自動車事故とは? わかりやすく解説

交通事故

(自動車事故 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 16:21 UTC 版)

交通事故(こうつうじこ)とは、広義には陸上・海上・航空交通における事故の総称をいう。つまり広義には、道路交通事故鉄道交通事故海上交通事故航空交通事故の全てを含む。既存の百科事典『日本大百科事典』でも陸上・海上・航空交通全てを含めて論じている[1]


注釈

  1. ^ 少なくとも、交通事故証明書が発行されない交通事故は警察へ届け出なくても良いと言う明文の規定が存在しない。
  2. ^ ANNGLE(アングル)の記事では世界で2番目に多いとあるが、WHOの2019年のデータでは、世界で2番目ではなく17番目であり、アジアの中で最も高い死亡率であった[13]
  3. ^ 自動車走行台キロ当たり(区間毎の交通量と道路延長を掛け合わせた値であり、道路交通の量を表す。)の死傷事故件数を表す指標で、1万台の車が1万㎞走行した場合に起こる死傷事故件数を表します。死傷事故率の減少は、道路を走行する際に事故に遭う確立が減少し、安全性が向上することを意味します。
  4. ^ 予想通りに不合理[要出典]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本大百科事典』(ニッポニカ)「交通事故」
  2. ^ 平成26年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況 内閣府 2017年4月4日閲覧
  3. ^ a b 自動車保険データにみる 交通事故の実態 日本損害保険協会 2017年4月4日閲覧
  4. ^ 野生動物と遭遇、衝突したら”. 日本自動車連盟ホームページ. 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 交通事故統計用語解説集”. 交通事故総合分析センター. 2017年4月4日閲覧。
  6. ^ アンケート調査に見る交通事故経験者344名の本音「ドライバーの5人に2人は初期対応に不安」 交通事故弁護士相談広場 2021年1月21日閲覧
  7. ^ Matsuoka et al. "Incidence and prediction of psychiatric morbidity after a motor vehicle accident in Japan: The Tachikawa Cohort of Motor Vehicle Accident Study." Crit Care Med. 2007 35:
  8. ^ 2010年4月8日号 週刊文春『チョー人気芸能人の事故はなぜ続く?』より。
  9. ^ 大杉漣、57歳で運転免許取得 タクシー運転手役で一念発起”. ORICON NEWS (2010年9月3日)
  10. ^ “芸能人の交通事故多発の原因は? 制作費削減、スター不在影響”. 産経新聞. (2010年5月8日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100508/tnr1005080800002-n1.htm 2011年1月10日閲覧。 
  11. ^ (Excel) Global health estimates: Leading causes of DALYs (Report). 世界保健機関. (2020-12). Download the data > GLOBAL AND BY REGION > DALY estimates, 2000–2019 > WHO regions. https://www.who.int/data/gho/data/themes/mortality-and-global-health-estimates/global-health-estimates-leading-causes-of-dalys 2021年3月27日閲覧。. 
  12. ^ a b c d Estimated road traffic death rate (per 100 000 population)”. World Health Organization (2021年2月9日). 2021年3月27日閲覧。
  13. ^ a b KEN (2015年1月11日). “タイは交通事故が世界で2番目に多い国!その防止策とは?”. ANNGLE(アングル). 2020年1月25日閲覧。
  14. ^ “ศปถ.สรุปอุบัติเหตุทางถนน 7 วันอันตราย สงกรานต์ 64 รวมกว่า 2.3 พันครั้ง สาเหตุหลักขับรถเร็ว-ดื่มแล้วขับ(ソンクラーン休暇の間に起きた2,300件以上の交通事故は危険な7日間と結論づける。スピード違反の主な理由は飲酒運転。)” (タイ語). マティチョン・オンライン. (2021年4月17日). https://www.matichon.co.th/politics/news_2676579 2021年4月20日閲覧。 
  15. ^ 警察庁交通局交通企画課 (2021年4月16日). “春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況 (PDF,Excel)”. 2021年4月20日閲覧。
  16. ^ a b c 総務省統計局 (2022-03). 総務省統計研修所. ed. “第14章 国民生活・社会保障 14-3 交通事故” (日本語). 世界の統計 2022年: 250. ISBN 9784822340858. https://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.html#c14 2022年3月7日閲覧。. 
  17. ^ 調査年次は2017年であるが、一部の国は、2015年と2016年。45か国・地域のデータ。原資料はIRF, World Road Statistics 2019。但しアメリカはWorld Road Statistics 2018
  18. ^ 総務省統計局 (2022-03). 総務省統計研修所. ed. “第8章 運輸・観光  8-2 自動車保有台数” (日本語). 世界の統計 2022年: 146-147. ISBN 9784822340490. https://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.html#c08 2022年3月7日閲覧。. 
  19. ^ 図録▽交通事故死の状態別比率の国際比較”. 社会実情データ図録 (2006年10月29日). 2009年8月29日閲覧。データは2004年。
  20. ^ a b 令和3年交通安全白書 参考-2 海外の交通事故発生状況 第1図 人口10万人当たりの交通事故死者数(2018年)”. 内閣府 (2021年6月15日). 2021年7月17日閲覧。
  21. ^ a b 内閣府 (2022-06-14). 令和4年版交通安全白書 第1編 陸上交通 第1部 道路交通 第1章 道路交通事故の動向 第1節 道路交通事故の長期的推移 (Report). https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/r04kou_haku/pdf/zenbun/1-1-1-1.pdf 2022年9月25日閲覧。. 
  22. ^ a b c d e f 警察庁交通企画課 (2022-03-03) (Excel). 交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について (Report). 総務省統計局. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00130002&tstat=000001027458&cycle=7&year=20210&month=0&tclass1val=0 2022年3月6日閲覧。. 
  23. ^ 一般財団法人 自動車検査登録情報協会 (2021-11-30). 自動車保有台数 (Report). https://www.airia.or.jp/publish/statistics/number.html 2022年3月6日閲覧。. 
  24. ^ 警察庁 (2005). 平成17年 警察白書 第1章 世界一安全な道路交通を目指して 第1節 交通事故との闘いの軌跡 (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h17/hakusho/h17/html/G1010000.html 2019年5月28日閲覧。. 
  25. ^ 警察庁交通企画課 (2021年3月14日). “30日以内交通事故死者の状況について 30日以内交通事故死者の状況 (Excel)”. e-Stat政府統計の総合窓口. 2022年3月15日閲覧。
  26. ^ a b c 犯罪白書>令和3年版の犯罪白書>目次>第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇>第1章 交通犯罪>第2節 犯罪の動向>1 交通事故の発生動向>4-1-2-1図 交通事故 発生件数・死傷者数の推移(Excel)”. 法務省 (2021年12月). 2022年3月6日閲覧。
  27. ^ 警察庁交通企画課 (2022-03-03) (PDF). 令和3年における交通事故の発生状況等について (Report). https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/jiko/R03bunseki.pdf#page=3 2022年3月6日閲覧。. 
  28. ^ a b c d 山岸 & 201704.
  29. ^ 厚生労働省 人口動態・保健社会統計室 (2012-09-06) (CSV). 人口動態調査 2011年人口動態統計 上巻 死亡 第5.30表 不慮の事故の種類別にみた年次別死亡数及び率(人口10万対) (Report). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450011&tstat=000001028897&cycle=7&year=20110&month=0&tclass1=000001053058&tclass2=000001053061&tclass3=000001053065&stat_infid=000014887877&result_back=1&second2=1 2019年5月28日閲覧。. 
  30. ^ 厚生労働省 (2022-09-16) (PDF). 令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況 統計表 第7表 死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対) (Report). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei21/dl/11_h7.pdf#page=3 2022年9月25日閲覧。. 
  31. ^ 「全国で交通死亡事故ゼロの日」4月8日に初達成 統計から53年” (日本語). 毎日新聞. 2022年3月7日閲覧。
  32. ^ 死者日報 - 交通事故総合分析センター”. www.itarda.or.jp. 2022年3月7日閲覧。
  33. ^ 交通事故の現状”. 国土交通省
  34. ^ 内閣府 (2018-07). 平成30年交通安全白書 第1編 陸上交通 第1部 道路交通 第1章 道路交通事故の動向 第1節 道路交通事故の長期的推移 (Report). https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h30kou_haku/zenbun/genkyo/h1/h1b1s1_1.html 2019年5月28日閲覧。. 
  35. ^ “16年の交通事故死、67年ぶり3000人台 半数が高齢者”. 日本経済新聞. (2017年1月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H2Q_U7A100C1CR0000/ 2018年6月13日閲覧。 
  36. ^ 自賠責保険料を引き下げへ 平均7%程度、来年4月契約から”. 東京新聞. [リンク切れ]
  37. ^ “【独自】都内で3日間で1200人以上免許返納 池袋暴走・母子死亡後”. FNN. (2019年5月10日). オリジナルの2019年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190514065033/https://www.fnn.jp/posts/00417427CX 2020年5月21日閲覧。 
  38. ^ “都内で免許返納、池袋暴走事故後に8割増…大半が高齢者”. 読売新聞. (2019年11月6日). オリジナルの2020年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191110130937/https://www.yomiuri.co.jp/national/20191106-OYT1T50231/ 2019年11月6日閲覧。 
  39. ^ 町田徳丈 (2021年4月16日). “「全国で交通死亡事故ゼロの日」4月8日に初達成 統計から53年” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210416/k00/00m/040/219000c 2021年4月20日閲覧。 
  40. ^ 警察庁交通局交通企画課 (2021年4月16日). “春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況  2(5)日別死者数 (Excel)”. 政府統計の総合窓口(e-Stat). 2021年4月20日閲覧。
  41. ^ 厚生労働省 賃金福祉統計室 (2000) (Excel). 平成12年労働安全衛生基本調査 (Report). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450093&tstat=000001018315&cycle=0&tclass1=000001021201&tclass2=000001021202 2019年5月28日閲覧。. 
  42. ^ “交通死者数、21年で600人過少計上 愛知県警が訂正”. 朝日新聞. (2013年2月9日). http://www.asahi.com/national/update/0209/NGY201302080031.html 2013年2月9日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f g h i 7ヶ国における交通安全政策と規制の変遷 (1950年~2010年) 国際交通安全学会 2017年4月4日閲覧
  44. ^ a b 中華民国交通部 (2018年). “主要國家交通統計比較 3-13 (PDF,Excel)”. 2020年5月10日閲覧。
  45. ^ a b 中華民国交通部 (2018年). “主要國家交通統計比較 3-14 道路交通事故死亡人數 (PDF,Excel)”. 2020年5月10日閲覧。
  46. ^ a b 中華民国交通部 (2018年). “交通統計要覽 3-15 道路交通事故及違規概況 (PDF,Excel)”. 2020年1月26日閲覧。



自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 07:49 UTC 版)

アレクサンドル・デデュシコ」の記事における「自動車事故」の解説

2007年11月3日深夜、デデュシコは妻と息とともに自動車事故で死亡したその日早朝から家族ウラジーミル州友人訪ねていた。同日夕方には、デデュシコは妻の両親会う約束があった。だが彼らは駅で待ってはいなかった。午後10時15分同州ペトゥシンスキー地区ロシア語版)ノーヴィエ・オムチシーから109キロ地点にあるガソリンスタンド付近で、デデュシコ一家の乗ったトヨタ・ピクニック何らかの理由でセンターライン2本越え左車線に進入対向車スカニアトラック衝突したトヨタ・ピクニック全損したが、トラックの運転手無事だった。デデュシコの車は黒焦げになったため、交通警察(ru)はすぐには身元照合ができなかった。息子身元は、彼がおばにかけていた携帯電話番号から確認された同年11月7日、デデュシコ一家の遺体は、モスクワトロエクロフスコエ墓地葬られた。ジェジュシコは死後ロシア連邦保安庁から芸術賞(ru)を受けた2009年秋事故現場に、家族3人肖像刻まれ十字架の載った黒御影石製の碑が建てられた。

※この「自動車事故」の解説は、「アレクサンドル・デデュシコ」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「アレクサンドル・デデュシコ」の記事については、「アレクサンドル・デデュシコ」の概要を参照ください。


自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:32 UTC 版)

アベベ・ビキラ」の記事における「自動車事故」の解説

しかし、メキシコ五輪から約半年後の1969年3月23日の夜、アベベアディスアベバから北に約70km離れたシャノという町の北方で、自動車運転中に事故起こす生命別状無かったが、第七頸椎完全に脱臼する重傷負ったことにより、下半身不随となる。なお国民に動揺与える不安から事故事実6日後になって初め公表された事故後にアベベ語ったところでは、対向車前照灯目がくらんで運転を誤ったという。これについてはアベベを妬む者の陰謀説存在する真相今も定かではないアベベ事故公表直後にロンドン郊外ストーク・マンデビル病院入院し、8ヶ月間治療リハビリテーションを受ける。その治療マラソントレーニング以上に過酷なものであった家族語ったという。この間病院開かれたストーク・マンデビル競技大会当時パラリンピック」と呼称されていたが、現在のパラリンピックのことではない。詳細パラリンピックのを参照)に参加し11月エチオピア帰国した。翌1970年ストーク・マンデビル競技大会参加、このときはエチオピア選手団総監督務めている。1971年にはノルウェー開催され身障者スポーツ週間犬ぞりレース参加して優勝果たした

※この「自動車事故」の解説は、「アベベ・ビキラ」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「アベベ・ビキラ」の記事については、「アベベ・ビキラ」の概要を参照ください。


自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 23:26 UTC 版)

チャパキディック事件」の記事における「自動車事故」の解説

元大統領ジョン・F・ケネディと元司法長官ロバート・ケネディの弟で、マサチューセッツ州選出連邦上院議員であるエドワード・ケネディは、同州ナンタケット湾にあるチャパキディック島で、1969年7月18日の夜から深夜にかけて開催されホームパーティー参加したパーティー最中ケネディは、前年暗殺され兄のロバート・ケネディかつての大統領選挙スタッフであったマリー・ジョー・コペクニとともにパーティー会場抜け出し専用車オールズモビル88飲酒運転自らの別荘のあるマーサズ・ヴィニヤード島との間にかかるダイク渡ろうとして転落した。 なおダイクはかろうじて自動車通過できる幅はあったものの、緊急時以外は徒歩で利用限られていたため、なぜマーザス・ヴィニヤード島に別荘があり土地勘のあるケネディダイク無理やり渡ろうとしたのか後に注目された。 車とともに水没しかけたケネディ辛くも脱出して岸に泳ぎ着き難を逃れたものの、同乗していたコペクニは脱出できないままであった。なおケネディ事故発生時刻を、「パーティー会場から出たのが午後11時15分であった(ので、そこからダイクまでの所要時間計算した時刻)」と証言している。

※この「自動車事故」の解説は、「チャパキディック事件」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「チャパキディック事件」の記事については、「チャパキディック事件」の概要を参照ください。


自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:04 UTC 版)

イチロー」の記事における「自動車事故」の解説

2013年3月2日スプリング・トレーニングキャンプ地であるフロリダ州タンパで、同日行われたタイガースとのオープン戦出場後、車で球場後にしたところで事故遭遇左折しようとして目の前に割り込んできた自動車接触追突)。本人にも相手ドライバーにも怪我はなく、ヤンキースGMブライアン・キャッシュマンニューヨーク・ポスト紙(電子版)に「通訳から連絡を受けた彼は大丈夫だ」とコメントした

※この「自動車事故」の解説は、「イチロー」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「イチロー」の記事については、「イチロー」の概要を参照ください。


自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 16:46 UTC 版)

ヘンリー・H・ブリス」の記事における「自動車事故」の解説

1899年9月13日、彼がニューヨークの西74目とセントラル・パーク・ウェスト交差点路面電車から降りた時、電動タクシー (Automobile No. 43) に頭と胸押しつぶされた彼は傷がもとで翌朝死亡したタクシー運転していたアーサー・スミス (Arthur Smith) は逮捕され故殺罪で起訴されたが、意図的ではなかったという理由で無罪となった乗客のデイヴィッド・エドソン博士 (Dr. David Edson) は元ニューヨーク市長フランクリン・エドソン息子であった

※この「自動車事故」の解説は、「ヘンリー・H・ブリス」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「ヘンリー・H・ブリス」の記事については、「ヘンリー・H・ブリス」の概要を参照ください。


自動車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 02:42 UTC 版)

ローラ・ブッシュ」の記事における「自動車事故」の解説

ローラ17歳になった2日後1963年11月6日に、級友のジュディ・ダイクと自らのシボレー・セダンを運転していた。午後8時過ぎた頃、国道349号線テキサス州農道868号線(現在は4車線国道)の交差点に通かかった彼女は一時停止標識無視し級友のシボレー・コーヴェアー・セダンに追突するローラダイク軽傷済んだが、追突された元ボーイフレンドのマイケル・ダットン・ダグラス(Michael Dutton Douglas)は衝撃車外放り出され、ミッドランド・メモリアル病院搬送されたが、頸椎骨折により死亡した未成年であったローラ刑事罰を受けなかった。2000年5月に2ページからなる警察事故報告書公開されたが、ファーストレディであった期間は事故について語ることはなかった。

※この「自動車事故」の解説は、「ローラ・ブッシュ」の解説の一部です。
「自動車事故」を含む「ローラ・ブッシュ」の記事については、「ローラ・ブッシュ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「自動車事故」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「自動車事故」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動車事故」の関連用語

自動車事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自動車事故のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交通事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアレクサンドル・デデュシコ (改訂履歴)、アベベ・ビキラ (改訂履歴)、チャパキディック事件 (改訂履歴)、イチロー (改訂履歴)、ヘンリー・H・ブリス (改訂履歴)、ローラ・ブッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS