愛と死とは? わかりやすく解説

愛と死

作者ジョルジュ・ローデンバッハ

収載図書街の狩人
出版社沖積舎
刊行年月1987.10


愛と死

作者武者小路実篤

収載図書昭和文学全集 3
出版社小学館
刊行年月1989.1

収載図書武者小路実篤全集 第10巻
出版社小学館
刊行年月1989.6


愛と死

作者芹沢光治良

収載図書人間の運命
出版社新潮社
刊行年月1991.8


愛と死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:27 UTC 版)

愛と死』(あいとし)は、武者小路実篤1939年(昭和14年)に『日本評論』に発表した長編小説である。のちに映画化・テレビドラマ化された。




「愛と死」の続きの解説一覧

愛と死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/18 07:21 UTC 版)

ビジネスはビジネス」の記事における「愛と死」の解説

しかし、イジドール・ルシャの支配的リビドー死に直面最愛の息子グザヴィエが、父からの金で身を滅ぼし時速55キロ自動車事故自殺―し、そして愛に直面―娘のジェルメーヌが父彫心鏤骨の「玉の」輿を拒否―し、無力と化すしかしながら、よくシェークスピアと形容される結末で、「無一物」に堕したと思い込みひしがれ地にまみれた父親は、ついに立ち直り進捗中の事業を見事とりまとめると、自分の苦悩に付けこみ、手玉にとろうとした二人の技師を、屈服せしめる

※この「愛と死」の解説は、「ビジネスはビジネス」の解説の一部です。
「愛と死」を含む「ビジネスはビジネス」の記事については、「ビジネスはビジネス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「愛と死」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

愛と死のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛と死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛と死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビジネスはビジネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS