marketingとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > marketingの意味・解説 

マーケティング

英語:marketing

マーケティング(marketing)とは、企業活動における「売れ仕組み構築に関する活動総称である。市場顧客需要明確にし、それに基づき商品作り商品存在広く知らせつつ需要喚起し、そして顧客需要満たし最終的に自社利益にも繋げる、といった一連の戦略的な企業活動総体である。

マーケティングという概念は、世間的には「市場調査ならびに広告宣言」のプロセスが特に念頭に置かれがちではある。しかしマーケティングは販売促進関わるあらゆる要素を含む概念である。企画開発さまざまな人がどのようなものを欲しいと思っているかの調査・研究、客が手に取ってくれるような商品サービス企画開発、そして生産製造、その商品宣伝アピールし欲している顧客のもとへ的確へ知らせ手元届ける、という活動全体が「マーケティング」に含まれる

既存製品を客に押し売りすることはマーケティングの定義から外れる。マーケティングは、市場分析して商品開発し宣伝し、客が自ら欲するように促し自然と商品売れていくようにする販売戦略である。

マーケティングの理念に基づく諸活動は「マーケティング活動」と呼ばれる。マーケティングを効果的に行うための中長期的な方策方針を「マーケティング戦略」という。

マーケティング活動には様々な意義が見いだせる。たとえば、マーケティングによって顧客何を求めるか知ることにより、生産者顧客真に求めている商品開発しさらにはそれを欲している人のもとに的確にその商品届けられるうになるまた、マーケティングを行うことによって、今まで企業側が気づかなかった、潜在的な顧客発掘も可能となる。広告・宣伝効果効率追求ばかりでなく、商品消費者どのように役立ちどのような価値もたらすのかを顧客発見させることで、(値段以外で)十分な競争優位性維持できる。つまり「顧客を得るために価格下げて(=利益下げて企業存続危険にさらすことにつながる」という悪循環から解放される

マーケティングの主な手法としては、かつては全ての人に同様の方法アプローチするマスマーケティング」が主流だったといえるマスメディア発達隆盛して大量消費が盛んであった時代は、消費者ひと括りにして扱って十分な効果期待できた。マスマーケティングには膨大な費用がかかるが、それに見合う成果得られた。

昨今では、インターネット普及浸透により、消費者各自好みにあった商品を見つけることが容易になり、マスマーケティングの手法ではなかなか商品売れなくなっている。そこで売り方最適化する戦略的手法マーケティング戦略)が改め重要になってくる。

マーケティング戦略基本は、どのような消費者向けてターゲットとして)、どのような商品を、どのようにして提供するのか、を考えることである。

まずは、どういった層の顧客商品サービス提供するのか考えるために、現在の価値観ニーズ把握し細分化する必要があるそうすることで自分会社有利な市場がどこにあるのかを見極める。次は、顧客ニーズ価値観さらに詳しく把握して、どんな商品提供するのかを考える。そして、同じよう商品サービス提供している他の会社負けないように、どのような工夫凝らしてサービス提供するかを考える。こうしてマーケティング戦略出来上がる

マーケティング戦略立案と同様、マーケティングリサーチも重要である。マーケティングリサーチは、一般的な消費者標的顧客からマーケティングするのに必要な情報集めて分析調査を行うことである。

マーケティングに用いられる代表的な概念・関連キーワード

マーケティングの手法や概念としては「マーケティングミックス」「マーケティングファネル」「マーケティングオートメーション」などがよく知られている。

マーケティングミックス」は、立案したマーケティング戦略円滑に実行するために、いくつかのツールフレームワーク組み合わせていく方法である。フレームワーク製品価格プロモーション流通4つ観点(「4P」と呼ばれるからなる。この4つ観点から、販売する商品サービス買い手にとって魅力のあるものになっているかを考え必要があるまた、この4P顧客立場から見直したものが「4C」である。マーケティング戦略実行するうえで、この4P4C言葉にして定義することで、商品価格下げたり広告宣伝費用かけたりしなくても、顧客を掴むことが可能となる。

マーケティングファネル」は、企業販売するサービス商品ユーザー認知させ、そして顧客としていくまでの流れ漏斗(ろうと / じょうご / ファネル)形の図式にして可視化した図である。消費者がその企業サービス商品認知することから始まり興味関心を持つ。そしてさらには同じようサービス商品比較してどれがいいのか検討し消費者購入に至る。購入した消費者が他の人に、その商品サービスをよい商品として呼びかけることで新たな購入者獲得するその段階ごとで人数減っていくため、図は漏斗の形で示される

マーケティングファネル活用することで、各段階あわせて効果的に商品宣伝することができる。ファンネルの各段階あわせて効果的に商品宣伝することも可能である。

マーケティングオートメーション」は、顧客獲得のためのマーケティング活動可視化した上で自動化するツールである。たとえば、その企業商品サービスを買う見込みがある顧客が持つ情報や、それ以外のいろん情報一元管理して、メールウェブサイトなどを使ったマーケティング活動自動化する。これによって、商品・サービス購入してくれる可能性が高い見込み顧客効率的にリスト化していける。

マーケティングオートメーションによる見込み顧客リストもとづいて営業活動行えば営業担当者見込み客絞って効果的効率的に活動できる。買う気が全くない人にアプローチするような無駄が省ける

ダイレクトマーケティング」は、広告ダイレクトメッセージなどを通して商品提供する企業が、直接消費者アプローチする手法である。ダイレクトマーケティングメリットは、消費者直接コミュニケーションをとることができるので顧客反応を知ることができ、今後改善策考えやすいということだ。また広告ハガキなどで商品サービス売り込むので、人手少なくてすむ。ただし、利益につなげるまでに少々時間がかかるというデメリットもある。

ステルスマーケティングステマ)は、消費者に対して広告であるということ隠して商品サービス宣伝する行為のこと。手軽にできてしまうし効果期待できてしまうが、ステマはいわば「サクラ」「やらせ」まがいの行為であり、やり方によっては法に問われる可能性もあり、違法でなくともステマ発覚すれば一般消費者から猛烈な反感を買う可能性が高い。

ブランディング」は、その企業独自のブランド作り上げるために様々な活動を行うことである。簡単にいえば「あの商品と言えばあの企業よね」と消費者思い浮かぶように意識づけることがブランディングである。ブランド作り上げるのは商品デザインや、シンボルとなるマーク商品の名前や、宣伝文句どの様々な要素である。ブランドというとブランド品≒高級品」を連想しがちではあるが、「ブランド」は高級品に限った概念ではない。ブランディングをすることによって、その企業商品サービス市場差別化されて、消費者購入されやすくなる

昨今では「インフルエンサー」の存在がマーケティングにおいて重視されつつある。インフルエンサーSNSをはじめ各種メディア強い影響力発揮している人のことである。インフルエンサー自社商品サービス紹介してもらえば多くの人に、強烈な訴求力と共に商品知ってもらい興味持ってもらうことが期待できる。ターゲットユーザーも絞り込みやすく、商品評価主体とする(場合によっては難点紹介される)ため信頼されやすく、紹介者(インフルエンサー)に好感持っている視聴者には商品紹介情報抵抗なく受け入れられやすい。情報拡散媒体が主にインターネットであるため情報収集分析しやすい

マーケティング【marketing】

読み方:まーけてぃんぐ

顧客ニーズ的確につかんで製品計画立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに販売促進努力により、需要の増加新たな市場開発を図る企業諸活動

「マーケティング」に似た言葉

マーケティング

【英】marketing

アメリカ・マーケティング協会はマーケティングを「生産者から消費者に至る財ならびにサービス流れ推進するビジネス諸活動である」と定義した。『ベーシック・マーケティング』の著者E・J・マッカーシーは、マーケティングは顧客から始まるのであって生産過程から始まるのではないとして、マーケティングは「標的市場選定することであり、その標的市場対し、最も適切なマーケティング・ミックス実行することである」としている。フィリップ・コトラーは、顧客誰か(Customers)、競争相手誰かCompetitors)、流通チャネルどうするか(Channels)の3つのCから始め優先順位ポジショニング決め何をProduct)、どのような価格で(Price)、どこで(Place)、どのような販売促進Promotion)で行うかを組み合わせることがマーケティングであるとしている(いわゆる4P)。優先順位ターゲット)とポジショニングマーケティング戦略4つのPはマーケティングの戦術としている(マーケティング・ミックスの項参照)。

マーケティング

【英】marketing

1948年、アメリカ・マーケティング協会設立され、同協会はマーケティングを「生産者から消費者にいたる財ならびにサービス流れ推進するビジネス活動である」と定義した。『ベーシック・マーケティング』の著者であるE.J.マッカシーは、「マーケティングは顧客から始まるのであって生産過程から始まる物ではない」とし、生産者側から高圧マーケティングのあり方否定している。『動態的マーケティング行動』の著者であるW.オルダーソンは、「マーケティングを供給者観点からみるか、消費者観点からみるかで違ってくる」とし、消費者の側に視点を向けるべきであると主張している。オルダーソンは「マーケティングの基本機能品揃え形成活動である」とし、消費者にとって味のある品揃え、物を提供していくことの意思決定が、マーケティング活動根幹であるとしている。つまり、消費者ニーズから始まり、そのニーズ応えていく諸活動がマーケティングであるとしている。

マーケティング marketing

アメリカマーケティング協会はマーケティングを「組織ステークホルダー利益与えるよう、顧客向けて価値創造伝達提供し顧客との関係性管理するための、組織的機能であり一連の過程である」(2004年)と定義し日本マーケティング協会では、「企業および他の組織グローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争通じて行う市場創造のための総合的活動である」(1990年)と定義している。様々な定義存在するが、財・サービス交換に際して需要と供給との間に生ず問題解決する過程、あるいはその技術的体系指して使われることが多い。またその考え方傾向として、顧客消費者志向競争志向価値想像志向などが指摘できる。この志向のもとで、継続的な交換関係創造的に持続していくことが目視される。

マーケティング

読み方まーけてぃんぐ
【英】:marketing

マーケティングとは, 個人組織製品創造行い, 市場での交換通じて自らのニーズ欲求満たすために行う様々なプロセスのことである. マーケティング理論とは, このプロセスを「製品」の送り手側の立場体系化したものである. 送り手側のマーケティング変数マーケティングミックス呼び, 製品(product), 価格(price), プロモーション(promotion), 流通チャネル(place)の4つ分類される.


マーケティング marketing

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆

凡例

市場戦略

販売競争の激化が続く昨今状況にあってはマーケティング市場戦略重要性がいわれているが

意味説明

販売拡大目的として,市場に対して戦略的に取り組むこと

市場活動 市場調査 市場分析

マーケティングリサーチ市場調査


マーケティング

(marketing から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/20 04:49 UTC 版)

マーケティング: marketing)は、価値顧客知覚価値英語版記事)あるプロダクトを提供するための活動・仕組みである[1]。すなわち「顧客クライアント・パートナー・社会にとって価値あるものを、創り伝え届け交換するための、様々な活動・プロセス・組織」がマーケティングと呼ばれる[1]


  1. ^ a b "Marketing is the activity, set of institutions, and processes for creating, communicating, delivering, and exchanging offerings that have value for customers, clients, partners, and society at large. (Approved 2017)" American Marketing Association. Definitions of Marketing. 2022-02-01閲覧.
  2. ^ 酒井光雄編著(2013)『成功事例に学ぶマーケティング戦略の教科書』、p.180-184
  3. ^ yahoo Insight for D 「【解説】サービス・ドミナント・ロジック(SDL)」”. 2019年6月7日閲覧。
  4. ^ : en:American Marketing Association
  5. ^ マーケティングの定義”. 公益社団法人日本マーケティング協会. 202-7-5閲覧。
  6. ^ Kotler, P. et al., 2006. Marketing, 7th ed. Pearson Education Australia, p.7.
  7. ^ 隔月誌「Mi」2006年10月号中小企業診断士 根本寛”. 2019年6月6日閲覧。


「マーケティング」の続きの解説一覧

「Marketing」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「marketing」の関連用語


2
エス‐エム‐エム デジタル大辞泉
92% |||||

3
エム‐エル‐エム デジタル大辞泉
92% |||||

4
エム‐エー デジタル大辞泉
92% |||||

5
エー‐エム‐エー デジタル大辞泉
72% |||||

6
売切りマーケティング デジタル大辞泉
72% |||||

7
瞬間マーケティング デジタル大辞泉
72% |||||


9
DBマーケティング デジタル大辞泉
56% |||||

10
eメールマーケティング デジタル大辞泉
56% |||||

marketingのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



marketingのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2024 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2024 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2024 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマーケティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS