協定とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 協定 > 協定の意味・解説 

きょう‐てい〔ケフ‐〕【協定】

読み方:きょうてい

[名](スル)

紛争競争などを避けるため、協議して取り決めをすること。また、その事柄。「業者間で価格を―する」

国家間文書による合意条約一種であるが、条約ほど厳格な形式とらない。「日米漁業―」


協定

読み方:キョウテイ(kyoutei)

外交文書の一。


協定

作者ドナルド・バーセルミ

収載図書アマチュアたち
出版社彩流社
刊行年月1998.10
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 16:39 UTC 版)

協定(きょうてい)とは、当事者間における何らかの合意のこと。




「協定」の続きの解説一覧

協定(きょうてい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/02 23:18 UTC 版)

葉桜が来た夏」の記事における「協定(きょうてい)」の解説

草津協定のこと。居留区の設置によるアポストリ行動範囲限定共棲体の定義など、ヒトアポストリ同士取り決め

※この「協定(きょうてい)」の解説は、「葉桜が来た夏」の解説の一部です。
「協定(きょうてい)」を含む「葉桜が来た夏」の記事については、「葉桜が来た夏」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:38 UTC 版)

法令」の記事における「協定」の解説

当事者間の取るべき処置について取り決めた合意総称である。覚書念書協議書等が該当する

※この「協定」の解説は、「法令」の解説の一部です。
「協定」を含む「法令」の記事については、「法令」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 08:23 UTC 版)

アメリカ・イギリス相互防衛協定」の記事における「協定」の解説

こ の協定によりアメリカとイギリスは、それぞれの核兵器設計開発および生産能力」を改善することを目的とする機密情報交換することが出来るようになった。この協定には、核兵器使用防護関わる人員訓練、敵の能力評価核兵器運搬システム開発、および軍用原子炉研究・開発設計といった防衛計画含まれている。協定により、特別な関連の物質例えプルトニウム高濃度濃縮ウラントリチウム)や、部品装備、および、「核兵器非核部分」の両国間移転可能になった。協定は、イギリス最初の原子力潜水艦ドレッドノート組み込まれたアメリカ潜水艦用核推進プラント完全な一式およびその濃縮ウラン燃料輸出をもカバーしている。この協定により、イギリスネバダ核実験場における地下核実験実施することも可能であり最初の核実験1962年3月1日行われた。 この協定では、機密情報事項カバーされているが、イギリス政府は協定のこの部分公開しなかった。「なぜなら、重要な機密事項秘匿する必要があるし…核拡散助長してしまうかもしれないからだ」。この協定により、以前相互防衛目的とする情報に関する協力合意1955年)は差し替えられた。1963年4月6日別途ポラリス売却協定 (Polaris Sales Agreement) が署名された。

※この「協定」の解説は、「アメリカ・イギリス相互防衛協定」の解説の一部です。
「協定」を含む「アメリカ・イギリス相互防衛協定」の記事については、「アメリカ・イギリス相互防衛協定」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 20:23 UTC 版)

ジェンティローニ協定」の記事における「協定」の解説

ジェンティローニ協定は、1913年イタリア総選挙準備過程における、カトリック教徒有権者と、ジョリッティ指導する自由党立候補者カトリックの方針(特にカトリック系私立学校への補助金および離婚認め法令への反対)を遵守する約束した者との間での秘密の取引から生まれた200を超える者がこの協定の結果当選した推定されており、この人数はジョリッティ多数派を握るのに充分であった短期的に自由主義者らの力が強まったとはいえイタリア社会党有権者19%から23%に相当する多くの票を得たかつてはジョリッティ穏健な社会主義者(および他の小政党)も自分たちの勢力組み入れていた。ジョリッティ自身は政党には反対であり政治において不和招き紳士ゲーム」を損なものである考えていた。 ジェンティローニ協定は、社会主義者や、ジョリッティ支持者のうち反聖職者主義的な者からの批判受けたこれらの者は、教会を、進歩阻む防波堤だと考えており、ジョリッティに対しこれまで行ってき協力裏切られたと考えた社会主義者らは、ジョリッティも、自由主義政権も、二度と信じようとはしなかった。 これによりイタリア社会党なかでも革命派イタリアにおいて力を持つようになったが、バチカンもまた政治に対する影響力強めることとなった最終的にジョリッティ反聖職者主義的な支持者らにより、1914年3月首相職辞することを余儀なくされ、後任には国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世によりアントニオ・サランドラが任命された。

※この「協定」の解説は、「ジェンティローニ協定」の解説の一部です。
「協定」を含む「ジェンティローニ協定」の記事については、「ジェンティローニ協定」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 16:06 UTC 版)

ヤング案」の記事における「協定」の解説

1930年1月ハーグ行われた会議で、ボリス3世ブルガリア連合国協定し同年恐慌憂き目見た。協定は同月20日付で14条と最終条項から成るオスマン債務管理局さかのぼり、または関係する債権債務関係を整理した。協定原本一通で、フランス批准書と寄調書認証謄本署名国へ一通ずつ送っている。1936年10月7日付で原嘉道が日本語訳を中央大学寄贈しており、現在も同大学に所蔵されている。文言国際決済銀行登場するので、この協定はヤング案不可分である第一条 債権国1923年3月21日議定書により定められたブルガリア賠償債務乙種部分放棄する。なお、イギリス・フランス・イタリアは占領軍に関する自国請求権中の未払い残額放棄する第二条 債権国下記の支払表に定められた金フランヌイイ条約146条で決められたもの)による年金を、本日に至るまで未払いであったブルガリア賠償債務甲種部分全額弁済として受諾する支払期日細則省略した)。 1930年4月1日 500万金フラン 1930年4月1日から1940年3月31日まで 1000万金フラン十回 1940年4月1日から1950年3月31日まで 1150万金フラン十回 1950年4月1日から1966年3月31日まで 12515238金フラン十回 第三条 前条定められた年金無条件の債務構成すべく署名国は今後ヌイイ条約122条の適用放棄する。ただしブルガリア1926年6月10日国際連盟理事会により承認され財政計量したがい1926年7月23日賠償委員会決定により設けられ振替停止手続適用必要なとき要求することができる。年金は、1923年3月21日および1928年9月24日議定書により1923年3月21日支払表の年金振り当てられたものと同一の特別担保付与されモーゲージ)、国際決済銀行交付されるクーポン付き債務証書によって表示される。(後段略) 第四条ブルガリア国立銀行前条に従う主旨第五条 賠償委員会およびブルガリアの(中央同盟国国際委員会与えられた権利権限は、必要な範囲国際決済銀行移転される移譲手続専用委員会設けて方法期日決めさせるが、ブルガリア賠償委員会だけでなく、できればそこへ国際決済銀行からも代表を出したいとしている)。 第八条 ブルガリアは、オスマン帝国債務自国負担する部分について規則的な償還利払をなすため必要な取極を、本協定から半年以内締結し、かつその取極による債務遅滞なく弁済すること。

※この「協定」の解説は、「ヤング案」の解説の一部です。
「協定」を含む「ヤング案」の記事については、「ヤング案」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 00:52 UTC 版)

自動車基準調和世界フォーラム」の記事における「協定」の解説

国連車両装置等の型式認定相互承認協定1958年協定) 1958年国連欧州委員会(UN/ECE)の多国間協定国連車両装置等の型式認定相互承認協定(1958年協定)」が締結され安全・環に関する統一基準国際調和相互承認目的にしている。欧州多くの国々のほか、日本韓国タイマレーシアなどが参加している。 国連車両等の世界技術規則協定(1998年協定1958年協定にアメリカ合衆国参加できなかったことを踏まえ日米欧の主導により成立した協定で相互認証含まない統一的な技術基準策定基準国際調和目的にしている。

※この「協定」の解説は、「自動車基準調和世界フォーラム」の解説の一部です。
「協定」を含む「自動車基準調和世界フォーラム」の記事については、「自動車基準調和世界フォーラム」の概要を参照ください。


協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 05:39 UTC 版)

西・ローゼン協定」の記事における「協定」の解説

協定は東京において、日本の外務大臣西徳二郎男爵駐日ロシア公使ロマン・ロマノヴィッチ・ローゼン男爵の間で交わされた。 協定文では、 両国韓国の独立認め韓国国内政治への直接的な干渉差し控えること 韓国政府依頼軍事または財政顧問を送る前に互いに事前承認求めること ロシア韓国における日本の商工業発展認め商用ならびに経済発展への日本の投資妨害しないこと が合意された。 これにより韓国が日本の勢力範囲になることを暗に認めて日本側の不満をやわらげ代わりに日本満洲におけるロシア勢力範囲暗に認めたであった

※この「協定」の解説は、「西・ローゼン協定」の解説の一部です。
「協定」を含む「西・ローゼン協定」の記事については、「西・ローゼン協定」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「協定」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

協定

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:05 UTC 版)

名詞

きょうてい

  1. 協議して取り決めをすること。また、その内容
  2. 条約一種条約ほど厳重な形式とらない

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
協定-する

「協定」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



協定と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「協定」の関連用語

協定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



協定のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの葉桜が来た夏 (改訂履歴)、法令 (改訂履歴)、アメリカ・イギリス相互防衛協定 (改訂履歴)、ジェンティローニ協定 (改訂履歴)、ヤング案 (改訂履歴)、自動車基準調和世界フォーラム (改訂履歴)、西・ローゼン協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS