daとは? わかりやすく解説

ディー‐エー【DA】


ディー‐エー【DA】


ディー‐エー【DA】


DA(分配増幅器) 【Distribution Amprifier】


ジフェニルクロロアルシン

分子式C12H10AsCl
その他の名称クラークI、ブルークロス、催くしゃみガスClark I、Blue crossSneezing gas、Diphenylchloroarsine、DA、Chlorodiphenylarsenic、Chlorodiphenylarsine、Diphenylarsino chloride
体系名:ジフェニルクロロアルシン、クロロジフェニルアルシン、クロロジフェニルひ素、ジフェニルアルシノクロリド


L‐ドーパ

分子式C9H11NO4
その他の名称レボドパレボドーパ、Levodopa、(-)-3-Hydroxy-L-tyrosine、ドパルル、ドパール、ラロドパ、ドパストン、Dopasol、Larodopa、Dopaston、Doparl、ドパソール、ドパゾール、ビオドパ、ベンドパ、(-)-ドーパ、L-ドーパ、デアドーパ、ブロカドパ、Insulamina、Helfo dopa、ドパリナ、L-DopaDopa、Dopar、Dopaflex、Dopalina、(-)-Dopa、Eldopal、Deadopa、DA、インスラミナ、エルドパール、ラロドーパ、Brocadopa、Biodopa、Bendopa、Doprin、Dopastral、ドパフレックス、ドーパ、ドパルキン、ドパストラール、ヘルホドーパ、ドプリン、レドーパ、パルドーパ、ベルドーパ、Pardopa、Levopa、Leodopa、Ledopa、Ro-4-6316、Veldopa、(-)-3,4-Dihydroxy-L-phenylalanine、(-)-3-(3,4-Dihydroxyphenyl)-L-alanine、3,4-Dihydroxy-L-Phe-OH、3,4-Dihydroxy-L-phenylalanine、3,4-Dihydroxyphenylalanine、3-Hydroxy-L-tyrosine、DOPA、ドパイダン、Dopaidan、L-DOPA、ジヒドロキシフェニルアラニン、Dihydroxyphenylalanine、3-Hydroxytyrosine、(2S)-2-Amino-3-(3,4-dihydroxyphenyl)propanoic acid、Doparkine
体系名:(S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロパン酸3,4-ジヒドロキシ-L-Phe-OH、(2S)-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-アミノプロパン酸、(S)-α-アミノ-3,4-ジヒドロキシベンゼンプロパン酸(S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロピオン酸、3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-L-アラニン(-)-3-ヒドロキシ-L-チロシン(-)-3,4-ジヒドロキシ-L-フェニルアラニン(-)-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-L-アラニン3,4-ジヒドロキシ-L-フェニルアラニン3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン、3-ヒドロキシ-L-チロシン、3-ヒドロキシチロシン、(2S)-2-アミノ-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)プロパン酸


Da

名前 デ; ダ; ザ; ダータアディ

D/A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2006/09/20 05:31 UTC 版)

D/A



デカ

(da から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:24 UTC 版)

デカ(deca, 記号:da)は国際単位系 (SI) および日本の計量法におけるSI接頭語の一つで、基礎となる単位の101(=10)倍の量であることを示す。decaを用いた単語に、decahedron(十面体)、decade十年間)、decathlon(十種競技)などがある。


  1. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 産業技術総合研究所、計量標準総合センター、2020年4月。pp.132-133、第11回 国際度量衡総会(CGPM),1960年, 決議12


「デカ」の続きの解説一覧

DA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/01 07:33 UTC 版)

DA(ディーエー)




「DA」の続きの解説一覧

DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:12 UTC 版)

ワイズマン弟子のひとり。スーツ七三分け髪型メガネと、人ごみ中にいれば埋没してしまうほど個性がないワイズマン指示で、ガルボア大統領であるリカルド接触している。

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「死がふたりを分かつまで」の解説の一部です。» 「死がふたりを分かつまで」の概要を見る


DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:12 UTC 版)

ワイズマン弟子のひとり。スーツ七三分け髪型メガネと、人ごみ中にいれば埋没してしまうほど個性がないワイズマン指示で、ガルボア大統領であるリカルド接触している。

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「死がふたりを分かつまで」の解説の一部です。» 「死がふたりを分かつまで」の概要を見る


DA(ダークサイドアームズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/15 04:37 UTC 版)

世界犯罪情勢一変させた世界的規模巨大犯罪組織。その目的世界大戦巻き起こすことにあるという。主に世界中テロリスト犯罪組織武器密輸など。世界中に支部がある模様会長 DAの会長で、絶斗・絶弐の父親である。詳し素性不明鳳 絶斗おおとり ぜっと) DAの幹部にして、絶弐の兄。自らもゴリアテ乗り込み戦闘をする。 同作者の作品GO DA GUN』に、旗野 絶斗(はたの ぜっと)という容姿と名前が似たキャラ登場する社長仮称日本支部神保町支店潜伏している。変形ビルロボット・クライムビルにある脱出ポッド海外脱出を図るが、最後ウルフマンによって、生死不明になる。 豊田(とみた) 日本支部神保町支店潜伏している社長秘書クライムビルにある脱出ポッド海外脱出を図るが、最後ウルフマンによって、脱出ポッド外に投げ出された。 金田(かねだ) 日本支部神保町支店勤務する専務クライムビル DAの支社ビル普段はビルだが巨大なロボにも変形する各地に存在するようだが、すでにザコメカ扱いである。頭部脱出ポッドになっているゴリアテ DAが対インターセプター用に開発した最新鋭戦闘機兵。戦車並み火力装甲を持つ恐竜ようなデザインメカ走行形態変形もする。口にガトリング砲があり、パト犬装甲容易に撃ち抜く威力がある尻尾先に大砲並み武装有り

※この「DA(ダークサイドアームズ)」の解説は、「パト犬」の解説の一部です。» 「パト犬」の概要を見る


DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 21:26 UTC 版)

Disciplinary Actionの略で、建前警備員互助組織だが、実際はその名が示す通り懲戒処分になった警備員たちが始めた秘密結社。「正義」の実現のためには手段を選ばない過激派で、活動証拠を消すためにはあらゆる手段使い殺人厭わない。その理念賛同する警備員および元警備員さらには権力者などのシンパから情報資金技術供与され肥大化したこともあり高い技術力と行動力を誇る。ただし、あまりの過激さゆえ合流後敵対する者もいる。

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「とある科学の一方通行」の解説の一部です。» 「とある科学の一方通行」の概要を見る


DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:12 UTC 版)

ワイズマン弟子のひとり。スーツ七三分け髪型メガネと、人ごみ中にいれば埋没してしまうほど個性がないワイズマン指示で、ガルボア大統領であるリカルド接触している。

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「死がふたりを分かつまで」の解説の一部です。» 「死がふたりを分かつまで」の概要を見る


DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:08 UTC 版)

『とある科学の一方通行』登場懲戒処分された警備員たちが組織した秘密結社

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の解説の一部です。» 「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の概要を見る


DA(ディーエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:08 UTC 版)

『とある科学の一方通行』登場懲戒処分された警備員たちが組織した秘密結社

※この「DA(ディーエー)」の解説は、「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の解説の一部です。» 「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

daのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



daのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.daの記事を利用しております。
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD/A (改訂履歴)、デカ (改訂履歴)、DA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの死がふたりを分かつまで (改訂履歴)、死がふたりを分かつまで (改訂履歴)、パト犬 (改訂履歴)、とある科学の一方通行 (改訂履歴)、死がふたりを分かつまで (改訂履歴)、学園都市 (とある魔術の禁書目録) (改訂履歴)、学園都市 (とある魔術の禁書目録) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS