法令とは?

ほう‐れい〔ハフ‐〕【法令】

法律命令また、条例規則などを含めることもある。

おきて。きまり。定め


ほう‐れい ハフ‥ 【法令】

〔名〕

① おきて。のり。きまり。定め法度

続日本紀和銅二年(709)一〇月丙申「非百姓慢法令

太平記14C後)二「再犯赦さざるは法令の定る所なれば」〔戦国策‐秦策・一〕

② 特に、公家の法。朝廷の法。武家の法である式目置目条々などに対する語。

中右記承徳元年(1097)正月二七日「兼倭漢之学、〈略〉法令之事、能源底、誠是朝家重臣也」

法律命令。このほか条例規則その他各種の法形式含めていう場合もある。

民法明治二九年)(1896)二条外国人は法令又は条約禁止ある場合を除く外私権享有す」

成文法のこと。不文法などに対する語。

三代格‐一・弘仁格式序(820)「古者世質時素、法令未彰、無為而治」

刑法明治四〇年)(1907)八条本法総則は他の法令に於て刑を定めたるものに」

(5) 相術家の用語で、小鼻両脇から下の方にかって出る筋をいう。

五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉六「せ皺びたる顔に深く長く痕いたる法令(ハフレイ)の皺溝を」〔神相全篇‐巻一・流運気部位歌〕


法令 (ほうれい)

 法律命令地方公共団体条例含めていうこともある。

法令

英語 law

通常、国が制定する法律命令総称した言葉クルマ関連する法律については、道路運送車両法大気汚染防止法騒音規制法などがある。法律国会議決経て制定される法令で、憲法次いで命令規制優先する効力をもつ。命令には法律円滑運用をはかるための、内閣制定する政令および大臣制定する省令があり、クルマ関連する政令については道路運送車両法施行令自動車登録令、また省令には道路運送車両保安基準自動車型式指定規則などがある。これらの法律政令および省令官報公布される。

参照 省令政令
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

法令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 21:27 UTC 版)

法令(ほうれい、英: laws and regulations)とは、一般に、法律議会が制定する法規範)と命令行政機関が制定する法規範)の総称。日本法における用語法としては、日本の法律と命令のほか、日本国憲法条例最高裁判所規則訓令などを「法令」に含めて指す場合もある。


  1. ^ “日本法令検索”. 国立国会図書館. https://hourei.ndl.go.jp/#/ 2020年1月7日閲覧。 
  2. ^ Translations of Japanese Laws and Regulations 法令翻訳データ集 - 内閣府
  3. ^ 「帝国憲法第八条第一項ニ依リ」又は「帝国憲法第七十条第一項ニ依リ」と記載。



法令

出典:『Wiktionary』 (2018/08/20 08:13 UTC 版)

名詞

ほうれい

  1. 法律及びそれに基づいて行政機関によって制定される命令

発音

ほ↗ーれー

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「法令」に関係したコラム

  • CFDのレバレッジ比較

    CFDで取り扱われるコモディティや株価指数、株式、債券では、レバレッジを効かせた取引が可能です。日本国内のCFD業者の場合、コモディティでは商品先物取引法が適用され、株価指数、株式、債券では金融商品取...

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

  • 株式の投資判断とは

    株式の投資判断とは、証券会社などの証券アナリストが銘柄を分析して投資判断を下すことです。投資判断では、「1、2、3」のような数字で表現したり、「売り、買い、中立」、「Underweight、Overw...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法令」の関連用語

法令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS