brandとは? わかりやすく解説

brand

別表記:ブランド

「brand」の意味

「brand」は、主に3つの意味を持つ単語である。まず、商標製品名を指す。これは、企業製品やサービスに付ける名称やマークで、消費者に対してその商品の特徴品質伝え役割がある。次に独自の特徴価値観を持つもの、特に企業や組織イメージを指す。これは、消費者がその企業や組織どのように認識し評価するかに関わる最後に烙印を押すことやその痕跡意味する

「brand」の発音・読み方

「brand」の発音は、IPA表記では /brænd/ であり、カタカナ表記では「ブランド」である。日本人発音する際のカタカナ英語読み方は「ブランド」となる。

「brand」の定義を英語で解説

A brand is a name, term, design, symbol, or any other feature that identifies one seller's goods or services as distinct from those of other sellers. It is also the perception of a company or organization in the minds of consumers, including its reputation, image, and the emotions associated with it. Additionally, it can refer to the act of marking something with a hot iron or the resulting mark.

「brand」の類語

「brand」の類語には、以下のようなものがある。商標製品名の意味では、「trademark」、「logo」、「label」が該当する企業や組織イメージ関連する意味では、「reputation」、「image」、「identity」が挙げられる烙印を押すことやその痕跡に関する意味では、「mark」、「stamp」、「imprint」が類語として考えられる

「brand」に関連する用語・表現

「brand」に関連する用語表現には、「branding」、「brand management」、「brand equity」、「brand loyalty」、「brand awareness」などがある。これらは、ブランドの構築管理価値消費者忠誠心認知度関連する概念である。

「brand」の例文

1. The company has built a strong brand over the years.(その会社年月をかけて強いブランド築いてきた。)
2. The new product will be launched under the same brand as the existing products.(新製品既存製品と同じブランド発売される。)
3. The company's brand is associated with high quality and excellent customer service.(その会社ブランド高品質優れた顧客サービス関連付けられている。)
4. The brand has a loyal customer base.(そのブランド忠実な顧客層持っている。)
5. The company is investing in marketing to increase brand awareness.(その会社ブランド認知度向上させるためにマーケティング投資している。)
6. The company is rebranding to improve its image.(その会社イメージ改善するためにブランド刷新している。)
7. The company's brand value has increased significantly in recent years.(その会社ブランド価値近年大幅に増加している。)
8. The company has a strong brand identity that sets it apart from its competitors.(その会社競合他社差別化された強いブランドアイデンティティ持っている。)
9. The company's brand is well-known worldwide.(その会社ブランド世界中でよく知られている。)
10. The company is working on a brand strategy to expand its market share.(その会社市場シェア拡大するためのブランド戦略取り組んでいる。)

ブラン【(ノルウェー)Brand】

読み方:ぶらん

イプセン詩劇1866年の作。


ブランド【brand】

読み方:ぶらんど

銘柄商標。特に高級品として有名な商品と、その商標。「デザイナーズ—」「—品」

「ブランド」に似た言葉

ブランド


商標


ブランド brand


ブランド

英語 brand

商標銘柄企業戦略用語。語源所有権を示すために家畜押され焼き印焼き判1990年代ごろから製造業者は、それまでアイデンティティ(存在証明)から、より具体的な戦略として自社ブランドマネージメントする風潮出てきた。これをブランド・マネージメント、ブランディングなどという。自動車ブランド戦略重視されそれまでに培われた製品特性大切にして、より洗練し、ユーザー・ロイヤリティを高め方法模索されている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Brand


ブランド

(brand から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/17 00:52 UTC 版)

ブランド銘柄: brand)とは、あるサービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。


  1. ^ 学会HP”. 日本商業学会. 2022年1月23日閲覧。 個人会員1,072名,賛助会員11社・団体,購読会員32件 (2019年7月現在)
  2. ^ 石鹸業界における流通の変遷 : 石鹸業界の誕生から統制解除まで 宝子山 嘉一 2017年8月26日 NAID 110000554292
  3. ^ 戦時下、統制下におけるビール キリンビール・ホームページ 2017年8月27日閲覧
  4. ^ 金多口”の法則:話題を集めるブランドこそ真の銘柄 - ウェイバックマシン(2024年2月8日アーカイブ分) 煜言顧問株式会社
  5. ^ 大学ブランド力トップに東京大学が復活、第2位慶應義塾大学、第3位早稲田大学 - 日経BPコンサルティング、2015年11月27日
  6. ^ 第3回:大学の「シンボルマーク」が担うブランドづくり - ウェイバックマシン(2014年6月30日アーカイブ分) 日経BPコンサルティングスタッフルーム
  7. ^ ドームと関東学院大学が包括的提携 スポーツの発信力で教育環境を向上 WWD JAPAN.COM、2016年4月19日
  8. ^ 梅村学園とミズノが連携協力協定を締結 スポーツキャラクター統一など諸事業推進 中京大学、2016年3月
  9. ^ 『米ウォルマート、王座君臨への難題 弱点の「衣料品」分野でマーケティング力が必要に』 2008年2月29日配信 日経ビジネスオンライン
  10. ^ ニトリ、銀座進出の思惑 ユニクロ跡地へ出店加速か なぜ小売業は銀座を目指す? ビジネスジャーナル、2015年4月2日
  11. ^ ブランドの紙袋、人気は「アナスイ」と「シャネル」 ORICON STYLE、2007年3月12日


「ブランド」の続きの解説一覧

BRAND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 14:55 UTC 版)

イルムス」の記事における「BRAND」の解説

ROYAL COPENHAGEN HOLMEGAARD GEORG JENSEN KOSTA BODA bodaNova iittala EVA TRIO eva solo STOKKE bodum Fritz Hansen artek marimekko ILLUMS Basic Kinnasand boras などを展開。

※この「BRAND」の解説は、「イルムス」の解説の一部です。
「BRAND」を含む「イルムス」の記事については、「イルムス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「brand」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「brand」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「brand」の関連用語

brandのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



brandのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2024 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイルムス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS