陸機とは?

りく き 【陸機】 ○

261303中国、晋(しん)の詩人。呉の人。字(あざな)は士衡。文学論文賦ぶんのふ)」で唯美主義唱え対句などの修辞優れた詩を残す。

陸機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 03:00 UTC 版)

陸 機(りく き、261年 - 303年)は、中国三国時代から西晋文学者政治家武将。字は士衡。呉の四姓(朱・張・顧・陸)の一つである陸氏の出身。の丞相陸遜の孫であり、呉の大司馬陸抗の四男である。子は陸蔚・陸夏。本貫揚州呉郡呉県(現在の江蘇省蘇州市呉中区)であるが、家は呉の都建業(現在の江蘇省南京市)の南や、祖父の封地であった華亭(雲間とも。現在の上海市松江区)等にあったようである。


  1. ^ 晋書によると平原相・後将軍・河北大都督に任じられたという
  2. ^ 三国志巻58に「遜少孤,隨従祖廬江太守康在官」とある。
  3. ^ 三国志巻57に「瑁従父績」とある。
  4. ^ 三国志巻61に「丞相遜族子也」とある。


「陸機」の続きの解説一覧



陸機と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸機」の関連用語

陸機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS