インフルエンサーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > インフルエンサーの意味・解説 

インフルエンサー

英語:influencer

インフルエンサーとは、SNSなどを通じて情報発信し、それによって多くフォロワー影響与えている人物を指す言葉。インフルエンサーは、流行トレンド発信源として多大影響力を持っており、企業マーケティング戦略においても重要視されている。

インフルエンサーの語源

インフルエンサーは、英語の influence影響を及ぼす)に、「~する人」という意味の接尾辞 -er足して、「影響を及ぼす人」という意味合いを示す言葉である。ちなみに、英語の influence には名詞動詞用法があるが、接尾辞 -er名詞動詞どちらの品詞にも結合する。

influence語源ラテン語の influere に遡る根源には「中に流れ込む」という意味合いがある。さながら奔流のように多くモノヒト巻き込んでいくようイメージ捉えてよい。

「インフルエンサー」と「インフルエンザ」の関係

なお、いわゆる流行性感冒インフルエンザinfluenza)は、もともとは influence同語源のイタリア語である。外来語としてのイタリア語表記が、流行性感冒を意味する固有名詞的な単語として、英語の中で定着したというわけである。

インフルエンサーとは具体的に何を指すのか

インフルエンサーと呼ばれる人の大半は、インスタグラムInstagram)をはじめとするウェブ上のソーシャルメディアいわゆるSNS上で、インフルエンサーとして活動している。

インスタの他にもツイッターTwitter)、フェイスブックFacebook)、ユーチューブYouTube)、ティックトックTikTok)、それにアメブロAmebaBlog)その他のブログメディアなどが、インフルエンサーの活動情報発信の場として活用されている。どのサービスも、一般消費者情報発信を行える場(すなわちソーシャルメディア)である、という点において共通している。

インフルエンサーは「インスタグラマー」や「ユーチューバー」とは何が違うのか

ソーシャルメディア上で多大人気獲得しているアカウントは、各サービス名に -er加えて「インスタグラマー」や「ユーチューバー」などのように呼ばれることも多々あるこうした呼び名先駆といえばブロガー」だろう。

「インフルエンサー」と「インスタグラマー」等の呼び名が指す対象は、実際のところ重複する部分かなりある。

「インフルエンサー」と「インスタグラマー」の違いは、前者(インフルエンサー)がマーケティング的な観点に基づく言葉であり、後者インスタグラマー)は当該サービスにおける立ち位置という観点着眼した言葉である、といえる

インフルエンサーの具体例は? 例えば誰がインフルエンサーなのか

よく知られたインフルエンサーの名前を挙げるとすれば、たとえば国内ではタレントインスタグラマー渡辺直美ユーチューバーヒカキンHikakin)などが筆頭に挙げられる。海外では歌手アリアナ・グランデ同じく歌手テイラー・スイフトジャスティン・ビーバーサッカー選手ネイマールクリスティアーノ・ロナウドなどが世界的なインフルエンサー(およびインスタグラマー)として知られている。

インフルエンサーは「多くの人に影響与える」ための前提として「多くの人に向けて情報発信する」という条件必要不可欠である。つまり自分投稿を目にしてくれるフォロワーYouTubeならチャンネル登録者)の数が多くなければ話にならない。そのため、インフルエンサーとして活動する前から名前や顔が知られている有名人(たとえば芸能人芸人タレント歌手俳優スポーツ選手文化人など)は、SNSアカウント開設する前にファンが居たりするわけで、インフルエンサーとして立身する条件としては一般人よりよほど有利といえる

とはいえ、あらかじめ名前が世に知られている人物でなければインフルエンサーにはなれないというわけでは全くない。魅力的情報地道発信続けファンを増やしていき、無名一般人と同じ条件からインフルエンサーとして名を馳せるに至ったインフルエンサーも大勢いる。(ヒカキンはその代表例である)

そして、マーケティング戦略という観点から捉え場合には、むしろ芸能人スポーツ選手といった名声のある人物よりも、比較小規模ながら純粋にインフルエンサーとして世に知られている人物の方が、かえって重視されることが多々あるなぜかというと、より一般ユーザー一般消費者)に近い立ち位置の「中小インスタグラマー」の方が、自社商品プロモーション活動一役買ってもらえる可能性が高いためだ。

どうすればインフルエンサーになれるか

インフルエンサーとして世に認められ活躍する(あわよくば儲ける)ために必要なことは、「多くの人を感化させる魅力的コンテンツ世に発信する」ということ尽きる。

セオリー定石)は皆無、と割り切る。もしセオリーがあったとしても、それがセオリーとして確立される頃には既に陳腐化しており、有効な手法ではなくなっているに違いない

できるだけユニークな(独自の)発想観点で、親しみやすく、共感を得られるような、しかも斬新な人々の心をグッとつかむような事を、発信する必要がある。こんな抽象的な、ほとんど言わずもがなの課題を、実際どう具体化すればよいのか? それは誰にも教えられない。ただ自分なり方法見つけた人がインフルエンサーとして成功収めているという事実があるのみだ。

なお、インフルエンサーのSNS上の活動は、少なくともSNS利用方法は、基本的には、インフルエンサーでない一般SNSユーザーと同じである。事業として「インフルエンサー業」に取り組んでいるという人もいるでしょうけど、多く本業傍ら全く無関係に、または本業一環副産物として、活動していると考えてよい。

そういう本業が他にある)人も、肩書きとして「インフルエンサー」を名乗っている場合はあるかもしれない。しかし「インフルエンサー」は一種称号のようなものであり、自ら名乗るようなものではない。


インフルエンサー

英語:influencer

インフルエンサーとは、「影響者」、つまり多くの人に影響与え情報発信者という意味で用いられる語。とりわけブログソーシャルメディア通じて情報発信多くフォロワー感化するような人物指し用いられる場合が多い。

インフルエンサーという表現は、ウェブマーケティングの用語として用いられはじめて一般にも普及しだした表現といえるブログSNSなどのソーシャルメディア台頭して浸透して数千数万規模フォロワー擁する者が登場、その者の言動により数千数万規模一般ユーザーがなびくという動向前提に、インフルエンサーという表現マーケティング界隈で重要なキーワードとして確立された。

インフルエンサーの発信する情報巧みに活用するマーケティング手法を「インフルエンサーマーケティング」という。

インフルエンサーと位置づけられる人物業種属性多種多様である。タレントスポーツ選手その他の著名人はインフルエンサーとなりやすいが、特定分野碩学といえる専門家知識人素人なんだけれど情報発信量が旺盛内容注目されることの多い素人などもインフルエンサーとなり得る

インフルエンサー は英語の influencer に基づく表現といえる。英語の influencerinfluence影響を及ぼす)+ er(人)である。なお、冬期流行しやすいウイルス性流行性感冒こと「インフルエンザ」は influenza であり、別種語義ではあるが、もともと同語源の語である。influenzaイタリア語そのまま固有名詞的な扱いで)英語に導入された語である。その意味では日本語における「ゼリー」と「ジュレ」あるいは「チョッキ」と「ベスト」と「ジレのような関係に近い。

インフルエンサー【influencer】

影響感化効果の意》他に影響力のある人やもののこと。特に、インターネット消費者発信型メディアCGM)において他の消費者大きな影響与える人。


インフルエンサー

「インフルエンサー」(influencer)とは、「Influence」(影響感化作用の意)を語源とする言葉で、他者や一社会大きな影響力を及ぼす人や事物のことを指します。近年では、とくにインターネットマーケティング分野で使われ、ブログ動画サイトソーシャルネットワーキングサービス始めとするCGMConsumer Generated Media消費者発信型メディア)において、他のユーザーへの“クチコミ”の影響力大きキーパーソンのことをインフルエンサーと呼びます。具体的には好感度の高いタレントスポーツ選手などの有名人特定分野にくわしい専門家知識人のほか、個人積極的に情報発信行い数多く読者抱え人気ブロガーなどが該当します。一般ビジネスパーソン中にも企業などに勤めかたわら、“匿名”のインフルエンサーとしてインターネット世界一定の影響力をもつ個人現れ始めています。

インフルエンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 21:19 UTC 版)

インフルエンサー: influencer)とは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと[1][2]。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティング(SNSマーケティング)と呼んでいる[2]。従来の有名人やタレントといった知名度があって多数のフォロワー数を持つインフルエンサーと比べ、フォロワーが相対的に少なく万単位に満たない場合や、得意とする分野・ジャンルに特化した発信している場合は、『マイクロインフルエンサー』と呼ばれる場合がある[3]


補足

  1. ^ 感染症のインフルエンザinfluenza)もラテン語の流行から来ており、語源は同じである。

出典

  1. ^ a b c 『インフルエンサー』- 日本大百科全書ウェブ版
  2. ^ a b c 『ワンクリック解説 インフルエンサー・マーケティング 1』 - 日経産業新聞 2010年1月7日 3ページ
  3. ^ キーワード解説 「マイクロインフルエンサー」 日経デジタルマーケティング, 2017/03号, 34ページ
  4. ^ influencerとは - weblio
  5. ^ 『ワンクリック解説 インフルエンサー・マーケティング 3』 - 日経産業新聞 2010年1月15日 3ページ
  6. ^ 『週刊ダイヤモンド 97巻 9号』- 133-136ページ
  7. ^ INSTA LIKE | インスタのフォロワーを増やす” (英語). INSTA LIKE | インスタのフォロワーを増やす. 2018年10月9日閲覧。
  8. ^ 奥谷海人 (2017年11月6日). “Access Accepted第554回:インフルエンサーマーケティングという魅力的な綱渡り”. 4Gamer.net. 2017年11月6日閲覧。
  9. ^ 三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2017」
  10. ^ 日本経済新聞 電子版 2018/2/27 6:30「人事は見ている? 就活生のSNSお悩み解決!就活探偵団2019」


「インフルエンサー」の続きの解説一覧

インフルエンサー

出典:『Wiktionary』 (2018/01/01 03:08 UTC 版)

語源

英語 influencer < influence + -er

名詞

インフルエンサー

  1. 他者世間大きな影響力及ぼす人や物。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インフルエンサー」の関連用語

インフルエンサーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インフルエンサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインフルエンサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインフルエンサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS