産学連携とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > 産学連携の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


産学連携

【英】Academic-Industrial Collaboration

産学連携とは、民間企業大学共同研究商品開発等の事業を行うことを指す。政府自治体といった「官」が関わる場合は、産学官連携または産官学連携とも呼ばれる
主なメリット
・民、官、大学の持つ技術融合させ、新たな技術開発が可能である
学生がより実践的研究に加わることができ、学生育成の場となり得る
・民や官が保持する技術学生伝授できる
・特に大学にとっては研究資金確保にも繋がる
主なデメリット
ステークホルダー増えることにより、意思決定が遅れる可能性がある
両者関係性役割が明確でない(義務役割権利等)

関連ページ
組織活性化と業績向上の関係

産学連携

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/25 19:27 UTC 版)

産学連携(さんがくれんけい)とは、新技術の研究開発や、新事業の創出を図ることを目的として、大学などの教育機関研究機関民間企業が連携することをいう。政府地方公共団体などの「官」を加えて、「産学官連携」「産官学連携」ともいう。


[ヘルプ]


「産学連携」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「産学連携」の関連用語

産学連携のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



産学連携のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2018 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産学連携 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS