価値とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 価値 > 価値の意味・解説 

か‐ち【価値】

読み方:かち

その事物がどのくらい役に立つかの度合い値打ち。「読む—のある本」「—のある一勝

経済学で、商品が持つ交換価値本質とされるもの。→価値学説

哲学で、あらゆる個人社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった性質真・善・美など。


か‐ちょく【価直/価値】

読み方:かちょく

「かち(価値)」に同じ。


価値

作者真冬

収載図書愛と死短篇童話純文学
出版社書房
刊行年月1998.8


価値

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 13:58 UTC 版)

価値(かち)とは、あるものを他のものよりも上位に位置づける理由となる性質、人間の肉体的、精神的欲求を満たす性質[1]、あるいは真・あるいはなど人間社会の存続にとってプラスの普遍性をもつと考えられる概念の総称。




「価値」の続きの解説一覧

価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 07:44 UTC 版)

平復帖」の記事における「価値」の解説

宋代以降、本帖は最も古い真跡一つとして非常に尊ばれ収蔵家たちはその古意味わい酔ったという。現在では本帖より古い墨跡発見されているが、陸機のような名家の書はなく、当時名流日常書写の体を知る上で重要な資料である。 また、20世紀初頭西域から発見され木簡帛書、塼などの中に陸機同時代のもので本帖とよく似た書体・書風ものがあるこれによって本帖が陸機の書であるとする伝称にかなりの信頼がおけるようになり、更にその価値を高めた

※この「価値」の解説は、「平復帖」の解説の一部です。
「価値」を含む「平復帖」の記事については、「平復帖」の概要を参照ください。


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 01:04 UTC 版)

エクストリーム・プログラミング」の記事における「価値」の解説

1999年最初のエクストリーム・プログラミングでは、コミュニケーションシンプルさフィードバック勇気という4つ価値観着目した第2版書籍エクストリームプログラミング』では、新たに尊重」という価値観追加された。これら5つ価値観以下で説明する

※この「価値」の解説は、「エクストリーム・プログラミング」の解説の一部です。
「価値」を含む「エクストリーム・プログラミング」の記事については、「エクストリーム・プログラミング」の概要を参照ください。


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 18:03 UTC 版)

国際協同組合同盟」の記事における「価値」の解説

協同組合は、自助自己責任民主主義、平等、公正、連帯という価値を基礎とする。協同組合創設者たちの伝統受け継ぎ協同組合組合員は、正直、公開社会的責任他者の配慮という倫理的価値信条とする。

※この「価値」の解説は、「国際協同組合同盟」の解説の一部です。
「価値」を含む「国際協同組合同盟」の記事については、「国際協同組合同盟」の概要を参照ください。


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 06:28 UTC 版)

ドルジーナ」の記事における「価値」の解説

キエフ・ルーシ軍隊には3種類あり、本頁のドルジーナ他に戦争時都市農村から動員され部隊と、遊牧民雇った傭兵部隊があった。ドルジーナ他の部隊とは異なり、常に戦闘準備のできていた軍隊だった。公にとっては、公位を獲得するのを助け存在であり、助言者役割果たした。また他種族との絶え間ない戦争のあったキエフ・ルーシ期公国国民にとっては、信頼度の高い守護者となる軍隊まとめ上げる力のある公は、評価に値する人物であったこのようにキエフルーシ期統治者である公は、外部の敵に対する防衛力と同様内部秩序維持するための軍事力を必要としていた。従って公はドルジーナ尊重し、また充分な贈与与えていた。また、キエフ・ルーシ期は公・次いで貴族層を頂点とする身分制敷かれ社会であったが、ドルジーナ加入することは、身分間の移動可能にする手段一つであった

※この「価値」の解説は、「ドルジーナ」の解説の一部です。
「価値」を含む「ドルジーナ」の記事については、「ドルジーナ」の概要を参照ください。


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:13 UTC 版)

協同組合」の記事における「価値」の解説

協同組合は、自助自己責任民主主義、平等、公正、連帯という価値を基礎とする。協同組合創設者たちの伝統受け継ぎ協同組合組合員は、正直、公開社会的責任他者の配慮という倫理的価値信条とする。

※この「価値」の解説は、「協同組合」の解説の一部です。
「価値」を含む「協同組合」の記事については、「協同組合」の概要を参照ください。


価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 20:40 UTC 版)

ドラクマ」の記事における「価値」の解説

6オボルス=1ドラクマ 100ドラクマ=1ミナムナ60ミナ=1アテネ・タレント ミナタレント実際に作られた貨幣でなく、計算上通貨単位である。金や銀の量によって代えられた。

※この「価値」の解説は、「ドラクマ」の解説の一部です。
「価値」を含む「ドラクマ」の記事については、「ドラクマ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「価値」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

価値

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:02 UTC 版)

名詞

(かち)

  1. ある人にとって、ある又はサービスに付帯する重要さの程度他の物又はサービス重要さ比較又は関係づけた概念値打ち
  2. 特に、語義1において、積極的評価しうるもの。

関連語

翻訳


「価値」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



価値と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「価値」に関係したコラム

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

  • 日本国内のFX業者のスプレッド比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のスプレッドの比較一覧です。なお、スプレッドは、原則として固定値になりますが、ボラティリティの高い時(値動きの激しい時)には大きな値に変動することがあります。また...

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

  • 資産バリュー株の見つけ方

    資産バリュー株とは、企業の資産価値から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。資産バリュー株は、資産の数値だけで見つけることは困難で、資産を用いた指標などから見つけるのが一般的です。資産を用い...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

価値のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



価値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの価値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの平復帖 (改訂履歴)、エクストリーム・プログラミング (改訂履歴)、国際協同組合同盟 (改訂履歴)、ドルジーナ (改訂履歴)、協同組合 (改訂履歴)、ドラクマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの価値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS