組織団体はいくつかあり、それぞれの規定に従って競技会が行われるものであり、所属している団体外での競技会への参加できない世界にある団体、また競技会はアイルランドを始めアメリカ、カナダオーストラリアその他ヨーロッパ中心に存在する各地催される毎年チャンピオン競技会は「Oireachtas発音:/oʊˈrɒktəs/)」と呼ばれるダンサーはたちは年齢ごとにOireachtas Rince na Cruinneと呼ばれるワールド・チャンピオンシップ勝ち上がるそのため条件は競技会・地域によって異なる

※この「競技会」の解説は、「アイリッシュ・ダンス」の解説の一部です。
「競技会」を含む「アイリッシュ・ダンス」の記事については、「アイリッシュ・ダンス」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 02:32 UTC 版)

東京マラソン2013」の記事における「競技会」の解説

大会からワールドマラソンメジャーズ開幕戦位置づけられたこともあり自己最高記録2時間4分台のランナーが4名 エントリーするなど高速レース期待されペースメーカー設定タイム2時間5分11秒に設定されていた が、当日は強風のためにペースメーカーペース思うように上がらず5kmごとのスプリット15分台前半 というスローペースとなり、ペースメーカー外れた30kmから一気ペース上がるというレース展開となった日本人選手トップ4位前田和浩九電工)。日本陸上競技連盟モスクワ世界陸上代表選考レースにおける世界陸上派遣設定記録(代表内タイム)を「2時間7分59以内での日本人1位」に設定していた が、前田タイム2時間8分0秒で表内タイムに1秒だけ及ばなかった。前田2月3日行われた別府大分毎日マラソン2時間8分15秒で制した川内優輝埼玉県庁)の「日本人トップを争う醜いレースはしたくなかった」という発言刺激を受けていたという。 前回2位日本人選手トップ)でロンドンオリンピック表の藤原新ミキハウス)は招待選手として出場エントリー行っていたものの、直前になって太ももハムストリング)半腱半膜様筋炎症のため欠場したまた、4年連続出場2011年の日本1位川内優輝スケジュールの都合で当初から出場回避している。

※この「競技会」の解説は、「東京マラソン2013」の解説の一部です。
「競技会」を含む「東京マラソン2013」の記事については、「東京マラソン2013」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/12 12:20 UTC 版)

ロボット相撲」の記事における「競技会」の解説

RoboChallenge Biggest robotics competition held in Bucharest, Romania RoboCore Winter Challenge Biggest robotics competition held in Brazil. BattleLab Robotica Annual competition in Cluj-Napoca, Romania International RoboGames Annual competition with global sumo contestants Istrobot Annual robotic competition in Bratislava held Mini-Sumo category until 2011 Milford Autonomous Robotics Competition Annual competition near Cincinnati, OH Robofest RoboSumo Competition RobotChallenge Annual robotic competition in Vienna with Standard-, Mini-, Micro-, Nano-, Lego- and Humanoid-Sumo Official French Tournament Robot sumo Angers Annual French robotic competition in Angers Southern Illinois University Edwardsville's Robot-Sumo Competition BalticRobotSumo Annual Standard-Sumo, Mini-sumo and Roomba-Sumo robotic competition in Latvia, Lithuania and Estonia Robot-SM The Swedish Robotics Championship with Standard- and mini-sumo. 表 話 編 歴 相撲大相撲 番付 幕内横綱横綱大関三役大関 関脇 小結 前頭 十両関取幕下 幕下付出 三段目 序二段 序ノ口 前相撲 (力士養成員) 力士記録横綱一覧 大関一覧 関脇一覧 小結一覧 力士一覧 現役中に死亡した力士一覧 40歳以上まで現役を続けた力士一覧 優勝力士一覧 幕内最高優勝の記録一覧 優勝決定戦 (相撲) 年間最優秀力士賞 年間最多勝 三賞殊勲賞・敢闘賞技能賞幕内最高優勝賞品 連勝記録 連敗記録 超五十連勝力士碑 全6場所制覇 千秋楽結びの一番 年寄・行司年寄名跡 現役年寄一覧 立行司 木村家 木村庄之助 式守家 式守伊之助 三太夫 勝負審判 相撲界角界一門 相撲部屋 呼出 床山 若者頭 世話人 相撲教習所 新弟子検査 力士会 本場所土俵 土俵入り 横綱土俵入り 露払い 太刀持ち 取組(割) 座布団の舞 水入り 弓取式 花相撲日本大相撲トーナメント 明治神宮相撲大会 最強決定戦 NHK福祉大相撲 社会福祉大相撲 乙亥大相撲 引退相撲 断髪式 還暦土俵入り 初切 団体・施設日本相撲協会 横綱審議委員会 相撲競技監察委員会 両国国技館 大阪府立体育会館 愛知県体育館 福岡国際センター 蔵前国技館 大阪国技館 江戸相撲会所 福岡スポーツセンター 九電記念体育館 マスメディア大相撲中継 待ったなし大相撲 OH!相撲 大相撲ダイジェスト 幕内の全取組 相撲 大相撲をより面白く観る方法 大相撲マガジン 劇戦!大相撲 大相撲ジャーナル 不祥事・騒動嘉永事件 新橋倶楽部事件 三河島事件 春秋園事件 佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件 トンガ人力士廃業騒動 八百長問題 力士大麻問題 野球賭博問題 時津風部屋力士暴行死事件 技量審査場所 関連項目大相撲出身のプロレスラー一覧 ハッキヨイ!せきトリくん アマチュア相撲日本相撲連盟 国際相撲連盟 女子相撲 世界選手権 世界女子 ワールドゲームズ 世界ジュニア 世界女子ジュニア 全日本アマチュア横綱全日本女子 国体 実業団実業団横綱学生学生横綱高校高校横綱中学生中学生横綱わんぱくわんぱく横綱小学生 世界相撲沖縄角力沖縄本島ブフモンゴルシュアイジャオ中国クシュティーインドシルム朝鮮半島ヤールギュレシトルコチャン・バブカンボジア各種相撲女相撲 腕相撲 指相撲 手押し相撲 足相撲 尻相撲 紙相撲 昆虫相撲 ロボット相撲 相撲用語大相撲の決まり手一覧 大相撲隠語一覧 あ行相星 明荷 あんこ あんま 泉川 一番出世 痛み分け えびすこ おっつけ 大銀杏 大坂相撲 恩を返す か行顔じゃない かち上げ 勝ち越し ガチンコ 角番 髪結 かわいがり がぶり 閂(かんぬき決まり手 給金相撲 金星 禁じ手 稽古 化粧廻し 懸賞 興行 公傷制度 ごっつあん これより三役 こんぱち さ行座頭相撲 三段構え 志賀清林 四股名 四十八手 死に体 しょっぱい 手刀 巡業 新序 スカす 上覧相撲 千秋楽 そっぷ そんきょ た行(たく) 立合い力水 ちゃんこ鍋 ちゃんこ番 塵手水ちりちょうず付け人 突っ張り 手合(てあい) 手刀てがたな鉄砲 天覧相撲 徳俵 止め名 巴戦 取り直し な行中入 中剃り 中日二枚鑑札 ヌケヌケ 猫騙し 根岸流行端八番相撲 初土俵 花道 張出 張り手 独り相撲不浄負け 不戦勝 ぶちかまし ぶつかり稽古 変化 星取表 ま行巻き替え 髷(まげ) 負け越し 枡席 股割り 待った 廻し 満員御礼 水入り 向正面 物言い 申し合い もろ差し や行優勝額 吉田司家 寄り ら行力士褒賞金 わ行若者頭団体・施設国際相撲連盟 相撲博物館 葛城市相撲館 神魂神社 野見宿禰神社 関連項目神道 注連縄 武道 古武道 国技 当麻蹴速 野見宿禰 相撲甚句 相撲茶屋 タニマチ 好角家 相撲絵 この項目は、工学・技術関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:技術産業)。

※この「競技会」の解説は、「ロボット相撲」の解説の一部です。
「競技会」を含む「ロボット相撲」の記事については、「ロボット相撲」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 18:16 UTC 版)

トライアル (オートバイ)」の記事における「競技会」の解説

トライアル世界選手権1975年から始まった初代世界チャンピオンはマーチン・ランプキン(イングランド)。息子ドギー・ランプキン1997年から7年連続世界チャンピオン世界選手権通算99勝を達成した2018年現在世界選手権ではトニー・ボウが絶対王者として君臨しており、2007年から世界選手権11連覇2018年には参戦200目にして勝利数前人未到通算100勝を達成した世界選手権並行して1984年からは国別対抗戦としてトライアル・デ・ナシオン開催されている。ここではスペイン絶対的な強さ見せており、イギリスフランス日本スペイン挑むとなっている。 ヨーロッパ中心に人気があるトライアル世界選手権も、マシン進化ライダーテクニックの向上により、近年ではますますセクション難易度高ま傾向にある。観客動員増を目論んだ2日間制競技も、転戦するファクトリーライダーへの負担大きく、より巨大なチーム有利な状況作り出してしまい、若手プライベーター好成績を望む事が難しくなるなど、自動車レース似たような状況陥ってしまった。それによって現在では世界選手権へ参加台数減少する傾向顕著になってきた。事態憂慮しFIMでは、2000年度より若手登竜門クラスとして世界選手権ジュニアクラスを、2004年度よりユース125クラス新設、さらにコスト削減目的2006年度からは、ヨーロッパ地域での世界選手権1日大会戻したまた、セクション難易度の上昇による参加者減少対処する為、ノーストップ・ルールの再導入検討されている。 世界選手権やデ・ナシオン以外の有名な競技会として、イギリススコットランド行われるスコティッシュ6日間トライアルScottish Six-Days Trial:SSDT)がある。文字通り6日間という長期にわたって行われるこの競技会は、通常のトライアル競技会のように一定の敷地内セクション固めて設置するではなくスコットランド各地に分散してセクション設置しセクション間の移動競技車が公道自走し移動する形で行われるこのような競技形態をツーリングトライアルという。 ここまで記されてきたトライアル競技全て屋外で行われるものであり、アウトドアトライアルと総称される。これに対し少数の人的に製作されセクションスタジアムアリーナなどの屋内施設設置して行われるトライアル競技をインドアトライアルと呼ぶ2001年からはインドアトライアル世界選手権開催されており、2005年行われたワールドゲームズでは公開競技採用された日本では1973年MFJ主催第1回全日本トライアル選手権始まる。初代全日本チャンピオン木村治男(ヤマハ)である。全日本選手権全国転戦し現在では年間7~8戦開催されている。全日本選手権頂点として、日本各地を8ブロック全道東北関東中部・近畿四国・中国九州)に区切った地方選手権開催されている。地方選手権の下では各県大会開催され上位選手権への登竜門としての性格を持っているが、最近では楽しとしてのトライアル大会を望む声が多く岩手県毎年行われる出光イーハトーブトライアルをはじめとして、気軽に楽しめる各地のツーリングトライアルやトライアル大会賑わい見せている。

※この「競技会」の解説は、「トライアル (オートバイ)」の解説の一部です。
「競技会」を含む「トライアル (オートバイ)」の記事については、「トライアル (オートバイ)」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 10:04 UTC 版)

フリークライミング」の記事における「競技会」の解説

人工壁を用いて厳密なルールのもとに行う競技に関しては、基本的にフリークライミングとは概念が異なるのでスポーツクライミング記事を参照のこと。

※この「競技会」の解説は、「フリークライミング」の解説の一部です。
「競技会」を含む「フリークライミング」の記事については、「フリークライミング」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 08:58 UTC 版)

ワルツ (ダンス)」の記事における「競技会」の解説

インターナショナルスタイル競技ダンスではスタンダード分類されて、1種目に踊ることが多い。

※この「競技会」の解説は、「ワルツ (ダンス)」の解説の一部です。
「競技会」を含む「ワルツ (ダンス)」の記事については、「ワルツ (ダンス)」の概要を参照ください。


競技会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/25 08:46 UTC 版)

世界アイスアート選手権」の記事における「競技会」の解説

この大会は、写実主義抽象表現主義分割されそこから3つの部門分かれるSingle Block Classic 2人チームが、5フィート x 8フィート x 3フィート (4 tons)の氷1ブロック2日間かけて彫刻する部門重機使用できない。 Multi-Block Classic 4人のチームが、4フィート x 4フィート x 3フィートの氷12ブロック5日間かけて彫刻する部門重機使用許可されている。 Fairbanks Open アマチュア彫刻家参加できる。特に制限が無い部門

※この「競技会」の解説は、「世界アイスアート選手権」の解説の一部です。
「競技会」を含む「世界アイスアート選手権」の記事については、「世界アイスアート選手権」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「競技会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「競技会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「競技会」の関連用語

競技会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



競技会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競技 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデービス (改訂履歴)、基礎スキー (改訂履歴)、パラ馬術競技 (改訂履歴)、津山スポーツセンター (改訂履歴)、サイクルフィギュア (改訂履歴)、オリンピック (曖昧さ回避) (改訂履歴)、チェス・プロブレム (改訂履歴)、スカイランニング (改訂履歴)、バリスタ (コーヒー) (改訂履歴)、わんこそば (改訂履歴)、卵の戦い (改訂履歴)、オーガスタ (ジョージア州) (改訂履歴)、ヤンヤ・ガンブレット (改訂履歴)、プロスノーボーダーズ アソシエイション アジア (改訂履歴)、競技 (改訂履歴)、アイリッシュ・ダンス (改訂履歴)、東京マラソン2013 (改訂履歴)、ロボット相撲 (改訂履歴)、トライアル (オートバイ) (改訂履歴)、フリークライミング (改訂履歴)、ワルツ (ダンス) (改訂履歴)、世界アイスアート選手権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS