ステークホルダーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > ステークホルダーの意味・解説 

ステークホルダー

英語:stakeholder

ステークホルダー(stakeholder)とは、事業者活動を営むことによって何かしら影響または利害関係が生じる相手総称する意味で用いられる言葉投資家消費者従業員取引先会社所在地近隣住民などもステークホルダーに含まれ得る。具体的にどの範囲をステークホルダーとして扱うかは、文脈発話者の考え方などによって違ってくる。

「ステークホルダー」の語源は英語で、stake(掛け金賞金)とholder保有する人)からなる語である。

ステークホルダーと似た語に「ストックホルダー(stockholder)」があるが、ストックホルダーは基本的に株主」のことである(stock株式)。株主のうち議決権有するような人は「シェアホルダー(shareholder)」と呼ばれる。シェアホルダーも日本語では「株主」と訳出される。

ステークホルダーの概念20世紀半ば確立した。当初は、ステークホルダーは組織存続不可欠な者を指す意味合い強かった。今日では、直接利害関係きわめて希薄であっても何らかの関わりが見いだせる相手ならばステークホルダーに含めて扱われ得る。なお、当事者である企業そのものは普通「ステークホルダー」には該当しないものとして扱われるが、該当するものとして扱われる場合もある。

消費者従業員取引先などはステークホルダーに該当するが、それぞれ別個着目する場合にステークホルダーと呼ぶことはまずない。消費者従業員取引先などを「関係者」という共通点においてひと括りに扱う場合にほぼ限って「ステークホルダー」という呼称が用いられる

日本におけるコーポレートガバナンスは、ステークホルダーを中心とする考え方主流といえる。それは、企業株主のものだけではなく、その企業取り巻くステークホルダー皆のものであるという考え方である。その場合、誰がステークホルダーなのかというと株主と、投資家債権者従業員消費者地域社会などが含まれる2015年6月には、東京証券取引所の「コーポレートガバナンス・コード」が施行された。2018年には改正案が発表され、株主以外の従業員顧客取引先地域社会などのステークホルダーとの適切な協働盛り込まれている。

コーポレートガバナンス取り組み具体例花王グループは、2030年までのビジョンを「花王ウェイ」として示している。よきモノづくり通じ豊かな生活文化実現と、社会持続可能性への貢献目指している。パナソニックは、コーポレートガバナンスを重要な戦略基盤位置付けている。7つカンパニー社長外国人執行役員を含む10程度経営幹部から構成される「グループマネジメントチーム」で「グループ戦略会議」を行いそれぞれの担当地域進化変化責任を負うとしている。また、コーポレート戦略本部」「プロフェッショナルビジネスサポート部門」などの体制を築くことでコーポレートガバナンス強化している。

ステークホルダーと関連する言葉は、「ストックホルダー」、および、「ステークホルダーエンゲージメント」「ステークホルダーダイアログ」「ステークホルダーアナリシス」などが挙げられる。

ステークホルダーエンゲージメントとは、企業活動意思決定を行うとき、ステークホルダーの関心事項を理解するための取り組みのことである。ステークホルダーダイアログは、その中に含まれるもので、企業自社社会的活動対するステークホルダーの意見反映するために、ステークホルダーを集め開催する双方向対話のことである。ステークホルダーダイアログを通し企業は、ステークホルダーエンゲージメントを実現していく。ステークホルダーエンゲージメントには、他に従業員対象に行うアンケートや、顧客との電話などが含まれる。ステークホルダーアナリシスとは、ステークホルダー(利害関係者)のアナリシス分析解析)のことで、ステークホルダー分析と言われることもある。事業企画関わるステークホルダーを洗い出し事業企画への影響度や関心度などから属性分析するなどして、事業企画もたらす変化効果網羅的把握して分析する。

ステークホルダーは、極めて広い範囲の人・団体対象となるが、大きく分けて直接的ステークホルダー」と、「間接的ステークホルダー」とに分類できる。直接的ステークホルダーとは、主にユーザー顧客株主従業員取引先金融機関などを指す。企業グループ直接関わりがあり、影響を与える又は受ける人・団体を指す。間接的ステークホルダーとは、従業員家族労働組合公的機関地域社会などの、間接的影響を受けるステークホルダーを指す。こちらは企業グループ活動で、直接的影響は与えないし受けないが、一時的もしくは長期的に、間接的相互作用関係にある人・団体である。日常的にあまり関わりがないので、洗い出しは困難だが、事業にとって重要な要素となる場合があるので、日常的目を向けることが大切だ。

資本主義におけるステークホルダーの重要性とは、過度進行した株主資本主義緩和期待されているところにある。企業は、株主利益のみを優先させるのではなく顧客従業員地域社会など様々な属性のステークホルダーに配慮なければならないという考え方が「ステークホルダー資本主義」である。企業の社会的責任に対して視線厳しくなり、関心が高まってい現代では、企業にとってステークホルダーの存在はより大きくなっているといえるだろう。

ステークホルダー【stakeholder】


ステークホルダー

【英】:Stakeholder

企業利害関係有するあらゆる者を指し、主なものとして株主従業員顧客取引先債権者等が挙げられる。

ステークホルダー

読み方すてーくほるだー

企業における利害関係者のこと。

具体的には
競争相手取引先株主債権者従業員近隣住民・税務局などがいます。


ステークホルダー

【英】steakholder

・ステークホルダーとは、企業経営行動などに対して直接間接的利害が生じる関係者利害関係者)のことをいう。

具体的には、株主消費者顧客)、従業員得意先地域社会などが挙げられる。

・ステークホルダーが注目されるようになった背景には、企業間での持ち合い解消などによる安定株主減少利益のみを追求する経営者による不祥事発生等による企業価値逓減などコーポレートガバナンスを図る役割期待されたことなどが挙げられる。

・現在、企業グローバル化などより、ステークホルダ対象地理的・領域的にも大きく広がってきている。

・従って、企業においても、株主に向けた従来IR活動だけでなく海外なども含めた広範囲IR活動既存株主といった狭義ステークホルダのみならず潜在的なステークホルダーに働きかけることが求められている。加えて、ビジネス支え従業員得意先などに対して利害共有するものとしての取り組み求められるようになってきている。(広義ステークホルダ対す取り組み

上記のような取り組み一例として企業によるCSRへの取り組みなどが挙げられる。


ステークホルダー stakeholder

ステーク(stake)とは‘賭け’という意味。その企業利害関係者例えば、株主顧客取引先一般消費者地域住民政府公共団体などを指す。広報広告活動においては、ステークホルダーの存在を常に念頭に置かなくてはならない

ステークホルダー

【英】:stakeholder

利害関係者と訳される。「ステーク」とは「何かの結果によって失う危険のある大事なもの」で、通常賭け金投資など金銭を指す。企業活動などで使われる場合は、「ステークホルダー」とは企業意思決定によって直接的大きな影響を受ける人々で、投資家株主である。他にも間接に金銭的な利害が生じる対象としてビジネスパートナー、取引先従業員組合利用者消費者)などがある。
最近では、ステークの内容名声生活環境・安全など有形無形なものに拡大して解釈される。社会秩序倫理自然環境に与えるリスク考慮すると、全人類や次世代までステークホルダーに含まれることもある。
国際保健領域で使われるステークホルダーは、介入プロジェクト担当する援助機関相手実施機関直接的便益を受ける対象となるグループ組織、さらにプロジェクト対象ならない間接的便益不利益を受けるグループ組織である。プロジェクトが及ぼす影響拡大して解釈すれば、ステークホルダーの範囲拡大して考えなくてはならないまた、プロジェクト意図的影響を与える集団をターゲット・グループと呼び、ステークホルダーよりは限られた集団である。

ステークホルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 04:14 UTC 版)

ステークホルダー: stakeholder)とは、企業・行政・NPO等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者を指す。日本語では利害関係者(りがいかんけいしゃ)という。具体的には、消費者(顧客)、従業員、株主、債権者、仕入先、得意先、地域社会、行政機関など。


  1. ^ Stockholders and Stakeholders: A new perspective on Corporate Governance. By: Freeman, R. Edward; Reed, David L.. California Management Review, Spring83, Vol. 25 Issue 3, p88-106
  2. ^ JIS Q 14031(環境マネジメントに関する規格)には、「環境に配慮する経営」の視点からステークホルダーを規定している。


「ステークホルダー」の続きの解説一覧

ステークホルダー

出典:『Wiktionary』 (2011/04/15 07:35 UTC 版)

語源

英語:stakeholder転写

名詞

  1. 利害関係者
  2. 投資

関連語

  • シェアホルダー



ステークホルダーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ステークホルダー」の関連用語

ステークホルダーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステークホルダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2021 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2021 Active and Company Ltd. All rights reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2021.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステークホルダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのステークホルダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS