ステマとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ステマの意味・解説 

ステマ

別表記:ステルスマーケティング

ステマ(ステルスマーケティング〉とは、広告宣伝活動であることを消費者秘匿し、一般消費者口コミレビュー装うなどして実施される、広告宣伝活動のこと。当該商品サービス関係者が、善意の第三者による公正な判断装い当該商品サービス高評価好評価)を下すことで、消費者購買意欲刺激ようとすること。

ステマは「ステルスマーケティング」の略であり、その語源は英語の stealth marketing隠密マーケティング活動)である。ただし、英語圏では stealth marketing よりも undercover marketingアンダーカバーマーケティング)という呼称の方がよく用いられる。

欧米ではステマもといアンダーカバーマーケティング法的に禁じられている。日本欧米比べ規制がゆるい。日本では、タレント・スポーツ選手インフルエンサー等によるステマが、ときどき発覚する。

ステマの手法は「有名人依頼して商品紹介してもらう」方法と「口コミサイト高評価レビュー投稿する」方法2種類におおむね大別される。どちらにしても広告目的の「作られた評価」であり、それが秘匿されている、という点に変わりはない。

宣伝広告では商品サービス長所ばかりが言及され、難点は隠されるが、口コミ長所短所忌憚なく論われる。商品サービス品質および満足度確かめ手がかりとしては、宣伝より口コミの方が信頼性が高いといえる。もし自分の好きな有名人がその商品愛好薦めているとなれば、より強い購入動機にもなり得るもしそれがステマでなく真っ当口コミ評価だったらの話であるが。

ステマ自体規制する法律は、2020年現在の日本にはまだない。ただし悪質なステマは法的処罰対象となる場合がある。たとえば、商品サービス内容一部欠陥故意隠し宣伝販売を行うことは「景品表示法」に抵触する場合がある。また、使用経験がない商品体験談投稿するような行為は「軽犯罪法」に抵触する場合がある。

ステマは消費者を騙す行為他ならない。たとえステマが法的セーフであったとしても、大半消費者から倫理的拒絶される。ステマが発覚すると消費者から大きな反感を買ういわゆる炎上さわぎの祭状態に至り不買運動発展することもある。有名人がステマに加担した場合は、当の有名人イメージ低下社会的評価低下といった社会的制裁避けられない

ステマが発覚した場合当事者付与されるネガティブイメージが、どの程度まで定着するかは、状況によって異なる。場合によっては何年経っても忘れ去られず、ウェブ検索エンジン商品名入力した際に「(商品名) ステマ」のように関連キーワードが提示される状況がずっと続くかもしれない。

企業インフルエンサーによるステマが発覚して炎上騒ぎ発展する流れ一例。ある企業美容関係の新製品売り出すために、ステマを実施することを決定。そこで美容専門家としてインスタ多数フォロワーを持つA氏にステマ投稿依頼。A氏は若い女性への影響力大きい、美容カリスマインフルエンサーである。企業製品とを提供する同時に、彼女のインスタ製品に関するポジティブ投稿をするように依頼。A氏は承諾依頼通り投稿を行った。彼女の投稿を目にしたフォロワーはA氏が薦める製品ということ大い注目した。これを契機購入踏み切った者も少なくなかった。同製品は多大売り上げ記録した。企業はA氏に報酬支払った。ところが「宣伝通り効果が得られなかった」という悪評や、入金してから未だに製品が届かないといった苦情が、徐々に増えていった売り上げ鈍化。そして公的機関調査によって企業悪質商品販売する詐欺行為を行っていたこと判明同時にA氏はステマによって不法行為片棒担いでいた(フォロワー騙していた)ことが明らかになる一連の騒動大々的炎上騒ぎ発展企業倒産。A氏は謝意を表したがバッシングは収まらず、インスタアカウント削除個人イメージ低下悪化。この騒動理由に他企業開発したコラボ製品販売中止となり、A氏は影響力社会的地位も失う。

ステマ行為には、いくつかの弊害も生み出している。まずは口コミ混乱と、いわゆる「ステマ厨」を生んだことである。ステマ厨とは、インターネット上の口コミ・レビューに対して「それはステマだ」と指摘するユーザーのことである。とはいえステマ認定大半は明確な根拠もない印象憶測に基づく主観的判断である。ステマを看破する実力者がいないわけではないが、そういう人は稀である。ステマ厨の大半基本的に場を荒ら存在しかない

ステマ行為は、真っ当口コミレビューがステマ認定されてしまう、口コミ信憑性揺らぐ、という懸念にも繋がる。レビュワー自身実際に当該商品サービス利用し、これがかなり好印象だったので、正直に高評価しただけなのに、これが信じてもらえなくなる。ステマ厨にステマ認定され、あまつさえ「ステマ乙」などと言われる

ステマ行為消費者トラブル増加にも繋がる。とりわけ粗悪品がステマの対象になった場合良品はステマに頼らなくても一般消費者口コミによって真っ当に高く評価される。そういう真っ当評価期待できない粗悪品売りつけようとする企業がステマを使う場合が割と多々ある宣伝内容詐欺まがいレベル場合もある。不良品を平気で送る場合もある。商品発送しない場合まである

「ステマの対義語」は特にない。しいて挙げれば「真っ当マーケティング活動ということになるだろうが、言葉の上ではステマもマーケティング下位概念のひとつに過ぎない

ステ‐マ


ステルスマーケティング

別名:ステマ
【英】stealth marketing

ステルスマーケティングとは、消費者宣伝行為販促活動であることを悟られないような形で行われる宣伝販促活動のことである。英語ではundercover marketingアンダーカバーマーケティング)と呼ばれることが多い。

マーケティング」という言葉には市場調査分析競合調査販売戦略立案流通チャネル選定確保、といった多種多様プロセスが含まれ得るが、「ステルスマーケティング」という語におけるマーケティングもっぱら宣伝」の意味において用いられる。

ステルスマーケティングは、典型的には、売り手広告主側から依頼を受けた人物売り手とは無関係第三者を装って好評伝える、という形で行われる中立的立場からの公正な評価あるかのような体で、あるいは一般消費者の素感想という体で、評判がよいことを世間発信するわけであるが、ステルスマーケティングは売り手側から依頼に応じた「仕込み」としてこれが行われる。すなわち「やらせ」である。

ステルスマーケティングは売り手広告主とは無縁第三者感想として伝わるため、一般的消費者素直に受け入れやすい。口コミサイト体験記綴るブログなどに口コミ情報として紛れ込ませればバイラルマーケティング効果狙いやすくなり、あるいはタレント公式ブログテレビ等で発信させればバズマーケティング効果狙いやすくなるといえる

ただしステルスマーケティングは、それが宣伝活動であるという実態秘匿して行われる活動であり、一般的にモラル反す行為とされ、たいていの一般消費者からは忌避されている。口コミ好評拡散していた折に、その好評が実はステルスマーケティングによるものだったと発覚した場合好評一転して悪評に転じ、炎上騒ぎ発展する場合少なくない

Webマーケティングのほかの用語一覧
マーケティング:  ジオターゲティング  ソーシャルコマース  ステップメール  ステルスマーケティング  データマイニング  電子クーポン  ティーザーサイト

捨間

読み方:ステマ

丸窯登窯主流)で、胴木間(一の間の下にある最初燃焼室)に続く室。焼成時、胴木間から入る冷た空気をこの室で加熱燃焼させる。灰気が多いので、この室には器物詰めないところから呼ばれる

ステマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/30 02:31 UTC 版)

ステマ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ステマ」の関連用語

ステマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリステルスマーケティングの記事を利用しております。
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2021 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS